電脳あれこれ

日々進化する電脳世界。気付いた範囲内で不定期に考察していきたいと思います。

電脳世界の進化を見つめるブログへようこそ

2017年05月

【新製品】国内スマートフォン(2017.05.31)

・au KYOCERA TORQUE G03
・au Qua phone QX

 auから追加で発表になりました。


au KYOCERA TORQUE G03

製品ページ

 発売は6月下旬以降です。
g03_color_03
寸法 145×71×13.6mm
重量 198g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 625 2.0GHz*8
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 4.6インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素+200万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 2940mAh

 スペック的には不満はありません。タフネススマホのカテゴリにあっては十分合格点と呼べるものだと思います。
 特別仕様のHELLY HANSEN LIMITEDも準備されており、こちらは7月下旬から限定300台で発売となっています。

 あとは価格だけということになりますが、G02はスナドラ400でありながら今でも6万円半ばで販売されているために、今回も不当に高くなりそうな予感がしますねぇ。
 いくら数少ないスナドラ625のタフネスモデルだからと言って、7万8万は有り得ませんので、そこらへんは頭に入れておくべきでしょう。


au Qua phone QX

製品ページ

 ご存知のようにQuaはauのオリジナルブランドでして、製造元もKYOCERAだったりLGだったりですが、今回のはどうやらKYOCERA製らしいです。
quaphoneqx_color_02
寸法 146×73×8.9mm
重量 139g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 430 1.4GHz*4+1.1GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 2600mAh

 できればスナドラ435にしてほしかったところですけど、430との相違点は通信モデムの性能くらいしかないので、そこまで気にすることでもないかもしれません。

 全体的な仕上がりとしては、それなりに満足できるライトユーザー向けの製品と言えるでしょう。

 発売は7月中旬を予定しており、1年前のQua phone PXが税抜き3万円だったことを考えると同程度の価格になりそうですね。
 派手なゲームをしたいというわけでもなく、普通に通話とブラウジングとSNSができればそれでいいという方には、割とおすすめできる選択肢だと思いますよ。


 以下は既出ですのでリンクのみで。

au HTC U11

製品ページ

au SHARP AQUOS R

製品ページ

 どちらも型番に"V"が入っているので、MVNO等で使う際にはSIMロック解除が必要になる場合が大半でしょう。


 もし自分が買うならという視点で考えると、HTC U11が筆頭になりますかねぇ。出す金額に見合った対価が得られそうですし。

 Galaxy S8は、Exynosモデルならかなり揺らいでいたと思います。実は今まで一度もExynosを所有した経験がありませんので…。
 
 あ、AQUOS Rを購入したなら、外国人向けにレビューをしたいものです。海外ではけっこう気になっている人もいるようですよ。

【新製品】国内タブレット(2017.05.31)

・HUAWEI MediaPad M3 Lite 10
・HUAWEI MediaPad T3 10

 最近はタブレット熱がすっかり冷めてしまっているので、心底欲しいという感じを抱かなくなってしまいました。


HUAWEI MediaPad M3 Lite 10

製品ページ

 なぜかHUAWEIジャパンの製品ページは閉じてしまっているので、グローバルのものを貼っています。
 発売はT3 10も合わせて6月9日からだそうです。
m3lite10
寸法 241.3×171.5×7.1mm
重量 310g
OS Android 7.0
CPU Qualcomm Snapdragon 435 1.4GHz*4+1.1GHz*4?
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 10.1インチ
解像度 1920*1200
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 6660mAh

 海外版だと、メモリとストレージの組み合わせは3GB/16GBと4GB/64GBがありますが、国内仕様はこの1種類のみだそうです。ただ、LTEモデルとWi-Fiモデルが存在するので、実質的には2モデル展開です。
 なお、この重量は公式サイトから引用してますがどうも嘘っぽいです。T3 10と同様に460gとしているサイトがほとんどですし、このサイズでこのバッテリ容量で…と考えると310gは有り得ないですね。

 LTEモデルの価格は税込み3万8664円、Wi-Fiモデルは32184円となっています。スナドラ435にしては高めですけど、ハーマン4スピーカやディスプレイサイズと解像度を考えれば高すぎるということもありません。
 ここまでのものはタブレットに求めないという方ならば、もう一つの選択肢が下にあるわけですから、売り方としては正解のような気もします。
 

HUAWEI MediaPad T3 10

製品ページ

 先代のT2よりもひと回り小さくなって、モビリティが上がった印象です。

t310

寸法 229.8×159.8×7.95mm
重量 460g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 425 1.4GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 9.6インチ
解像度 1280*800
メインカメラ 500万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリ 4800mAh

 これも海外版は3GB/32GBがあるようです。
 T2の10インチモデルは"Pro"しかなく、10.1インチの1920*1200、スナドラ615と、当時としてはミドルハイに位置するタブレットでしたが、今回はローミドルに落としてきた感があります。もしかすると数カ月後にT3 10 Proが準備されているのかもしれません。

 LTEモデルは税込み2万4624円程度、Wi-Fiモデルは2万304円前後だそうです。9.6インチのスナドラ425がどこまで快適なのかは未知数ですけど、2万円ならお買い得と評していいのではないでしょうか。


 海外と似たようなタイミングで発表してくれました。
 HUAWEIの場合、スマートフォンは往々にして遅れるのですが、タブレットは意外と早いんですよね。価格も国内だけ異様に高いということもないですし、感謝してますよ。

 しかしまぁ、タブレットはこの先、「これは面白そう!!」というものが出てこない限り買わないんだろうなぁと思っています…。

電脳ニュース海外版(2017.05.30)

・ASUS X00KDがTENAAを通過
・Motorola Moto E4は6月17日に発表か
・ARM A75とA55を発表
・LG G7はSnapdragon 845を搭載か

 新製品を探していたところ、面白いニュースが飛び込んできたので方向転換です。


ASUS X00KDがTENAAを通過

 ソースはこちら

x00kd

 カメラ特化型のローエンドですね。メインは1300万画素+800万画素だそうです。

 その他のスペックは、5インチ1280*720ディスプレイ、1.25GHzのクアッドコア、メモリ2GB/3GB、ストレージ16GB/32GB、4020mAhのバッテリなどとなっています。
 なお、GFXBenchに同じ端末のリザルトが上がっており、それによるとSoCはMT6737ということですので、価格的にも1万円台は間違いないのではないかと思いますよ。

 ZenFoneに属するなら、Goのカメラ強化版と捕えられなくもありません。もちろんシリーズ名も商品名もまだ明かされていないのですけど、ちょうどCOMPUTEX TAIPEIでお披露目となるZenFone 4の流れを考えると、"ZenFone 4 Go"だったりして…と邪推してしまいますね。


Motorola Moto E4は6月17日に発表か

 スペックのリークでおなじみのRoland QuandtさんのTwitterアカウントに記されていました。
moto e4
 5インチHDディスプレイ、1.25GHz*4のMT6737M、メモリ2GB、ストレージ16GB、メインカメラ800万画素、2800mAhバッテリ、Android 7.1で、価格は249.99カナダドル(約2万700円)。
 多少高めとは思いますが、Cシリーズよりも安くするわけにはいかないでしょうから、こんなところなのかもしれません。

 ヨーロッパでも150ユーロ(約1万8700円)という価格がリークされていまして、おそらく1万円台前半まで落ちることは無いでしょう。これがE4 Plusのものだったら、ギリギリセーフのコスパかもしれませんが。


ARM A75とA55を発表

 ソースはこちら

gsmarena_001

 私も解説できるほど詳しくは無いのですが、ほぼ世界中のSoCで使われているARMアーキテクチャコアの設計をしているのがこのARMホールディングスで、製造自体はファウンダリであるTSMCだったと記憶しています。ARMは自社に製造ラインを持っていなかったはずですよね。

 Cortex-A75はA73の後継です。性能は22%アップし、A73と同じ消費電力で高クロックを実現したコアだそうです。
 実際は、搭載されるSoCが依然として少ない状況だったA73よりも、A72に置き換わるものと考えたほうが良いでしょうね。

 A55はA53の後継。シングルスレッド性能は18%の向上で、マルチだとGeekbenchで20%もスコアが伸びるらしいです。スナドラ625の後継がこのA55で作られたと仮定するなら、単純計算で4800以上の結果となり、Kirin 950あたりと同程度までの性能が期待できるということです。

 また、大きな目玉の一つとして、"ARMDYNAMIQ"と呼ばれるAI関連のテクノロジーも書かれていますね。特にARMは自動車用のチップにも力を入れているので、そうした波及も視野に入れているのだと思われます。

 同時に、GPUのMali-G72も発表されました。G71と比較してエネルギー効率は25%、パフォーマンスは40%の向上が見込めるらしく、スマートフォンのグラフィックはさらに高性能化が図られることになります。

 これまでのSoCは、ミドルレンジ以上だとA72+A53というパターンのものが多かったため、今後はA75+A55の組み合わせになるんでしょう。早ければ2018年初頭にはこれらが載ったSoCが登場するそうです。


LG G7はSnapdragon 845を搭載か

 G6に835を載せられなかったからか分かりませんが、845搭載端末の噂がGalaxy S9に続いてLGのフラッグシップでも出てきました。

qualcomm_snapdragon

 もう一つのフラッグシップモデルであるV30はスナドラ835が濃厚であるため、ジャーナリストたちの間では「ほぼ確定的」とすら言われています。
 G5は昨年4月、G6は今年3月のリリースでした。スケジュール的には来年早々にローンチがあると推測できますね。実現すればGalaxy S9よりも早く発売可能となるので、LGの力の入れ具合は半端なものではないでしょう。

 スナドラ845は2018年Q1のリリースということですが、その他の有力なハイエンドSoCとしてHiSiliconのKirin 970が今年のQ4までに発表されると見られています。
 ギガビットLTEをサポートしたものとなりますが、コアはA73+A53なのでどうしても目新しさはありません。そう考えると、Kirin 970は10nmとするのが妥当ではないでしょうか。


 SoCやらコアやらの話はもしかすると苦手な人も多いかもしれませんねぇ。
 ただ、スマートフォンやタブレットの頭脳ですから、避けては通れない話題だと思います。
 この機会にほんの少しでも囓ってみるのはいかがでしょう(^-^;。

電脳ニュース海外版(2017.05.29)

・LG V30はスライド式デュアルディスプレイを採用する?
・HUAWEI Honor 9がTENAAを通過
・Samsung Galaxy J7 , J5の2017ver.がロシアの通販サイトに登場
・Kodak EKTRAが大幅な値下げを敢行

 この土日でドリームジャンボを買いに行こうと思っていたのにすっかり失念してしまいました。もう金曜まで売り場に行けない予感…。


LG V30はスライド式デュアルディスプレイを採用する?

 まさかガラケーからヒントを得たとは考えにくいのですが、当然下から出てくるのはテンキーではなくてタッチパネルディスプレイです。つまりデュアルディスプレイを搭載するのですが、スライド式機構を有するということになりますね。

gsmarena_002

 リーク元はおなじみEvan Blassさん。もちろんこれが最終形態ではないとも語っていますが、非常に興味深いコンセプトであることは間違いないでしょう。

 スライド式のスマートフォンと言えば、BlackBerryのPrivあたりが思い出されますが、このV30のレンダー画像は下側のディスプレイがアプリケーション起動用領域である点で大きく異なっています。

 何よりも単なる物理ボタンでないことから、用途は無限に広がりますね。
 もしもヌガーのマルチウィンドウを個別に表示できるのなら、例えば下にはマップを表示させておき、クリックすると上に店舗情報が出て来るとか、そんな近未来な組み合わせも可能かもしれません。

 これまでもLGのセカンダリディスプレイは新たな試みをサジェストしてきましたが、このかたちが実現するならば一種の革命だとも思います。今後の情報にも注目しておかなくてはなりませんね。

 ちなみに、スライド式ガラケーは私も保有してましたねぇ。電話をする際の「シャコッ」という動作と音が好きで、割と悦に入ってました(^-^;。


HUAWEI Honor 9がTENAAを通過

 ソースはこちらです。
 6月下旬発売と言われるHonor 9(V9)が中国の検査機関を通過しました。

gsmarena_001

 5.5インチのフルHD、上が2.4GHzのオクタコア、メモリ4GB、ストレージ64GB、メインカメラは1200万画素+2000万画素、バッテリは3100mAhとなっています。なお、画像を拡大しても"DUAL LENS"の文字しか読めないため、ライカは関わっていないと思われます。

 この2.4GHzのSoCという部分から考えられるのは、やはりKirin 960だろうとの結論です。
 ただ、Honor 8 Proのほうがスペック的に上になってしまう関係で、もしかするとP10への搭載が噂されていながら見送られた965という線も残されているでしょう。

 予価は安ければ2299元(約3万7300円)と言われており、これはなかなかリーズナブルですね。
 HUAWEIの端末は、TENAA通過以降トントン拍子に発売まで漕ぎ着けるので、まもなく諸々の情報が上がってくるはずです。


Samsung Galaxy J7 , J5の2017ver.がロシアの通販サイトに登場

 ローンチがまだなのでフライング販売ですね。
 取り扱っているのはQUKE.RUです。J7(2017)J5(2017)、どちらもポチることができるようです。

img49787_34575

 ここに表示されている価格は、J7(2017)が18990ルーブル(約3万7400円)、J5(2017)が16990ルーブル(約3万3500円)で、極めて妥当なところです。異様に高いということもなく、良心的な販売スタンスと捉えていいのではないでしょうか。

 スペックについては、ロシア語の翻訳を通すのが面倒だったので(^-^;数値だけ拾っていったのですけど、別の名前で既に販売されているモデルとほぼ同一であるということが分かりました。
 14nmのクアッドコアであるExynos 7570も面白そうなSoCです。いつかは試してみたいものですねぇ。


Kodak EKTRAが大幅な値下げを敢行

 コダックと言えば、銀塩カメラの時代にはあの黄色いフィルムに随分お世話になったものです。
 試してないので日本への発送が可能かは不明ですが、公式サイトにも購入ボタンがあります。気になった方はチェックしてみてください。

ektra

 そんなカメラ機器メーカーからスマートフォンが発表されたのが昨年10月のこと。ヨーロッパでは12月から販売が開始されましたが、アメリカおよびカナダのキャリアでは4月の予定となっていました。
 それも遅れて現在に至っていたところ、公式サイトで価格が改定されたSIMフリー版が購入可能になったという話題です。

 当初は549ドルという値札だったのが、399.99ドル(約4万4500円)と1万6千円以上の値下げです。
 画像の通り、とてもスマートフォンには見えない筐体にも惹かれて、生粋のファンを中心に人気を博しているそうです。

 スペックも手を抜いておらず、2100万画素のメインカメラと1300万画素のセルフィーの他、5インチフルHDディスプレイ、Helio X20、3GB/32GB、3000mAh、Android 6.0など、軽く2年は使えるくらいには仕上がっています。
 スマートフォンとしての中身が時代遅れになったとしても、カメラだけならもっと長く使えるでしょうし、総じて価値は高いと考えられますね。

 なお、元々個人輸入が可能だったCLOVEではまだ価格の反映がなされていません。昨年暮れより40ユーロほど値下がりはしているものの、もう50ユーロは下がる計算ですので、欲しい方はもう少し待ったほうがいいとだけ言っておきますか。
 仕様上はBand 1および3にも対応しています。日本でも頑張れば使用可能だと思いますよ。


 日本だってカメラメーカーはゴマンとあるんですから、二番煎じと言われようが、超ハイスペックカメラを搭載したスマートフォンを開発したらいいんですよ。
 キヤノンとかがやったら話題になりそうな気がするんですよね…。ライカのように監修で共同開発したって面白いじゃないですか。

 蛇足ですけど、私が初めて買ったカメラがヤシカなんです。京セラに合併される前の。次がミノルタだったかなぁ。

 今の若い人たちは銀塩カメラなんて知らないでしょうねぇ(^-^;。撮った写真がすぐ見られないことに衝撃を覚えるかもw。


ブログランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いしますm(__)m

【新製品】海外スマートフォン(2017.05.28)

・Gionee S10
・Gionee S10B
・Gionee S10C
・HUAWEI nova 2
・HUAWEI nova 2 Plus

 Gioneeは3機種同時発表ですが、S10Cについてはまだ公式に詳細が明かされていません。


Gionee S10

製品ページ

 発売は6月9日からだそうです。

s10

寸法 155×76.78×7.35mm
重量 178g
OS Android 7.0
CPU MediaTek Helio P25 2.5GHz*4+1.4GHz*4
メモリ 6GB
ストレージ 64GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1600万画素+800万画素
フロントカメラ 2000万画素+800万画素
バッテリ 3450mAh

 どちらのカメラもデュアル構成となっており、しかも画素数は相当なものです。
 さらに単なるカメラ特化型で終わらず、その他もこれでもかとハイスペックを詰め込んだ意欲作となっています。

 カラバリは、ミッドナイトブラック、チェリーゴールド、インディゴブルー、プリムローズグリーンの4色。以前のリーク画像では、これにブリリアントレッドがあったはずなんですけど、なぜか消えてますねぇ。

 なお、オリジナルのAmigo OSがAndroidベースで動いているようです。バージョンは4.0なので、おそらくこれまでの3.5よりは進化があるものと思われます。

 価格は2599元(約4万2200円)ですから、これまでのGionee端末と比較してもコスパはかなり良いと言えるでしょう。どんな写真になるのかという点は非常に興味深いところです。


Gionee S10B

製品ページ

 BとCがあったら「Aはどこ?」と思うのが自然ですよね(^-^;。ありませんw。
s10b
寸法 不明
重量 176g
OS Android 7.0
CPU MediaTek Helio P10 1.8GHz*4+1.0GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1300万画素+500万画素
フロントカメラ 1600万画素
バッテリ 3700mAh

 「分かっているなぁ」と感じるのは、P25よりプロセスルールの微細さで劣るP10のほうに、より大きい容量のバッテリを積んでいる点ですよ。
 カメラ性能もS10の画素数を見た後だとそこまでのものだと思わないにしても、これでもかなり優秀な部類ですし、上を知らなければ魅力はたっぷりに映りますね。

 価格は2199元(約3万5700円)と、Helio P10にしては高めなんですけど、並んでいる数値を見たら納得できるものでしょう。
 カラバリがブラックとゴールドに2色に減らされるなど廉価版扱いな点は否めませんが、日本国内で扱われる端末とは比べ物にならないコスパの良さに唸ってしまいます。


Gionee S10C

 同時アナウンスなのに製品ページが無い理由は何なのでしょうね…。TENAA通過時のものからスペックをまとめておきます。

Gionee-S10C-price-in-nepal-0001214547

寸法 148.7×73.7×7.9mm
重量 151g
OS Android 7.0
CPU Qualcomm Snapdragon 427 1.4GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 32GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 1600万画素
バッテリ 3100mAh

 同じ冠が付いてますが、ほとんど別物と言っていいくらいの下がり方です。
 ただ、このS10Cだけがスナドラで、しかも比較的新しい427を持ってきた部分は評価に値しますけど。

 価格もはっきりしていないものの、1599元(約2万5900円)という情報があります。カメラは手を抜いていないので妥当なところかもしれませんね。

 画像からも分かるように、明るめのグリーンがカラバリに加わっています。この機種を買うなら断然この色でしょう。

 久々に大きな動きがあったGioneeの新機種は、期待に違わぬ魅力的な製品たちでした。


HUAWEI nova 2

製品ページ

 中国では6月16日から発売開始となるそうです。
nova2

寸法 142.2×68.9×6.9mm
重量 143g
OS Android 7.0
CPU HiSilicon Kirin 659 2.36GHz*4+1.7GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1200万画素+800万画素
フロントカメラ 2000万画素
バッテリ 2950mAh

 Kirin 659という刻んだネーミングはスナドラ660との混同を避けたと推測されますが、プロセスルールは65xから変わらず16nmで、すべてA53コアになります。
 GPUもこれまで同様Mali-T830 MP2で、サポートするメモリがLPDDR3までという部分にも変更はありません。
 ただ、このバッテリ容量からも分かるように省電力なチップですから、P9 liteと似た電池持ちの良い端末であると期待できます。

 価格は昨日も書いた通り2499元(約4万600円)で、カメラ性能を反映したものとなっています。
 SoCこそ違えど、上のGionee S10Bと仕様もターゲットも被るところも多く、しっかり市場調査をした上で価格が設定されている点に、さすがHUAWEIと感心してしまうのでした。

 もし日本でも発売されるとしたら、女性を中心にこのローズゴールド、と言うかピンクが飛ぶように売れるのではないでしょうか?


HUAWEI nova 2 Plus

製品ページ

 "nova 2 lite"ではなくて"Plus"なんですね。先代は無印とliteにそれほどの違いが無かったのですが、今回は名前の通りにしっかりと上位機種であることが分かりますよ。
nova2plus
寸法 153.9×74.9×6.9mm
重量 169g
OS Android 7.0
CPU HiSilicon Kirin 659 2.36GHz*4+1.7GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 128GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1200万画素+800万画素
フロントカメラ 2000万画素
バッテリ 3340mAh

 このカラバリはグラスグリーンと言うそうですが、フロントの上下ベゼルはホワイトになります。念のため。

 ディスプレイサイズは完全に変えてきました。5インチと5.5インチを選ぶ層というのがそこまでくっきりと分かれているとも思えないのですけど、こちらが上であると言わんばかりのストレージ128GBですよね。
 また、HUAWEIはディスプレイサイズでバッテリ容量を決めている感があるので、例に漏れず5.5インチのこの機種もしっかりと積んでいます。必要十分でしょう。

 SoCからしてハイエンドには属さないということは分かりますが、ストレージ容量やカメラはフラッグシップと言ってもおかしくないくらいです。
 そう考えると、2899元(約4万7000円)という価格は随分お買い得と見ていいような気がしますね。おそらく日本で扱われるとなると税込みで5万円は軽く超えてくるのでしょうけど、P9と同じように台数は出そうだと予想しています。


 新製品というのは、メーカーももちろん気合を入れてきますし、我々消費者もワクワクしてしまうものです。
 巨大なメーカーであればあるほど抱えるラインナップは豊富で、しかもやすやすと消えるものではないんですね。売れなかったらシリーズ終了ではなく、後継モデルで挽回を狙ってくる、そんな印象を抱いています。

 某国内メーカーのREGナンチャラphoneにも見習ってもらいたかった姿勢ですが、あれはあれでネタとして完成していたからいいのかなw。

電脳ニュース海外版(2017.05.27)

・Motorola Moto G5S , G5S Plusは6月上旬に発売か
・OPPO R11は6月10日に発表
・HUAWEI nova 2 , PlusがVMALLに登場
・Andy Rubin氏のブランド EssentialのTwitterアカウントがオープン

 しかしSoftBankでHTCですかぁ…。ちょっと驚いたんであえて記事に起こしてみましたよ。


Motorola Moto G5S , G5S Plusは6月上旬に発売か

 G5およびG5 Plusの派生モデルとなるG5Sらの情報がリークされたのはつい最近です。
 いずれも強化版となっており、少しずつ仕様が上乗せされているようです。

Moto-G5s-Plus-Gold-Gold-1-1024x683
 G5からG5Sへの変更点は、ディスプレイサイズが5.2インチに、メモリとストレージのバリエーションに4GB/64GBが加わり、しかもG5と同価格帯で販売されるとのことです。

 G5S Plusは上に挙げた画像のようにメインカメラがデュアル構成に変わります。ここが最も大きく違う部分でしょう。G5 Plusのf/1.7も魅力たっぷりだったのですけど、「こっちがいいな」という人も多いかもしれません。
 また、ディスプレイも5.2インチから5.5インチへと拡大されますね。

 ちなみに、現在の国内での価格はと言いますと、Moto G5が23753円、G5 Plusが36384円となっています。
 評判もなかなか良さげで、コスパも上々というレビューが多いですから、このG5Sも導入される可能性はあると思いますよ。


OPPO R11は6月10日発表

 例のWeiboでの熊本科技のリークです。

gsmarena_001

 何と言っても注目は、メインカメラが1600万画素+2000万画素という部分にあると思います。セルフィーも2000万画素と、カメラ性能に主眼を置いたスマートフォンですね。

 R11は5.5インチ、R11 Plusは6インチであり、この画像から判断するに左右のベゼルも狭く、それほど巨大な筐体サイズということもないでしょう。

 SoCはスナドラ660だそうです。
 メモリは4GB、6GBということで、価格も上がってしまう予感はビンビンにするのですけど、R9があれだけのヒットを記録したことからも、かなりの注目が集まっているようです。


HUAWEI nova 2 , PlusがVMALLに登場

 日本でもお馴染みのHUAWEIオンラインストア(国内URLは楽天内)ですが、海外だとVMALLという名称です。と言うか、元々"Vモール"となっていたような気がするんですけど、いつの間にか変わってしまってますね。

nova2

 中国版VMALLの商品ページはこちらです。

 スペック等については後日まとめますが、ここにもある通り価格は高級感を前面に押し出してきました。
 nova 2が2499元(約4万500円)、nova 2 Plusが2899元(約4万7000円)です。

 一言で表すとカメラが売りになるんでしょう。それを求めていない人にしてみればまったく響かないわけですけど、P10が高くて買えないという層にはおそらくビンゴだと思います。
 日本でも出回る可能性は高く、これもヒットの予感がしますねぇ。


Andy Rubin氏のブランド EssentialのTwitterアカウントがオープン

 該当アカウントはこちらです。
 かねてより告知されていたベゼルレススマートフォンを引っさげて、Androidの父Andy Rubin氏が開発に携わったブランドがいよいよお目見えするそうです。

DAsyB_wXsAMOelj

 噂によると、このシルエットの上部にある半球形の物体は360度カメラとのことで、それがサードパーティ製のアドオンなのかまでは不明ですが、なかなか訴求力のあるアナウンスだと感じました。

 また、サイズは割と巨大にも見えます。これでベゼルレスなら6インチという可能性まであるのではないでしょうか。スペック的にもハイエンドであり、ライバルはiPhoneやPixelと言われていますね。


 全然関係ないのですけど、英語の"Stay Tuned..."のカッコよさは異常だと思いませんか(^-^;?
 日本語の「乞うご期待」も外国人にとってはCoolなのかもしれませんけど、アメリカあたりの声の低~いレディオパーソナリティーが「ステイチューンヌ」とか言ったら痺れちゃいます。
 …あれ、伝わってないですかそうですか…。

 期待を高める言葉としてはあまりにも素晴らしくて、日常生活でもつい使いたくなってしまうのです。

ブログランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いしますm(__)m

【新製品】国内スマートフォン(2017.05.27)

・SoftBank HTC U11

 ただただビックリしました。


SoftBank HTC U11

製品ページ

 先週の記事でも紹介しているので、サクッといきますね。
sbu11
寸法 153.9×75.9×8.3mm
重量 170g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 835 2.45GHz*4+1.9GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 2560*1440
メインカメラ 1200万画素
フロントカメラ 1600万画素
バッテリ 3000mAh

 驚いた理由は、SoftBankがHTC製品を扱うのはめちゃくちゃ久しぶりだったからです。2010年のDesire 以来じゃないでしょうか。auと仲良しさんだったので、SoftBankとはすっかり切れているものだとばかり思ってましたよ…。

 発売は6月下旬以降だそうです。何はともあれ、スナドラ835搭載モデルのラインナップが増えるのは良いことだと思います。価格競争が激化すればもっと嬉しいんですけどね。

 ということで、このあと出て来る価格情報にも注目しなくてはなりません。来年2月、NEXUS 6Pの2年縛りを終えたら機種変するのはこれに決まったようなものですんで。


 早速触りに行くことにしましょうかねぇ。ホットモックでも構わないですから、入ったという情報をゲットしたら即Goですよ。

【新製品】海外スマートフォン(2017.05.26)

・Xiaomi Mi Max 2
・HUAWEI Y6 2017
・BLUBOO S1
・Swipe Elite Sense

 一昨日の記事で書いたGretelのGT6000がGearBest.comで予約リストに上がっています。発送は6月22日過ぎと随分先ですが、ヨーロッパの予価より安く買えるとは思いませんでした。

GearBest.com Gretel GT6000 (12393円)

 6000mAhバッテリ搭載端末としては考えられない安さです。これ、ポチってしまおうかとかなり揺らいでいるところです…。


Xiaomi Mi Max 2

製品ページ

 ここまでの大画面だと筐体強度の関係からベゼルレスというのは難しいんでしょうね。まぁ、予定通りに発表になって良かったです。
max2-09
寸法 174.1×88.7×7.6mm
重量 211g
OS Android 7.0
CPU Qualcomm Snapdragon 625 2.0GHz*8
メモリ 4GB
ストレージ 64GB , 128GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 6.44インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1200万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 5300mAh

 スナドラ626じゃなかったです…。クロックが少し遅くなりますけど、バッテリ持ちのためには賢明な選択だったと後々呼べたらいいですね。
 先代からは、A72コアが無くなったものの、プロセスルールが小さくなったということになりますか。

 とにかく売りは6.44インチという大画面ファブレットであるという部分にあります。他はそこまで目立つ仕様もありません。メインカメラもf/2.2ですし、ディスプレイサイズとバッテリ容量は相殺ですから特筆すべきところでも無いと思います。
 しかしこの大きさで211gは、おそらく持ったときに相当軽さを感じるのではないでしょうか。平均的な7インチタブが300g前後ということを考えると、軽量度合いは際立っていると言っていいはずです。

 64GBモデルの価格は1699元(約2万7700円)と破格。128GBでも1999元(約3万2600円)です。普通に不満も無く使えるこのサイズのファブレットでは世界最安レベルですね。
 もちろん中国以外ではもう少し上乗せされてしまうことは予想されますが、64GBモデルで3万5千円を超えなければ買いだと思いますよ。

 ところで、Xiaomiの国内正規取扱が発表されたTJCにその後の動きがありません。コンシューマがほしいのはモバイルバッテリじゃなくてスマートフォン本体ですよ。もしかしてこれもポシャったのでしょうか…?


HUAWEI Y6 2017

製品ページ

 今のところ、フランス公式にしか製品ページが無いですねぇ。
 昨年日本でも発売されたY6の後継になります。

y62017

寸法 143.8×72×8.45mm
重量 150g
OS Android 6.0
CPU MediaTek MT6737T 1.4GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 3000mAh

 先代の無印Y6は、グローバルでの販売が2015年10月、日本では4月15日と半年遅れでの登場でした。
 同じパターンだとすれば、11月くらいには国内導入の可能性が…って、そうなったらなったでヒドイですねこれ(^-^;。
 実際には、昨年9月にY6 IIがリリースされているのに日本市場がスルーだったことから、今回もズバリ「無い」と考えるのが自然でしょう。
 イメージを払拭するために名前を変えてニューモデルとしてだったら、数%はあるかもしれないですけど。

 ここまでのロースペックでありながら、ヨーロッパでは149ユーロ(約1万8700円)と言われており、コスパはすこぶる悪いと言わざるを得ません。せめて値引きが進んだ頃のY6の価格である1万円強あたりでないと誰も買わないでしょう。


BLUBOO S1

公式サイト

 予告のみでリンクがまだ機能していません。まもなく公式発表があるものと思われます。

 BLUBOOと言えば、タフネススマホのR1も2ヶ月くらい前から話が出ているのに、一向に上がってきませんねぇ。7000mAhを超えるバッテリを搭載したモデルなんだそうです。具体的になったら紹介しますのでお待ちください。

BLUBOO-S1-main

寸法 146×69×8mm
重量 130g
OS Android 7.0
CPU MediaTek Helio P25 2.5GHz*4+1.6GHz*4
メモリ 4GB , 6GB
ストレージ 64GB , 128GB
MicroSD 256GB
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1600万画素+300万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 3500mAh

 すべて発表前の噂からまとめていますが、ベゼルレスとHelio P25という部分は確定のようです。他は疑問符付きということでお願いします(__;。

 BLUBOOはamazon.co.jpでも取り扱いがあるのでご存知の方も多いでしょう。堂々とベゼルレススマートフォンのカテゴリに殴り込みをかけてきたということになりますか。
 直に日本のamazonでも販売されるとなると、手軽に買えるベゼルレスとしてけっこうな数が売れそうですよ。

 期待を込めて予想しているんだとは思いますけど、4GB/64GBが150ドルとか書いているサイトもあります。いくらなんでもそれは無理ですよ。ディスプレイとSoCとストレージの原価だけでそれくらいはいってしまいますんで。私の予想だと、1800元(約2万9300円)くらいじゃないかと思いますね。これでも十分魅力的です。


Swipe Elite Sense

製品ページ

 インドのメーカーで今まで紹介していなかったものの中から、割と直近の製品を書いてみます。発売は3月でした。
elitesense1
寸法 143.4×71.8×8.7mm
重量 146g
OS Android 6.0
CPU Qualcomm Snapdragon 425 1.4GHz*4
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 2500mAh

 インドの普及帯モデルとしては相当に盛ってあるほうです。特にインドメーカーのスナドラ搭載端末は稀有ですよ。

 これ、「1万8千円くらいかな」と予想したんです。スナドラに加えてその他もまぁまぁなので。ところがFlipkartでは7499ルピー(約1万3000円)となっているではありませんか。
 もしまったく同じスペックで日本のキャリアで扱われたとしたなら、本体価格はたぶん5万円を超えますよね…。インド恐るべし!です。


 えーと、今日は最後に無駄知識を一つ。

 "Snapdragon"がQualcomm社のSoCだということは、このブログをお読みの方なら常識だとは思いますけど、和訳が「キンギョソウ」だってご存知でしたか?
 花の名前で、形がドラゴンの口に似ていることから名付けられたそうです。日本では金魚に擬えていますが、英語圏では竜なんですね。"snap"には「噛み付く」「食いちぎる」という意味もあるため、厳密には「竜の口」と言うよりは「噛みつきそうな竜」が正しいと思いますけど。

 しかしながら、当のQualcommはこの名称についてキンギョソウの意味をまったく含んでいないと回答しています。"snap"+"dragon"の造語であり、音の響きの良さと劇的に速そうなイメージから決められたそうです。

 残念ながら初代Snapdragon S1搭載端末には触ったことがありません。MSM7225だったかな。
 S2になってからの8225は買ったような記憶がありますねぇ。
 S4までは45nmで、28nmが採用された第5世代から、現在に至る2xx、4xx、6xx、8xxが使われ始めたと記憶しています。
 初代から数えて今年で十周年だったりするんですよ。

 そう言えばいくつかの国内メーカーが共同開発したSAKURAチップなんてのもありましたねぇ。黒歴史ですけどw。

【新製品】海外スマートフォン(2017.05.25)

・MEIZU M5c
・QiKU N5s
・Samsung Galaxy Wide 2

 こんな自己満ブログなのにアクセス数が増えてきて戸惑っていますけど、そのほとんどがモバイルでの閲覧なんです。世の動向がこんなところにまで…。
 参考までに、私のスマホでのブラウジングは週イチくらいです(゚∇゚ ;)。


MEIZU M5c

製品ページ

 "c"は"チープ"の頭文字でしょうか。何はともあれローエンドですね。
m5c
寸法 144×70.51×8.3mm
重量 135g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737 1.3GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 3000mAh

 カラバリが、ブラック、ゴールド、ピンク、ブルー、レッドと、戦隊モノかよと突っ込みたくラインナップです。
 それでも、継ぎ目の無い美しいラインを纏った筐体は、パッと見た感じでローエンドには見えませんよね。

 スペックとして目立つ部分は一つも無いんですけど、筐体目当てなら格安に感じる人も多いのではないでしょうか。

 価格情報がまだなのではっきりしたことは言えません。発売は26日から中国で始まるそうです。インドでは7699ルピー(約1万3300円)程度ではないかと言われていますね。

 さっき検索していて初めて知ったのですが、MEIZUは世界で11番目に大きいスマートフォンメーカーだそうです。元が販売台数なのか売り上げなのかまでは調べていませんけど。
 しかし、そうしたプライドというものも少なからずあるでしょう。無難なところに落ち着くのも仕方ないと言えばそれまでです。


QiKU N5s

製品ページ

 よく見る"360"というブランドがこのQiKU Mobileでした。なぜかスルーしてましたよ。

qiku_n5s

寸法 153.5×76.9×8mm
重量 170g
OS Android 7.0
CPU Qualcomm Snapdragon 653 1.95GHz*4+1.44GHz*4
メモリ 6GB
ストレージ 64GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 1300万画素+200万画素
バッテリ 3730mAh

 オリジナルの"360 2.0 OS"というのをAndroidベースで動かしているらしいです。
 また、フロントカメラがデュアルという特徴を持っており、メインとともにf/2.0とのことです。なるほどスナドラ653を持ってきたことといい、コンセプトは面白いですね。

 中国本土では24日から販売がスタートしており、希望小売価格は1699元(約2万7600円)というとんでもないものでした。それ以外では370.49ドル(約4万1500円)と妥当なところですけど、中国メーカーの採算度外視っぷりには尊敬の念すら覚えますよ。

 これには食指が動きそうになる人も多いのではないかと予想しています。


Samsung Galaxy Wide 2

 公式サイトにはまだ製品ページがありません。取り扱いは韓国最大のキャリアSK telecomで、26日からの発売と言われています。
samsung-galaxy-wide-image-759jpeg
寸法 151.5×76.4×8.6mm
重量 170g
OS Android 7.0
CPU Samsung Exynos 7870 1.6GHz*8
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 3300mAh

 5.5インチのHDには多少不満は残りますが、バッテリ持ちのためだと思えばそれも納得です。2017年モデルにしてはメモリとストレージが物足りない部分も、すべて価格のためなんでしょう。

 キャリアでの契約になりますので、日本と同じようにディスカウントが適用されるみたいです。元の価格は297000ウォン(約2万9600円)でも、割引後は100000ウォン(約10000円)になるらしく、これはdocomoのGalaxy Feelにも期待してしまうというものでしょう。

 ちなみに、先代のGalaxy Wideは昨年7月に発売され、SoCがスナドラ410という点以外はほぼ同じ仕様でした。価格は275ドルとコスパが悪かったため、今回のモデルには注目が集まっているようです。


 「"360"って何ぞ?」という長年の謎が解けたのが今日の収穫です。
 外国人にとってのFREETELとプラスワン・マーケティングみたいな関係性なんでしょう。
 情報収集は大事ですねぇ。

【新製品】国内スマートフォン(2017.05.25)

・docomo SONY Xperia XZ Premium
・docomo Samsung Galaxy Feel
・docomo FUJITSU arrows Be

 キャリア3社の中でdocomoが最も遅い発表となりましたが、他には無い製品も用意してくれていました。


docomo SONY Xperia XZ Premium

製品ページ

 6月中旬発売予定ですが、既に予約は可能となっています。

xzpremium

寸法 156×77×7.9mm
重量 191g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 835 2.45GHz*4+1.9GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 3840*2160
メインカメラ 1920万画素
フロントカメラ 1320万画素
バッテリ 3230mAh

 グローバルモデルと同じスペックですから、おそらく価格も同等以上だと思われます。2ヶ月前に発売された諸外国では9万円前後でしたので、割引を含めてもそのあたりが限界じゃないですかねぇ。

 まぁ、現時点でPremiumを扱っているのがdocomoだけということですから、価値は高いと思います。
 お金があって、尚且つXperiaが欲しいということであれば、XZsよりは間違いなくこちらを推奨しますよ。


docomo Samsung Galaxy Feel

製品ページ

 中身は今年1月リリースのGalaxy A3 (2017)だと思います。メモリとストレージが増量され、さらにヌガーになっているのは嬉しいですね。
galaxyfeel
寸法 138×67×8.3mm
重量 149g
OS Android 7.0
CPU Samsung Exynos 7870 1.6GHz*8
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 4.7インチAMOLED
解像度 1280*720
メインカメラ 1600万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 3000mAh

 Exynos 7870の性能と消費電力について疑う余地はありません。もちろんMongooseコアではないものの、14nmのA53ということでスナドラ625に近いサクサク感は得られるはずです。
 さらに4.7インチHDのAMOLEDは電池持ちにも絶大な威力を発揮しそうじゃありませんか。

 これはナイスなセレクションだと感じました。たまにはdocomoを誉めてあげないと。

 これも6月中旬の発売で、既に受け付けがスタートしています。気になった方はチェックしてみてください。


docomo FUJITSU arrows Be

製品ページ

 海外メディアからは一切相手にされていない富士通ですが、こうしてまだまだ元気なところを見せてくれるなんて嬉しいものですよ。

arrowsbe

寸法 144×72×7.8mm
重量 141g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 410 1.2GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1310万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 2580mAh

 投げ売り用ですね分かります。「何を今更」なスペックですから、割引込みで高くても10800円、安ければ例の648円になるのではないかと推測。
 ただ、このバッテリ容量でも、スナドラ410ならそれなりに持つとだけ言っておきましょうか。シニアやティーンのスマホデビュー端末としてはけっこうな最適解かもしれません。

 6月1日から販売開始だそうです。
 とりあえず、元の値段を4万円とかにしていかにも「超お得になる割引実施中!」みたいな売り方はやめましょうよ。みんな気付いてますってば。このスペックなら単体で購入しても1万円前後ですからね。


 以下は過去に記事にしていますので割愛させていただきます。

docomo Samsung Galaxy S8

製品ページ

docomo Samsung Galaxy S8+

製品ページ

docomo SHARP AQUOS R

製品ページ

docomo SONY Xperia XZs

製品ページ


 そう言えば3キャリアのXZsの価格が出揃ったんですけど、ちょっとご覧になっていただけますか?

docomo 支払総額85536円 実質負担金32400円
au 支払総額84240円 実質負担金45576円
SoftBank 支払総額87840円 実質負担金45120円

 いずれも機種変更時の金額になります。微妙に異なってはいるものの、これは立派なカルテルでしょう。いわゆる価格協定というやつで、普通に独禁法に抵触するんじゃないでしょうか。

 と言うか、元々の本体価格が「割引ありき」の設定なんですよね。そこに問題があると思います。スナドラ820が8万超えっておかしいでしょ…。
 こんな価格を見せられてなお、ジャーナリストたちが「SONYの新製品だぜヒャッホー」とか喜んでいるのが理解できません。

【新製品】海外スマートフォン(2017.05.24)

・LG X Venture
・HUAWEI Honor 6A
・Gretel GT6000
・Walton Primo H6+

 海外の記事のほうがホッとします…。


LG X Venture

製品ページ

 アメリカのAT&T専売モデルだそうです。
xventure
寸法 154×75.8×9.3mm
重量 166.5g
OS Android 7.0
CPU Qualcomm Snapdragon 435 1.4GHz*4+1.1GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 32GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1600万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 4100mAh

 筐体を見てもなんとなく分かりますが、IP68対応となっています。個人的には割と好きなデザインかも。
 SoCとメモリ容量以外は十分に満足できるものでしょう。

 価格はAT&Tのプレスリリースを読んだところ、トータル330ドル(約3万6700円)の支払いと書いていました。
 LG製品でここまでガッシリしたいかにも「防水スマートフォンです」というものは珍しいので、心を揺さぶられる人も多いかもしれませんね。


HUAWEI Honor 6A

 HUAWEIグローバルにも中国公式にも、そしてHonorグローバルにも製品ページはありませんが、23日にローンチされ、6月1日からの発売ということで決定しています。

huawei-nonor-6a-1

寸法 143.7×70.95×8.2mm
重量 143g
OS Android 7.0
CPU Qualcomm Snapdragon 430 1.?GHz*4+1.?GHz*4
メモリ 2GB , 3GB
ストレージ 16GB , 32GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 3020mAh

 今更スナドラ430ですが、枯れてきたSoCということでクロックはどうにでもなるかと思い、ぼかしています。
 どこをどう取ってもHonorの普及モデルという感じで、秀でたところもウィークポイントもありません。無難な作りと言えばそうなりますけど、売りは感じられないですね。

 価格はヨーロッパで149ユーロ(約1万8600円)程度と見られており、それ以上でなければまぁまぁお買い得と言ってもいいかもしれません。


Gretel GT6000

製品ページ

 なるほど次はこう来ましたかと思わず漏らしてしまいましたよ。

GT6000-_01

寸法 154.6×77.3×10.6mm
重量 233g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737 1.3GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素+1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 6000mAh

 大容量バッテリ搭載端末の選択肢は数あれど、低スペックSoCにデュアル構成のメインカメラというコンセプトは新しいと思います。
 厚さと重量を犠牲にしてでもリリースまで漕ぎ着けた開発陣の努力に敬意を評したいですね。

 解像度に物足りなさは残るものの、単純計算で普通のMT6737スマホの3倍は長持ちすることになりますので、これは引く手数多でしょう。その上にカメラにトレンドをしっかり反映させている点は素晴らしいと言えます。

 まだGearBest.comにも商品ページが無く、中国本土での価格もはっきりしていないのですが、ヨーロッパでは110ユーロ(約1万3700円)という情報が流れています。もし本当だとすれば、これは大革命になりますよ。というか、1万8000円程度でも買いだと思います。


Walton Primo H6+

製品ページ

 バングラデシュのメーカーです。スマートフォンだけでなく、さまざまな家電も製造しているようですね。
primoh6+
寸法 154.4×78.7×9.1mm
重量 190g
OS Android 7.0
CPU MediaTek  MT6737? 1.3GHz*4
メモリ 3GB
ストレージ 16GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 3000mAh

 なぜか各情報サイトも言及を避けていますが、64bitでGPUがMali-T720の1.3GHzクアッドコアならMT6737で間違いないような気がするんですよ。

 カメラは通常の用途なら何の問題も無いですし、メモリ3GBの搭載も好感が持てます。
 解像度の粗さとスペック以上の重さという部分を除けば、普通に日本のキャリアで扱われても不思議ではないと思いますね。

 メーカー希望小売価格は11990タカ(約1万6600円)でして、これはものすごく頑張っているのではないでしょうか。

 前述の通り、Waltonはバングラデシュにおいてシェアナンバーワンの家電メーカーだそうです。資本があるから出来る挑戦状とも言えるかもしれません。
 2016年のスマートフォン販売台数では、これも国内企業であるSymphonyが1位、Samsungが2位、そしてWaltonが3位だったそうです。

 そのうち機会があれば紹介する予定ですが、Symphonyのスマートフォンも相当安いんですよ。よくSamsungが入り込める余地があったなというくらいに。


 と考えると、apple製品、SONY製品、そしてSamsung製品がやたら売れる日本市場において、各メーカーが値段を釣り上げてくるのは極めて当然のことになってしまうんですね。
 責任の所在は他ならぬコンシューマにあったというオチですかそうですか。

 …と言うか、あまりにも安いと「本当に大丈夫?」と疑う性質の民族だとも言えますかねぇ。そこらあたりから考え直さないとダメですねコレは。

【新製品】国内スマートフォン(2017.05.24)

・au Samsung Galaxy S8 , S8+
・au SONY Xperia XZs
・ZTE Blade V8

 なんだか一人で喚いてても意味がないような気がしてきました。


au Samsung Galaxy S8 , S8+

製品ページ (SCV36)
製品ページ (SCV35)

 以前も一度紹介しているのですが一応…。

scv36_color_01

Galaxy S8
寸法 148.9×68.1×8.0mm
重量 150g
OS Android 7.0
CPU Qualcomm Snapdragon 835 2.35GHz*4+1.9GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.8インチAMOLED
解像度 2960*1440
メインカメラ 1220万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 3000mAh

 重量が3gほど軽くなっています。
 また、Exynos版はやはり日本ではお目見えしないようです。

scv35_color_01

Galaxy S8+
寸法 159.5×73.4×8.1mm
重量 173g
ディスプレイ 6.2インチAMOLED
バッテリ 3500mAh

 どちらも型番に"V"が付いていることから、SIMロック解除が必要であるのはこれまで通りですね。

 発売は6月8日からで、6月中の購入でプレゼントがあるらしいです。
 日本語版のBixbyがどの程度完成されているのかについては興味がありますよ。店頭で触れる機会があったら試してみようかと考えています。


au SONY Xperia XZs

製品ページ (SOV35)

 SoftBankのものと共通の仕様となっていますので詳細は省きます。
 発売は5月26日からということで決定したそうです。それまではカートにも入れられないようなので価格は分かりません。
 笑う準備だけして待つことにしましょう。


ZTE BLADE V8

製品ページ

 発表自体は1月で発売は3月でした。そこまで色褪せてはいませんが、価格は残念な感じに仕上がっています。
bladev8
寸法 148.4×71.5×7.9mm
重量 141.6g
OS Android 7.0
CPU Qualcomm Snapdragon 435 1.4GHz*4+1.1GHz*4
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1300万画素+200万画素
フロントカメラ 1300万画素
バッテリ 2730mAh

 ちょっと暴利を貪っている感が否めませんねぇ。
 希望小売価格は税込み3万7584円だそうです。スナドラ435の価格としては有り得ないでしょ。

 中国では1499元(約2万4000円)から、マレーシアでは939リンギット(約2万4300円)、ロシアでは13481ルーブル(約2万6600円)、ヨーロッパ諸国の最安はドイツアマゾンの242ユーロ(約3万200円)です。
 なぜ日本だけこうも跳ね上がるのでしょうか。まさか日本人は外国の相場と比べることができない愚かな人間ばかりだとでも思っているんですかねぇ…。

 ちなみに、アメリカのamazon.comでは上位モデルのV8 Proのみの取り扱いですが、その価格は229.99ドル(約2万5600円)なんですよ。
 もし日本でもこのあとProが登場したとき、軽く4万円を超えることが予想されるので、なんと1.5倍の価格という意味不明な事態になってしまいます。
 これはシュプレヒコールが必要であると声を大にして訴えたいですわ。


 相変わらず日本市場がバカにされまくっていて腹が立ちますよ。
 数が出ないからという理由で利益を追求するのはしょうがないとは思うのですが、矛先を消費者に向けてはいけないでしょうに…。
 皆さんは搾取されないようにお気を付けくださいませ。

【新製品】海外スマートフォン(2017.05.23)

・OPPO A77
・InnJoo Fire 4 Plus
・KONKA S3
・LG Grace LTE

 どちらかと言うと仕事はウサギ型ですけど、ブログの更新はカメ型なんですよ。書きたいことがたくさんあるので、コツコツやっていかないとどうにもならなくなってしまうので。


OPPO A77

製品ページ

 検索してパッと出てきた台湾OPPOのリンクを貼りました。
 発売は5月29日からとなったようです。
A77
寸法 153.3×75.2×7.3mm
重量 153g
OS Android 6.0
CPU MediaTek MT6750T 1.5GHz*8?
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 1600万画素
バッテリ 3200mAh

 クロックは8つのコアが1.5GHzと書いてあるんですが、下は1.0GHzが普通なんですよね。今後ベンチのリザルトでも出てくればはっきりするでしょう。
 仮にすべてのA53が1.5GHzだとするなら、3200mAhでも少ないような気がしてしまいます。MediaTekのHelio以外のSoCは、プロセスルールが16nm以下になるまでバッテリとの戦いかもしれないですよ。

 売りはセルフィーであるということが分かる作りになっています。メインカメラのF値が2.2に対し、セルフィーは2.0ですから。

 個人的な感想としては、筐体はいかにもOPPOらしいデザインではないかと思いますね。RシリーズよりはFシリーズに近いエッジです。ケースを着せずに持ちたい感じがします。

 価格は、5月31日まで10990台湾ドル(約4万800円)で販売されるようです。やはり4万円を超えてきたので、カメラに魅力を感じなければスルーでしょう。一週間くらい前には「233ドルらしい」なんて話もあったのに、残念です。


InnJoo Fire 4 Plus

製品ページ

 個人的に注目しているメーカーの新製品です。このFireシリーズは派生モデルも多く、今後の展開にも期待しています。
fire4plus
寸法 154×76.4×8mm
重量 185g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6750T 1.5GHz*4+1.0GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 32GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1300万画素+500万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 3000mAh

 Band 1、3、8にも対応しており、なんとかして手に入れる方法があるなら日本でも使えそうです。なお、フロントカメラはSONYセンサーを採用しているらしいですよ。

 発売されたばかりということでまだ価格情報が出てきていませんね。
 推測するに、先代Fire 3の最上位モデルであるProに多少上乗せする程度ではないかと。ナイジェリアの通販サイトでそれが78000ナイラ(約2万7600円)ですから、3万円弱になるのではないでしょうか。

 InnJooの主な市場は中近東やアフリカ大陸で、かなり認知されたブランドのようです。この製品作りなら当然と言えるのかもしれません。


KONKA S3

公式サイト

 メーカー一覧の記事でニュージーランドのメーカーとしていましたが、どうやら香港に本社があるようです。
 総合家電メーカーで、スマートフォンやタブレットも製造していると分かりました。主力製品はOLEDテレビではないでしょうか。

 これは昨日から発売になっているのですけど、製品ページがありません。いえ、たぶんあるのを見つけられなかったというのが正解かも。

konkas3

寸法 152×72×6.9mm
重量 152g
OS Android 6.0
CPU MediaTek MT6753 1.25GHz*8
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 2500mAh

 Android 6.0としていますが、正しくはマシュマロベースのYonOS 5.1.1だそうです。

 ラインナップを見ただけだと、このSシリーズは女性向けでして、そこまで気合いを入れて使わない人をターゲットにしているように思いました。
 家電メーカーらしく、これまでの製品もほとんどがミドルからローエンドで、高くても1300元(約2万1000円)程度ですから、これも2万円以下になるのではないでしょうか。

 ざっと調べたところ、オセアニアあたりでもKONKAはメジャーなメーカーらしいです。先日書いたニュージーランドのKONKAがそれなりに有名だったのもそんな理由だったからと推察。
 偏見で申し訳ないのですけど、オーストラリアってLTEの地域カバー率が低い気がします。実際はどうなんでしょ?


LG Grace LTE

製品ページ

 この"Grace"という名称を持った端末自体は、新興国向けのローエンド製品として今年4月に発売されています。
 今回のものは、アメリカのTracFoneというプリペイド通信会社向けに開発されたようですね。筐体はK10、中身はK8(2017)に近いのではないでしょうか。
lggrace
寸法 148.3×75.2×8.1mm
重量 140g
OS Android 7.0
CPU Qualcomm Snapdragon 425 1.4GHz*4
メモリ 1.5GB
ストレージ 8GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 5.3インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 2800mAh

 スペック的には平凡。特にストレージ容量に不安を感じます。ここが16GBならかなり違ったでしょう。
 バッテリに関しては、このディスプレイサイズでもHDという解像度とスナドラ425で必要十分だと思いますけど。

 価格は、肝心のTracFoneでの契約でどうなるかは不明です。
 ただ、おそらく知らない人はいないであろう世界最大のスーパーマーケットWalmartだと99.99ドル(約1万1100円)で販売されています。私の記憶が古くなっていなければ確か日本への発送はできなかったはずなので、代行業者に頼ることになるでしょう。もちろんアメリカ仕様という理由から、日本で使うのは厳しいとは思いますよ。


 そう言えば、スナドラ660のGeekbenchリザルトがリークされていました。トピ扱いでも良かったのですけど新鮮なうちにと思いまして。…もう数日過ぎてますから新鮮じゃないかもしれませんね。

sd660

 シングルこそスナドラ820に負けるものの、マルチの5455というスコアはKirin 950を上回り、Exynos 8895に迫る勢いです。さすがKryoといったところでしょうか。早く搭載端末がリリースされないかとワクワクしてしまいますよ。

 それにしても、この"Heart"という端末はいったいどこの何でしょうね? ものすごく気になります。
 噂ではNOKIAの新製品だなんて話もありまして、確かに1月に"NOKIA Heart"なるものがリークされてたんですよね。果たして真相はいかに…?

電脳ニュース海外版(2017.05.22)

・Motorola Moto Z2 PlayがTENAAを通過
・Alcatel IDOL 5のCricketモデルがFCCを通過
・NOKIA Nokia 9は1300万画素のデュアル構成か
・Google 軽量版OSのAndroid Goを発表

 週明けは多数の公式発表を控えています。紹介が追い付けるのか今から不安ですよ(__;。


Motorola Moto Z2 PlayがTENAAを通過

 ソースはこちら。ローンチは6月8日と言われています。

z2play

 先代同様、フラッグシップであるZ2の廉価版という扱いです。
 SoCはスナドラ626、5.5インチフルHDディスプレイ、4GBのメモリと64GBのストレージ、バッテリは少し落ちて2820mAhとなっています。
 メインカメラは1200万画素ですが、おそらくG5 Plusと同じf/1.7のレンズを搭載するものと見られ、夜間の撮影にも向いていそうですね。

 しかし、他にはなかなか無い筐体の特徴を持っているのがこのZ2 Playです。ぜひリンク先の画像をご覧いただきたいのですが、本体の厚さが5.99mmという激薄サイズなんですね。Motoシリーズのハイスペックモデルがほとんどそうであるようにカメラ部はかなり出っ張っているのですけど、この薄さはかなり魅力です。
 ただ、結局カメラを保護するためのケースは必須になってしまうでしょうし、薄さの恩恵を感じられる場面というのもあまり想像できません。
 むしろこのために犠牲になったと思われるバッテリ容量が残念…と考える人もいるかもしれないですね。


Alcatel IDOL 5のCricketモデルがFCCを通過

 何度かGFXBenchにも登場し、スペックが明らかになってきているIDOL 5ですが、FCCの認証を取得したことでアメリカでの販売は確実なものとなりました。

idol5

 今までに判明しているのは、メモリ3GBのスナドラ625モデルとメモリ2GBのHelio P20モデルが存在するということ。ストレージは32GB、メインカメラ1200万画素、5.2インチフルHDディスプレイは共通の仕様らしいです。

 一方IDOL 5SはHelio P20のメモリ3GBとリークされていましたが、VRヘッドセットの同梱については明らかになっていません。もちろん日本での取り扱いも未定です。
 Alcatel製品は家電量販店などでも気軽に手に入れることができるので、ぜひ今回もと期待しています。


NOKIA Nokia 9は1300万画素のデュアル構成か

 NOKIAの新しいフラッグシップということで、相当盛られたスペックが予想されていましたが、だいたいまとまってきたようです。

nokia-9-apn-1000x561

 ディスプレイサイズは当初噂されていた5.5インチではなく、CPU-Zのリザルトから判明した5.27インチで、解像度は2560*1440。530カンデラという明るいパネルを採用するそうです。
 メモリ4GB、ストレージ64GB、スナドラ835はよくあるハイエンドですが、メインカメラは1300万画素2基に、さらにレーザーフォーカスが搭載されているのではないかとの話です。上の写真だとLEDフラッシュのすぐ上に付いているものですね。

 もちろんこの筐体は青いプラスチックのケースを着せた状態で撮影されており、中にあると思われるデザインは秘匿されたままです。まだまだプロトタイプのために見せられないという可能性も考えられますか。

 8月下旬以降に発売と言われているNOKIAのフラッグシップ。価格も750ユーロ(約9万3500円)とハイエンドになる見込みですが、今後の情報にも注目しておきましょう。


Google 軽量版OSのAndroid Goを発表

 日本でもけっこう話題となっていたので、詳細はぜひググってみてくださいませ。

androidgo

 昨年発表されたYouTube Goの流れを汲み、主に新興国向けに、低スペックスマートフォンでの快適な動作やモバイルデータ通信量の削減を目指したものになります。

 リリースは2018年だそうで、Android Oを搭載した端末でスペックが足りないものについては自動的にこのAndroid Goが選択される仕組みになるんだとか。
 それだけでなく、ヌガー以前のバージョンで動いている端末にも対応するらしく、例えばメーカーが見捨ててまったくアプデが配信されなくなったKitKatスマホなんかも最新のOSに置き換わるという素晴らしい措置です。

 裏を返せば、あえてロースペックで作ってAndroid Goを充てがう端末の開発が促進されることにもなるでしょう。つまりますます価格の安いAndroidスマホが登場する結果に繋がるはずです。


 スマートフォンだってPCだって、OSが無ければただの鉄屑です。ハードウェアの技術革新よりも緩やかに感じていたOSの進化が、ここにきて急展開を迎えたような気がしてなりません。

 Windowsでも常に最新の軽量版が無料で提供されていれば、きっと先日の大規模なハッキングなんかは起こらなかったであろうと、少しばかりMS社を責めてみたりしましょうか。

電脳ニュース海外版(2017.05.21)

・Xiaomi Mi Max 2のローンチは5月25日
・ZTE nubia N17のレンダー画像がリーク
・ASUS X015DがTENAAを通過
・Samsung Galaxy C10は同社初のデュアルレンズ搭載か

 メジャーメーカー以外の情報も事前にもっと知りたいものですよ。

 
Xiaomi Mi Max 2のローンチは5月25日

 どこからどう見てもパクリのアイドルグループも登場する告知ページはこちらです。

xiaomi-mi-max-2

 SoCはスナドラ626で落ち着いたようです。6.44インチという大画面とバッテリ以外で特に目立ったものは無く、つまり価格も期待して良いということになるでしょう。

 普及モデルは4GB/64GBですが、6GB/128GBのプライムモデルもあるそうです。メインカメラは1300万画素、バッテリはさらに増えて5000mAhということです。

 先代は7インチタブを一回り小さくしたくらいの巨大ファブレットでしたから、希望としてはそれよりも少しでも筐体サイズが縮小されていることを願います。できればMi MIXのノウハウを活かしたものが出てくれば面白いとも思いますね。

 予想価格は280ユーロ(約3万4900円)あたりと見られており、事実であれば超大型ファブレットとしてのコスパは上々と言えます。


ZTE nubia N17のレンダー画像がリーク

 nubiaブランドの中ではハイエンドとなるN17は間もなくローンチと言われています。
 20日夜にはFacebookのインド公式アカウントに「2日以内に新しいnubiaがお披露目されるだろう」との書き込みがありまして、もしかするとそれがN17である可能性も出てきました。

nubian17

 nubiaのトレードマークとも言える赤い円形のホームボタンが健在であることが分かります。

 SoCはスナドラ835、5.5インチフルHDディスプレイ、メモリは最大8GB、ストレージ128GB、メインカメラは1600万画素のデュアルで、3000mAhのバッテリを搭載しているとの噂です。さらにIP69にも対応するらしいですよ。

 これまでの話に出ていたカラバリは金、銀、灰というシンプルなものでしたが、今回リークされた画像ではこのように濃い青があるかもしれないと示唆しているわけです。
 新開発のAIを目玉の一つに据えているらしく、注目を集めるのは間違いないと思います。

 …nubiaブランド、日本からあまりに縁遠くて実感がわかない人もきっと多いんでしょうねぇ(;´Д`)。


ASUS X015DがTENAAを通過

 ニューモデルと見られるX015Dが中国のTENAAを通過しました。ソースはこちらです。

x015d

 ディスプレイは5.5インチで解像度は1280*720、メモリは3GB/4GB、ストレージは32GB/64GB、バッテリは4850mAhで、Android 7.0がプリインストールされるようです。

 写真を見る限りではメインカメラはデュアル構成だと思うのですけど、1300万画素との表記しかありません。セルフィーは500万画素と控えめなので、1300万画素2基ということは考えにくいでしょう。
 また、クロックが1.5GHzのオクタコアという部分から、MT6750あたりが濃厚かと思われます。解像度を見てもミドルレンジ以下であることは確実ですし、2万円前後と考えるのが妥当ではないでしょうか。

 現在、このX015Dがどのシリーズに属するモデルなのかは分かっていません。間もなくZenFone 4を控えているだけに、これは新興国向けとすれば辻褄は合います。


Samsung Galaxy C10は同社初のデュアルレンズ搭載か

 言われてみればSamsungの製品ではデュアル構成のメインカメラというものはありませんでしたね。

galaxyc10

 他のスペックがほとんど明らかになっていないので、発売日等もかなり先になると思われます。果たして本当にこんな筐体なのかも分かりません。

 ただ、SoCに関してだけは、「スナドラ660のようだ」との話が出ています。最近のCシリーズはすべてQualcomm製ですから、Exynosという線は無いと考えるのが正解なんでしょう。

 さらに、このC10というネーミングにも疑問が残ります。
 ナンバリングルールからして、5.2インチのC5、5.7インチのC7、そして6インチのC9と、順にディスプレイサイズが大きくなるラインナップになっているわけで、それから外れないとすればC10は6インチ超のファブレットになるんですよ…。
 まぁ、いろいろと半信半疑で受け止めるべきかもしれませんねぇ。


 そう言えば激しいまでの自作erだった頃は、新しいCPUが出るたびにほぼ購入して組んでましたよ。さすがにXeonだのi7だののハイエンドはそうそう買えないんですけど、シリーズ名としてあったものは粗方手に入れてベンチを走らせてましたねぇ。
 PC用のCPUと、スマホ・タブレット用のSoCでは、たぶん圧倒的に後者のバリエーションが豊富だと思います。だからなかなか試せないぶん、逆に興味が尽きないということなのかも。

 CPUの革命を感じたのはいつもプロセスルールの微細化が行われたときでした。そんな意味からも、835は絶対に試してみたいSoCなんです。いつ買えるのか分かりませんがorz


ブログランキングに参加しています。たまには貼っておかないと…。

【新製品】海外スマートフォン(2017.05.20)

・Xiaomi Redmi Pro 2
・Ulefone Gemini Pro
・AGM X2 Max
・LeEco Le X920

 いくつかは正式にローンチのあった新製品ではなくて見切り発車でお届けしますので、正しくはトピックスに該当するかもしれません。


Xiaomi Redmi Pro 2

 5月26日にMi Max 2のローンチを控えている中、Redmi Pro 2の簡易製品ページが上がったそうです。もしかするとそれよりも早くお披露目になる可能性がありますね。
 下の画像はRedmi Proですので念のため…。

redmipro

寸法 不明
重量 不明
OS Android 7.1?
CPU Qualcomm Snapdragon 660 2.2GHz*4+1.8GHz*4
メモリ 4GB , 6GB?
ストレージ 64GB , 128GB?
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.5インチAMOLED
解像度 1920*1080
メインカメラ 1600万画素
フロントカメラ 不明
バッテリ 4100mAh

 公式に明らかになっているのが、SoC、バッテリ、ディスプレイサイズ、パネル方式、メインカメラの画素数だけでして、他は噂のレベルです。ご了承ください。

 Redmiシリーズは本来、フラッグシップであるMiシリーズの廉価版扱いですが、中でも先代Redmi Proは1機種だけ異彩を放っていました。しかしそれでいて価格はウソのように安く、コスパキングとの呼び声も高かったのです。
 今回もその流れは崩しておらず、既に公になった1199元(約1万9400円)という設定はにわかには信じ難いですね。メモリとストレージ容量に疑問符を付けたのはそんな理由で、もしかすると2GB/32GBモデルなんてのがあるのかもしれません。

 スナドラ660は653の後継という位置付けではありますが、こうして搭載される端末の価格を見た限りでは、完全にKryoがミドルレンジに降臨してきたことを意味するようです。
 間違いなく狙い目のSoCなのは言うまでもありませんよ。ポチる準備は万端です。

 なお、先代がHelio X20およびX25モデルであったことから、P25モデルも存在するという見方もあるみたいです。
 公式発表を楽しみに待つことにしましょう。


Ulefone Gemini Pro

予告ページ

 GeaeBest.comでは予約が始まっています。6月19日以降の発送だそうです。
 公式サイトでの予約だと6月5日以降と書いていますし、PayPalも使えるようなのでそれでもいいかもしれませんね。

1494193565205875942

寸法 155×76.9×8.4mm
重量 181g
OS Android 7.1
CPU MediaTek Helio X27 2.6GHz*2+2.0GHz*4+1.6GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1300万画素+1300万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 3680mAh

GearBest.com Ulefone Gemini Pro (33802円)

 初物価格でこれなら十分に満足できると思いますよ。元モデルのGeminiはMT6737Tでしたが、今回は主にSoCを大幅にグレードアップしてきたので、どちらを選ぶかは用途次第といったところでしょうね。

 しかしまぁ、ターゲットとして堂々とiPhone 7 Plusを挙げているあたり、同じ土俵に上がろうとしているのだと推測できますけど、根本的にiOSとAndroidは購入する時点で既にコンシューマの心の中では決まっているものだと考えています。故に比較自体がナンセンスな気もするんですよ。
 もちろん、appleがハナから相手にしていないからできることとも言えますね(^-^;。

 これはこれで十分に魅力のある製品ですし、リリース後しばらくして2万円台に落ちるのであれば大いに狙いたい1台ではないでしょうか。


AGM X2 Max

公式サイト

 製品ページはまだ無く、更新待ちです。
 MWCでも予告されており、3月末のリリースすらあると言われていたのに、一向に上がってきませんねぇ。と言うか、X2すらまだですよ。

1488935026838479633

寸法 173×79.1×11.6mm
重量 213g
OS Android 7.0
CPU Qualcomm Snapdragon 835 2.45GHz*4+1.9GHz*4
メモリ 8GB
ストレージ 256GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.5インチAMOLED
解像度 2560*1440
メインカメラ 2100万画素+2100万画素
フロントカメラ 2000万画素
バッテリ 6000mAh

 何度か書いてきたように、AGMの本社はサモアで、販売拠点は中国になります。タフネス・スマートフォンがメインのメーカーです。

 中でもこれは、間違いなくそのカテゴリで世界一のハイエンドでしょう。
 別に耐水性能を有していなくても普通に欲しいスペックですよね。非の打ち所が無いと思いませんか?

 価格は662ドル(約7万3500円)だそうです。安すぎでしょ。GearBest.comでも予約ボタンが設置されていない状態ですけど、74766円という値札だけは拝むことができます。
 早いところ公式発表まで漕ぎ着けてほしいものです。待ちきれずに書いてしまいましたよ。

 なお、お手頃価格のA8は購入することができますので、強固なスマートフォンが欲しい方はチェックしてみてくださいませ。

GearBest.com AGM A8 (19036円)

 言語欄に"Japanese"の文字が無いばかりか、サポート帯域も完全にアウトなんですけどね(^-^;。

 一応、公式Facebookの耐衝撃性検証動画が面白いのでこれも貼っておきましょうか。


LeEco Le X920

 これも先走って紹介しちゃいます。当然公式にはありませんし、型番の後半部分も不明ですが。
 「開発しているようだ」という噂は昨年暮れからありました。まだ勢いがあった頃のLeEcoの話です。

LeEco-X920

寸法 167×83.5×8.5mm
重量 190g
OS Android 6.0
CPU Qualcomm Snapdragon 820 2.2GHz*2+1.6GHz*2
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 非対応
ディスプレイ 6.3インチ
解像度 2560*1440
メインカメラ 2250万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 3400mAh

 旧世代となってしまったスナドラ820でも、その性能は今も一線級なことに変わりはないわけで、こうして大画面ファブレットに搭載するというパターンは今後も増えそうな気がします。
 このX920も6.3インチディスプレイが最大のウリですよ。リークされた画像だけを見るとさほど大きいようには感じませんが、実際には6インチファブよりも一回りも二回りも大きく、特に横幅は女性だと片手で持つのにも苦労するほどかも。それでも、デカさを求めるユーザーにはたまらない仕様であるのは確かです。

 そしてLeEco製品ですから、魅力は価格にもあると言っていいでしょう。
 この性能のファブレットが1388元(約2万2400円)ですよ。いつも「LeEcoが消えないようにコンシューマとして支援していきたい」と書いている通り、ショップで買えるようになったらすぐにポチリますんで。
 コスパ大王LeEcoがんばれ運動の賛同者ウェルカムです。


 今日挙げた4機種は、どれも個性的な魅力を持った製品たちです。
 「ここを見てほしいんだ」というメーカーの熱意を感じ取るのが、我々の最低限の役割ですよね。

 スマートフォンを買う時には、「これでいいや」ではなく、「これがいい」と決め打ちしたいものです。

【新製品】海外スマートフォン(2017.05.19)

・LG Stylo 3 PLUS
・Elephone P8
・Elephone P8 Mini
・Karbonn Aura Power 4G Plus

 未だ飽和状態になっていない市場がこの価格を可能にするんでしょうか。日本だってスマートフォン所持率は右肩上がりなんですけどね…。


LG Stylo 3 PLUS

商品ページ

 3月にリリースされたStylus 3はアメリカのキャリアでStyloという名前に変わっているわけですが、その上位版が発表されました。リンク先はT-Mobileになります。

lg-stylo3-plus-gray-1-3x

寸法 155.7×79.76×7.37mm
重量 150g
OS Android 7.0
CPU Qualcomm Snapdragon 435 1.4GHz*8?
メモリ 2GB
ストレージ 32GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.7インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 3080mAh

 Stylo 3から変わっているのはまず解像度です。HDからフルHDは大きな進化と言えるでしょう。
 バッテリ容量は減っていますが、逆にストレージが増えている点で相殺ではないでしょうか。

 しかし何と言ってもこの端末はその名の通りスタイラスペンに最大の特徴がありまして、スペックこそ劣るもののGalaxy Noteと渡り合うためのものなんですね。
 かく言う私も昔はタッチよりペン派で、さまざまなものを買い漁りました。値段に関わらず、合う・合わないというフィーリングに依る部分も大きいのですけど、同じようにペンが絶対操作しやすいと考えるユーザーも多いはずです。そのニーズに沿ったものということでしょう。

 T-Mobileではトータル225ドル(約2万4900円)と、無印Stylo 3の179ドルに比べるとやはり割高に感じてしまいますが、大画面のフルHDにはそれだけの価値があると思いますよ。


Elephone P8

予告ページ

 公式発表は21日で、リリースは28日からだそうです。
elep8
寸法 153.9×75.5×9.5mm
重量 180g
OS Android 7.0
CPU MediaTek Helio P25 2.5GHz*4+1.6GHz*4?
メモリ 6GB
ストレージ 64GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 2100万画素
フロントカメラ 1600万画素
バッテリ 3600mAh

 これは素晴らしいですね。スペックももちろんですが、コスパを差して言っています。

 メインカメラこそデュアルではないですけど、P25の上限である2400万画素近くまで盛ってきました。
 メモリもストレージもミドルレンジにあっては群を抜いていますし、5.5インチフルHDで買うなら第一選択肢になりそうなほどだと思います。

 カラバリは分かっているだけでブラック、ワインレッド、モカゴールドがあるようです。昨日も書いた通り、こういうコーヒー系の色合いに揺れ動いているんです。

 ではGearBest.comの予約価格を挙げてみますか。

GearBest.com Elephone P8 (28345円)

 これはちょっとした価格破壊ではないでしょうか。
 まだ入荷日等は未定ですので、気になる方は「Arrival Notice」ボタンをポチっとしてみてくださいね。

 P25はいずれ手に入れたいと考えていますけど、これは有力なのが出てきましたよ。


Elephone P8 Mini

予告ページ

 現在非常に重いですが、公式サイトのトップページがこのP8 Mini仕様になっていますのでそちらもご覧ください。
elep8mini
寸法 143.6×74×8.1mm
重量 133g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6750T 1.5GHz*4+1.0GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1300万画素+200万画素
フロントカメラ 1600万画素
バッテリ 3860mAh

 こちらは少し遅れて30日のリリース予定だそうです。
 なお、P8とともに公式発表になるスペックとは異なる場合もあるかもしれません。ご了承ください。特にMiniの重量は本当に合っているのか謎です。3860mAhで133gは無理じゃないですかねぇ(^-^;。

 それにしても、これがエントリーモデルだって言うんですから恐れ入りますよ。どこをどう切り取ってみても、ローエンドの欠片も見当たらないじゃないですか。
 何度でも書きますけど、EveryPhoneとかいうのは似たようなスペックで4万円以上貪り食おうとしています。ここ、重要ですから。

GearBest.com Elephone P8 Mini (16717円)

 公式サイトで手順を踏んでリザーブすると99.99ドルになるそうです。ここまで紹介しているんですからポチってやろうかとも思いましたけど、GearBest.comの価格でも十分に安すぎますね。

 カラバリのライトブルーもとても良い色です。ぜひご覧になってくださいな。


Karbonn Aura Power 4G Plus

製品ページ

 名前の通り、バッテリ重視モデルとなっているようです。
518201764539PM_635_karbonn_aura_power_4g_plus
寸法 146×72×10.92mm
重量 不明
OS Android 7.0
CPU 不明 1.25GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 16GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 500万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 4000mAh

 SoCはMT6737のような気がするんですが、記載が無いのでなんとも言えません。この安さですからもしかすると違うのかも…。

 でもこのスペックで4000mAhなら相当に長持ちするんではないでしょうか。少しだけ厚ぼったいのを許せば、これはアリだと思いますよ。

 価格は5499ルピー(約9400円)だそうです。考えられませんね。普通は5インチHDという部分で1万円超えは当たり前だと思うじゃないですか。
 このあとのインド製品は、たぶんこの5500ルピーを境目にした勝負が繰り広げられると思いますねぇ。


 ウイッシュリストがパンクしそうな勢いです。
 宝くじも100万馬券も当たってないのでこうなってくると精選しなければいけないのですが、迷いに迷っています。
 夏前にはもう2台くらいはゲットしたいんですよ。どれにするか決められないという嬉しい悲鳴を上げる日々です。

【新製品】海外スマートフォン(2017.05.18)

・HUAWEI Y7
・itel Wish A41plus

 GearBest.comのアメリカ版サイトとイギリス版サイトがオープンしたそうです。オープニングセールを実施中ですので、覗きに行ってみてはいかがでしょう。

GearBest USA
GearBest UK

 セールは5月23日までで、日替わりで特価品が登場するみたいですよ。


HUAWEI Y7

製品ページ

 エントリーカテゴリであるYシリーズの最新作です。"II"だの"2017"だのが付いていないことからも分かる通り、新設されたモデルとなります。ナンバリング的にも最上位扱いですね。

y7-01

寸法 153.6×76.4×8.35mm
重量 165g
OS Android 7.0
CPU Qualcomm Snapdragon 435 1.4GHz*4+1.1GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1200万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 4000mAh

 特徴はやはり4000mAhのバッテリということになるでしょう。解像度とSoCを合わせて考えると電池持ちの良いスマートフォンにカテゴライズされるかと思います。
 公式サイトには「動画再生20時間、ブラウジング15時間」と書かれていますね。使用環境によっても変わるでしょうけど、なかなか優秀な数字ですよ。

 その他には、セルフィーが800万画素でもf/2.0と明るめのレンズを採用した点も書いておきたいと思います。エントリーモデルでここまでのものはなかなか無いですね。

 肝心の価格情報ですが、ヨーロッパでは249ユーロ(約3万1100円)とかなり高め。インドでも予想価格が17590ルピー(約3万800円)ですから、これはいただけないです。Yシリーズなら2万円弱が妥当なところではないでしょうか。値下げがあるまで待ったほうがいいかもしれません。

 HUAWEIと言えば、Honorブランドで4機種の新製品発表が来週行われるらしいです。焼き直しでなくてバリバリに新しいのを期待しています。


itel Wish A41plus

製品ページ

 無印A41も先日発表になっていまして、幾分上乗せした上のモデルがリリースとなりました。同時にA21もローンチされていますが、まぁいいですわ。

 itelは香港に母体があるインドのメーカーだそうで、グローバルモデルも製造しているらしいです。Tecnoモバイルと何かの関係があるというようなことも書かれていましたが、詳細までは調べていないので分かりません。あしからず。
 なお、紛らわしい名称ですけどインテルは入っていませんw。

wisha41+
寸法 146×73.6×9.3mm
重量 不明
OS Android 6.0
CPU 不明 1.3GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 854*480
メインカメラ 500万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 2400mAh

 不明なSoCにこの解像度でありながら、2GB/16GBという平均以上の容量を持ってきたところが評価点でしょう。おそらくインドでも「1GB/8GBじゃ足りないよ」と考えているユーザーはいるはずで、そこをターゲットにした感じですね。

 価格は6590ルピー(約1万1500円)と、一般的なローエンドよりは若干高いですけど、意外と心に響く人も多いと思います。

 カラバリは写真に挙げたゴールドともう1色モカというものがあるらしく、個人的に気になるモカの画像を見つけられませんでした。近頃コーヒー系の色合いの筐体がやたら欲しくて、これはたぶん病気なんですorz


 Kickstarterは出資者を募るシステムですけど、そこまでいかずとも単純にカラバリや筐体デザインを募集する企画をどこかのメーカーが立ち上げないかなと考えているところです。
 今は一般人だってRGBで好きな色を自由に作れる時代ですから、それを組み合わせただけでも独創的なバリエーションになりそうな気がするんですよ…。

【新製品】国内タブレット(2017.05.18)

・Lenovo ideapad Miix 320

 Windowsタブのありがたみを感じるためにはハイスペックである必要が…と常日頃から考えています。


Lenovo ideapad Miix 320

製品ページ

 MWCでお披露目になっていたモデルが3月末に法人向けとして国内でも発表になっていました。その一般向けだそうです。かなり異なる仕様となっているので、筐体以外は別物と考えてもいいくらいですよ。
lenovo_miix_320_10inch_tablet_mode_snow_white-100710621-orig
寸法 249×179×9mm(タブレット部)
重量 550g
OS Windows 10 Home
CPU intel Atom x5-Z8350 1.44GHz*4(最大1.92GHz)
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD ?GBまで
ディスプレイ 10.1インチ
解像度 1920*1200
メインカメラ 500万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリ 不明

 バッテリ容量は「2セル」としか記載が無いので不明にしておきました。また、MicroSDスロットはあるものの、最大容量については分かりません。普通に256GBだとは思いますけど。

 法人向けモデルとの主な違いを挙げてみます。

OS Win 10 Pro → Win 10 Home
メモリ 2GB → 4GB
解像度 1280*800 → 1920*1200

 一般的な用途の場合、WindowsのProとHomeのバージョンの違いを体感できるユーザーは少ないと思いますので、これは問題ありませんよ。
 メモリが増えた点と解像度が上がった点は評価します。が、恐ろしい予感がするのはその価格について。

 法人向けは税込み50544円でした。このコンシューマ向けはオープンプライスとされているため、実際の店頭に並ばないとはっきりしたことは言えないですけど、この上乗せ具合からして安くなるとは思えないんです。

 ちなみに、法人向けモデルと同様のスペックの80XF0002JPは現在の最安が税込み34800円だそうです。今回のは0007JPという型番になるので購入の際はご注意ください。
 個人的な予測では5万円以下にはならないと考えていますよ。仮に4万円台前半になったとしても、あまりお買い得と言い難いことだけは確かです。
 なぜなら、この国内法人向けモデルは海外で199ドルで販売されているからです。要するに日本人はボッタクられているわけで。とことん阿漕ですねぇ。


 このブログが今の方向性に落ち着いたのは、こんな価格の不公平さをより多くの人に知ってもらいたいと考えたから。

 日本語のマニュアルを付けるのがそんなにお金がかかることなんですか?
 サポートに係る人件費をそこまで値上げして捻出しなければいけませんか?

 正直に言ってしまえば、このように日本だけバカ高くなっている端末は1台も売れないでくれと心から願っているのです。
 世界中で同じ値段だったら文句は付けません。いかなる貨幣の価値をも等しくするために為替レートというものがあるわけですから。
 ですが、こんな意味不明な価格設定をされてしまうと、どうしてもメーカーの姿勢を疑わざるを得ません。

 打破することができるのは政府でも公取委でもなく、コンシューマだけですよ。

【新製品】海外スマートフォン(2017.05.17)

・Motorola Moto C , Moto C Plus

 国内と合わせても新機種が少なくて、こんな日はトピックスのほうが良かったのかもしれません。


Motorola Moto C , Moto C Plus

公式ブログ

 赤筐体がいいなぁと思いました。なんでしょうか、イメージ的にですけど、ローエンドの赤って好きなんです。
 
MotorolaBlogPost_v05

 申し訳ないのですが、ブログからいただいたこの青バックに赤の点々の画像は目に痛いですよ…orz
 他の画像を探せば良かった(;´Д`)。

Moto C
寸法 145.5×73.6×9mm
重量 154g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737M 1.1GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 8GB , 16GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 854*480
メインカメラ 500万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリ 2350mAh

 3Gモデルが89ユーロ(約1万1200円)、LTEモデルが99ユーロ(約1万2400円)からとなっています。

Moto C Plus
寸法 144×72.3×10mm
重量 162g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737 1.3GHz*4
メモリ 1GB , 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリ 4000mAh

 1GB/16GBモデルで119ユーロ(約1万5000円)だそうです。
 バッテリ容量を考えればコスパはそれなりだと思いますね。

 Motorolaにしたら珍しいローエンド製品でして、噂はけっこう前からありましたが果たしてそんなスペックで出てくるのだろうかという疑念は持っていました。
 マーケットが新興国向けということである程度は納得です。自分で買うならPlusのほうですかね。

 流れ的にまもなくE4とE4 Plusも発表になるはずです。SoCは同じで、メモリ、ストレージ、カメラが多少上乗せされるアッパーローといったところで、これも2万円を切ってきそうじゃないですか。


 私だけではないと思っているのですが、特にSoCに関しての刷り込みってありますよね。
 確かに食わず嫌いの感も否めません。しかし、例えばMT6753で「ありゃー、これ、スクロールがカクカクだわぁ」と感じてしまうために、下位のMT6737はもっとヒドイんじゃなかろうか…というように考えることって少なからずあると思うんです。

 自戒の念を込めて書きますけど、「使ってみないと分からないこと」と、「使ってみたから分かること」がありますよね。レビューを読んだだけで理解したような気になるのは違うのではないでしょうか。
 だから私は可能な限り実機に触れたいと考えています。
 MT6737もインプリンティングが払拭されるかもしれないという微かな期待を胸に、そのうち手に入れてしまうかもしれません。

【新製品】国内スマートフォン(2017.05.17)

・HTC U11

 期待をすると裏切られるのは世の常ですんで、本当は価格が確定してからほざくのがお利口さんなんでしょうねぇ…。


HTC U11

製品ページ

 今年のフラッグシップモデルになります。リンク先はHTC日本ですが、グローバルと同時に発表とは思いもしませんでしよ。まさか国内スマートフォンとして紹介できるなんて(^-^;。

htcu11

寸法 153.9×75.9×8.3mm
重量 170g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 835 2.45GHz*4+1.9GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 2560*1440
メインカメラ 1200万画素
フロントカメラ 1600万画素
バッテリ 3000mAh

 国内モデルは4GB/64GBのみですが、グローバルだと6GB/128GBもあるそうです。まぁ、MicroSDにも対応していますし、これで十分でしょう。

 最大の売りは「HTCエッジ・センス」だと思うんですけど、説明がちょっとザックリし過ぎてませんかい?
 これだと初めて知った人には伝わらないような気がしますねぇ。また、最下部のスペック表に書かれた「握ることで特定の機能を起動したり、もっと色々」って、その「色々」が知りたいのに(^-^;。
 まぁ、これは店頭で実際に触ったり、ネットで動画を見たりしてたしかめたほうがいいと思います。

 その他にももちろん特徴はあります。

 例えば「リキッド・サーフェイスデザイン」と銘打たれたガラスコーティング筐体。今年のHTCはこれで売っていくようなので、ぜひじっくり眺めてみたいものです。

 メインカメラは画素数こそ平凡なものの、f/1.7は優秀の一言。さらにDxOMarkで90点を叩き出した(と言うか、主観の採点ですけどね)と聞かせられると、早く実際の写真をアップしてくださいと願わずにはいられません。

 SoCはハイエンドだけあってスナドラ835です。性能については折り紙付きで今更何も言うことはありませんが、例えばそれがどの程度のものか知らない人のために単純計算で比較をするなら、3年前のハイエンドSoCであるSD810の3倍以上の快適度だということです。
 CPU性能だけでなく、メモリやストレージの転送速度も上がっているので、体感はもっとサクサクなわけですね。

 発売は6月からとなっていますが、835の供給の関係で台数については不透明な部分が多いです。それでも各国のメディアが期待して待っているよというワクワク感が伝わってきます。

 アメリカのキャリアSprint版はトータル696ドル(約7万9100円)、アメリカのSIMフリー版が649ドル(約7万3800円)、イギリスでは649ポンド(約9万5000円)、EU諸国では749ユーロ(約9万4100円)、インドでの予想価格は52999ルピー(約9万4000円)、そしてお膝元の台湾では19900台湾ドル(約7万5100円)などとなっています。

 例えば日本でSIMフリー版で出してくれたとしても、8万円以上は確実でしょう。auだと10万円コースですかね。でも、久々に国内モデルで「欲しい」という感じがするものではないでしょうか。4年くらいは使えそうですし。
 あとはユーザーレビュー待ちですかねぇ。


 auで扱われるとなると、発売早々に手に入れるのは実は損だったりするんですよ。HTC 10が1年経った現在、割引込みでトータル40176円になってますから、型落ちするのを待てば半額以下になるということで。
 でもスナドラ845が出たら当然そっちが欲しくなるのは分かりきっているジレンマですね(^-^;。 

【新製品】海外スマートフォン(2017.05.16)

・Samsung Galaxy J3 (2017)
・ZTE Blade X Max
・HUAWEI Y3 2017
・INTEX Aqua Zenith 

 私の場合、「欲しい」と感じるためにはディスプレイサイズと解像度、それにSoCが決め手になります。
 皆さんはどうですか?


Samsung Galaxy J3 (2017)

AT&T商品ページ

 5月2日の記事でも書いたT-Mobile版J3 Primeとやはりほぼ同スペックでした。Samsung公式に上がればグローバルモデルの位置付けになるはずです。
j32017
寸法 140.97×70.1×8.6mm
重量 148g
OS Android 7.0
CPU Samsung Exynos 7570 1.4GHz*4
メモリ 1.5GB
ストレージ 16GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 500万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリ 2600mAh

 価格は24回払いで144ドル(約1万6300円)ですので非常に割高です。現在もMetroPCSでは69ドル(約7800円)で販売継続中なので、欲しいならそちらで買うのがいいでしょう。

 アメリカのキャリアの中には、自分で端末を用意すると月額に持ち込み割引が適用されるところがあるそうですから、いくらでも得になるように動けるのが素晴らしいと思います。


ZTE Blade X Max

製品ページ

 リンク先はZTE USAですがCricketモデルとなります。一応その商品ページも貼っておきますね。中身は4月の末に書いたMAX XLとだいたい同じです。

bladexmax

寸法 165.1×83×9.4mm
重量 180g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 435 1.4GHz*8
メモリ 2GB
ストレージ 32GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 6.0インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 3400mAh

 違いは2つ。まずストレージ容量が16GBから32GBに増えている点。そしてバッテリが3990mAhから3400mAhに減っている点です。
 MAX XLとどちらを選ぶかは好みの問題と言えるかもしれません。

 Cricketでの端末価格は149.99ドル(約1万7000円)と、少しだけ高くなっていますが、MNPだと99.99ドル(約1万1300円)まで下がります。欲しいなら乗り換えが断然お得ということでしょう。

 6インチ以上のファブレットには不思議な魅力を感じるんですよ。これももし日本で取り扱われることになったら速攻でポチってしまいそうです…。
 ZTEはけっこう昔から6インチファブを多数リリースしているんですけど、ことごとく日本市場はスルーされていたりorz 


HUAWEI Y3 2017

製品ページ

 4月中旬にFCCを通過していましたが、しっかりとサイクル通りのリリースとなったようです。

y3-2017-01

寸法 145.1×73.7×9.45mm
重量 170~180g
OS Android 6.0
CPU MediaTek MT6737M 1.1GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 8GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 854*480
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリ 2200mAh

 ラインナップとして3Gモデルもあり、そちらは1.3GHzのMT6580Mだそうです。
 HUAWEIの最廉価版でして、極めてロースペックなことからもそれが伺えますね。

 はっきりとした価格情報はまだ出てきていませんが、これまでのY3の設定から言っても1万円を超えないことは確かだと思います。日本でも…と考えるだけ無駄かもしれないですけど。

 面白いのはカラバリが豊富な点で、ゴールド、ピンク、ブルー、ホワイト、グレーの5色展開となっています。当然筐体はプラスチック製だと思いますが、こうしたエントリーモデルであっても同社の手を抜かない姿勢が垣間見えますよ。


INTEX Aqua Zenith

製品ページ

 別に引き合いに出すつもりも無いんですけど、似たようなスペックでインドメーカーだとどんなもんだろうと思いまして。
aquazenith
寸法 145×72.4×9.55mm
重量 143g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737M 1.1GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 8GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 854*480
メインカメラ 500万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリ 2000mAh

 メーカー希望小売価格は4999ルピー(約8900円)となっていますね。これよりも上のY3が安ければ売れるんだろうなと思うわけです。

 解像度を見た瞬間に選択肢から外れてしまうのは贅沢なのかもしれません。でも、例えば企業が社用として支給する携帯端末ならアリですよね。日本でそれを行っているところはごく少数と思われますが、海外だとそんなニーズももしかするとあるのかもしれませんよ。


 それでふと思い出しましたが、もちろん私の過去の勤務先も「私物を使用するように」と言われていました。カケホーダイなんてなかった時代ですから、公用の電話代が月あたり数千円なんてこともザラでしたねぇ…。
 今考えればヒドイ話じゃありませんか。通信費を半分でも支給してくれていたらと考えると、なぜ労働者は結束しなかったんだろうかと反省するばかりです。
 月に3千円としても、それが3年くらい続いていましたから、10万円以上自腹を切っていたという悲しい事実です。

【新製品】海外スマートフォン(2017.05.15)

・fly CIRRUS 13
・Samsung Z4
・ASUS ZenFone Go (ZB552KL) 

 なんだか今日は全体的に不作でした。


fly CIRRUS 13

製品ページ

 CIRRUS 12から約1ヶ月で13がリリースとなっています。

cirrus 13
寸法 144×70.6×8.3mm
重量 137g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737T 1.3GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 2400mAh

 CIRRUS 12と大きく異なるのは、全体的に使えるスペックに仕上がっているという点でしょう。特に5インチフルHDはここまでのローエンドだとほとんど見たことが無いものです。
 もちろんSoCが非力なので、動作やバッテリ持ちに不安は残りますが、なかなか面白い作りだなと感じます。

 先週も書いた通り、flyの新製品は価格がヒットしないんですよねぇ。
 ロシアの通販サイトと言えばozon.ruですが、そこでも出てきませんし、3大キャリアと言われるBeeline、MegaFon、MTSで探そうと思ったらそもそもロシア語が読めなくてダメでした(^-^;。どこで買えるんでしょ…。


Samsung Z4

プレスリリース

 けっこう以前からリークされていました。Tizen OSを搭載した最新モデルとなります。
Samsungz4
寸法 132.9×69.2×10.3mm
重量 143g
OS Tizen 3.0
CPU 不明 1.5GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 8GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 4.5インチ
解像度 800*480
メインカメラ 500万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 2050mAh

 スペックだけで比較すると、Z3からはかなり落ちている印象です。
 ディスプレイはAMOLEDではなくなったようですし、サイズも解像度も時代に逆行するかのような退化ですねぇ。
 メインカメラも800万画素から500万画素へとダウン。
 バッテリ容量も、2600mAhでギリギリかと思われたZ3からさらに削られるという由々しき事態ですよ。
 唯一CPUのクロックだけは1.3GHzから上がっていますが、現時点でチップセットメーカーが判明しておらず、このシリーズのSoCが伝統的にSpreadtrum社製だったことを考えると、それすらも覆される可能性があります。

 さぞかし価格が安いんだろうと思わせるのですけど、インドでは6999ルピー(約1万2400円)あたりではないかと推測されており、これはもう欲しいとかそういうレベルのものに到達していません。
 熱狂的なTizen OSファンのための端末でしょうね。
 もし試したいならZ3のほうが圧倒的にお得なのでそちらをどうぞ。


ASUS ZenFone Go (ZB552KL)

製品ページ

 噂は、というかアナウンスが昨年9月からあったのに、なぜか今、新製品としてリリースされています。謎です。さすがASUS。

510201774602PM_635_asus_zenfone_go_5_5

寸法 153.4×76.44×10.95mm
重量 168g
OS Android 6.0
CPU Qualcomm Snapdragon 410 1.2GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB , 32GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 3000mAh

 …いや、もういいでしょ、これ。筐体もZenFone 2世代のものから変わってないですし、無理矢理売るとしても8000円くらいじゃなきゃ誰も買わないでしょうに。

 はっきり言っておきますけど、スナドラの200番台と400番台で普通のスマートフォンと同じようにあれやこれややろうと考えるのは間違ってますから。特にゲーム関係をメインに考えているなら選択肢に入れてはいけません。

 これで1万8000円もふんだくろうと考えているみたいですので、読者諸氏は確実にスルーしてくださいね(-_-;。
 在庫処分には付き合わないほうが得策です。


 あれですね、見れば見るほど国内で取り扱われるSIMフリー端末のバランスの悪さが目についてしまいますよ。
 かと言ってキャリアは常にあんな感じですし、お偉方が積極的に改善に向けて動かないとあと5年はこのままなんじゃないだろうかと思ってしまいます。

 キャリアと言えば、週明けはauの夏モデルお披露目があるんでしょうか。docomoは例年より遅れて5月24日になったみたいです。あまり注目もしていませんけど、しっかり叩けるネタを用意してくれているなら幸いですねw。

【新製品】国内スマートフォン(2017.05.15)

・ONKYO CAT S40

 正確には国内正規取扱代理店なんですけど、需要はありそうなので記事にしておきます。


ONKYO CAT S40

製品ページ

 CATの建機をご覧になったことがあるという方も多いでしょう。アメリカのCATERPILLARは建設機械・鉱業機械で世界シェアトップを誇るメーカーですが、スマートフォンも製造しているんですねぇ。
 そんな中からS40をONKYOが技適を取得して国内向けに販売するということです。

cats40

寸法 144.9×70.08×12.45mm
重量 185g
OS Android 5.1
CPU Qualcomm Snapdragon 210 1.1GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 4.7インチ
解像度 960*540
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリ 3000mAh

 発売自体は一昨年の8月で、現在60カ国で購入することができます。むしろなぜ2年間も目に止まらなかったのかという話ですね。
 なお、グローバルモデルはメモリが1GBですが、倍に増量されている点はポイントの一つでしょう。

 防水・防塵だけでなく、耐衝撃性能も備えたスーパータフネス・スマートフォンというカテゴリに属し、1.8mの高さからコンクリートに落下させるMIL規格をクリアしています。先日の記事で「コンクリートに落としてください」と書いたのはこの布石だったんですよ。

 タフさ以外の性能は極めて低く、実用的と呼べるものではありません。しかしCATのブランドでもって安心感を買えるということで、高くても買い求める人がたくさんいるようです。
 現在のamazon.comでの最安値は288.58ドル(約3万2700円)で、定価の399ドルに比べればお買い得です。しかし、それでも防水・防塵・耐衝撃にほぼ2万円以上払う計算になってしまうので、本当にそれが必要な人以外にはコスパは最悪ということになってしまいます。

 さて、国内向けのS40の市場想定価格は約5万円前後と見られており、毎日埃と水と衝撃にまみれて生きている人でも果たして「欲しい」と思えるのかは些か疑問です。
 いつも声を大にして言っていますが、どうして2万円も跳ね上がるのでしょう? 納得のいく説明ができるならぜひしてほしいものです。


 実は近年こうした特性を持つモデルがブームになっていまして、世界中のメーカーが開発・リリースしているわけです。特集でも組もうかと思ったくらいに。
 専門に出しているのはAGMですかね。しかも性能はS40の5段階くらい上ですよ。どうせならその代理店になればよかったのにと思ってしまうのも当然のことではないかと…。

 性能よりも、コスパよりも、何よりブランド力を第一に考える日本人って、いかにも浅ましいですね(-ε-)。

電脳ニュース海外版(2017.05.14)

・MEIZU Pro 7のスペックがリーク
・OPPO A77は5月26日発売
・Gionee S10の新たなカラバリがリーク
・Vivo X9s PlusがTENAAを通過
・SONY Xperia L1がアメリカで販売開始

 超久しぶりのトピックスですね。
 「これも書きたい」「あれも書きたい」と気持ちばかり先走りますが、古めの情報は割愛ということで(__;。
 一応端折ったものも付記しておきますと、nova 2とnubia Z17です。発売されたら改めてまとめますんで。


MEIZU Pro 7のスペックがリーク

 リーク元はイタリア版GIZCHINAのようです。ソースコードからの判別らしいですよ。

meizu-pro7-1

 Pro 6がHelio X25だったのに対し、今回はX30という見方が濃厚。メモリは4GB/6GB、ストレージは64GB/128GB、メインカメラが1200万画素でフロントカメラが1600万画素、5.2インチフルHDのAMOLEDというあたりまでは分かっています。
 Pro 6のリリースはちょうど1年前だったので、多少サイクルが遅れている計算になりますか。例えばこのあと、派生モデルとしてExynosを積んだPro 7 Plusが準備されている可能性もありますね。
 
 1週間前にリークされたレンダー画像を見た限りでは、いかにもGalaxy S8の流れに沿っているようにも感じます。やはり時代はベゼルレスの方向で動いているのは間違いありません。
 太~いベゼルのスマートフォンを「カッコ悪い」と思ってしまうのはごく普通の感覚だと思いますよ。


OPPO A77は5月26日発売

 ネーミングはA57の後継であることを表しているはず。スケジュール的には半年後のモデルチェンジとなりますが、コンセプトはけっこう異なっているみたいですね。

Oppo-A57

 SoCはスナドラ435からMT6750Tにガラリと変わるようです。
 また、ディスプレイは5.5インチへと大型化され、解像度もフルHDだそうですよ。
 メモリとストレージは4GB/64GBで、これは最近のOPPOだと普通のスペックになります。
 バッテリは少し増えて3200mAhとなる見込みです。
 唯一変わらないのがカメラの軽重でして、メイン1300万画素、セルフィー1600万画素は先代と同じ数値になっていますね。

 台湾から販売が開始され、徐々にマーケットが広がっていくものと思われます。
 A57は2万円半ばから3万円台という価格帯でしたが、これはともすると4万円近くなる可能性もありますね。MT6750Tでそれはちょっと無いかなと思うんですけど…。


Gionee S10の新たなカラバリがリーク

 TENAAを通過してからけっこうな日が経ってますが、より具体的な話が出てきてますね。

gionee-s10-2-1

 今回見つかったのはHUAWEIのP10にも似た淡いグリーンの筐体。
 スペックがおとなしく、しかも安いのであれば、こうしたパステル調も販売に貢献すると思われるのですが、Gioneeも高級路線ですから価格面の期待は難しいでしょうねぇ。

 写真からも分かるようにメインカメラはデュアル構成で、1300万画素が2基だそうです。
 5.5インチフルHDディスプレイ、4GB/64GB、3450mAhか3700mAhのバッテリ、そしてSoCはHelio P10かP20と言われていますね。
 なお、リーク元のもう1枚の画像では、端子がMicroUSBであることも発覚しています。USB Type-Cのケーブルは増やしたくないというユーザーにとっては選択肢の一つになるかもしれません。


Vivo X9s PlusがTENAAを通過

 昨年11月にX9が、そして12月にX9 Plusがリリースされていますが、今回はまだPlusが付かないモデルの情報が出てきていません。

vivox9s

 SoCは、先代と同じスナドラ653か、または660という可能性も指摘されています。
 5.9インチという大きめのディスプレイで解像度はフルHD、メモリは4GB/6GBでストレージは64GBのようですね。
 バッテリは大画面のためか3920mAhとそれなりに盛られています。
 そして何より、メインカメラが1600万画素に対し、セルフィーは2000万画素+500万画素という仕様で、これは既にVivoの伝統路線とも言うべきものでしょう。

 あとは価格だけということになりますけど、X9 Plusが6万円を超える設定だっただけに、過度の期待は禁物ではないでしょうかねぇ…。


SONY Xperia L1がアメリカで販売開始

 amazon.comの商品ページはこちらです。199.99ドル(約2万2700円)という値札が付けられており、ブラック、ピンク、ホワイトの3色で展開するようです。

xperial1

 スペック的にはローエンドでも、SONYブランドということで付加価値が設定されているかたちなんでしょう。
 MT6737Tでここまでの値段だと、普通はスルーですからね。正直に言うと「Xperiaの冠は外したほうが…」とも思うんですけど、取った瞬間に売れないモデルになりそうな経営側の苦悩も考慮してみたり(^-^;。

 まぁ、仮に日本で発売されたとしても、絶対に2万円以下にはならないということですかねぇ。
 崇拝している方ならまだしも、ブランド以外で「欲しい」と思わせる何かが無いように感じてしまうのは私だけでしょうか。


 新興メーカーがひしめくスマートフォン業界にあっては、例えばSONYやPanasonicなんてのは海外の人にしてみたもとんでもなく大企業なわけです。SONYは創業年が1946年、松下電器産業は1935年ですがその前身の松下電器器具製作所は1918年の創立ですからね。
 海外の情報系サイトにはメーカーの沿革を記しているところもあるのですが、これらの事実を知った外国人が「ワーオ!なんて歴史のある会社なんだ!」と感嘆の声を漏らすレスポンスも少なくありません。

 しかしまぁよくよく考えると、自動車メーカーが海外でも成功を収めているように、家電業界だって国内だけではやっていけない世の中になったということなんですよね…。
 少しでも母国のために還元してくれたら嬉しいんですけど、SONYは頑として値を下げませんし、Panasonicに至っては国内市場に見切りをつけていますから。

 それでも、完全に開発をやめてしまった某一流メーカーたちに比べたら、モバイル部門のグローバル化は間違った選択ではなかったと思いたいものです。

【新製品】海外スマートフォン(2017.05.13)

・Smartisan Nuts Pro
・Panasonic P85
・Micromax Canvas 2
・INTEX Aqua Crystal Plus
・Karbonn Aura 4G

 2つ目からインド祭りです。このリリースペースには驚嘆しますよ。


Smartisan Nuts Pro

製品ページ

 昨年11月のM1以来となる新製品だと思います。
 日本参入の話が出たのは2015年のことでしたが、Facebook公式アカウントも1年近くパタリと止まってますし、Twiiterに至っては15ヶ月停止してますね。これはポシャったと考えたほうがいいのかも…。
nutspro
寸法 155×73.4×6.98mm
重量 158g
OS Smartisan OS 3.7 (Androidベース)
CPU Qualcomm Snapdragon 626 2.2GHz*8 / 625 2.0GHz*8
メモリ 4GB
ストレージ 64GB , 128GB / 32GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1300万画素+1300万画素
フロントカメラ 1600万画素 / 800万画素
バッテリ 3500mAh

 スラッシュで区切ったあとのものが最も下のグレードになります。つまり、626モデルはストレージ64/128GBのみ、セルフィーも1600万画素ということですね。

 もちろん触ったことが無いので、Smartisan OSなるものがAndroidとどのくらい違うのかも分かりません。公式サイトの説明を見てもあまり理解できないですね(^-^;。そもそも日本で使えるのかも謎です。ただ、各種レビューサイトを見ると、日本語が標準でサポートされているらしく、やはり参入が遅れている(もしくは無くなった)のは残念ですよ。

 スペック的にはミドルハイといった感じで、かなり使い勝手は良さそうに思います。買うなら626の64GBモデルですかねぇ。iPhoneを意識したと思われる円形のホームボタンはパッと見オシャレじゃありませんか。

 GearBest.comではSD625/32GB/800万画素モデルのみの取り扱いとなっているようです。なぜか"Nuts"が取れた商品名になっていますけど。
 予約価格ということで若干高めですねぇ。まぁ一応リンクは貼っておきますが、しばらく待ちだと思いますよ。画像を見たりするのにお使いくださいな。

GearBest.com Smartisan Nuts Pro SD625/32GB (44691円)

 参考までに中国国内の予価は、32GBモデル1499元(約2万4600円)、64GBモデル1799元(約2万9600円)、128GBモデル2299元(約3万7800円)となっています。64GBモデルのコスパがやたらいいと思いませんか?


Panasonic P85

 ローンチ済みですがインド公式にも製品ページはまだありません。グローバルサイトで検索すると掃除機がヒットします…。
 ナンバリングルールからいくとP75の後継扱いだと思いますね。

panap85

寸法 145×72.2×9.35mm
重量 146.7g
OS Android 6.0
CPU MediaTek MT6735P 1.5GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリ 4000mAh

 エントリーモデルとしてはなかなかいい感じではないでしょうか。
 なお、一部サイトではクロックを1.0GHzとしているところもあるのですが、実機レビューをしているところの表記に倣いましたので念のため。

 価格は6999ルピー(約1万2400円)と、これもちょうどいい感じです。バッテリ容量を考えるとコスパはむしろいいくらいだと思いますね。
 おそらく私より上の世代の方々だと、「ナショナルのスマートフォンがそんな値段で買えちまうのかい?」的な驚愕を覚えるんじゃないですかねぇ。
 それが海外で生き残る道だったということですわ。日本を捨てた理由もそこにあるはずです。


Micromax Canvas 2

製品ページ

 シリーズの代表冠名である"Canvas"を付けられているので、同社の普及帯製品よりも幾分上のスペックです。
 なお、Canvas 2自体は2012年にA110という型番でリリースされているため、2017バージョンとの注意書きを入れるサイトもあるようです。
micromax_canvas_2
寸法 不明×不明×8.5mm
重量 160g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737 1.3GHz*4
メモリ 3GB
ストレージ 16GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 3050mAh

 もちろん同社にはこれよりも上のものはあるのですが、一応主力製品扱いのためか価格も高め。11999ルピー(約2万1200円)と、似たようなインドスマホと比較するとコスパは悪いですね。

 しかしおそらく世界中の国を見渡しても、インドほどスマートフォンがピンキリのところも無いと思うんですよ。中にはこういう選択肢があっていいのかなと。
 むしろほとんどの製品に妥当な価格が付けられている点には敬意を評したいです。


INTEX Aqua Crystal Plus

製品ページ

 INTEX社製の端末の中ではデザインがずば抜けているように感じます。
aquacrystaol_db
寸法 140×71.2×7.4mm
重量 140.2g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737 1.25GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 2100mAh
 
 余す所なくきっちりスペック表をまとめてくれているのは好感が持てますねぇ。

 エッジの加工もオシャレですし、背面はガラスコーティングらしいです。バッテリを除けばMVNOで19800円+税で売られていそうな感じじゃないですか。

 はい。これは6799ルピー(約1万2000円)なんですねぇ。買う手段があったら普通に欲しいですよ…。
 中身なんてインドの端末は似たり寄ったりですから、筐体で差を付けるくらいしかありません。これはちょっとだけビビっと来ました。
 
 
Karbonn Aura 4G

製品ページ

 Aura Noteが3月末にローンチされてから1ヶ月半で、5インチの無印Auraの発売となりました。

overview_aura_4g_color

寸法 141×72.9×8mm
重量 138g
OS Android 6.0
CPU 不明 1.3GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 8GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 2150mAh

 SoCはAura NoteがMT6737だったのですが、これはまだ明かされていません。その他にも、メモリ、ストレージ、バッテリの容量がそれぞれ大幅に減らされています。メインカメラだけはグレードアップしていますけど。

 現在の価格は5290ルピー(約9300円)ですから、少しだけ高いかもしれませんね。
 しかしこのコーヒーシャンパンというカラバリは気に入りました。もう1色のブルーシャンパンもステキです。自信があるからオーソドックスなホワイトとかグレーとかを用意しなかったのではないでしょうか。


 5つも紹介したのに、スルーしたものがまだ同じくらいあります。時期を逃すとどんどんフレッシュじゃなくなっていくので、今後登場することは無いと思います…。

 最近は新製品の情報を見るときのパターンが決まってきました。
 まず最初に筐体を眺めて、それからスペックを一つ一つ確かめていくんですよ。そして自分の中で「○○円くらい」と見当をつけてから価格情報を検索します。その過程の中で一つでも「おー」と思ったものがあれば記事に取り上げるようにしています。
 文章には表していなくても、そんなところを感じ取っていただけるのなら嬉しいです。

【新製品】国内スマートフォン(2017.05.12)

・ソフトバンク SHARP AQUOS R
・ソフトバンク SONY Xperia XZs
・ソフトバンク SHARP AQUOS ea
・ソフトバンク KYOCERA DIGNO G

 国内の記事は今月に入ってから初めてです。まずはソフトバンクから発表になっています。


ソフトバンク SHARP AQUOS R

製品ページ

 予約開始は6月16日から、発売は7月上旬以降だそうです。現状で835の出荷が間に合っていないので7月中旬でも厳しい予感しかしません。
aquosrsb
寸法 153×74×8.7mm
重量 169g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 835 2.2GHz*4+1.9GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.3インチ
解像度 2560*1440
メインカメラ 2260万画素
フロントカメラ 1630万画素
バッテリ 3160mAh

 クロックが標準の2.45GHzから少し落とされているようです。それ以外はSHARPの予告通りのスペックで、新たに本体重量が加わっています。暫定値ですが。

 防水・防塵に対応した部分がいかにも日本らしいと言えばそうなるでしょうか。私だったらこんな超ハイエンドを水まみれ埃まみれにしようだなんて絶対に思わないんですけど、手荒に扱う層のためにも必要な仕様なのかも(^-^;。

 機種代金ボタンがまだ生きていないので価格は不明です。Xperia XZsのものが今日判明するとなんとなく予想が付くかもしれませんね。
 皆さんはいくらだったら買ってもいいとお考えでしょうか?


ソフトバンク SONY Xperia XZs

製品ページ

 これも以前海外スマートフォンとして紹介しているのでスルーでもいいんですが…。
xzs
寸法 146×72×8.1mm
重量 161g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 820 2.2GHz*2+1.6GHz*2
メモリ 4GB
ストレージ 32GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1920万画素
フロントカメラ 1320万画素
バッテリ 2900mAh

 5月下旬以降に発売開始となるそうです。海外から2ヶ月遅れる理由は何だったのか謎ですけど。なお、64GBモデルは無く、この32GBモデルのみとなるみたいですよ。

 以前も書きましたが、XZsはスナドラ820なんですよ。これが835のXZ Premiumなら喜ぶ人も多かったでしょうに。
 ちなみにインドあたりでも64GBのXZsは49669ルピー(約8万8000円とかするので、間違っても5万とか6万とかになることはないでしょうねぇ。

 まぁ一つだけ言えるのは、スナドラ820搭載端末なら今は2万円前後で買えてしまうので、ブランドにこだわりがなければ無理にこれを買う必要は無いということです。


ソフトバンク SHARP AQUOS ea

製品ページ

 んー、部品がたくさん余っていたのかな?
aquosea
寸法 142×71×8.8mm
重量 135g
OS Android 7.0
CPU Qualcomm Snapdragon 617 1.5GHz*4+1.2GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1310万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 3010mAh

 発売は7月中旬以降となっています。
 どうでしょう、これ。今時このスペックで果たして何万円で売るつもりなんでしょうか。2万円でも高いと思うんですよ。

 正直なところ、バッテリ持ち云々を謳ってますけど、大抵のスマートフォンには備わっている機能ですし、そもそも3010mAhを堂々と「大容量バッテリ」とか書いたら詐欺なんじゃないかと…。

 これはとても2017年夏モデルとは思えません。


ソフトバンク KYOCERA DIGNO G

製品ページ

 一応京セラの製品ページも貼っておきますか。
dignog
寸法 143×72×10.6mm
重量 142g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 425 1.4GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリ 2300mAh

 これは各キャリアお得意の10800円になると推測。ならなかったら買う意味はありません。

 売りとしては、MIL規格をクリアした堅牢性が挙げられるそうです。しょっちゅうスマホを地面に落としているのにケースの一つも着せない人向けということで。

 もしかしてDIGNO Gの"G"って、重力加速度を表していたりするのかな~なんつって。


 このMIL規格というものは、1.22mからラワン材の上に落下させるテストだそうで、理論上の速度は17.61km/h。「小学生が思いっきり走っていて手に持ったスマホを木にぶつける」のと同じくらいの衝撃と言えます。場面が浮かびませんかそうですか。

 ここで重要なのは「潰れない」とは一言も書いていない点で、つまりは「動作には影響がない」という意味なんですね。フレームが衝撃を吸収するとかそんな感じなんでしょうか。

 昔は金属筐体なんて数えるくらいしか無かったので、そのほとんどがプラスチック製でした。落とすと普通に拉げますよ。見るも無残にグニャリとなりましたわ。もちろん金属だって同じことです。超硬質プラスチックでもない限り、落としたら変形は避けられないと思ったほうがいいでしょう。
 
 というか、ラワン材じゃなくてコンクリートに落としてくださいと思うのは私だけでしょうか(^-^;。それでも無事なスマートフォンがあったらけっこう売れると思うんです。

【新製品】海外スマートフォン(2017.05.11)

・UMi UMIDIGI Z
・Coolpad Cool Play 6
・Ziox Astra Colors

 なんだかトピックスが完全に止まってますね。面白いニュースもたくさんあるんですけど、それは1日数個の記事を上げられる方にお任せして、ここは主にマイナーなスマートフォンを中心に書いていく方向性に定まりつつあります…。


UMi UMIDIGI Z

製品ページ

 昨日に引き続きUMIDIGIシリーズから。Helio X27搭載端末としては現状最安です。
 なお、Z Proのほうが先にリリースされていまして、そっちは3月末でした。

umidigi z

寸法 154.6×76.8×8.2mm
重量 175g
OS Android 6.0
CPU MediaTek Helio X27 2.6GHz*2+2.0GHz*4+1.6GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 32GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 1300万画素
バッテリ 3780mAh

 X27以外の特徴としては、最近の流行に沿ったかたちでセルフィーに盛られていることですかね。バッテリもこのくらいあれば十分だと思いますが、こればかりは使ってみないとなんとも言えませんので…。

 各通販サイトの価格を比較してみると、やはりGearBest.comが最も安いですよ。

GearBest.com UMIDIGI Z (23012円)

 QualcommよりMediaTek派という方にしてみれば、X30が出るまでのハイエンドは間違いなくX27ですから、それがこの金額で手に入れられるなんてすごいことだと思います。

 ちなみに、画像は公式サイトから引用させていただいてますが、それだと背面ロゴが旧UMiなんですね。通販サイトにあるものはUMIDIGIなので、おそらく後者が販売バージョンではないかと。


Coolpad Cool Play 6

製品ページ

 個人的にはそろそろ許してあげてもいいとは思います。頑張ってますからね。

coolplay6

寸法 152.4×74.2×8.45mm
重量 175g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 653 1.8GHz*4+1.4GHz*4
メモリ 6GB
ストレージ 64GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1300万画素+1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 4060mAh

 まもなくスナドラ660が出ればさらに価値は下がると思いますけど、だからこそこうしたハイスペックモデルは狙い目なのではないでしょうか。

 価格は1499元(約2万4700円)ですから、SD653/6GB/64GBという点を考えると激安としか言えません。
 なるほどこのくらいが2万円半ばで買える最高性能ということなんですね。覚えておきましょう。 

 未だにバックドア云々を言ってる人がいますが、人柱になって虱潰しに検証してからのほうが公正だと思うんですよ。少なくともここまで利益が出ないであろう端末をコンシューマのために開発してくれているわけですし。
 もしかすると価格はLeEcoのおかげかもしれませんね。


Ziox Astra Colors

製品ページ

 インドではこれくらいがミドルレンジになるでしょう。
510201755837PM_635_ziox_astra_colors_4g
寸法 不明
重量 不明
OS Android 6.0
CPU 不明 1.3GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 8GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 500万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 4000mAh

 リリースは今月中旬とのことです。
 価格は公式サイトにもある通り6499ルピー(約1万1500円)と激安。まぁインドなので寸法とSoCが不明なのはいつものことで、これを得体の知れないスマートフォンと捉えるかお買い得と捉えるかで価値はだいぶ変わってくるでしょうけどね。

 それにしても、ロースペックの大容量バッテリというのはもはや定番となりつつあるようです。
 もしプロセスルールが28nmなのであれば長寿命は確定的ですし、ましてやハードに使いたくてもそれができない仕様なわけで、必然的に「すげぇ長持ちだぜ!」とのレビューが流れることになると思いますねぇ。

 日本でももちろん似たようなのがありますね。プラスワン・マーケティングのRAIJINやPrioriがそれにあたります。価格はちょっとアレだとしても、もっと評価されるべきではないでしょうか。


 えーと、書こうと思えばあと4つくらいは紹介できるんです。
 インドでは週に5台くらいのペースで超ローエンドがリリースされていますので。もちろんすべて数千円ですよ。
 まぁ似たり寄ったりですからスルーしてますが、興味のある方はぜひググってみてくださいな。Flipkartなんて暇つぶしには持って来いだと思います。

【新製品】海外スマートフォン(2017.05.10)

・UMi UMIDIGI Crystal Pro
・UMi UMIDIGI Crystal

 スナドラ660はいいとして、630は果たしてそこまでの大きな変化があるのか?と思ってしまいました。価格次第では625を選んでおいていいような気がします。


UMi UMIDIGI Crystal Pro

予告ページ

 実はこの予告ページ内には、予約リストに入ってきていない"Plus"の情報も盛り込まれています。スナドラ835の。
 UMiのことですから、もしかするとPlusでも3万円台だったりして?という淡い期待を抱いてしまいますね。

 それと、一般的な感覚だと、Proのほうが835のネーミングに相応しいんじゃないの?と思ってしまうんですが。
1494209463380599276
寸法 147×68.5×8.1mm?
重量 165g
OS Android 7.0
CPU MediaTek Helio P25? 2.5GHz*4+1.4GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.5インチAMOLED
解像度 1920*1080
メインカメラ 1300万画素+500万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 3000mAh

 まず先に予約価格を書いておきましょうか。

GearBest.com UMIDIGI Crystal Pro (14851円)

 SoCはGearBest.comだとMT6750Tと書かれています。ただ、この値段でP25だったら面白いのでそっちにしておきました(^-^;。どう考えても6750Tのほうでしょうけど。

 間違いなく今年の流行と言えるコンセプトを踏襲してまして、やはりベゼルレスとデュアル構成のメインカメラとなっています。
 それでいて1万円台半ばで買えるのなら、手に入れないほうがおかしいと思いますよ。

 ここは声を大にして言っておこうかと…。
 先日発売になったヤマダ電機のEveryPhone HGとかなり似通ったスペックなんです。これ。
 …えーと、どれどれ?…ほう。EveryPhone HGは4万2984円と仰るか。召されればいいのに。

 バッテリ容量だけでなく、何と言ってもベゼルレスデザインという点で圧倒的優位です。他のものを選択する理由がありません。

 発売日は追ってお知らせするということになっていますが、5月19日という説があるみたいですね。
 私も、カートに入れられるようになったら即ポチろうかと考えているところです。これは本当に素晴らしいコスパですよ。


UMi UMIDIGI Crystal

 こちらは価格的にエントリーモデル扱いですが、なかなかどうしてそんなことはありません。
1494209465227954026
寸法 147×68.5×7.8mm?
重量 150g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737T 1.5GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.5インチAMOLED
解像度 1920*1080
メインカメラ 1300万画素+1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 2650mAh

 寸法以外GearBest.comの表記に倣ってみました。
 グレードが下であるはずなのに、1300万画素2基を見ると一瞬こちらが上なのかと錯覚してしまいます。

 これは所謂「デュアルレンズ」と「デュアルカメラ」というヤツではないでしょうか。実は私も違いがよく分かっていません(;´Д`)。
 ネット上の記事たちもごちゃ混ぜ状態な上に「ダブルレンズ」やら「ダブルカメラ」やらの表記も加わってきて、いったい何が正しいのか判断に苦しむところだったりします。
 デュアルレンズは片方のレンズが被写界深度を測ってボケ写真を撮れるという解釈でいいんでしょうか。

 何はともあれ、現在の予約価格はこんな感じです。

GearBest.com UMIDIGI Crystal (12794円)

 何度でも言いますが、最大の特徴はベゼルレス筐体にあると思います。現状、5.5インチでこのサイズ、そしてこの価格というスマートフォンは他にありません。
 コスパの何たるかを知っている人なら絶対ポチりますよね?

 ですが、あくまで個人的な感想としては、カメラに囚われずにSoC性能の高いPlusグレードを選んだほうがいいと考えています。
 少しでもバッテリ容量が大きいほう…という選択も正しいでしょうし。


 しかしまぁUMiの攻勢は物凄いですね。
 もちろん一朝一夕で仕上げられるロードマップでないことは確かなので、昨年くらいから準備をして臨んだ一歩一歩なんでしょう。
 最終的な業績のためとは言え、ユーザーサイドからしてみたら嬉しすぎて涙が出ます。

 いつも書いていることですが、こうして投じた一石がスタンダードにならない資本主義っておかしいですよね。
 少なくとも、超大手の「我関せず」という姿勢には腹が立ちますよ。

【新製品】海外タブレット(2017.05.10)

・CUBE iWork8 Air Pro

 一生懸命タブレットを開発し続けている大手以外の動きが鈍くなってきたように感じます。
 嵐の「後の」静けさ、じゃなきゃいいんですけど…。


CUBE iWork8 Air Pro

公式サイト(中国語)

 全然関係無いですが、昔からCUBEの公式サイトやタブレット背面に書かれている「酷比魔方」の「酷」が、自分の脳内で「ひどい」とか「むごい」とかに刷り込まれてしまって大変なのです。
 
 さて、このタブはネット上でも話題騒然でした。理由は後述。
 発売は今月末から来月頭らしく、各所で予約も始まっていますね。まだ公式サイトには製品ページがありませんので、スペックや画像は一部GearBest.comから引用させていただいております。

1493775902868083948

寸法 213×127×9.3mm
重量 339g
OS Android 5.1+Windows 10
CPU intel Atom x5-Z8350 1.44GHz*4(最大1.92GHz)
メモリ 2GB
ストレージ 32GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 8.0インチ
解像度 1920*1200
メインカメラ 200万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリ 3500mAh

 ネットで話題になった理由というのが、一時「メモリ8GB」との表記があったためです。これは「間違いだった」として現在は修正されているものの、衝撃的でしたよ。このスペックにメモリ8GBは正直無いですよね。
 なお、GearBest.com内の寸法の記載もどうやら正しくないようですので、ここは他から引っ張ってきました。公式サイトが開いてからご確認ください。

 最近はこうした8インチタブもすっかりご無沙汰で、むしろ新製品として出てきてもあまりインパクトが無いんですよね。故に8GBは注目を集めたんでしょうけど、実際はごくごく平凡なスペックでした。

 価格も至って普通です。まぁ日本国内で同様のものが発売されたら軽く4万円は超えるはずなので、安いっちゃ安いんですが。

GearBest.com Cube iWork8 Air Pro (14192円)

 仮にバッテリが5000mAhだったとしてこの値段なら惹かれたかもしれません。
 似たようなコンセプトのOnda V80 Plusを使っている身から助言させていただくとすれば、「バッテリの減りさえ覚悟できるなら面白いタブですよ」とだけ…。


 新製品が出ない事実はつまり利益が上がっていないということに他なりません。おそらく欲しい人には行き渡ったんでしょう。
 早々に新しい方向性にシフトしないと厳しいんじゃないですかねぇ…。
ブログ内記事検索
ギャラリー
  • 【新製品】海外スマートフォン(2018.11.01)
  • 【新製品】海外スマートフォン(2018.11.01)
  • 【新製品】海外スマートフォン(2018.10.30)
  • 【新製品】海外スマートフォン(2018.10.30)
  • 【新製品】海外スマートフォン(2018.10.30)
  • 【新製品】海外スマートフォン(2018.10.28)
  • 【新製品】海外スマートフォン(2018.10.28)
  • 【新製品】海外スマートフォン(2018.10.28)
  • 【新製品】海外スマートフォン(2018.10.27)
当ブログについて
当ブログへのリンクはフリーですが、その旨コメントいただけると嬉しいです。 また、記事の全文および一部分の許可無き引用・転載はご遠慮ください。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
Gearbest 8% OFF for ALL cellphones with coupon: GBMBP promotion
Gearbest 8% OFF for ALL cellphones with coupon: GBMBP
















































































  • ライブドアブログ