・NOKIA Nokia 7
・Xiaolajiao V11
・fly POWER PLUS FHD

 ふと思ったんですけど、このブログの「電脳」ってカテゴリ、完全に不要ですね(;´Д`)。時間があるときに大改変しますので…。


NOKIA Nokia 7

製品ページ

 中国でのローンチです。
 しかしなぜこうも"ZEISS"の文字に惹かれるんでしょうかね。今時の若者には伝わらないのかもです…。
Nokia_7-color_variant-Black
寸法 141.2×71.45×7.92mm
重量 不明
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 630 2.2GHz*4+1.8GHz*4
メモリ 4GB , 6GB
ストレージ 64GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1600万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 3000mAh

 ディスプレイはあえて16:9のままにしたのでしょうか。それでも一昔前の5インチ筐体サイズで5.2インチになっていることから、ある程度のベゼルの狭さは伺えます。

 筐体と言えば、ガラスコーティングが施されているそうです。分かりやすいように黒のカラバリ画像にしてみましたが、確かNOKIAでは初めてではないですかねぇ。

 それはともかく、メインカメラはf/1.8だそうです。綺麗さは折り紙付きでしょう。スナドラ630とこのレンズだけでも、価格分の価値はあると考えるべきではないかと。

 4GBモデルが2499元(約4万2400円)、6GBモデルが2699元(約4万5800円)となっています。
 正直、メモリが6GB要るかどうかは微妙なところなので、この差額は非常に悩ませてくれますね。


Xiaolajiao V11

製品ページ

 すっかり存在を忘れていました(^-^;。久しぶりに覗いたらけっこうなラインナップ数にビックリしましたよ。
 最新とは言ってもアナウンスは1ヶ月前でしたが紹介しておきます。
xiaolajiaov11
寸法 153.8×72.4×9mm
重量 不明
OS Android 6.0
CPU MediaTek MT6750 1.5GHz*4+1.0GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 32GB , 64GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 5.7インチ
解像度 1440*720
メインカメラ 1600万画素+?万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 4100mAh

 公式からはデュアル構成のサブ側の画素数が分かりません。お世話になっているスペックサイトにも書かれていませんでした。画像からもデュアルなことは間違いないですが、明かされていないところを鑑みると500万画素以上では無いような気がします。

 それと、18:9にしては上下のベゼルが些か太めに感じますね。おかげでかなり縦長の印象になってしまっていますよ。

 言うなれば、猫も杓子も躍起になって開発しているスマートフォンの代表格と言えるかもしれません。
 Xiaolajiaoの中では比較的高い価格設定でして、1799元(約3万500円)は少しコスパが悪いと思います。あとは本体の質感がどうかによるでしょうか。


fly POWER PLUS FHD

製品ページ

 古いついでに9月ローンチのをもう1個。
 ロシアのスマートフォンは情報が逐次入るわけではないので、CIRRUS 16KNOCKOUTも気付いたときには既に古くなっていて新鮮味を失っていたのです。ただ、これはぜひ書いておきたいと思ったので取り上げます。
flypowerplusfhd

寸法 154.5×76.2×9.3mm
重量 195g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737T 1.5GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 5000mAh

 ロシア語でカメラを"KAMEPA"と書くのはなんか楽しいですw。確か"R"が"P"に変わるんでしたっけ。

 さて、その名の通り、大容量バッテリを搭載したモデルになります。5.5インチフルHDならこれくらい無いと話にならないというのはさておき、その安さも相まって「欲しい」と思わせるに足る製品ではないかと感じました。

 発表から日が経っているのでしっかり価格も出ています。
 ロシアでの最安は8193ルーブル(約1万6000円)だそうです。よくよくスペックを眺めれば、即購入ボタンをポチってもおかしくないと思いますよ。


 結局多忙につき、下の2つはストックしてあったものを多少書き直して放出しています。
 フライデーナイトには忙しさの山を超えていると良いんですけど…。