・OPPO F5は10月26日発表か
・MEIZU X2もセカンダリディスプレイを搭載か
・Snapdragon 845搭載端末第1号はやはりXiaomi Mi 7か
・KONKA S5がTENAAを通過

 2020年の東京五輪が開催されると体育の日がもう1日増えるんでしょうか。増えてほしいなぁ…。


OPPO F5は10月26日発表か

 OPPO初の18:9ベゼルレススマートフォンとなるF5の情報がフィリピンでリークされました。
oppo-f5-5
 オフィシャルイメージとおぼしきこの画像はGSMArenaさんからお借りしました。やはりGalaxyライクですね。

 ディスプレイは6インチで解像度は2880*1440との話もあります。メモリ6GB、ストレージ64GB、バッテリ4000mAh。カメラは、メインが2000万画素、セルフィーが1200万画素のデュアルと言われていますね。SoCは不明ですが、ここまでのスペックならばスナドラ660以上が確実ではないでしょうか。

 せめてF3くらいの値段になってくれればかなり嬉しいのですけど、おそらくそれは無理でしょうねぇ…。個人的な予想だと5万円前後ではないかと。
 フィリピンのショッピングモールには既にポスターが貼られていますが、価格までは分かっていません。参考までに、F3は13500ペソ(約2万9700円)と世界的に見てもかなり安いので、ちょっとだけ期待しています。


MEIZU X2もセカンダリディスプレイを搭載か

 Pro 7の反響が予想以上に大きかったこともあってか、次期モデルと見られるX2のリーク画像でもセカンダリディスプレイが確認されました。

meizux2

 いつものWeiboですから真実味が薄いのはしょうがないとして、Pro 7よりも大きめのスクリーンが、左端ではなくて中央上部に表示されているのが分かります。
 時計/カレンダーの他には、バッテリ状態のインジケータもあるらしく、さすがにYataphoneとまではいかなくともそれなりに使えそうな感じがします。 

 その他の具体的なスペックは一切明かされていませんが、メインカメラがシングルであることは画像から確定的ですね。
 ちなみに、先代となるM3XはHelio P20/5.5インチFHDでした。これと同様の1699元(約2万8800円)程度が実現できれば、台風の目になるかもしれないと分析するサイトも存在します。

 リリースは11月を予定しているとのことです。


Snapdragon 845搭載端末第1号はやはりXiaomi Mi 7か

 当然関係者の話ではなく、諸々を併せ見るとそうなる可能性が高いというだけです。

3r6o0000p283pos6196q

 まず一つに、XiaomiとQualcommが共同で最適化のための検証実験をしていることが理由として挙げられます。Samsungとの話が出てきてない以上、最初のロットはXiaomiに供給されるのではないかと見るアナリストが多いわけですね。

 Mi 7は6インチのOLEDパネルを採用し、アスペクト比はやはり18:9。この画像からも分かる通り、背面に指紋センサーが搭載されていないためディスプレイ内蔵型ではないかとの噂がありますが、果たしてvivoとの折衝はどうなるんですかね。
 また、ガラスコーティングのようにも感じますが、実際の素材はセラミックで、ワイヤレス充電に対応するらしいということです。

 早ければ11月までには次のリークがあるそうですから、楽しみに待つことにしましょう。


KONKA S5がTENAAを通過

 ソースはこちら。KONKAの端末は開発コードが順に並んでいまして、これは510になります。
konkas5
 KONKA初となる18:9スマートフォンですね。5.7インチ1440*720だそうです。
 SoCは1.3GHzのクアッドですからおそらくMT6737、メモリとストレージは3GB/32GB、カメラは1300万画素/800万画素、バッテリは3000mAhとなっています。

 画像からはメインカメラがデュアルのように見えるのですが、TENAAで確かめると下の円形部分は指紋センサーであることが分かります。ディスプレイ注力モデルなのでしょう。しかし筐体はなかなか高級感がありますよね。

 猫も杓子も18:9のベゼルレスを作りまくっている現在の中国では、ビックリするくらいに安くないと食指を動かされなくなっていると思います。
 これまでのKONKAの価格設定を見る限り、1万円台前半になるということは考えにくく、苦戦を強いられるのが避けられない予感もしますよ。


 ふと思うんですけど、日本メーカーのスマートフォンの場合、次期モデルの噂ってほとんどと言っていいほど出てきませんよね。新製品を世代交代ギリギリまで売りたいという販売戦略なのか、それとも単なる守秘義務かどうか知りませんけど、期待を煽るためにどこかのメーカーがやったって別にいいのに…と思うのです。
 事前に日本企業の開発コンセプトを知ることができるのは、現状クラウドファンディングだけですかね。

 これ、車やなんかだとけっこう大っぴらに取り沙汰されているわけですけど、いったい何が違うと言うんでしょうか。


ブログランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いしますm(__)m