・UQ FUJITSU arrows M04 PREMIUM

 あらかじめお断りしておきますが、この記事はSIMフリー端末の購買層に向けて警鐘を鳴らすために書いています。ご了承ください。


UQ FUJITSU arrows M04 PREMIUM

製品ページ

 富士通の製品ページはこちら
index_arrows_m04
寸法 144×71×8mm
重量 148g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 410 1.2GHz*4
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1310万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 2580mAh

 プレミアムという名称は、メモリとストレージが2GB/16GB→3GB/32GBに増量されている部分に由来するのでしょう。ちゃんちゃらおかしいですね。

 こうなりゃ何度でも書きますが、スナドラ410は4年前のSoCでして、現在の各種用途ではまったく実用的ではありません。本当に通話とSNSができれば良いという人向けになります。
 ブラウザゲーすらも厳しいのは身をもって体験済みですので。ストレージ速度に起因しないレスポンスの悪さは、非常にイライラするレベルでした。

 おサイフケータイだのハンドソープで洗えるだのは何もこの端末だけではありませんし、積極的に選ぶ価値は薄いと言えるでしょう。

 もちろんスマホデビュー端末として、しかも8千円くらいで買えるなら止めはしませんけど、税込み36396円は世界的に見ても恥ずかしい価格設定だと思います。それだけ払う対価は得られないと断言できますよ。


 蔓延る提灯記事(→Wiki)がダメなんでしょうね。ネットを鵜呑みにするのではなく、自分の判断基準はしっかり持っておきたいものです。

 個人運営のブログであるが故、営業妨害目的でもなく、私見を連ねているだけです。苦情等は一切受け付けませんのであしからず。