・Prestigio GRACE 3201 4G
・ARCHOS 116 NEON
・ALLDOCUBE Power M3 4G
・VOYO i8Plus

 先日から繰り返し書いているように、タブの新製品ストックが溜まってきたので、ここらでまとめて吐き出しておこうかと思いました。スマートフォンは1日お休みです。


Prestigio GRACE 3201 4G

製品ページ

 グローバルではなく、ロシア公式にありました。
grace3201
寸法 242×171×9.9mm
重量 545g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT8735M 1.0GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 10.1インチ
解像度 1280*800
メインカメラ 200万画素
フロントカメラ 30万画素
バッテリ 6000mAh

 MT8735Mは2015年発表のSoCです。28nmのA53にMali T-720を組み合わせています。名前の通り、MT6735Mのタブレット専用モデルという位置付けですね。性能はもちろんMT6737をも下回りますので、LTE通信が可能だという部分以外でのメリットは少ないでしょう。

 それでも、10.1インチという大きさは武器になります。DPIは149と相当粗いものの、モビリティが上がっている点を評価しなくてはならないと思いますよ。

 グローバルサイトであればオフィシャルストアが付いているのですが、ロシア公式には無く、価格も不明です。過去のモデルから察するに、高くても149ユーロ(約1万9700円)あたりでしょうか。


ARCHOS 116 NEON

 各国の公式を探したのですが、製品ページはまだ上がってないですね。
archos-116-neon

寸法 不明
重量 不明
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT8163 1.3GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 16GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 11.6インチ
解像度 1366*768
メインカメラ 200万画素
フロントカメラ 30万画素
バッテリ 6000mAh

 スマートフォンのラインナップと同じように、数字はディスプレイサイズを表しています。11.6インチは最近のAndroidタブだとかなり大型の部類ですね。16:9は動画鑑賞に適していると思います。

 キーボードドックがあるらしいのですけど、同梱なのか別売りなのかまでは分かりませんでした。確かにノートPCとしても使えそうではありますけど、非力さは否めないので別売りと考えるのが自然でしょう。

 実はフランス公式のオフィシャルストアに上がっています。
 価格は149.99ユーロ(約1万9800円)でして、ディスプレイサイズを考えたら上々。どんなにロースペックでも「大きい」というだけで3万円以上の値札を付ける我が国とは違いますね。


ALLDOCUBE Power M3 4G

 発売は11月なのでまだ製品ページはありません。
cubepowerm3

寸法 ?×?×6.5mm
重量 不明
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6753 1.5GHz*4+1.3GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 10.1インチ
解像度 1920*1200
メインカメラ 不明
フロントカメラ 不明
バッテリ 8000mAh

 発表前に公式の製品ページらしきものがGearBest.comに上がるのはいつものことです。そしてあり得ないくらい安いです。

GearBest.com ALLDOCUBE Power M3 4G (18883円)

 さすがはCUBEですね。10.1インチ/4GB/64GBがこの値段で買えるなんて嘘みたいです。
 しかも製品名にもなっている通りの大容量バッテリですよ。MT6753のクロックアップぶんもこれで相殺ですし、LTE対応タブとしての魅力はたっぷりだと思います。


VOYO i8Plus

製品ページ

 VOYOの公式サイトって常に重いんですよねぇ…。
voyoi8plus
寸法 242×172×10mm
重量 580g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6753 1.5GHz*4+1.3GHz*4
メモリ 3GB
ストレージ 64GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 10.1インチ
解像度 1920*1200
メインカメラ 1200万画素
フロントカメラ 300万画素
バッテリ 5000mAh

 ちょっと古くなってしまいましたが、10月21日の発売だったかと。
 VOYOはWinタブ、というか、ウルトラブックとかノートPCというイメージが強いかもしれませんけど、このようにAndroidタブも作っています。ちなみに、画像にあるスタイラスペンとキーボードは別売りです。

 スペック的には上のPower M3と似ているのですが、バッテリが少なめ。ストレージに盛ってあることからも、メインの用途はノートPCを想定しているのかもしれないですね。それなら加熱の心配はあるものの、充電しながら使うというのもアリでしょうか。

 価格は、geekbuyingで単体が179.99ドル(約2万400円)、ペンとキーボードをセットにすると205.99ドル(約2万3400円)だそうです。
 ノートPCとしては非力ですけど、使っているスタイルを想像するとけっこうイケるかもしれません。


 明日はスマートフォンの新製品に戻る予定です。
 なお、夕方から夜にかけて用事があるため、更新時刻が多少遅れる可能性があります。ご了承くださいませ。