電脳あれこれ

日々進化する電脳世界。気付いた範囲内で不定期に考察していきたいと思います。

電脳世界の進化を見つめるブログへようこそ

2017年08月

【新製品】海外スマートフォン(2017.08.31)

・ARCHOS Sense 47X
・INTEX Aqua Note 5.5
・InFocus A1

 いよいよIFA2017の開催が迫ってきました。既にプレスカンファレンスの情報もいくつか上がってきているので、まずはその中から一つ書いてみます。


ARCHOS Sense 47X

プレスリリース

 アウトドア向けとしっかり記されています。IP68対応です。
sense47x

寸法 145×75×10.8mm
重量 186g
OS Android 7.1
CPU MediaTek MT6737T 1.5GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 16GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 4.7インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 3000mAh

 同時に、これまたIP68対応のタブレットSense 101Xも発表されています。こちらは日を改めて紹介したいと思います。

 ディスプレイサイズを小さくすることのメリットは実はけっこうあって、その最たるものがバッテリ持ちへの好影響でしょうね。また、結果的に高精細になるというのも意外と重要だったりします。参考までに、DPIは312です。
 ただ、そのぶんできることは限られてくるので、メモリを1GBに減らしたのも納得がいかないわけではありません。さすがに心許ないという印象は否めませんが、割り切って効率的に使えばなんとかなるものです。

 価格は129.99ユーロ(約1万7100円)ですから、まさにIP68のぶんの上乗せといった感じでしょうか。妥当なところだと思います。

 ARCHOSは他にも8台ほどの新製品を一気に発表予定だそうで、気合いの入り方が尋常ではないなぁ…と。


INTEX Aqua Note 5.5

製品ページ

 インドでは現状5.5インチが大画面ファブの扱いになっています。

aquanote55
寸法 153×77.5×10.3mm
重量 177g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737V/W 1.25GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 2800mAh

 Aqua Noteは、と言うかINTEXのMediaTekモデルはこのMT6737V/Wを採用することが多く、昨年のAqua Note VRも確かこれだったような記憶があります。

 画像からも分かる通り、ディスプレイ形状は平面でありブームのブの字も感じさせません。逆に潔いとすら思いますよ。
 それと、背面のテクスチャ加工も最近はあまり見なくなりましたね。好みの問題もあるでしょうけど、個人的には飽きが来るようなデザインでなければ有りだと考えています。

 価格は5799ルピー(約1万円)と、5.5インチにしては激安の部類です。これで1GB/8GBだったらなるほどなと思うところを、しっかり使える2GB/16GBにしてあるのは素晴らしいです。


InFocus A1

製品ページ

 InFocusインドでのローンチです。
infocusa1
寸法 156×76.8×7.25mm
重量 不明
OS Android 6.0
CPU Spreadtrum SC9832A 1.3GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 8GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 854*480
メインカメラ 500万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 2450mAh

 公式サイトで一部MT6753と書かれているのですが、またコピペの直し忘れですかね…。

 まぁ最近はFWVGA以下の解像度を持つ製品は極力スルーの方向で書いてきたわけですけど、日本国内でもまだたまに発売されますし、あまりこだわる必要もないかなと思いまして。

 amazon.inに商品ページがありますね。5200ルピー(約8900円)だそうです。少し高いかもしれません。メーカーとしてはこれでもギリギリで、薄利多売を狙うしかない現状なんでしょう。重々承知していますよ。


 IFA以降はまたしても新製品ラッシュが訪れるのは確実です。
 時期的にもQ3の最後の月で、世界中で最もスマートフォンが売れる年末商戦に向け、ラインナップを充実させておきたいと考えるのはどこのメーカーも一緒ですから。

【新製品】海外タブレット(2017.08.31)

・CUBE Freer X9

 これは早めに紹介しておきたいと思ったタブレットだったので、多忙の中でもサクッと書いてみます。


CUBE Freer X9

製品ページ

 CUBEだけでなく最近の中国メーカーは、おおまかな製品ページだけ上げて仕様の発表は商城に任せるというところが多くなってきました。

freer_01

寸法 228×144×8.3mm
重量 366g
OS Android 6.0
CPU MediaTek MT8173 2.0GHz*2+1.6GHz*2
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 8.9インチ
解像度 2560*1600
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 5500mAh

 3つあるシリーズのうちU系列に属します。シリーズのカテゴライズについては公式サイトをご覧ください。

 MT8173はこのブログでも何度か登場していますが、A72+A53のクアッドコア。そのA72のおかげでAntutuは5万点を超えるそうです。メモリも十分ですし、WQXGAの解像度でもサクサク動くのではないでしょうか。

 パネルがジャパンディスプレイ製なのも一つの売りらしく、経営状態が思わしくない中で少しでも採用メーカーが増えるのは嬉しいことだと思いますよ。

 価格は1299元(約2万1600円)とありました。考えられないくらい安いですね。購入を躊躇する要因があるとすればAndroidのバージョンくらいなもので、ECサイトに並んだら速攻でポチったとしてもまったく損の無いタブと言えるでしょう。


 これは4Gには対応していないのですが、もし日本のメーカーが同等スペックでキャリアモデルを製造したなら、8万円は下回らないかなと推測してしまいます。

 あらかじめ高く設定して値引きを大きく見せなければいけない…などという不文律でもあるんですかね。

【新製品】海外スマートフォン(2017.08.30)

・DOOGEE S30
・Mpie S19
・Zopo Flash X2

 まずはJアラートについて。

 ご存じの方も多いとは思いますが、iPhone以外のSIMフリースマホをMVNOで運用していた場合はほぼ全滅でJアラートが届きません。ただ、MVNOでもiPhoneはキャリア設定という項目がある機種なら大丈夫です。確か5s以降だったような。
 これはつまり、SIMフリースマホ+MVNO1台のみの所有だった場合、デフォルトでは緊急事態への対応が遅くなることを意味します。
 該当する運用形態の際には総務省が推奨する「Yahoo!防災速報」のインストールを行っておいたほうがいいかもしれませんね。


DOOGEE S30

製品ページ

 8月6日の記事で書いたS60の下位モデルにあたると思います。
1
寸法 156.6×77.5×14mm
重量 不明
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737V 1.25GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 800万画素+800万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 5580mAh

 S60と最も異なる部分はと言えば、サイドボタンに指紋センサーが内蔵されている点になるでしょう。ただでさえ分厚いタフネスモデルの背面に指紋センサーがあるのは、機能的にも思わしくないとの理由かもしれません。
 認証までに要する時間は0.17秒だそうです。試してみたいという方も多いのではないでしょうか。

 手軽にタフネススマホを試すならこういう選択肢もありだと思います。
 唯一価格が出ているサイトだと129.99ドル(約1万4100円)でした。ECサイトに並ぶ頃にはもう少し安くなりそうです。

 蛇足ですけど、中国メーカーだとほとんどが"toughness"という文言ではなく"rugged(頑丈な)"のほうを使いますね。あまり日本では馴染みがない英単語かも。
 ラゲッドと言う読みから"ragged"のように綴りを間違うと「ボロボロ」へと意味が変わりますので受験生の皆さんは気を付けましょうw。


Mpie S19

 公式サイトはけっこう前に無くなっていますが、メーカー自体は存続中で、GearBest.com内に専用サイトがあります。
 ただ、商品ページがあるのはTinyDealだけだったものですから、そこから画像もお借りしました。
532885_131481166033558557_2

寸法 165×82×8.2mm
重量 210g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737 1.2GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 6.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 800万画素+30万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリ 2900mAh

 ごくごくロースペックの6インチファブです。あえて言うならカメラはちょっとだけ頑張ったといったところでしょうか。メインカメラも一応デュアルですし、800万画素は1300万画素に、200万画素は500万画素にインポートされると書いてありますね。

 価格が105.56ドル(約1万1500円)で、買う理由があるとするなら6インチがそんな値段で買えてしまうことですかね。

 Mpieと言えば3年前くらいでしょうか、BlackBerryのような物理キーボード付きのMP108というモデルを出していたのを思い出しました。ゼリービーンの時代ですね。LTEに対応していたら買っていただろうなぁと思います。
 ちなみに、このS19は4G対応モデルではありますが、Band 1,3,8は華麗にスルーされています。アメリカ向けっぽいです。


ZOPO Flash X2

 まだ公式には上がっていません。と言うか、ロシアのIT系ニュースサイトによると、一度上がってすぐ消えたそうです。可能性としては、前回のように数機種同時ローンチのタイミングを待っているのかも…と分析されています。
zopoflashx2
寸法 不明
重量 163g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737T 1.5GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 5.99インチ
解像度 1440*720
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 3380mAh

 実は、昨年12月リリースのFlash G5 Plusの時点で、既にこのシリーズは「ベゼルレス」と謳われていました。今年5月のFlash X Plusでは筐体デザインが旧世代に戻ってしまったものの、今回は18:9になって帰ってきた次第です。
 解像度がフルHDから落ちてしまっているのが残念ですけどね。

 それでも、見た目もオシャレですし、6インチで18:9の選択肢が限られていることを考えれば、市場に与えるインパクトはけっこうなものではないでしょうか。
 価格については公式発表でないためにもちろん出てきていませんが、先代のFlash X Plusが9999ルピー(約1万6900円)であることから、確実にそれ以下になるだろうと推測できますよ。面白い1台だと思います。


 MediaTekが正式にHelio P30とP23を発表しました。
 なぜか.jpサイトからではP30のページがヒットしないのでグローバルのリンクを貼っておきます。

Helio P30
Helio P23

 P30は上が2.3GHzでしたね。P23も同様です。と言うか、A72ではなくてA53でした…。しかもプロセスルールは両方とも16nmだったし。なお、下のクロックはデフォで1.65GHzだそうです。

 P25およびP20と大きく違うのはGPUかもしれません。搭載されるMali-G71 MP2は、P30で950MHz、P23で770MHzと違いはあるものの、今後A73とセットになってMediaTekのメインストリームを形作っていくのは確実でしょう。性能と消費電力にも期待したいところです。

【新製品】海外スマートフォン(2017.08.29)

・EBEN 8848 M4
・DOOGEE MIX Lite
・KENXINDA V9
・ZTE Maven 3

 明日からちょっとだけ忙しくなりそうなので、もしかすると紹介できる製品が日に2つとかに減ってしまうかもしれません。ご了承ください…。


EBEN 8848 M4

 EBEN MOBILEは昨年設立された中国のメーカーだそうです。本社は北京で、親会社が"Beijing Eren Eben Information Technology"というあたりまで分かりました。とにかく高級志向の製品を数点製造していますね。
 公式サイトは一応ありますが、ゴージャスな筐体にローエンドを詰め込んだちょっとよく分からないバランスのX4Gがポツンと置いてあるだけです。
ebenm4
寸法 162×74×11.6mm
重量 215g
OS Android ?.?
CPU Qualcomm Snapdragon 820? 2.15GHz*2+1.6GHz*2
メモリ 4GB , 6GB
ストレージ 128GB , 256GB
MicroSD 不明
ディスプレイ 5.15インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 2300万画素
フロントカメラ 1300万画素
バッテリ 3290mAh

 スペックの大部分はJD.comの商品ページから引用させていただきました。どうやら先代としてスナドラ652のM3もリリースされていたみたいです。
 発表からまったく時間が経っていないため、まだ謎に包まれている部分も多いですね。特にSoCについては、「スナドラ820」と書いているところもあるのですが、JD.comでは"octa core"とありますし、明日以降に分かるところもある的な話なのかもしれません。

 パッと見た限りでも「高いな」ということを匂わせる作りです。何やら「中国版Vertu」とも言われているらしく、スペックよりも筐体に盛った仕様が特徴と言えるでしょう。
 素材はチタンと牛革で、そのチタンは流行りのCNCではなく手作業による研磨なんだとか。そりゃ価格も跳ね上がりますわ。

 最も安いモデルが9999元(約16万4900円)、そして12999元(約21万4400円)、15999元(約26万3800円)というラインナップがあるそうです。
 要するに、性能云々も大事なもののそれよりは見た目重視で、金持ち度合いをアピールする人のための製品と捉えて問題ないかと…。


DOOGEE MIX lite

製品ページ

 先日リリースされたMIXの弟分になります。スペック的には思った以上に下ですね。

doogeemixlite

寸法 138×73.2×8.6mm
重量 不明
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737 1.25GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素+1300万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 3080mAh

 3辺ベゼルレスの恩恵により、筐体サイズ自体は4.7インチのiPhone 6とほぼ同じです。少しでも小さいほうが持ちやすいと考える人も多いでしょうから、製品コンセプトは面白いと思いますよ。

 SoC、メモリ、ストレージ、そしてバッテリが無印MIXより落ちているのですけど、メインカメラは1600+800万画素から1300万画素2基へ、セルフィーは500万画素から800万画素へと、むしろ進化しているようにも感じます。ここを落とすと売れなくなるという判断なのでしょう。

 価格は99ドル程度(約1万800円)と言われており、これなら遊びで出せる金額ですね。持っていればそれなりに重宝しそうな1台になると思いますよ。


KENXINDA V9

製品ページ

 同時に5.5インチのV8と5インチのV7も発表になっています。
kenxindav9
寸法 159.8×82.4×9mm
重量 200g
OS Android 6.0
CPU MediaTek MT6753 1.3GHz*8
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 6.0インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 3500mAh

 Androidのバージョンが古いのはKENXINDAだから。いつものことです。また、カメラはソフトウェア処理で1300万画素/800万画素になるそうです。

 それより何より、6インチのフルHDは頑張ったなぁと思いますね。そのぶんバッテリが足りない印象は否めませんけど。
 まぁ全体的に見るなら、安さが売りのメーカーにしては割と使えるスペックになっているのではないでしょうか。

 価格は139ドル(約1万5200円)だそうです。大画面が欲しいだけなら十分に手の届く範囲ですね。
 V8と同じようにMT6737だったら踏み留まったかもしれないところを、6753にしただけで魅力的に映ってしまうのも不思議なものです。


ZTE Maven 3

製品ページ

 アメリカのキャリア向け超激安モデルです。AT&Tの商品ページはこちら
maven3
寸法 145.5×72.39×9.9mm
重量 156g
OS Android 7.0
CPU Qualcomm Snapdragon 210 1.1GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 8GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 854*480
メインカメラ 500万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリ 2115mAh

 "maven"は「専門家」とか「玄人」とかいった意味ですけど、ここまでのローエンドにそんな名前を付けられてもなぁという感じですね(^-^;。
 なお、バッテリ容量は公式だと2070mAhと表記されていますが、これが最小値の可能性を考慮してAT&Tに書かれた2115mAhでまとめてあります。

 さて、「スナドラなだけマシだ」という考え方もあるかもしれませんが、それは価格を知ると「スナドラなのにそれでいいの?」という驚きに変わるはずです。
 プリペイドSIMのセット端末ではありますが、29.99ドル(約3300円)で買えてしまうのですよ。1GBのプランが35ドル(約3800円)になり、合わせて7千円ちょっとでその日から使える激安端末を手に入れることができるようです。
 もちろん単体での購入はできないので、通常より高いプリペイドSIMを使うデメリットは内包します。しかし、ちょっと日本では考えられないサービスのかたちだなぁと思うわけです。


 スマートフォンは確かに携帯電話ではありますが、それだけではないですよね。できることは無限にも等しく、だからこそガラケーの時代よりも圧倒的な加速度で普及を見せているのでしょう。

 これまでに数百台に渡る端末を紹介してきてはっきりと分かったのは、電話がメインでそれ以外も「かろうじてできる」ものを選ぶなら、スマートフォンは決して高いものではないということです。
 先入観や偏見を植え付けてしまった日本のキャリアの罪は大きいような気がします。

【新製品】海外スマートフォン(2017.08.28)

・Samsung Galaxy Note8

 各種情報が出揃ってからまとめたほうが無難かなと思いましてあたためておきました。


Samsung Galaxy Note8

製品ページ(グローバル)
製品ページ(日本公式)

 キャリアでの扱いが発表になった際に国内スマートフォンとしても取り上げるかもしれません。何より、日本での価格が不明ですので。
galaxynote8
寸法 162.5×74.8×8.6mm
重量 195g
OS Android 7.1
CPU Samsung Exynos 8895 2.3GHz*4+1.7GHz*4
(CPU Qualcomm Snapdragon 835 2.35GHz*4+1.9GHz*4)
メモリ 6GB
ストレージ 64GB , 128GB , 256GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 6.3インチAMOLED
解像度 2960*1440
メインカメラ 1200万画素+1200万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 3300mAh

 アスペクト比は18.5:9で、理論上の縦横値は143.9mm*70.0mmとなります。これを寸法に当てはめると、仮に相対するベゼル幅が同じとした場合で、ディスプレイ以外の部分は上下9.3mm、左右は2.4mmずつです。
 画面占有率は計算上82.9%でして、流行りのベゼルレスには及ばないものの、大画面も相まって相当なインパクトがあるのではないでしょうか。

 Galaxy シリーズは毎度同じ注意書きがなされています。それは「国やキャリアによってSoCやストレージ容量が異なりますよ」ということです。
 EMEA(ヨーロッパ・中東・アフリカ)ではExynos、中国とアメリカではSDと言われていますね。これもいつも通りです。ただし日本公式ではスペックシートが掲載されておらず、おそらくExynosになるはずですけど、断言はしないでおきたいと思います。

 その他の特徴についてはここでは記しませんので、詳細をまとめられているサイトをご参照ください。

 参考までに、Samsung USAでは予約価格を929.99ドル(約10万1700円)としています。欧州圏では高ければ999ユーロ(約13万200円)という話もあり、一括で買おうがキャリアで分割にしようが、性能以外に価格に対しても目玉が飛び出るのは間違いありませんね。


 老婆心しか無い突っ込みをして心苦しいのですが、engadjetさんでは「汚名挽回を担うペン対応フラッグシップ」という記事を上げられています。即刻直したほうがいいですよ(^-^;。もう一度燃えろって話になるじゃないですかw。

 また、海外のIT系サイトでも「今度のバッテリは大丈夫だろう。大丈夫だと信じたい」みたいな文言が定型で登場していますね。少なくともSamsungは同じ轍を踏むメーカーではないですから、過去を蒸し返すのはあまりよろしくないなぁと個人的に思うのです。

 …と大いに蒸し返している私に盛大なブーメランがorz

【新製品】国内スマートフォン(2017.08.28)

・goo FR7101AK

 ずっとどこかで引っ掛かっていたんです。やっとのことで謎が解けました。


goo  FR7101AK

製品ページ

 取り扱いはgoo Simsellerですが、中身はインバースネットのEveryPhone HGです。FRONTIERと言うよりKOUJIROだと思いますよ。…昔は憧れすらあったのに、極めて残念です。
fr7101ak_02
寸法 154×76.4×8.2mm
重量 165g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6750T 1.5GHz*4+1.0GHz*4?
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1300万画素+500万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 2000mAh

 ロゴが変わっているだけで筐体の作りも同じっぽいですね。
 ということで、あえて今日これを取り上げた理由は、諸々の記憶が一つに繋がったからなのでした。

 当ブログ8月19日の記事で紹介したMicromaxのEvok Dual Noteと、このFR7101AKおよびEveryPhone HDの供給元はどうやら同じようです。
 違いは、Evok Dual Noteにはメモリ3GBモデルがあること、ストレージ32GBモデルしか無いこと、バッテリが3000mAhなことで、その他は本体厚以外完全一致です。つまりFRONTIERが一から作ったわけではなく、スペックの指示だけして製造は委託していたということでしょう。なるほど。

 では改めて価格をおさらいしておきましょうか。

goo FR7101AK 32184円
EveryPhone HD 42984円
Evok Dual Note 17080円(Flipkart 9999ルピー)

 あー、ものすごい闇を暴いてしまったような気がします…。

 前述の通り、Evok Dual Noteは3GB/32GB/3000mAhの価格になりますが、通常使用で体感できないメモリ容量の差はさておき、生命線とも言えるバッテリが極少なのに、ストレージが倍になっただけで価格も倍ですか。これはヒドイですねぇ。

 1万円安くなったFR7101AKはいかにもお買い得のように見えて、なお暴利を貪っているということが分かりました。


 ということで、FRONTIER様には楽しいネタをご提供いただき感謝の言葉しかありませんよ。
 次回も期待してますので。はい、心から。

 これ、バカッターの身元がネット民によって暴かれ晒されるのに似ているなぁと何となく…。

【新製品】海外スマートフォン(2017.08.27)

・vivo Y69
・Alcatel A30 FIERCE
・M-tech TEZ4G

 Essential PH-1の出荷が始まったそうです。日本でも手に入れてレビューをしてくださる方がいらっしゃるかもしれません。毎日検索かけたいと思いますw。


vivo Y69

製品ページ

 vivoインドのローンチです。同時に公式Twitter公式FBにも上がっています。
vivoy69
寸法 154.6×75.7×7.7mm
重量 162.8g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6750 1.5GHz*4+1.0GHz*4
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 1600万画素
バッテリ 3000mAh

 筐体素材もプラスチックですし、「削らなかったのはカメラだけ」という感じの端末ですね。
 当然製品ページの構成もそれが前面に押し出されていまして、ユーザー層としては、正直スペックなんかはどうでもよくて写りの良いカメラがあればオールオッケー!みたいなあたりがターゲットになるんでしょう。
 実際、解像度がHDになったことで3000mAhのバッテリも許容できるレベルなわけですし。

 なお、セルフィーはf/2.0、メインがf/2.2なので、気合いの入り方は一目瞭然ですね。

 価格は14990ルピー(約2万5600円)で、カメラに魅力を感じない人にとってみれば極めて高く、逆の人はとてもお買い得な設定だと思います。

 vivo indiaでは、同じくYシリーズのY67Aも近日発表になるとのことです。スペックはほぼ同じで、メモリとストレージが上乗せされるだけみたいですね。


Alcatel A30 FIERCE

製品ページ

 4月に発表があったA30の派生モデルです。そう言えば8月の頭にMediaTek公式ブログでも紹介されていましたっけ。せっかくなので筐体画像もそこから拝借することにしましょうか。
a30fierce
寸法 151.9×76.96×8.4mm
重量 158g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6738 1.5GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 32GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 3000mAh

 A30と違うのは、SoC、ディスプレイサイズとストレージ容量、それにバッテリ容量です。特にMT6738に変わったことで処理速度はかなりの向上が見込めるでしょう。そしてA30より安いと言う。

 amazon.comでも取り扱いのあるA30とは異なり、現在購入できるECサイトはMetroPCSのみのようです。しかも79ドル(約8600円)という爆安っぷり。非キャリアモデルだとこうなるんですね。
 ちなみに、"fierce"は「激しい」という意味ですが、まさか価格にそれを込めている…とは考えにくいですか。

 日本のアルカテルでは、う~ん、無理ですかねぇ。


M-tech TEZ4G

 M-techはインドのメーカーだそうです。3Gモデルがメインのようですが、LTE対応のものもけっこうありますね。公式サイトはこちら
mtechtez-black-17-1502965091

寸法 不明
重量 不明
OS Android 6.0
CPU 不明 1.3GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 8GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 854*480
メインカメラ 500万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリ 2400mAh

 インドではよく見るローエンドです。SoCはSpreadtrumと考えていいのではないでしょうか。
 ちなみに、SC9832AのAntutuスコアは2万弱で、スナドラ210と同程度か少し下という感じです。普通に使うぶんには厳しいですが、用途によってはそこまで困るということもないと思いますね。

 価格は4999ルピー(約8500円)と少し高めでしょうか。あと1000ルピー下がってもいいくらいです。
 しかしまぁ、ここまでローエンドに製品が集中する国も珍しいですよ。


 毎度書いてますが、解像度って重要だなと思うんですよ。
 こうして日々新製品を漁っていると、その大半はHD以下のものばかりですから、たまに見るフルHDや、ごく少数のQHD以上というものがますます魅力的に感じてしまうのかもしれません。
 別にHDを認めていないわけではないのですけど、壁紙に高精細のものをセレクトしたときの映え方が全然違います。
 そんなレビューもできたら面白いかななんて考えているところです。

【新製品】海外タブレット(2017.08.27)

・Teclast T10

 サタデーナイトなので、タブとスマホの2本立てでお送りします。


Teclast T10

製品ページ

 最近のAndroidタブとしては相当なハイスペックの部類です。
teclastt10
寸法 239×166.9×7.5mm
重量 550g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT8176 2.1GHz*2+1.7GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 10.1インチ
解像度 2560*1600
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 1300万画素
バッテリ 8100mAh

 MT8176はヘキサコアです。Antutuのスコアは5万程度で、A72コアを使っていても、それが2個なこととGPUが落ちることから、結局のところスナドラ650よりも下というレビューを多く見ます。

 しかし、4GB/64GBと余裕のあるメモリとストレージ、SHARP製のIGZOディスプレイ、Samsung製のフロントカメラ、そして何と言っても8100mAhという巨大なバッテリ等々が魅力的なタブレットに仕上がっています。
 某メーカーの価格ばかりに盛ったタブレットとの違いは素人目にも明らかでしょう。

 amazon.co.jpでもいずれ取り扱われる可能性はありますが、どうせ技適の面はクリアされないのですから海外で購入したほうがお得なのは言うまでもありません。

GearBest.com Teclast T10 (30012円)

 SoCに物足りなさを感じないのであれば絶対に買いの一品でしょうね。
 現在の10インチ超えAndroidタブレットでは世界最高峰のコスパと称しても良いと思います。

 ちなみに、Teclast製品に絞ってamazon.co.jpとGearBest.comとの価格比で見ると、およそ4割増しといったところです。つまり、amazon.co.jpには単純計算だと4万2000円くらいで上がってくると推測できます。それでも安いと思えるのが恐ろしいですねぇ…。


 実は、大きければ大きいほど用途が広がる可能性があるのがタブレットの特性でもあります。
 私も過去には20台所有していましたが、「7インチと10インチは両方持っていたほうがいいな」と感じたのが最終結論でした。

 手を伸ばせば枚挙にいとまがないと分かっていても、必要性との天秤は常に片方が下がっている状態だったのです。

電脳ニュース海外版(2017.08.26)

・HUAWEI Mate 10は10月16日発表
・Xiaomi Mi MIX 2の画像がリーク
・vivo V7 Plusは9月7日にリリースか
・MediaTek Helio P30/P23の予想スペック

 今日は新製品の数機種が至極ローエンドだったので、溜まっているトピックスを放出しておきます。


HUAWEI Mate 10は10月16日発表

 HUAWEI Mate 10のローンチが10月16日に決定し、公式Twitterアカウントで背面画像とともに公開されました。
 やはり2つのレンズは縦並びになるんですね。
DH9XipqUIAAo5xI

 この製品群が意味するのは紛れもなくライカ監修のカメラであり、「ファミリー」と銘打つ通りそこが第一のセールスポイントになっているようです。

 ただ今回は、18:9の6.1インチベゼルレスディスプレイや、Kirin 970という部分で大幅な進化を遂げている点に注目が集まっています。
 もちろん価格も超ハイエンドクラスで、1000ドル超えなんて悲しい噂が囁かれていたりもするんですけどね。

 まだ2ヶ月近くありますし、次のリークが何を伝えてくるかも楽しみなところです。

 そう言えば、IFA期間内の9月2日にはオリジナルAIチップも発表されるそうです。
 最近おとなしかったHUAWEIがいよいよ動き始めたという感じですか。


Xiaomi Mi MIX 2の画像がリーク

 ソースはWeibo
 9月12日ローンチと言われるMIX 2の情報もかなり具体的になってきた感じです。

41399761ly1fiuz1xl80uj20j60fhws5

 ベゼルレスのウルトラハイエンドであるMi MIXは、先代のヒットのおかげで随分以前から存在が噂されてきました。

 6.4インチは共通ですが、解像度は2040*1080(17:9)から2560*1440(16:9)になる見込みだそうです。
 理論上の縦横サイズは、先代が14.37cm*7.61cm、2代目が14.17cm*7.97cmという計算になり、ベゼル幅が同じと仮定するなら、今回のモデルは少しだけ縦が短いことになるでしょう。まぁ数mm単位なので体感できるレベルかは分かりませんけど。

41399761ly1fiuze8j4l3j20m80go409

 この背面画像はセラミックバックとのことです。奥がぼやけているものの、レンズが2つ、もしくは一つは指紋認証という構成になるでしょう。リークされているスペックだと1600万画素2基だそうですよ。
 これがフェイクではなくて本当に白筐体だったら面白いですね。

 当然SoCはスナドラ835で、今回も価格に関係なく秒殺なんでしょう。
 先代は結局一般人が気軽に買える値段まで下がらなかったので、今度こそはと淡い期待をしてみます。


vivo V7 Plusは9月7日にリリースか

 vivoも製品名に偶数を使わないメーカーですので、実質的にはV5 Plusの後継となります。

s_e879af54fa3c4ae9916c5b4a7a672f39

 V5 Plusの売りは2000万画素+800万画素というデュアルのセルフィーでした。また、V5シリーズの中で唯一スナドラを搭載していましたね。

 後継はさらに両面デュアルカメラになり、やはり18:9のベゼルレス、そしてスナドラ660を予定しているとのことです。メモリは6GB、ストレージは128GB、バッテリは3500mAhというあたりまで分かっているようです。
 ただ、ディスプレイ内蔵指紋センサーの有無についてははっきりしていません。スナドラ660なら当然載せてくるような気がしますが。

 vivoは中国メーカーの中でも比較的ハイエンド志向と言うか、相応の価格設定をしてくるので、5万円は下回らない予感がしますね。
 一度試してみたいとは思っていても、簡単に手を出せないもどかしさがあります。


MediaTek Helio P30/P23の予想スペック

 8月29日公式発表が予定されています。予想スペックではなくて確定的なものと捉えても問題ないような気がします。

s_195d0b9d4ce2450184c927e836e4c037-600x336

 ざっとまとめておきましょうか。

SoCプロセスルールコア
Helio P3012nmA72 2.0GHz*4 + A53 1.5GHz*4
Helio P2316nmA53 ?GHz*4 + A53 ?GHz*4

 P23のクロックについてはまだ書かれているところがありません。P20とP25の間ということから、上が2.3~2.4GHzと考えるのが無難だとは思いますけど。
 なお、どちらもCat.7をサポートする関係で、今後の高速通信への対応も大きなメリットとなってきそうですね。

 最大のライバルとして挙げられているのがスナドラ450です。QualcommのローエンドSoCが14nmで出てくるのは他チップメーカーからしたら脅威でしかなく、さらに原価が10.5ドルということから爆発的な普及は間違いないわけで…(スナドラ835は推定45ドル程度だそうです)。

 ベンチ結果はもちろん、特にP30についてはバッテリ持ちも気になりますねぇ。
 せめて手の届く価格帯で発売してくれたら、速攻で人柱になる覚悟はできてますよ(^-^;。


 というわけで、レビュー用の端末を買う買うと言っておきながらまったく揃えられていないのは、主にSoCに理由があったためでした。
 同じものを複数台所有したところで、性能的な違いはメモリとストレージの速度でしか出ませんからね。
 ベンチマークを走らせてるときが至福の瞬間な私ですからw、ある程度スコアが予想できる端末はあまり買いたくないんだなと改めて思ってしまったらもう、ポチる右手にストップがかかりまくりでしたよ…。

 そんな感じで、現在狙っているのは660、630、450と、このP30になります。安ければX30も。
 よってしばらくレビューはお休みですわ(;´Д`)。


ブログランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いしますm(__)m

【新製品】海外スマートフォン(2017.08.25)

・Yota TOTAPHONE 3
・BenQ F55
・Tonino Lamborghini Alpha-One
・Gigaset GS270 , GS270 Plus

 iPhone 8のストレージバリエーションが64GB/256GB/512GBでほぼ決まりとのこと。メモリが3GBですからバランスの悪さがすごいです…。
 日本の価格だと64GBと256GBで2万円くらい違ってきそうなので、必然的に上の2つは選択肢から漏れますかねぇ(;´Д`)。


Yota YOTAPHONE 3

 ロシアのYota Devicesは、両面ディスプレイ搭載のYOTAPHONE 3を発表しました。
 公式サイトにはまだ上がっていませんが、ロシア最大級のSNSであるVK.comのアカウントで詳細が明かされています。

ZZJxjThh8LY

寸法 141.3×69.6×8.9mm
重量 156g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 625 2.0GHz*8
メモリ 4GB
ストレージ 64GB , 128GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.5インチAMOLED & 5.2インチE-Ink
解像度 1920*1080 & 1280*720
メインカメラ 1200万画素
フロントカメラ 1300万画素
バッテリ 3300mAh

 当初から言われていた通り、ロシア以外の国でも販売予定で、まずは9月5日から中国のJD.comに上がり、18日からその他の国でも順次発売とのことです。なお、中国での端末名はYOTA3になる模様。

 価格は、64GBモデルが21500ルーブル(約3万9700円)→中国では2398元(約3万9400円)、128GBモデルが27900ルーブル(約5万1600円)→中国では3098元(約5万800円)となっています。
 スナドラ625と言えど、背面の利便性を考えればかなり安いと思いますよ。
 できることについては先代からさほどの変化も無いようですし、各レビューサイトをお読みいただければと。

 amazon.co.jpでもYotaphone 2は並行輸入品が取り扱われていましたが、技適を通して日本でも…と考えると夢が広がりますねぇ。


BenQ F55

製品ページ

 グローバルにはまだ上がっておらず、台湾公式にのみ製品ページがあります。
1502353528

寸法 152.5×77×8.1mm
重量 178g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6750T 1.5GHz*4+1.0GHz*4
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1600万画素
フロントカメラ 1300万画素
バッテリ 2950mAh

 そう言えば昨年の時点では「スナドラ820で4Kディスプレイ」と噂されていたのがこのF55だったような記憶があるんですけど、随分変わりましたね。というか、筐体デザインがまるで別物なので、今後他のシリーズで出るのかもしれません。

 それでも、バッテリが少ないのを除けば十分使えるスペックに仕上がっていると思います。
 日本ではBenQは液晶モニタのメーカーとして認知されていると思いますが、そのスマートフォンを持っていると多少の優越感は抱けるかもしれないですね(^-^;。

 価格もMT6750Tだけあって189ドル(約2万700円)とそこまで高くありません。
 カメラのレンズはそれほど明るくないものの、あまりこだわりが無ければASUSやHTC以外の台湾メーカーを狙ってみるというのも一つの手だと思いますよ。


Tonino Lamborghini Alpha-One

製品ページ

 21日の記事で書いたZTEのTL99はこれでした。どこかで見たことのあるロゴだと思ったらランボルギーニだったんですね。そう言われると確かにそうです。失念していましたよ。

lamborghinialphaone

寸法 152×77×8mm
重量 不明
OS Android 7.0
CPU Qualcomm Snapdragon 820 2.0GHz*2+1.6GHz*2
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.5インチAMOLED
解像度 2560*1440
メインカメラ 2000万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 3250mAh

 SoCが何だか分からなかったのですが、なるほどSD820ですか。納得です。
 と言うかこれ、中身はAXON 7ですね。

 公式サイトには2450ドル(約26万8000円)という価格が堂々と記されています。ランボルギーニブランドで、レザーケースも付いて、これなら欲しいという人もいるんでしょうね。確かにガヤルドやディアブロをポンと買えるような人たちにとってみれば安すぎるでしょうし。つまり一般人は眺めて楽しむ類の物です。

 当然販売される場所も、ロンドンのハロッズだったり、ドバイの各所だったりと、冷やかしお断りなところばかりです。しかしなぜかショールームは韓国にあるようですので、旅行予定の方はぜひチェックしてみてくださいませ。


Gigaset GS270 , GS270 Plus

製品ページ

 先日紹介したGS170の上位モデルにあたるようです。
 Plusグレードについてはページ下部に「メモリとストレージが違うもう一つのバリエーション」と書かれていますね。
gs270_grey_fr_front_back-web
GS270 (GS270 Plus)
寸法 149.5×74×8.95mm
重量 160g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6750T 1.5GHz*4+1.0GHz*4
メモリ 2GB , (3GB)
ストレージ 16GB , (32GB)
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 5000mAh

 最初に目が行くのがやはりバッテリ容量なわけでして、いくらMT6750Tでも5000mAhならかなり余裕があるのではないかと推測できます。
 性能よりもバッテリ持ちと考えれば、無理に3GB/32GBを選択する意味は薄れてきますし、用途によって選べるのも粋な計らいと言えるでしょう。

 価格は無印が199ユーロ(約2万5700円)、Plusが30ユーロ増しの229ユーロ(約2万9500円)だそうです。明らかに高めではありますが、ドイツなのでこんなところかもしれないですね。


 最後にGoogle Pixel 2の情報を。
 SoCはスナドラ836で10月5日発表となる見込みです。製造はやはりHTCで、5インチフルHDディスプレイ、4GB/64GBだそうです。
 XL2はLGに変わり、と言うか戻り、6インチのベゼルレスデザインを採用するらしいですよ。

 毎年秋はビッグネームが勢揃いですねぇ。

【新製品】海外スマートフォン(2017.08.24)

・MEIZU M6 Note
・CUBOT X18
・Nuu M3

 結局AQUOS S2の日本上陸の話が一つも出ないうちに、S3のローンチが近づいています。トピックスでまとめたいところですが、しばらく新製品ラッシュが続きそうなので、簡単に記事ラストで書いておきますか。


MEIZU M6 Note

製品ページ

 リンク先は公式ショップです。また、製品名は"MEIZU Note6"になっていますが、ほとんどのメディアでは"M6 Note"と記載していることからそれに倣います。
meizum6note
寸法 154.6×75.2×8.35mm
重量 173g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 625 2.0GHz*8
メモリ 3GB , 4GB
ストレージ 16GB , 32GB , 64GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1200万画素+500万画素
フロントカメラ 1600万画素
バッテリ 4000mAh

 何がすごいって、スナドラ、と言うかQualcomm製SoC搭載端末がこんなに早く出てきたことですよ。ずっと今年暮れ以降になると言われてましたからね。7月に入ったあたりで「Q3に出るかもしれない」という噂があったのですが、どうやらこれのことだったようです。
 ついでに、SD626が載る機種も準備中との噂ですよ。それは10月以降のお披露目でしょうか。

 基本的なコンセプトはM5 Noteと変わりないのですが、スナドラになったぶんのバッテリ持ちは明らかに期待できるでしょう。余程ゲーム三昧でもしない限り、625で4000mAhは十分過ぎると検証済みですので。
 また、カメラ部分の大きな進化は流行を色濃く反映したものになっています。先代ではf2.2だったメインが今回はf/1.9ですからね。もちろんセルフィーも画素数だけでなくf/2.0という明るめのレンズを採用している点は評価できます。

 3モデルの価格は以下のようになっています。
3GB/16GB 1099元(約1万8000円)
3GB/32GB 1299元(約2万1300円)
4GB/64GB 1699元(約2万7900円)
 スナドラだからと言って不当に高く設定しなかったのは嬉しいですね。特に一番下のモデルはお買い得度が高いと思います。
 MEIZU復活の狼煙となるのか注目しましょう。


CUBOT X18

製品ページ

 Xシリーズは新設というわけでもありませんが、"18"がちょうどよくアスペクト比の縦と同じになった感じですね。
cubotx18
寸法 159.6×74×8.5mm
重量 不明
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737T 1.5GHz*4
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.7インチ
解像度 1440*720
メインカメラ 1600万画素
フロントカメラ 1300万画素
バッテリ 3200mAh

 カメラはメインがSONY、セルフィーがSamsungのセンサーを採用しており、まさに王道といったところですかね。
 なお、気になる本体重量については書かれているサイトを見つけられませんでした。

 5.7インチの大画面とは言っても、この解像度ならMT6737Tで十分でしょう。セルフィーにLEDフラッシュが搭載されている点を考えても、メーカーがサジェストする用途が分かるというものです。

 公式からショップへのリンクはまだ生きていないものの、価格は160ドル前後(約1万7500円)と言われています。大画面を求めている層にとっては打ってつけの選択肢になり得るはずです。
 ちなみに、同じ5.7インチのNEXUS 6Pの寸法は159.3mm×77.8mmですね。左右のベゼルの関係で横サイズが4mm近く縮まっています。そして上下のベゼル部分に画面が長く伸びていると考えれば実寸が想像しやすいかと。


Nuu M3

製品ページ

 そう言えば5月の頭にカミングスーンとあったX5が、やっと正式に価格も決まって発売間近だそうです。199.99ドルと50ドルも安くなったのは遅れた分のゴマすりでしょうか。
823201732520PM_635_nuu_mobile_m3
寸法 151.6×77.4×7.62mm
重量 181.4g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737 1.3GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 3200mAh

 まぁ普通のローエンドですね。重量があるぶん、堅牢な作りになっているのかもしれませんけど。

 Nuuは昨年から残念なイメージが刷り込まれてしまっただけけに、日本市場に再進出する可能性があるとすればあとは価格だけなんですが、ちょっとこれはダメですね。
 希望小売価格は169.99ドル(約1万8600円)で、amazon.comでも同じ。日本ならこの値段で安いと感じてもおかしくないところがさらに悲しいですわ。


 さて、SHARP AQUOS S3は9月上旬に発表される見込みだそうです。ミドルレンジ扱いのS2よりさらに上のスペックがリークされています。
sharp-aquos-s3r
 SoCはスナドラ835、メモリ6GB、ストレージ64GB/128GB、そして5.8インチ2880*1440のベゼルレスとのこと。画像からも分かるように、バックパネルが鏡面仕上げとなった渾身のハイエンドと言えるのではないでしょうか。

 価格は、450ユーロ(約5万8000円)および529ドル(約5万7700円)らしく、事実ならAQUOS Rが9万円で売られている日本で販売される可能性はゼロだと思います。

 それに、S2と同じく鴻海が大部分の製造に関わるはずですし、ブランドを海外で展開するためにSHARPおよびAQUOSの冠を使っているだけと考えれば、apple信仰の日本にわざわざ参入する価値は皆無ですからね。
 もどかしいったらありゃしないですよ。

【新製品】海外スマートフォン(2017.08.23)

・Xiaomi Redmi Note 5A
・Micromax Canvas Infinity
・koobee Halo H9L
・LG K20

 Googleのブログはこちら。Oreoの詳細を見ることができます。


Xiaomi Redmi Note 5A

製品ページ(標準版)
製品ページ(高配版)

 標準版と高配版があり、けっこうな差が付けられています。

redminote5a
標準版
寸法 153×76.2×7.55mm
重量 150g
OS Android 7.0
CPU Qualcomm Snapdragon 425 1.4GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 3080mAh

高配版
寸法 153×76.2×7.7mm
重量 150g
OS Android 7.0
CPU Qualcomm Snapdragon 435 1.4GHz*4+1.1GHz*4
メモリ 3GB , 4GB
ストレージ 32GB , 64GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 1600万画素
バッテリ 3080mAh

 まずSoCが違います。Antutuにおけるスコア差は6000前後ですけど、特にマルチタスク時に体感できるはずです。
 ついでにメモリとストレージの容量がきっちりと分けられています。特にストレージは大容量になるほど速いので、明らかに違いが出てくると思いますよ。
 そしてセルフィー。今回はメインがf/2.2で、セルフィーがf/2.0ということからも分かる通り、自撮り愛好家様御用達を狙っていると言えるでしょう。

 標準版は1モデルで699元(約1万1500円)、高配版は3GB/32GBと4GB/64GBの2モデル展開で、前者が899元(約1万4800円)、後者が1199元(約1万9700円)だそうです。
 標準版でも普通に使えそうですが、高配版3GB/32GBのコスパが素晴らしいですね。選ぶならこれで決まりだと思います。

 残念ながらまだECサイトの価格はこれよりかなり高めでして、落ち着くのを待ってからが正解でしょう。発送日が正式に上がってからお財布と相談するべきではないでしょうか。


Micromax Canvas Infinity

製品ページ

 ついにインドメーカーも18:9ですかぁ…。
822201714249PM_635_micromax_canvas_infinity
寸法 不明
重量 不明
OS Android 7.0
CPU Qualcomm Snapdragon 425 1.4GHz*4
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.7インチ
解像度 1440*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 1600万画素
バッテリ 2900mAh

 デザインはGalaxy S8を模しているのですから、寸法は知りたかったかなと思います。大画面になればなるほど必要じゃないでしょうか。

 インドのニュースサイトでも大々的に取り上げられていまして、嘘みたいに高い本家や、安くても心情的に眉唾のメイドインチャイナより選ぶ価値がある…的な感じで話題騒然といったところですねぇ。

 インドメーカーがリリースした「使える」ファブレットは数えるくらいしか無く、しかもスナドラというのが非常に珍しいために、amazon.inとFlipkartでは特設ページを作って予約を受け付けているほど。
 しかも、9999ルピー(約1万7100円)ですから、大盤振る舞いと言っても差し支えないレベルですよ。

 あくまで予想でしかありませんが、日本の大手と呼ばれるメーカーが同じ仕様の端末を販売したとするなら、4万円を下回ることは無いような気がします…。


koobee Halo H9L

製品ページ

 7月にリリースされたH9の廉価版となります。
haloh9l
寸法 153×73.6×8.8mm
重量 202g
OS Android 6.0
CPU MediaTek MT6737T 1.5GHz*4
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 3000mAh

 公式のスペックシートにはMT6737としか書かれてませんが、1.5GHzならば6737Tが正解だと思います。
 と言うか、画像からはメインカメラのレンズが2基に見えます。どこを見てもシングルとしか記述が無いので謎ではありますけど。

 まぁ、特に当たり障りのない数値が並んでおり、親モデルのHalo H9が現在も1999元(約3万2800円)ということを考えると、価格面の期待もできないでしょう。1499元(約2万4600円)あたりと推測しています。これはあながち間違っていないような気も…。

 しかし、カラバリ大好きと常に騒いでいる私からすると、この筐体は見過ごせませんよ。むしろ手に入れて舐めるように見つめながら日々を過ごしたいと思うほどですねw。

 希少性からの所有欲、昔からそれに突き動かされ、PCケースを50台ほど購入した愚かな人間が通りますよ…。


LG K20

製品ページ

 K20は派生モデルも多く、今回のはAT&T向けということのようです。
lgk20
寸法 148.6×75.18×7.87mm
重量 141.7g
OS Android 7.0
CPU Qualcomm Snapdragon 425 1.4GHz*4
メモリ 1.5GB
ストレージ 16GB
MicroSD 2TBまで
ディスプレイ 5.3インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 2800mAh

 スペック的にはK20 Plus(K20 V)より下で、特にカメラ部分が落とされています。この1.5GBのメモリって、最近だとLGでしか見なくなりましたね。
 筐体デザインはVerizonのK20 Plusが一番好きだったかなぁと思います。

 ただ、価格はこれまでのシリーズの中でも最高ランクのコスパではないかと。
 AT&Tでは月4ドルの30回払いで120ドルか、一括119.99ドル(約1万3100円)かを選べますが、アメリカではとっくに2年縛りが廃止されているため、最初にまとめて払ってSIMロック解除をしてしまったほうがお得でしょう。
 性能云々を気にしなければ30ヶ月使い続けられるとは思いますけどね。


 毎日お読みいただいている方にはなんとなくスタンスが伝わっていると勝手に思い込んでいますが、あれこれ書いているのは主観に過ぎません。
 特にバッテリ容量の多い少ないは、経験則に基づいたものにプロセスルールおよび他のスペックを加味して予想しているだけです。実使用でどうなるかはもちろん使ってみないと分からないですよ。
 時間ができたら目安のようなものをまとめてみたいと考えています。

【新製品】海外スマートフォン(2017.08.22)

・Vernee M5
・Alcatel U5 HD
・Videocon METAL PRO 2
・COMIO P1 , S1 , C1

 いろいろ考えたのですけど、Android Oの新機能などについては各所で取り上げられてますので、あえて記事としては設けないことにしました。
 NEXUS 6Pに配信されたら軽く報告して終わりにします。


Vernee M5

 公式にアナウンスがあったわけではありませんが、既にECサイトに上がっているので発売は確実だと思います。9月22日から発送だそうです。
verneem5
寸法 147.3×72.6×6.9mm
重量 145g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6750 1.5GHz*4+1.0GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 3300mAh

 予約受け付け状態を確認できたのはEverbuyingとGearBest.comで、いずれも129.99ドル(約1万4200円)というVerneeらしいものでした。
 ちなみに、どちらも解像度は「1080*720」と書いてあるのですが、13.5:9なんてアスペクト比は新しすぎるので、大元から来たスペックが間違っているんでしょうね。

GearBest.com Vernee M5 (14283円)

 日本円表示にしても現在のレート換算による金額と101円しか違いません。円安に戻る前にポチっておくという手もあると思います。

 欲を言えばバッテリは4000mAh以上欲しかったところですけど、5.2インチならばそこまで気にすることもないかもしれませんね。それ以外は十分過ぎるほどのコスパの良さになっていますよ。


Alcatel U5 HD

 2月に発表のあったU5の解像度を上げたバージョンになります。詳細な仕様が既に出ているということで紹介しておきます。
 なお同時に、3Gと4Gで2バージョンのA3、そしてA7 XLもリリースされる予定だそうです。
u5hd
寸法 141.8×71.4×8.95mm
重量 135g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737 1.25GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 8GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 2200mAh

 う~ん、ベゼルも太いですし、何よりバッテリが少ないですね。何かしらの面白いギミックでも搭載されていれば別ですけど、よほど安くなければ積極的に選ぶ理由も無いかもしれません。ちなみにカメラはソフトウェア処理によるもので、正確な画素数は800/500万画素と書かれているサイトもありますので念のため。

 チェコでは通販サイトに上がっており、2799コルナ(約1万3800円)で購入できるようです。
 インドの価格予想サイトでは7000ルピー(約1万1900円)前後と、スペックなりの価格が見込まれていますね。


Videocon METAL PRO 2

製品ページ

 6月に一度紹介しているのですが、新たに明かされたスペックや変更になった部分も含めて再度。

metalpro2

寸法 145.2×72.6×8.4mm
重量 不明
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737 1.25GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 320万画素
バッテリ 2000mAh

 工作精度の高そうなメタルボディが売りのスマートフォンだそうです。デザインも一般的なインドメーカーと比較するとなかなか垢抜けた感じがします。
 2ヶ月以上経つのにまだギャラリーが開いてないため、見られる画像が限られているのが残念ですね。

 スペック的にはごく普通のローエンドですが、バッテリは当初の2450mAhからかなり減ってしまいました。重量が書いてないのも、バッテリで削れたぶんをメタルボディで相殺してしまったからではないかと邪推してみたり…。

 でも価格はさすがにインドだけあって安いですよ。7500ルピー(約1万2700円)で質感の高いスマートフォンが手に入るならお得だと思います。


COMIO P1 , S1 , C1

製品ページ(P1)
製品ページ(S1)
製品ページ(C1)

 COMIOは元々中国でODM生産を中心に行っていたメーカーであり、TopWise Communicationというインドの企業と提携して市場を開拓することになったそうです。私もこれ以上は分かっていません。詳細が知りたい方はインド系のニュースサイトをお読みくださいませ(^-^;。
comiop1
P1
寸法 不明
重量 不明
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737 1.3GHz*4
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 5000mAh

S1
寸法 不明
重量 不明
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737 1.3GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 32GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 2700mAh

C1
寸法 不明
重量 不明
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737 1.3GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 32GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 2200mAh

 公式の仕様表がまだ開いていないため、寸法および重量は不明です。
 また、SoCの記載はありませんが、64bitの1.3GHz QuadならMT6737で良いのではないでしょうか。

 印象としては、しっかり差別化が図られているなぁといったところです。
 P1は3GBのメモリと5000mAhという大容量バッテリが特徴、S1は中間仕様で、C1はエントリー向けでもストレージだけは減らされていないという感じになりますか。

 価格は、P1が9999ルピー(約1万7000円)、S1が8999ルピー(約1万5300円)、C1が5999ルピー(約1万200円)となっています。
 P1とS1の差が小さいので、買うなら断然P1でしょう。巨大バッテリの恩恵を1700円で得られるなら選ばない手はありません。


 幾度となく書いてきたことですけど、世界のメーカーがインド市場をターゲットにしているのには明確な理由があります。

・世界2位の人口規模
・普及率の急激な増加
・端末を買ってキャリアのSIMを挿せばすぐ使える(すべてのキャリアが日本のMVNOのようなもの)
・通話料金が激安(1分あたり1ルピー=1.7円)
・appleのシェアが依然として低い
・そもそもインド国内メーカーの端末価格が安く、中国メーカーのものと近似している

 これらが日本市場との決定的な違いであるのは言うまでもなく、また同時に、海外のメーカーが参入しない根本原因となっているのではないでしょうか。
 技適云々の話では無いはずなんです。

電脳ニュース海外版(2017.08.21)

・Xiaomi A1はAndroid Oneとして発売される
・HUAWEI P11のコンセプト画像が公開
・ZTE TL99がTENAAを通過
・OnePlus 5Tはやはり年末にリリースか

 2017年も気付けば残り4ヶ月とちょっとで、今年のトレンドが決まりかけているように感じます。ズバリ「ベゼルレス」ですね。


Xiaomi A1はAndroid Oneとして発売される

 日本でもSHARPが手がけるAndroid One端末がありますが、XiaomiとGoogleの協力体制によるものは他にもMi TV BOXが準備中と言われており、このA1への期待も集まっているようです。

s_24a7d0e1a2d24241813404ac5e3bb24b-1-600x336

 基本的にはMi 5Xと同等。
 5.5インチフルHDディスプレイ、スナドラ625、4GBメモリ、1200万画素2基のメインカメラ、3080mAhバッテリなどで、OSはAndroid 8、つまりオレオがプリインストールされる可能性は高いです。

 挙がっている国はアメリカやインド等で、仮に過去のXiaomiのシリーズのように200ドル以下になるのであれば、他メーカーはまったくもって追随できない状況になるのが必至でしょう。

 詳細は発表されてみないと分からないものの、日本のAndroid Oneと比べてしまうとため息しか出ないですねぇ…。まるで我が国の消費者は軽く騙せると言わんばかりの設定じゃないですか。


HUAWEI P11のコンセプト画像が公開

 リーク元はいつもお世話になっているiGeekPhone.comさんです。

p11

 Mate 10の噂もより具体的になってきたところではありますが、来年登場のP11の画像が早くもお目見えということになりますね。

 フロントは上下のベゼルが非常に狭いフルスクリーン仕様に近いもので、下部に見えるのがHUAWEIのロゴであることから、物理ホームボタンを搭載しない点が分かります。
 また、他の画像では、背面に指紋センサーを有していないように見えるので、ディスプレイ内蔵型であると推測できます。
 手に持ったところからは6インチ前後の大画面のようにも感じます。アスペクト比は18:9で、解像度は2880*1440になるのではないかとのこと。

 メモリは8GB、カメラは2400万画素メインのデュアル、そしてCPUはデカコアになる見込みらしく、Kirinの新シリーズの可能性も考えられます。

 近年はMateとPシリーズで年2回のハイエンド展開が定型となっているHUAWEI。
 Mate 10はiPhoneとぶつけて真っ向勝負することを宣言していますし、今後の動向からも目が離せないと思います。


ZTE TL99がTENAAを通過

 ソースはこちら
 何やら筐体デザインが奇抜です。

gsmarena_001

 背面や側面は革張りっぽいですね。赤い逆三角のロゴは見覚えがあるような無いような感じで、残念なことに下のプレート部分の文字は潰れて読むことができません。何かとのコラボということも考えられますか。

 クアッドコアの2.0GHzが何なのかと問われると、これまた謎が深まります。何かのオーバークロックモデルだとしても、その元が想像できません。オーバークロックではないとして現状考えられるのはintelくらいのものです。
 ディスプレイは5.5インチAMOLEDで2560*1440、4GB/64GB、カメラは2000万画素/800万画素、3140mAhバッテリというような数字が並んでおり、ミドルハイに属すると思います。

 まったく新しいシリーズかもしれず、続報を待つしかない状態としか言えないですね。
 しかしながら、このデザインには「ビビッ」と来る方も多いのではないでしょうか。


OnePlus 5Tはやはり年末にリリースか

 昨年もそうであったように、後継のTが付くモデルが準備中なのは確実と言われています。

32180002247920aaa27b-640x336

 昨年と違うのはベゼルレス戦争に名乗りを上げなくてはならない関係で、筐体デザインの大幅な変更が求められているという部分らしいです。
 リークされた画像でも、上下ベゼルは相当に狭く、もはやスペックだけでは勝てないことを意味しているかのようです。

 もちろんマイナーチェンジ版として機能強化も図られており、スナドラ836になるとの話もありますね。供給面を考えれば835が濃厚なのですけど、まだ3ヶ月以上も先の話ですから未確定も当然でしょう。

 OnePlusは良くも悪くも「1本勝負」なので、気合いの入り方が違いますね。こういう魅力の出し方もあるんだなと感心させられますよ。


 ベゼルレスの先駆けで言えば、XiaomiのMi MIXを思い出す方も多いとは思いますが、実はAQUOS Crystalという説が有力です。2014年のリリースなので、2年以上も前に未来を見据えていたことになるわけです。

 Mi MIX 2は9月12日発表だそうです。しかし、同時に浮上してきたのがこのAQUOS Crystalの後継というのも、また因果を感じてしまうのです。


ブログランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いしますm(__)m

【新製品】海外スマートフォン(2017.08.20)

・Coolpad Torino S2
・fly NIMBUS 16
・KONKA D7
・Swipe ELITE 4G
・Alcatel A3 XL

 今日はちょっとした番外編っぽく、溜まっているものの中からローエンドを中心にピックアップして、なおかつ駆け足でお届けします。


Coolpad Torino S2

 中国公式に先代が置いてあるのでそこに上がるはずなのですが、まだですね。もちろん商城にも出てきていません。
 この感じでいくと、Cool S2も予定されていたりするのかも。
torinos2
寸法 145.3×72.3×8.7mm
重量 147g
OS Android 6.0
CPU MediaTek MT6735 1.3GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 2500mAh

 今更MT6735もどうかと思うのですけど、まぁメインはカメラでしょうからスルーしておきましょうか。

 価格は英語圏で128.99ドル(約1万4100円)と些か高め。バングラデシュだと12750タカ(約1万7200円)とさらに高いです。
 筐体素材もプラスチックですし、ほとんど妙味は無いですねぇ。


fly NIMBUS 16

製品ページ

 型番はFS459で、前の数字2つがディスプレイサイズを表しています。例えばNIMBUS 4はFS551で5.5インチという感じです。ただ、5インチのシリーズが多いので最近のモデルは例外があるみたいですけど。
nimbus16
寸法 133×66.5×10.9mm
重量 153g
OS Android 7.0
CPU Spreadtrum SC9832 1.3GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 8GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 4.5インチ
解像度 854*480
メインカメラ 500万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリ 1800mAh

 flyが時々出してくる小型スーパーローエンドですね。パネル方式もTNだったりと屋外ではとても使えなさそうな印象なのですが、チープさの中にも筐体が一部セラミック製などのこだわりがあるようです。

 価格は4880ルーブル(約9000円)と、まだ少し初物感がありますね。7000円あたりが買い時だと思いますよ。

 しかしまぁ、Spreadtrum製のSoCは苦もなく最新OSに対応してくるのが何気にすごいです。


KONKA D7

 通販サイトや中国の総合検索サイトには出てくるのですが、公式には上がっていません。KONKAはいつも遅いです。
konkad7
寸法 152×76.3×9.1mm
重量 180g
OS Android 6.0
CPU Spreadtrum SC9832 1.3GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリ 2200mAh

 ん~、いくら解像度がHDとは言っても、5.5インチで2200mAhは明らかに少ないでしょう。バッテリ持ちは覚悟しておいたほうがいいと思います。一昔前の「出せばそれなりに売れるからどうでもいいや」的な中華スマホのニオイがプンプンしますねぇ。

 価格も699元(約1万1400円)と、Spreadtrumにしてはボッタクリ感があります。
 むしろ恐ろしいのは、日本のメーカーがまったく同じスペックで作ったとしたら2万円を超えてくるだろうなという予感がすることですけど…。


Swipe ELITE 4G

製品ページ

 付いた文言が"4G"だけなので、シリーズのメイン的な扱いなのかなと思ったらそうでもありませんでした。

elite4g

寸法 145.2×73×9.6mm
重量 147g
OS Android 6.0
CPU 不明 1.3GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 8GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 854*480
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 2500mAh

 SoCはどこにも書いてませんが、たぶんSpreadtrumでしょうね。でなければこの価格は実現できませんから。

 5インチでこの解像度だとDPIは196。さすがに粗さが目に付きそうです。ただ、カメラだけは手を抜いてないので、ある程度の数は売れるのではないでしょうか。

 公式にもある通りに3999ルピー(約6800円)という激安ローエンドです。緊急時のセカンダリモバイル用で1台ストックしておいてもいいくらいですよ。


Alcatel A3 XL

製品ページ

 1月に発表があったものの、結局発売は半年以上も延びてしまいました。1月の時点から何一つスペック上の変更点が無いのに、どういう理由だったのか知りたいです…。
alcatel-a3-xl-1-1
寸法 165×82.5×7.9mm
重量 159g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT8735B 1.1GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 8GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 6.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 3000mAh

 MT8735Bは型番からも分かる通りタブレット用のSoCです。つまり扱いはスマートフォンではなくて、かなりタブレット寄りのファブレットと言えるでしょう。

 なお、6インチHDのDPIは245で、7インチHDタブよりは細かいものの、目との距離を考えればやはり粗いかと。
 それと、バッテリ容量がディスプレイサイズと合ってないため、電池持ちは良くないだろうと思ってしまうのも必然です。ブラウジングにメリットがあっても、そんな精神衛生に良くない部分を抱えているのはどうなんでしょうか。

 価格も最安で157ドル(約1万7100円)、EU圏では179ユーロ(約2万3000円)と信じられないものです。他に選択肢は山ほどありますよ。

 強いて言えば、ドコモ系のBand 1,3,8をサポートしていることと、黒/銀、金、白/青、白/赤のカラバリを選べることくらいが魅力ですかね。
 もし日本アルカテルがこれを導入したら、「あー、金儲け乙」と罵ってさしあげましょうw。


 他にもたくさんあるんですけど、予定の時間をオーバーしてしまったのでこのへんで(__;。
 依然として公式が見つけられないものだったり、どこの国なのかさっぱり分からないものだったりが多く、余程の余裕が無いと調べていられないものでして…。

【新製品】海外スマートフォン(2017.08.19)

・Coolpad Cool M7
・Micromax Evok Dual Note
・LANIX L620
・BLU GRAND XL LTE

 予想通りNokia 9はビッグスクリーンになるようです。さらに上下のベゼル幅もかなり狭く、そこまで筐体サイズも大きくならないのはコンシューマにとってありがたいですね。


Coolpad Cool M7

 公式発表ですけど製品ページは無く、JD.comに上がっているだけです。最近こういうのが多いような気がします。
coolm7
寸法 151.16×74.32×6.9mm
重量 152g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 625 2.0GHz*8
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 非対応
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1200万画素
フロントカメラ 1300万画素
バッテリ 3200mAh

 スナドラ625を持ってきたのは利益を上げるためと捉えられても文句は言えないかもしれません。ただ、4GB/64GBは十分なものですし、3200mAhあれば持ちは悪くもないでしょう。スペック的には、現在の主な用途なら何一つ困ることは無いと思われます。

 最大の売りはカメラにあるようで、両方ともシングルですが、メインはf/1.8とかなり明るめのレンズを搭載しています。画素数より明るさを優先した点は賞賛に値しますね。

 しかし価格がダメですよ。
 2699元(約4万4000円)とスナドラ625としてはかなり高く、コスパの悪さは目についてしまいます。せめて2万円台後半が妥当なところでしょう。

 「智能DOCK」も面白そうなんですけど、安さがあってこその有益性だと思うわけです。某iPhoneの円形ホームボタンを真似しなくてもいいですから、価格で勝負の中華スマホであってほしいなぁなんてわがままなことを言ってみたりもしますよ…。


Micromax Evok Dual Note

製品ページ

 他にも画像はあったんですが、あえてこれにした理由は「明らかに傾いていると目視でも分かるのはすごい」と思ったからですw。
 あ、いえ、スペックは極めて真面目に作り込んでありますので念のため。

gallery-blue-4

寸法 154×76.4×7.8mm
重量 不明
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6750T 1.5GHz*4+1.0GHz*4
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 3000mAh

 今年の4月にEvok Noteがリリースされていまして、それをベースに作られていると思います。今回の重量は書かれてませんが、参考までにEvok Noteは162gでした。

 インドでの一般的な5.5インチモデルと比較するとけっこう上の部類に入ります。ディスプレイサイズだけを大きくしておしまいというものも少なくないですし、スペックシートをしっかり眺めてから買う人にしてみれば随分お得だと感じるのではないでしょうか。
 と言うか、公式の表によると、カメラの画素数ではなくて縦横サイズが記されているんですね。どちらも書かれているところはよく見ますけど、画素数をまったく書かないのは初めて見たかも…。ちなみに計算上は1330万画素と530万画素になります。

 その公式からのリンク先であるFlipkartではまだ取り扱いが始まっておらず、正確な価格は分かりません。
 一部では9999ルピー(約1万7000円)としているところもあり、それが事実ならMicromaxの意地のようなものさえ垣間見えます。ヒットの予感がしますねぇ。


LANIX L620

製品ページ

 LANIXはメキシコのメーカーです。紹介するのは初めてかも。
 このL620はIliumというシリーズに属する製品らしいです。

lanixl620

寸法 145×72.7×9.15mm
重量 158g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737 1.3GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 16GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 2500mAh

 カメラはローエンドとは思えない盛り方ですね。お国事情がまったく分からないのですが、そんなニーズがあったりするんでしょうか。

 情報を調べるためにスペイン語に変換して検索をかけてみました。何より、英語だと価格に関するサイトが一つもヒットしなかったもので。
 ちなみに、amazonメキシコでもLANIXは扱われているものの、古いタブレットが中心でしたよ。ほぼ地球の反対側のことなのでさっぱり見えてきませんねぇ(^-^;。

 ということで、出てきたのは2899メキシコペソ(約1万7600円)。中国やらインドやらのものに比べたらちょっと高めではありますけど、相場が分からない以上なんとも言えませんね。日本だったら安いカテゴリに入りますか。


BLU GRAND XL LTE

製品ページ

 たまにはピンクじゃなくてゴールドのカラバリを…。

grandxllte

寸法 157.6×78.8×8.5mm
重量 182g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737 1.3GHz*4
メモリ 1GB , 2GB
ストレージ 8GB , 16GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 3200mAh

 GRAND X LTEは日本の正規代理店でも取り扱われています。その上位版ということになるでしょうか。
 これもカメラは比較的豪勢な感じですね。要するに「カメラだけしっかりしてればいい」というユーザー向けで間違いないと思います。

 公式からamazon.comへのリンクが生きていないので正確な価格はまだ分かりません。
 わざわざ"LTE"と付いていることから3Gモデルがあることは明白で、その1GB/8GBモデルは89ドル(約9700円)だそうです。これに少し上乗せされる程度ではないでしょうか。2GB/16GBで120ドルあたりだったら嬉しいですね。


 ストックしてある新製品がどんどん古くなっていきます…。
 結局お蔵入りの予感がorz

【新製品】海外スマートフォン(2017.08.18)

・ASUS ZenFone 4 , Pro
・NOKIA Nokia 8
・CUBOT Note Plus
・Panasonic ELUGA I2 ACTIV

 WeiboでKirin 970の仕様が明かされていました。
 上のA73が2.8GHz、A53のクロックは不明のままですが、かなりのパフォーマンスを発揮するものと思われます。スナドラ835の牙城を崩す存在になれるでしょうか。
 970が搭載されるMate 10は10月16日に発表の予定だそうです。

 また、今月の29日には、MediaTekのHelio P23とP30もローンチされるようです。SoC関連がにわかに盛り上がってきましたね。


ASUS ZenFone 4 (ZE554KL) , Pro (ZS551KL)

製品ページ(ZenFone 4)
製品ページ(ZenFone 4 Pro)

 7月23日の記事で紹介済みですが、台湾公式に上がったということで再度取り上げます。
zenfone4pro
ZenFone 4
寸法 155.4×75.2×7.5mm
重量 165g
OS Android 7.0
CPU Qualcomm Snapdragon 630 (660) 2.2GHz*4+1.8GHz*4 
メモリ 4GB (6GB)
ストレージ 64GB
MicroSD 2TBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1200万画素+800万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 3300mAh

ZenFone 4 Pro
寸法 156.9×75.6×7.6mm
重量 175g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 835 2.35GHz*4+1.9GHz*4 
メモリ 6GB
ストレージ 64GB
MicroSD 2TBまで
ディスプレイ 5.5インチAMOLED
解像度 1920*1080
メインカメラ 1200万画素+1600万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 3600mAh

 寸法も微妙に異なっている上、筐体の作り自体もけっこう違いますね。シリーズ上位モデルと言うより別モデルとして出しても良かったくらいだと思います。

 まず、無印4のスナドラ660版ですが、これについて分かったのは8月に入ってからでした。以前のここの記事でも書いていません。
 バッテリ容量やカメラなども間違ってましたし、128GBも存在しません。
 また、無印4だけのミントグリーンというカラバリがあるのも一つの特徴になっています。

 Proは噂されていた5.7インチや5.8インチではなく、5.5インチで出てきましたね。メモリやストレージも1種類だけです。
 しかし最大の違いはやはりスナドラ835という部分にあり、これでASUSもハイエンドで835搭載端末を揃えてきたことになります。

 それと、メインカメラの1200万画素はセンサーこそ同じですけど、無印がf/1.8、Proがf/1.7というように変えてきています。もっと言うと、サブのレンズもProのほうはSONYセンサーになっています。

 ファンにとってはZenFone 3以上に魅力的な端末として登場したわけですが、価格はいったいどうなったのでしょうか。
 SD630/4GBのZenFone 4が10990台湾ドル(約3万9900円)、SD660/6GBが13990台湾ドル(約5万800円)、そしてProは台湾ではなく米ドルになりますが599ドル(約6万6000円)とのことです。
 事前のリークよりはかなり安くはなったものの、おいそれと手を出せるものでもないのも確かです。せめて660版は4万円台前半にならないと欲しいとは思えないですねぇ…。

 まず間違いなく日本でも発表になるはずですので、動向と価格には注目しておくことにしましょう。


NOKIA Nokia 8

製品ページ

 7月31日発表と言われてましたが、2週間と少し遅くなりました。
 現時点でのNOKIAのハイエンドです。9が出たとしても、メモリとストレージ、それにディスプレイサイズが上乗せされる程度だと思います。
nokia8
寸法 151.5×73.7×7.9mm
重量 160g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 835 2.5GHz*4+1.8GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.3インチ
解像度 2560*1440
メインカメラ 1300万画素+1300万画素
フロントカメラ 1300万画素
バッテリ 3090mAh

 いやぁ、このカッパーのカラバリに惹かれたのでセレクトしてみました。紺は光沢があるほうが好みですねぇ。

 なお、スナドラ835の上のクロックは公式の表記に倣いましたが、実際は2.45GHzだと思いますので念のため。下が0.1GHz下げられているのはバッテリ持ちを考慮してのことなのかも。

 また、5.3インチに2Kの解像度を収めた点についても拍手ですね。DPIの554は、Retinaを除けば現状最高峰に君臨する高精細ディスプレイになります。これをAMOLEDではなくIPSで実現させたことに意味があると思いますよ。

 しかし、何と言ってもこのNokia 8はカールツァイスのレンズを採用したカメラに注目でしょう。いったいどんな映りになるのか、レビューサイトに載るのを楽しみに待つことにしますよ。

 価格は599ユーロ(約7万7200円)で、Galaxy S8とも渡り合えるものになっています。導入確実なインドの価格もこのあとチェックを続けていきたいですね。


Cubot Note Plus

製品ページ

 なんだか今日は中国メーカーの影が薄くなってますが(^-^;。
cubotnoteplus
寸法 148×72.8×8.5mm
重量 不明
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737T 1.5GHz*4
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1600万画素
フロントカメラ 1600万画素
バッテリ 2800mAh

 ローエンドに属しながらフルHDディスプレイを採用してくれるのは地味に嬉しかったりします。まぁ、それだけで価格を釣り上げる国があることはナイショですけどね…。

 ひと目で分かる通りセルフィー特化で、1600万画素はそこらの低価格スマホとは一線を画すものになっています。どうせならメインカメラだけでなくセルフィーもSONYセンサーを採用してくれたら良かったのに。

 CUBOTということで価格にも期待が集まるわけですが、意外にもまだ商品ページを置いているところを見つけられませんでした。けっこう前から公式で予告がされていたような気がするのに、おかしいですねぇ。
 だいたい高くても1万5千円程度かなと推測しています。下手したら120ドル以下もありえるのではないでしょうか。それでも日常的な使い方に徹すればおつりが来るくらいだと思いますよ。


Panasonic ELUGA I2 ACTIV

製品ページ

 インドでの発表です。ごくごく普通のローエンドですけどね。

elugai2activ

寸法 143×71.2×7.95mm
重量 133g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737 1.25GHz*4
メモリ 1GB , 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 2200mAh

 ELUGA I2シリーズは2015年に初代、そして昨年2016年バージョンがリリースされています。今年のこれはあえて"ACTIV"という文言が付けられているものの、何をもってしてアクティブと謳っているのかよく分かりません。綴りのラストの"E"を抜いたのもそんな理由だったりして…。

 まぁ、公式で「ユニークフィーチャー」として取り上げられているところを見ても、特別な売りがあるようには感じませんし、もしかするととんでもなく安いのではなかろうかと思って価格を調べてみましたよ。
 …ん~、違いましたね。メモリ1GBモデルが7190ルピー(約1万2300円)、2GBモデルが7990ルピー(約1万3700円)で、むしろコスパは悪い部類です。ブランドの上乗せ分ですか。

 このローズゴールドが1万円以下なら2秒くらいは考えましたが、それでもやっぱりスルーです。


 さて、個人的な事情を吐露して申し訳ないのですけど、ブックマークしている未紹介の新製品リストが20件を超えまして、いよいよ本格的な取捨選択を迫られているなぁと思うのであります。
 今日のようにビッグタイトルが出てくるとどうしても優先的に書きたくなってしまいますし、でも時間は限られているし…といった感じで歯噛みするばかりですorz

 あまり義務感に追われずマイペースが一番でしょうから、それで続けていければいいかなぁと。

【新製品】海外スマートフォン(2017.08.17)

・UMi UMIDIGI S2 Pro
・AGM X2
・HOMTOM S8
・LYF C451

 先日あっと言う間に売り切れたXiaomi Mi 6の限定色マーキュリーシルバーですが、2週間後の昨日また100台追加されましたね。公式ショップじゃなくてECサイトでも取り扱ってくれたら清水ダイヴするんですけど…。


UMi UMIDIGI S2 Pro

製品ページ

 まだサイトも予告レベルの作りですが、スペックを見ただけなら普通に欲しいです。

umidigis2pro

寸法 不明
重量 148.5g
OS Android 7.1
CPU MediaTek Helio P25 2.6GHz*4+1.6GHz*4
メモリ 6GB
ストレージ 64GB
MicroSD 不明
ディスプレイ 5.99インチ
解像度 2160*1080
メインカメラ 1300万画素+500万画素
フロントカメラ 不明
バッテリ 5100mAh

 言ってしまえばGalaxy S8コピーですね。左右ベゼルレスの6インチ、そして18:9ディスプレイという。
 カテゴリ的には7月にリリースされたUMIDIGI Sの後継になるのでしょうか。
 スペックは2017年下半期のミドルレンジを象徴するかのような数字が並んでいますね。

 発表自体は8月ですが、発売は10月からとかなり先です。それでも取り上げたのはここ最近のUMIDIGIの攻勢を個人的に推し広めたいからなのですよ。ブランド名が変わるとここまで一新するかという良い例だと思います。

 ついでに、この画像にあるマーキュリーシルバーの筐体色が、冒頭の文とリンクしていることに気付いた読者諸氏に敬意を表しておきましょうか(^-^;。

 価格が出てきているのは例のインドのサイトくらいですが、16999ルピー(約2万9300円)と予想されています。実現してしまいそうなのがUMIDIGIの恐ろしいところです…。


AGM X2

製品ページ

 待つこと半年、やっと上がりました。
agmx2
寸法 168.5×83.4×14mm
重量 250g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 653 1.95GHz*4+1.44GHz*4
メモリ 6GB
ストレージ 64GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1200万画素+1200万画素
フロントカメラ 1600万画素
バッテリ 6000mAh

 一つだけ公式に突っ込みを入れておきます。スペックシートで"MSM8976SG Quad Core"との表記がありますけど、スナドラ653はご存じの通りオクタコアです。じきに直るでしょう。

 まぁタフネススマホとしてはハイミドルといった盛り具合いになるでしょうか。余裕で2年使える作りになっていると思いますねぇ。
 アウトドアで6GBのメモリを使い切れるほどの使用場面が想像できないのですが、大きいことはいいことですし、画像処理に余裕が出ると考えれば不必要な仕様でもないでしょう。

 公式に出されている価格は519.99ドル(約5万7700円)と少し高く感じてしまいますけど、よくよく考えたら欲しい人にとってはむしろ安いくらいの設定ですよね。重さは犠牲になっているものの、スナドラと6000mAhのバッテリの組み合わせはとても魅力的です。
 プラチナバンドも込みでフルサポートですし、日本でも正規代理店ができたらさぞかし売れると思いますよ~。


HOMTOM S8

製品ページ

 こうして早々に製品ページができるのがHOMTOMの気合いが入ったスマートフォン、という受け止め方でFAでしょうか。
HOMTOM-S8-6
寸法 152×72.5×8.9mm
重量 不明
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6750T 1.5GHz*4+1.0GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.7インチ
解像度 1440*720
メインカメラ 1600万画素+500万画素
フロントカメラ 1300万画素
バッテリ 3400mAh

 まず言わせてほしいのが、「中国メーカー、S8って名前の端末出し過ぎ(-_-;」ということですねw。あやかりたいのは分かります。分かるんですけど、劣化版でしかないことを暗にお披露目しなくてもと思うんですよ…。

 ただ、18:9のアスペクト比のおかげて、5.7インチ1440*720でも282というDPIを確保できたのは好材料かもしれません。5.5インチHDよりも高精細ですからね。それもあくまで気休め程度で、粗いことは粗いんですが。
 そのぶん、カメラや筐体デザインおよび素材にも手が回っているのは嬉しいじゃありませんか。これでバッテリが4000mAh以上だったら万人におすすめできる端末になっていたと思います。

 8月下旬から予約受付を開始し、9月に発売されるということしか明かされていませんね。価格も不明なのですが、HOMTOMのことですから良心的なところを提示してくれるのではないかと期待しています。


LYF C451

製品ページ

 6月の記事で、"EARTH"、"WATER"、"WIND"、"FLAME"という4シリーズを紹介しましたが、今日のはそれとは別路線である"Element"と"Connect"のうちConnectに属する製品です。
lyfc451
寸法 139×66.5×9.8mm
重量 165g
OS Android 6.0
CPU Qualcomm Snapdragon 210 1.3GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 8GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 4.5インチ
解像度 854*480
メインカメラ 500万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリ 2800mAh

 筐体画像を見ても分かる通り、4.5インチにしては些か大きめの寸法となっています。重量ももっと削れただろうにと感じてしまいますね。

 それでも、ローエンドならSpreadtrumを選択したくなるであろうところをスナドラを採用した点や、必要十分なバッテリ容量など、目を引く部分がいくつかあるのも事実です。

 価格はまさに狙ってきた感のある4999ルピー(約8600円)。
 おそらく5000ルピーの境目は、日本で言ったら9800円と10000円の違いくらいのインパクトなのではないでしょうか。尤も、消費税があるので9800円も余裕で1万超えではありますけど…。


 スペックは桁が増えると小躍りするくらい嬉しいものですが、殊に価格ならば疎ましさしか感じませんね(^-^;。

【新製品】海外スマートフォン(2017.08.16)

・ZTE BLADE Z Max
・PHONEMAX Ace 1 plus
・DING DING X8

 まもなくZenFone 4シリーズが公式に発表となる見込みです。価格に注目ですね。


ZTE BLADE Z Max

製品ページ

 アメリカ公式ですが、製品ページと呼べるほど充実しておらず、極めて簡素なものになっています。
 ちなみに、今回のモデルはZ982で、過去にはZ970のZMAXがアメリカのキャリアで取り扱われていたり、ZMax 2やらProやら、様々な展開があった端末名なのです。
zte-blade-z-max
寸法 166.1×84.6×8.4mm
重量 174.9g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 435 1.4GHz*4+1.1GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 32GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 6.0インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1600万画素+200万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 4080mAh

 派手なことをやらず普通に使うならスナドラ435で不足は無いはずです。それを前提にしたメモリ2GBということなのでしょう。この2点以外はしっかりと整えてきた感がありますね。

 6インチファブが有利なのはブラウジングや画像の閲覧に関してだと思いますが、カメラも含めてそれらを堪能できる端末と考えて差し支えないですね。逆に重量やバッテリ持ちといったウィークポイントもうまくクリアされている気がします。

 驚きなのはその価格。事前予約が129ドル(約1万4200円)という信じられないものでして、いくらMetroPCSの独占販売とは言え、このコスパはちょっとありえないですねぇ。何かの間違いではないでしょうか。
 こういうものこそ日本に導入するべきだと激しく思うのですよ…。


PHONEMAX Ace 1 plus

製品ページ

 公式サイトから分かる範囲でピックアップすると、トップレベルドメインはココス諸島でも中国のメーカーであり、設立は2005年と意外と古いです。おそらくOEM供給もしているのではないでしょうか。
 まだまだ未知のメーカーは多いですねぇ…。
ace1plus
寸法 154×76×7mm
重量 170g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6750T 1.5GHz*4+1.0GHz*4
メモリ 4GB (3GB?)
ストレージ 64GB (32GB?)
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1600万画素
フロントカメラ 1300万画素
バッテリ 3450mAh

 メモリとストレージ欄の疑問符は、公式のスペック表では3GB/32GBとなっているのに、FeaturesページやECサイトでは4GB/64GBと書かれているということで付けておきました。Androidのバージョンも古いので、単にコピペの直し忘れで、4GB/64GBが正しいと思います。
 また、カメラは両方ともソフトウェア処理による画素数らしいです。1300万と800万が実際の数値ではないかと。

 それでも、ここまでのスペックと価格ならば人柱になることも検討して良いでしょう。
 Everbuyingでは174.6ドル(約1万9300円)で通常配送は無料。Liteintheboxでは日本円表示18191円です。
どちらもPaypalが使えますから、クレカの番号が漏れて悪用される心配はありません。

 これ、けっこう面白いのではないでしょうか。使い勝手や質感、工作精度などを確かめてみたいものです。


DING DING X8

 DING DING technologyはマレーシアのメーカーらしいです。公式サイトはこちら
 製品ページが無いため、このX8がどのシリーズに属するのかまでは分かりません。
dingdingx8
寸法 147×72×8.3mm
重量 160g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737 1.3GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 800万画素+30万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 2000mAh

 バッテリ容量は明らかに足りませんが、それ以外は最近のエントリーモデルといったところです。ローエンドにそぐわないデュアル構成のメインカメラが面白いですよ。

 マレーシア向けというよりはグローバルがターゲットではないかと感じました。
 相場はたしか安いはずということで探してみたら、なんとGearBest.comで扱われてましたよ。

GearBest.com Dingding X8 (11463円)

 カラバリは、このグリーンと、ブラック、レッド、ローズゴールドがあります。全て同じ値段となっているのでお好みでどうぞ。
 Bandも1,3,8をサポートしていますし、日本語への対応は書かれていませんがたぶん大丈夫だと思います。
 お手軽にデュアルカメラを試すならこういうのもいいかもしれませんね。


 お盆なんて海外には無いので、相変わらず追いつかないペースで新製品が出てきています…。
 タブレットでも一つ書こうかと思ったんですけど無理でした(__;。

電脳ニュース海外版(2017.08.15)

・MEIZU M6 Noteは8月23日ローンチ
・Xiaomi Redmi Note 5Aの新たな画像がリーク
・Yotaphone 3の公式画像がロシアのSNSで公開

 今日は新製品の話題をお休みしてトピックスをお届けします。


MEIZU M6 Noteは8月23日ローンチ

 Pro 7で注目が集まっているMEIZUの新製品M6 Noteは8月23日に公式発表となる模様です。
m6note
 カメラはいずれもデュアル構成ではなくシングルだそうです。4個のLEDフラッシュも搭載されると言われていましたが、それもまた違っていたみたいですね。

 SoCはHelio P25、メモリとストレージの組み合わせは3GB/32GBと4GB/64GB、5.5インチフルHDディスプレイ、4000mAhのバッテリを搭載します。

 しかし目玉となる部分は価格にあるのがMEIZUでして、昨年暮れに発売されたM5 Noteは現在1万5千円程度まで下がっていて、そこが話題の中心となっているわけですよ。
 今回は先代のP10からP25へと相当にパワーアップしている関係で、インドでも12999ルピー程度(約2万2200円)ではないかと予想されてますね。もしこれが4GB/64GBのものならコスパは相当良いと言えるでしょう。
 できれば、中国の価格まで各ECサイトも下がってくれると嬉しいんですけど。


Xiaomi Redmi Note 5Aの新たな画像がリーク

 こちらは8月21日ローンチ予定と言われています。リーク元はこちら。/LEAKSの記事はいつもシンプルでゴテゴテしていないので重宝してます。
12017051043

 Noteシリーズなのでこれまで同様に5.5インチで、解像度はHDです。
 SoCはスナドラ425、2GB/16GB、1300万画素メインカメラ、500万画素フロントカメラ、3080mAhのバッテリが主なスペックとして出てきています。
 "A"が付くモデルですから、Xiaomi製品では下位の扱いなわけです。

 価格は999元(約1万6400円)で間違いないようです。先代の価格推移を考えても、発売日からまもなくすれば信じられないくらい下がるのは確かだと思いますよ。

 Redmi Note 5も徐々に仕様が明かされてきていますし、8月下旬は中国から目が離せなくなりそうです。


Yotaphone 3の公式画像がロシアのSNSで公開

 他の画像もご覧になりたい方はこちらからどうぞ。

DL1223cAqKk

 ご存じない方のために書いておきますが、Yotaphone 3は背面にE-Inkシステムを搭載した言わば両面ディスプレイを有するスマートフォンです。この画像でいくと左側のもの、つまり物理ホームボタンが無いほうが背面ということになりますね。

 Yotaphone 2は当時としてはかなりハイエンドの仕様だったことから、今回も長く使えるように盛られてくると考えるのが正解でしょう。
 まだ噂の段階ですが、スナドラの何かを載せ、メモリは4GB、ストレージは64GBと128GBがあるらしいです。
 835ということは価格からしてありえないので、6xxになるのではないかと。625と書かれているサイトが多いですね。個人的には630以上だと嬉しいです。

 革新的な作りでありながら、価格も先代よりかなり安く、64GBモデルが350ドル(約3万8400円)、128GBモデルでも400ドル(約4万3800円)あたりとのこと。
 グローバル展開が約束されているのでBandもしっかり対応してくるでしょうし、日本でもけっこうな数が売れると予想しています。


 パクリオマージュがお家芸の中国メーカーも、不思議なことにYotaphoneの二番煎じはほとんど作ってないんですよね。
 私の記憶にあるのはSiswooとOUKITELくらいですが、そう言えばアメリカのSiam(CRBT)がOUKITELのU6をそのまま販売しようとしてトラブルになっていたような…。
 詳しくはネットでお探しください(^-^;。


ブログランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いしますm(__)m

【新製品】海外スマートフォン(2017.08.14)

・HUAWEI Nova Young
・TECNO WX4 , WX4 Pro
・itel PowerPro P41

 お盆なので、おもてなしだの何だのがあって思ったように時間が取れませんでした。


HUAWEI Nova Young

 イタリアのamazon.itで取り扱いがありますが、HUAWEIイタリアおよびグローバルでは製品ページが存在しません。仕様や筐体からして、5月末リリースのY6 2017の兄弟機種と推測されます。
novayoung
寸法 144×72×8.4mm
重量 150g
OS Android 6.0
CPU MediaTek MT6737T 1.5GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 3000mAh

 Y6 2017と比較するとクロックが0.1GHz上がっています。まぁ体感できるレベルではないでしょう。
 先日、HUAWEIのCEOが利益率の問題で開発から退くと宣言したエントリーモデルに属する製品です。

 価格はY6 2017の149ユーロよりさらに高い169ユーロ(約2万1800円)。このくらい出せるならもうちょっと頑張ってP10 liteを買った方が絶対幸せになれますよ。
 もしかすると今後HUAWEIのローエンドが手に入れられなくなるということからの価格設定なのかもしれません。そうであるなら甚だ迷惑な話です。


TECNO WX4 , WX4 Pro

製品ページ(WX4)
製品ページ(WX4 Pro)

 TECNOの製品を紹介するのは約4ヶ月ぶりですかね。なんだか公式サイトの作りが随分オシャレになったような…。

tecnowx4

WX4
寸法 143.1×71.2×8.5mm
重量 不明
OS Android 7.0
CPU 不明 1.3GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 16GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 2800mAh

WX4 Pro
寸法 142.3×70.9×7.5mm
重量 145g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737 1.25GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 2800mAh

 筐体デザインも微妙に異なってますね。明確な差別化はメモリ容量とSoCということになるのでしょう。Proのものは公式サイトにも出てきていませんが、どうやらMT6737のようです。

 私が注目したのは(やはり)カラバリです。シャンパンゴールド、アンスラサイトグレイ、エレガントブルーは両方にありますが、ピンク系だけは違うラインナップとなっていますね。WX4がローズゴールド、WX4 Proがピンクモーブという名称です。せっかくなので画像も貼っておきましょうか。

wx4_color

 右側、Proのピンクモーブのほうが個人的に好きですかねぇ。
 また、エレガントブルーもなかなか良い色なので、ぜひ公式サイトでご覧くださいませ。

 さて、価格を調べると、真っ先に出てきたのはアフリカの各国でした。TECNOはインドのメーカーだったはずですが、どうやらWX3もアフリカで販売され大盛況だったとのことです。
 しかし、残念ながらまだJUMIAには登場していないため、正確な価格を知ることはできませんでした。ケニアで7000シリング程度(約7500円)ではないかと予想されていましたが、実現できるならまた大ヒット確実でしょうね。
 すると、Proはどんなに上乗せしても1万円以下になるはずです。手に入れる方法を模索してもいいくらいですよ…。


itel PowerPro P41

 仕事が早いitelですが、今回のはまだ公式に上がっていません。
 このシリーズはディスプレイサイズをちょこちょこ変えたバリエーションがいくつかあります。これはちょうどその中間ですね。
itelpowerprop41
寸法 不明
重量 不明
OS Android 7.0
CPU 不明 1.3GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 8GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 854*480
メインカメラ 500万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリ 5000mAh

 SoCはおそらくSpreadtrumでしょう。インドメーカーはMediaTekならばしっかり記すことが多いので。

 その名の通り、スペックにそぐわない大容量バッテリを搭載する製品群の最新作ということになります。まったくもって日常的な使用に耐えられるとは思えない数値の中で、5000mAhというバッテリだけが異彩を放っていますね。

 ちなみに、DPIは196でして、7.9インチHDと同じ粗さです。これが我慢できるなら、間違いなく長時間使えるこれを狙う手はある…と言いたいところですが、実際には通話とSNS以外は厳しいと言わざるを得ません。
 ここまで切り詰めるというコンセプト自体は面白いと思うんですけどね。

 価格は5999ルピー(約1万200円)。相対的に見れば高いと感じますが、グローバルな視点で大容量バッテリ搭載端末は未だ価格が下がらない傾向にあるので、意外とお買い得なのかも。
 日本のメーカーだってこういうのを作ってもいいと思いますよ。案外売れるのではないでしょうか。


 私が異常なくらいにカラバリに惹かれる理由は至極簡単でして、それは「常に目にするものだから」なんです。
 様々な構成要素がある中で、感覚的に最初に飛び込んでくるのが筐体色だと思うんですよ。もちろんデザインも併せての話にはなりますが、複数台所有していると殊更重要な端末判別ポイントだったりもします(^-^;。

 とは言うものの、なかなか通知音と端末を結び付けられないでいるので、結局いちいち手に取って確かめるんですけどねw。

【新製品】海外スマートフォン(2017.08.13)

・HUAWEI P9 lite mini
・HOMTOM HT30 Pro
・Swipe KONNECT POWER
・BLU Studio J8 LTE

 Android 8.0の公式の呼び名は8月21日に発表される見込みだそうです。"OREO"が濃厚と言われていますが、果たしてどんなお菓子になるのでしょうか。

 さて、今日は待てど暮らせど公式に上がってこない新製品たちを中心に紹介してしまいたいと思います。


HUAWEI P9 lite mini

 Y6 Pro 2017と兄弟モデルとのことです。画像もそれですので念のため。
p9litemini
寸法 ?×?×8.1mm
重量 145g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 425 1.4GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1200万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 3020mAh

 リーク元が伝えているところによると、発売はフランスのみとなっています。もちろんY6 Pro 2017はグローバル展開でしょうから、中国系のECサイトではじきに手に入れることが可能になると思われますが。
 噂自体は7月頭からありました。しかし、依然として詳細が出てきておらず、挙げ句の果てにはY6 Pro 2017のスペックさえも各所で大幅に異なっていたりと、収集がつかなくなっています。

 まだP9ファミリーを増やすのかといった感じですけど、P11のために小金を稼いでおくためかもしれませんね。Pシリーズはネームバリューもありますし、それだけで飛び付く人もいるのでしょう。

 価格は279ドル(約3万500円)と予想しているサイトがありました。さすがにそれはアウトではないでしょうか。Kirin 655、4.6インチフルHD、3GB/32GB、3500mAhなら逡巡したかもしれません。


HOMTOM HT30 Pro

 3月にリリースされた3GモデルHT30の上位版です。と言うか、発表自体は2月でした。
HomTom-HT30-Pro
寸法 155.4×77.8×7.9mm
重量 170g
OS Android 6.0
CPU MediaTek MT6737 1.3GHz*4
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリ 3000mAh

 7千円弱のHT30よりはけっこうスペックも上がっており、意外と面白いのではないかと思います。
 残念ながら取り扱いショップも価格情報も見つけることができなかったために推測の域を出ませんが、99ドル(約1万800円)あたりならば「じゃあ買っておこうか」的な購入者もいるはずです。

 HOMTOMは低価格路線を前面に出したメーカーですけど、どこに盛ればいいかをしっかりと分かっているんだなと感じさせられます。
 これも、カメラではなくメモリとストレージなんですね。世の中の流れがカメラに傾いている時分にあって賢明な選択と言わざるを得ません。

 それより、公式サイトの更新をもっと頑張ってくださいよ…(;´Д`)。


Swipe KONNECT POWER

 メーカー公式サイトには上がってきませんが、ECサイトには価格や仕様も込みで登場しています。

konnectpower

寸法 145×72×9.4mm
重量 152g
OS Android 6.0
CPU Spreadtrum SC9830A 1.5GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 3000mAh

 SoCの表記は無いものの、1.5GHzのクアッドコアで4Gサポートを併せ見ればSC9830AかSC9836しか残りません。A53のSC9836ということは考えにくいのでSC9830Aで確定でしょうね。

 上下のベゼルが厚ぼったくて垢抜けない感じはしますが、価格ですべて帳消しにできますよ。
 snapdealで4999ルピー(約8500円)となっています。インドはこの5000ルピーを境界線にした製品作りが進められているように思います。4Gで4999ルピー以下のスマートフォンはやはりインパクトが違いますね。

 ちなみにこれ、VoLTE対応です。日本のキャリアの8万円とか9万円とかする端末がそれを売りにしちゃダメだよってことになります。


BLU Studio J8 LTE

製品ページ

 これはいち早く公式サイトに上がりました。だからBLUは素晴らしいのですw。

blustudioj8lte

寸法 155.7×77.6×8.9mm
重量 183g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737 1.3GHz*4
メモリ 1GB , 2GB
ストレージ 8GB , 16GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 2500mAh

 もう一つBLUの販売戦略で上手いと思うのは、ワンモデル展開ではなくこうしてメモリとストレージのバリエーションが設けられていることでしょう。予算が許さなければ1GB/8GBを選べばいいし、それだと足りないからもう少し出してもいいなら2GB/16GBも選べるという。
 小さなメーカーだとなかなかこうはいかないので、ある種の強みになっているのは間違いないと思いますよ。

 さて、今回のモデルは珍しくたくさんのBandをサポートしています。これはもしかして日本市場もアリなのかなと思うくらいに。
 いつもアップと同時にamazon.comへのリンクボタンが生きることが多いんですけど、これはまだ機能していません。Bandのことも頭に入れると、グローバル展開が最初からあるのかとピンと来て調べてみました。

 ということで、見つけた中で最も安かったのがウガンダで、434040ウガンダ・シリング(約1万3100円)。インドは7728ルピー(約1万3200円)で、ウガンダに次いで安かったです。なお、どちらも2GB/16GBモデルのようですね。平均よりは些か高めですがこれくらいなら十分に勝負になるでしょう。

 日本はまだですかね…?


 えーと、電脳的な話題とまったく関係なくて申し訳ないのですが、最近ふと目にしたサイトで「ぁぅ…」というところを見つけたのでなんとなく触れておこうかと思いまして。

 具体的には、とにかく日本語がなってないのですよ。「~とゆう」だの「~ずらい」だの「そのとうり」だの、どんなに素晴らしい内容の記事を書いていても、それだけでまったく頭に入ってこなくなります(;´Д`)。
 一応ほとんどの記事に目を通しましたが、一部分でわざとやっているわけではなく、全てでそうなっていましたので、たぶんオーサーは小学校時代に相当ヤンチャだったのではないかと(^-^;。

 きっと私は古いタイプの日本人なんでしょうねぇ。「金使い」とか「心使い」とかいった表記が許せなかったりしますし…。

【新製品】海外タブレット(2017.08.13)

・BLU Touchbook M7 , M7 Pro

 BLUはほとんどタブレットを出さないんですけど、ほとんどのアメリカのメーカーがそうであるように、ロースペックのものが中心です。


BLU Touchbook M7 , M7 Pro

製品ページ(M7)
製品ページ(M7 Pro)

 正しいかどうか分かりませんが、先代は2015年8月リリースのTouchbook G7ではないかと思います。
blutouchbookm7pro
M7
寸法 197.2×107×8.8mm
重量 227g?
OS Android 5.1
CPU intel  Atom x3-C3200シリーズ 1.2GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 8GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 7.0インチ
解像度 1024*600
メインカメラ 200万画素
フロントカメラ 30万画素
バッテリ 2800mAh

M7 Pro
寸法 188.4×109.2×9.4mm
重量 275g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT8321 1.3GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 8GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 7.0インチ
解像度 1024*600
メインカメラ 500万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリ 2800mAh

 まず一つ、M7の本体重量が公式サイトには122gと書かれているのですが、それは有り得ないでしょう。amazon.comで0.5ポンドとありましたので227gにしておきました。
 それから、intel SoFIAはx3-C32xxのどれかだと思います。スペックサイトでは3230と書いているところがありました。

 加えて一応補足ですけど、M7 ProのSoCであるMT8321は28nmプロセスルールです。3Gまではサポートしますが、32bitですので念のため。

 やはりスペック的にはタブレットでもかなり下位ですね。メモリとストレージが貧弱なだけでなく、解像度もバッテリも、キッズ用かと思うくらいに削られています。M7 Proは冠からちょっとだけ期待したものの、無駄でしたわ。どこにプロ要素があるんでしょう(^-^;。

 価格は、M7がamazon.comで83.97ドル(約9200円)だそうです。割高感は否めません。
 M7 Proは公式のボタンが生きていないように、まだ販売価格を掲載しているサイトも無いですね。おなじみインドの価格予想サイトでは9511ルピー(約1万16200円)と書かれていました。そりゃちょっと酷いのでは?

 たぶんBLUが悪いわけではなくて、売れないから価格を上げざるを得ないんでしょう。同情の余地はあるかもしれないです。あわよくば子どもが壊して2台目を買ってくれたら御の字的な…。


 あー、レコードを割って2枚目を買ってもらった遥か古の記憶が蘇ってきますよ。
 ソノシートからヒントを得たものがSamsungのフォルダブルタブレットかも……というのは考え過ぎも甚だしいですかそうですか(^-^;。

【新製品】海外スマートフォン(2017.08.12)

・ZTE BLADE A6
・Coolpad NX1
・UKOZI Q3

 iPhone 7sと7s Plusはどんなタイミングで出て来るのでしょうか。まさか8と同時ってことは無いですよね…。


ZTE BLADE A6

 6月にWFAを通ったことがリークされてましたが、未だにどこの国でリリースされるのかが分かっていません。
 BLADEシリーズを熱心に出し続けているのはオーストラリアZTEなので、そこの可能性があると考えいます。
bladea6
寸法 147×71.8×8.9mm
重量 160g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 435 1.4GHz*4+1.1GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 5000mAh

 まだ公式に出てきていないうちから先の話になりますが、A6 Liteという下位モデルも予定されているらしいです。SoCはMediaTek製になり、メモリ容量が3GBに増えるとか。こちらはまだ具体的ではないために疑ってかかるべきでしょうけど。

 スペック的にはバッテリ持ち重視のローミドルという感じで、ターゲットユーザー層もはっきりしていませんねぇ。スナドラ435を載せるなら、バッテリ以外の各所にももうちょっと盛ってもいいような気がするんですよ。せめてフルHDにするとか。

 そんな感じなので、一部で予想されている179.95ユーロ(約2万3200円)という価格にも首を傾げてしまいます。バッテリ持ちだけで考えるなら他の選択肢は山ほどあるわけで…。


Coolpad NX1

 まもなくローンチがあるものと思われますが、既に信頼できるスペックがリーク済みですので紹介しておきます。
nx1
寸法 不明
重量 不明
OS Android 5.0
CPU MediaTek MT6737P 1.0GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 8GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリ 2000mAh

 全体的にウルトラローエンドですが、さらにAndroidまでロリポップということで、新興国向けのお安い端末になるようです。
 主なマーケットも東南アジアが中心のようで、マレーシアやネパールなどで販売されることが決まっているらしいです。Coolpadインディアの取り扱いになるのでしょうか。

 今のところ分かっている価格だと、10226ネパール・ルピー(約1万900円)というものがありました。
 思ったよりは安くありませんけど、480pのディスプレイを見慣れたユーザー層にとって、HDはちょっとしたカルチャーショックなのかもと勝手に想像してみたり。


UKOZI Q3

 どこの国のメーカーなのかがさっぱり分かりませんでした。
 検索で最初に出てくるのはドイツamazonですが、この言葉自体はスワヒリ語っぽいです。ということでアフリカ関連で調べたところ、"UKOZI ENGINEERING"という会社が南アフリカ共和国にあることまでは突き止めたものの、それ以上の情報はヒットせず、これは違うかなと…。
 ちなみに、ECサイトによるとブランド名は"UHAMS"と書いてあり、「UHANSじゃないの?」という疑念しか浮かびませんでした。
 詳細をご存じの方がいらっしゃったらお教えくださいm(__)m
ukoziq3
寸法 143.8×72.4×8.3mm
重量 116g
OS Android 6.0
CPU MediaTek MT6737 1.3GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 2300mAh

 普通のローエンドで、本体重量以外に特筆すべきところもありません。メーカーが謎ということだけで取り上げてみました(^-^;。

 ちなみに、アフリカならばJUMIAでヒットするばずなんですけど、一切出てこないのでヨーロッパ発の多国籍企業ではないかという結論に至っているところです。

 amazon.deではちょっとお高くて93.99ユーロ(約1万2100円)。SoCがMT6738と書かれているのでそっちが正解かもしれないですね。
 ebay.deは最安の69.99ユーロ(約9000円)。ただ、ここの製品詳細にある仕様は本体重量などが激しく異なっており、どちらが本当なのかまでは分かりません。なお、卸元が深センのATCという会社らしいので、ここが代理店なのでしょうか。
 Everbuyingは104.24ドル(約1万1400円)。
 GearBest.comでは10543円となっています。充電アダプタの形状は日本のコンセントにも対応していると書かれていますし、Bandも1,3,8をサポートしています。人柱になることを一瞬だけ検討してしまいました…。

 品質等が容易に想像できる名の知れたメーカーならまだしも、そこまでの冒険はできないかなということで9000円でも投げ打つ覚悟は持てなかったです。ドイツのメーカーなら揺らいだかもしれませんが。


 まだまだ知らないメーカーがありますねぇ。
 私の新製品情報の仕入れ先は、6つほどあるお抱えサイトなわけでして、その中にはメーカーの沿革なんかを書いてくれているところもあるのです。そこでサイト内検索をかけても、このようにまったくヒットしないものもまだまだ多数あり、Google先生には毎日本当に苦労をかけているなぁと思いますよ(^-^;。

【新製品】海外タブレット(2017.08.12)

・Alcatel Plus 12

 Windowsタブはあまり途切れること無く出てきているのが唯一の救いでしょうか。


Alcatel Plus 12

製品ページ

 AlcatelのPlusシリーズのタブって本当にコンセントが面白いですよね。日本の家電店に並べてもそれなりの数が捌けるような気がします。
plus12
寸法 284×175×7.9mm
重量 599g
OS Windows 10 Home
CPU intel Celeron N3350 1.1GHz*2(最大2.4GHz)
メモリ 4GB
ストレージ 32GB , 64GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 11.6インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ -
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 6900mAh

 えーと、公式サイトから知りうる限りの情報で補足しますと、まずストレージはオプションで64GBにすることができるらしいです。これって保証云々を度外視すれば自分で増設も可能だということですよね。
 また、キーボード部分の「メモリ(256MB+128MB)」や「バッテリ(2580mAh)」等を書いてくれているメーカーは非常に少ないのでありがたいです。
 もちろんここまでのスペックと機動力を確保する以上、LTEもサポートしてくれています。Bandも、あと19があれば完璧でしたね。

 という感じで、今時デュアルコアだと心許ないと考える方がいるのはやむを得ないとしても、サイトにもあるようにビジネスユースオンリーとするなら総じて魅力的な端末になっているのではないかと思いました。

 これで価格が安ければ速攻でポチっていたかもしれません。

GearBest.com Alcatel Plus 12 2 in 1 Tablet PC (55936円)

 んー、あと1万円下がってほしかったですねぇ。
 それと、公式サイトにある「かっこいいドッキングスタイル」ではなくなっているのが残念。

 でも、どうせ買うならちょっと捻ったこんなタブレットも有りかもしれないなぁ…と最近よく思うのですよ。
 日本アルカテルさん、技適通してくれませんか。絶対売れますって。


 日本のタブレット熱が冷めているなんてのはマスコミの作り出した妄言で、実は依然として所有率も右肩上がりらしいですよ。
 売れなくなったのはiPad以外のキャリアのタブレットです。そりゃ当然でしょう。価格がおかしいですもん。大画面の利点のみに数万円上乗せして払う時代はとっくに終わっていますので。

【新製品】海外スマートフォン(2017.08.11)

・SONY Xperia XZ1
・Panasonic ELUGA A3 , A3 Pro
・T-Mobile REVVL
・Mafe Shine M810

 LG V30は8月31日発表だそうです。カメラはf/1.6というかなり明るいレンズを採用するらしく、映りが楽しみになってきました。


SONY Xperia XZ1

 公式ローンチは9月に入ってからになると思われますが、これは日本のキャリアでも取り扱われるでしょうし、前倒しで書いておきます。IFAで明かされるでしょう。

201706262129

寸法 -
重量 -
OS Android 8.0
CPU Qualcomm Snapdragon 835 2.35GHz*4+1.9GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 64GB , 128GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 2300万画素
フロントカメラ 1300万画素
バッテリ 3150mAh

 なにぶん発表前なものですから、まともな画像がありゃしません。これもレンダー画像ですね。

 一つのポイントは、各種ベンチマークのリザルトデータベースにも上がった通り、Android 8.0がプリインストールされるという部分になるかと。
 また、XZの冠が付くことからスナドラ835を搭載したフラッグシップであり、SONYのハイエンドによく載る2300万画素f/2.0のカメラもお約束だと思います。

 欧州圏では600ユーロ(約7万7000円)、アメリカでは749ドル(約8万2000円)と言われています。日本のキャリアならば10万円前後は確実ですね。果たして価格に見合う質感や作りになっているのかという点は世界中が注目するはずです。

 なお、同時発表になると見られるXZ1 Compact、X1の情報もリークされていまして、XZ1 Compactは4.6インチHDでスナドラ835、X1は5インチフルHDでスナドラ660だそうです。
 せっかくの835なのに解像度がHDという宝の持ち腐れ感満載のCompactはさておき、SHARP AQUOS S2が日本市場を無視するなら、660搭載端末初上陸のX1は魅力的な1台と言えるでしょう。
 とりあえず、バカみたいな値札が貼られないことを祈るばかりです。


Panasonic ELUGA A3 , A3 Pro

製品ページ(A3)
製品ページ(A3 Pro)

 パナソニックインドでの発表です。
elugaa3
ELUGA A3 (A3 Pro)
寸法 148.7×72.4×9.1mm
重量 161g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737 1.25GHz*4 (MT6753 1.3GHz*8)
メモリ 3GB
ストレージ 16GB (32GB)
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 4000mAh

 白筐体にメタルのエッジが高級感を醸し出しているなぁと思ってピックアップしてみました。こういう狙い過ぎなのは好みじゃないという人もいるかもしれませんが、私は好きですよ。

 SoCは非力でも、メモリに一般的なミドルレンジと同じ3GBを持ってきたことや、両カメラがしっかりしていそうなこと、さらに4000mAhというバッテリ容量でカバーできていると思います。

 しかしそのぶん、価格が跳ね上がってしまったのはいけません。A3が11290ルピー(約1万9300円)、A3 Proが12790ルピー(約2万1900円)とのことで、余程メーカーに心酔していない限り、手に取っちゃダメなパターンの一つでしょうね。


T-Mobile REVVL

プレスリリース
製品ページ

 オリジナルのスマートフォンになります。製造元はTCLらしいです。
revvl
寸法 151.9×77.6×8.4mm
重量 157.9g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6738 1.5GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 32GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 3000mAh

 キャリアの普及モデルとしては大いにアリの端末ですね。突っ込みどころも解像度くらいのものですし、指紋センサーやセルフィーにLEDフラッシュを備えている点だって、価格からしたら合格だと思います。

 一括払いだと125ドル(約1万3700円)、24ヶ月の分割でも頭金5ドル+月々5ドルで総額は同じです。
 また、T-Mobileはプリペイドにも対応しており、50ドルぶんのパケットと、SIM発行手数料の10ドル(15ドルオフ)のトータル185ドル(約2万300円)で、その日から使い始められる選択肢もありますよ。使い終わったら別のキャリアのSIMを差すもよし、パケットを追加してもよし、という感じで縛りが無いのは嬉しいですね。

 日本でも2年縛りを伴わない契約形態が出てきてけっこうな期間が経ちましたけど、割り引きが少ないのであまり利用している人はいないという話を聞きます。それならMVNOのほうが圧倒的にお得ですし、キャリアを選ぶ意味は薄いですから。
 限られたシェアを奪い合っている状況が何とかならないことには、こんなインパクトのある商品は出てこないんでしょうねぇ…。


Mafe Shine M810

製品ページ

 インドのメーカーだそうです。初めて知りました。メインはラインナップが豊富なガラケーのほうではないかと推測。
shinem810
寸法 ?×?×8.5mm
重量 170g
OS Android 6.0
CPU 不明 1.3GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 16GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 854*480
メインカメラ 500万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリ 2800mAh

 えーと、製品ページのSoCに関する画像が黒で塗りつぶされていていかにも怪しいんですけど、公表できない理由とかがあったんですかね…。
 それと、メインカメラが500万画素と800万画素の2種類表記されていたので、低いほうを書いておきました。

 7月の初めにリリースされたM820の下位モデルのようです。そちらはメモリ2GB、解像度もHD、しかもAndroidも7.0と、選ぶなら絶対そっちだろうなという気がしますが、唯一バッテリだけは2500mAhと劣っているので、あとは価格次第ということになるでしょうか。

 まだFlipkartにも上がっていないものの、4599ルピー(約7900円)と予想されています。M820が現在6199ルピー(約1万600円)まで下がっていまして、これは悩みますねぇ。


 そう言えば、ZenFone 4 SelfieとProの情報もボチボチ出始めてきました。Proのほうはフロントカメラが2400万画素とかとんでもない感じになるらしいですよ。
 ただ、SoCは相変わらずの旧世代(SD430と625)でして、どんなボッタクリ価格を提示してくれるのか楽しみですわ。

【新製品】海外スマートフォン(2017.08.10)

・Lenovo K8 Note
・Swipe ELITE VR
・Karbonn A41 Power

 ちょうど3ヶ月前にここでも取り上げたUMIDIGI Crystalの価格がようやく公式ページでお披露目となりました。なんと驚きの99ドルですよ。心が揺れ動いてます…。


Lenovo K8 Note

製品ページ

 予定通りインドで発表されています。5.5インチのミドルハイでしたね。
lenovo-k8-note-smartphone-gallery-01
寸法 154.5×75.9×8.5mm
重量 180g
OS Android 7.1
CPU MediaTek Helio X23 2.3GHz*2+1.85GHz*4+1.4GHz*4?
メモリ 3GB , 4GB
ストレージ 32GB , 64GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1300万画素+500万画素
フロントカメラ 1300万画素
バッテリ 4000mAh

 発売は現地時間の18日から。
 Helio X23の下のクロックについてはデフォルトのものを記しています。2.3GHz+2.0GHz+1.6GHzというパターンもあるのですが、7月の下旬にベンチマークリザルトからリークされたものだと一番下のクロックが1.4GHzだったので。
 ちなみにそのリークではMT6797と書かれていたことから、Helio X20とするサイトが大半でした。X23のメーカー上の型番はMT6797Dになります。

 特徴として挙がるのがカメラなわけですが、私はそれよりも「With 200% higher performance」の文言が気になりました。これがCPUの性能を示しているのか、それとも直前に書かれている「internal storage」に掛かっているのかによって大きな差が出ますよね。比較の対象元が無い以上、ストレージ速度と捉えても不思議ではなく、だとすればまさにシームレスな操作感に繋がるのです。これはベンチを待ちたいですねぇ。激しく。

 価格は、3GB/32GBモデルが12999ルピー(約2万2400円)、4GB/64GBモデルが13999ルピー(約2万4100円)だそうです。どう考えても4GB/64GBを狙うでしょう。
 インド市場なだけに、コスパを重視してきた感がありますよ。


Swipe ELITE VR

製品ページ

 SwipeのシリーズはこのELITEとKONNECTでほぼすべてなのですが、エントリーモデルが中心です。
 最近動きが無かったぶん、ここにきて新製品ラッシュとなっていますね。他のも近いうちに上げるかもしれません。

elitevr

寸法 155.6×76.6×9.3mm
重量 不明
OS Android 6.0
CPU MediaTek MT6737 1.3GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 8GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 3000mAh

 "VR"という名称からそれ系を期待して公式を覗いてみたものの、特段バーチャルなリアリティの仕様はありませんでした。
 ただ、カメラ部分だけがこのカテゴリに属する製品の中では極めて異質でして、そこが売りのスマートフォンということになるでしょうか。

 メーカー希望小売価格は4999ルピー(約7700円)というとんでもないものです。
 メモリとストレージは確かにそれを反映してはいますが、カメラとディスプレイサイズ、それにバッテリ容量は5000ルピー以下の製品ではほぼ見られないスペックなんです。
 中国製品に押されているインドメーカーは価格で勝負するしかないとは言え、ちょっとこれはさすがに利益を気にしてしまいます(^-^;。


Karbonn A41 Power

製品ページ

 日本のメーカーが開発すらしなくなった4インチモデルも、インドではけっこうな頻度で出てきます。
a41power
寸法 121.5×66.9×12mm
重量 130g
OS Android 7.0
CPU 不明 1.3GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 8GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 4.0インチ
解像度 800*480
メインカメラ 200万画素
フロントカメラ 30万画素
バッテリ 2300mAh

 SoCはMediaTekではないと思います。KarbonnはAuraシリーズのみ記載がありますが、やはりそれ以外は濁されてしまうんですね。おそらくSpreadtrumでしょう。

 スペック的には取り立てて特徴も持たない激安ローエンドですけど、強いて挙げるなら4インチという部分に多少の訴求力はあるかもしれません。それでいて2300mAhですから、製品名の由来はここだと分かります。

 価格は4099ルピー(約7000円)と、妥当なところでしょうか。上のSwipeの製品にインパクトがありすぎて埋もれてしまうのも事実です。
 色はホワイトシャンパンが良い感じですね。綺麗ならばプラスチックでもあまり気になりません。


 今日の3つは全てマーケットがインドの製品でした。伸び盛りの国は違いますねぇ。

 逆に中国の大手メーカーは、予告を1ヶ月以上も前に行って期待を煽る戦略に出ているように感じます。
 シリーズの最新作ならそれも分かるんですけど、待っている間にもっと魅力的な製品が出て来ることも多々あり、発表のタイミングって本当に難しいんだなと考えさせられてしまいます。

【新製品】海外タブレット(2017.08.10)

・Teclast P10

 ネット上のタブレット関連の様々な場所で、閑古鳥の鳴き具合がかなり酷いんです。
 小出しにしてでも盛り上げていかなくては尻すぼみ確定コースだろう…という妙な使命感によって筆を執っています。


Teclast P10

製品ページ

 当然ですがHUAWEIとは何の関係もありません。
teclastp10

寸法 246.1×165.9×9.89mm
重量 523.8g
OS Android 7.1
CPU Rockchip RK3368 1.5GHz*8
メモリ 2GB
ストレージ 32GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 10.1インチ
解像度 1920*1200
メインカメラ 500万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリ 5200mAh

 geekbuyingのスペックシートがかなり嘘っぽい上に、公式の仕様表が真っ白のままで参照できないため、まぜこぜで書いておきました。
 特にSoCは"MT6580"とありますけど、製品ページには3Gをサポートするなんて一言もありませんし、そもそもオクタコアとの表記があるのにMT6580はおかしいだろうということで無視。
 64bitで、1.5GHz*8、H264/265のサポートとくれば、RK3368で間違いないのではないですかねぇ。
 そもそも商品名の並びにRK3368って書いてあるのに…。コピペで楽した際に各所を直し忘れたんだと思いますよ。

 まぁタブレットとしては及第点以上の仕上がりだと思います。やはり10.1インチは魅力ですよね。メモリが3GBだったら言うことは無かったですが。
 価格も142.99ドル(約1万5700円)ですから、とにかく大画面のタブを安く手に入れたいという人にとっては願ってもない選択肢になり得るのではないでしょうか。

 二点補足。

 Teclastのタブって、今もMicroUSBとDC用のピンプラグ端子と両方付いているんですね。既に手元に無いのではっきりしたことは言えませんが、確かMicroUSBからの充電にも対応していたはずです。
 中華パッドでMicroUSB以外に充電専用端子が設けられていた場合、そのUSBはPCとの接続用の役割しか持たないため、専用の充電ケーブルを破損・紛失してしまうとアウトという仕様になっている端末が大半なんです。Teclastのは例外だったような記憶があるんですよねぇ。間違っていたらごめんなさい。

 Teclastタブの発色は中華パッドの中でもかなり綺麗なほうだったと記憶しています。
 多少ギラつきがあってコントラストが強めの印象は受けたものの、総じて満足できるレベルでした。もちろん色ムラもなく、10インチ超えでも大丈夫ではないかと思いますよ。


 こんな感じで、1台ずつでもタブレットの新製品を上げていければなぁと考えています。何かご要望がありましたらどうぞコメント欄にお書きくださいませ。

【新製品】海外スマートフォン(2017.08.09)

・SHARP AQUOS S2
・Timmy M50

 お盆はしっかり休みたいので絶賛お仕事中です…。
 それに加え、今日のメインはAQUOS S2なので、2つだけの寂しい更新です(__;。


SHARP AQUOS S2

製品ページ

 公式発表がありましたので改めて。ものすごく注目されているせいか分かりませんが、製品ページがかなり重いです。
aquos_s2
寸法 141.8×72.04×7.9mm
重量 140g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 660/630 2.2GHz*4+1.9GHz*4
メモリ 4GB , 6GB
ストレージ 64GB , 128GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 2040*1080
メインカメラ 1200万画素+800万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 3020mAh

 筐体サイズはまさに5インチのそれで、ベゼルレスの恩恵を受けているのがはっきりと分かりますね。ディスプレイを大きくしても本体重量が増えないのもメリットと言えるでしょう。
 なお、アスペクト比は17:9で、今後の主流になってくるはずの2:1により近くなっています。

 さて、一応書いておきますと、標準モデルがスナドラ630/4GB/64GBの組み合わせ、上位モデルである高配版がスナドラ660/6GB/128GBだそうです。
 この「高配版」というグレードはXiaomiをはじめとして中国メーカーがよく使いますけど、日本語にはそんな言葉はありませんので念のため。

 ついでに、スナドラ660と630の違いを補足しておきますね。表のほうが分かりやすいでしょうからまとめてみます。

SoCコアGPUメモリクロック上限
Snapdragon 660Kryo 260*4+Kryo 260*4Adreno 512LPDDR4 1866MHz
Snapdragon 630A53*4+A53*4Adreno 508LPDDR4 1333MHz

 性能差はかなりのものと推測されますよ。
 Antutuだと、660は軽く10万を超えておよそ12万弱、630は信頼できるスコアが見当たらないものの、ポジションとしては625&626の後継であるため、高くても7~8万程度ではないでしょうか。
 ただ、どちらもプロセスルールは14nmですから、バッテリ持ちは十分に期待できると思います。

 このAQUOS S2は、スナドラ630の標準モデルにもLPDDR4を搭載してくれているので、そこまでの差が体感できるとも思えませんが、価格は相当変わってきそうですね。

 現在JD.comで取り扱われているのは630/4GB/64GBのみで、2499元(約4万1100円)となっています。ベゼルレスという付加価値を考えたら至極妥当なところではないでしょうか。
 高配版がどれくらいになるかはあくまで予想でしかないのですけど、せめて2999元(約4万9400円)以下だったら爆発的に売れそうな気がしますよ。

 なお、リークの記事でお伝えした金ピカのバリエーションは今回出てきておらず、高配版の限定色になると考えるのが自然でしょう。
 Band 19が抜けているのは残念ですが、他の主要なところは全て対応してくれていますし、日本人にも狙ってくださいと言ってるようなもんじゃないですか…。


Timmy M50

 いつまで待っても公式に製品ページが上がってこないのですけど、既に各ショップで取り扱われているために紹介します。
s-l1600
寸法 144×72.2×8.8mm
重量 110g
OS Android 6.0
CPU MediaTek MT6737 1.3GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 2500mAh

 発売自体は5月だったと思います。未だに上がらない理由は単なる怠慢なのか、それともマーケットの違いによって見つけられないだけなのか分かりません。検索の限界です(__;。

 最大の特徴はとにかく軽いことでしょうか。これでメタルは考えにくいのでプラスチック製なのは確実でしょうけど、5インチでこの軽さはちょっとすごいですよ。一般的なメタル製と50g違うわけで、ヤクルト1本ぶん近くの差と考えればお分かりいただけるかと。

 価格はebayが最も安く、65.99ユーロ(約8600円)。高いところでもamazon.deの76.99ユーロ(約10000円)と、ドイツでそれならコスパはかなり良い部類です。
 そして何と言ってもネコがあざと可愛いw。


 ん~、日々の巡回でチェックしているタブレットの新製品も、スルーしてるのがけっこうあって、ブックマークフォルダが溢れそうになってるんですよねぇ…。
 せめて自分の中にモチベーションを掻き立てる何かがありさえすれば、書く気も起きるってもんですけど(;´Д`)。

【新製品】海外スマートフォン(2017.08.08)

・Ulefone Armor 2
・DOOGEE BL7000
・Gigaset GS170

 誤解を生まないようにあらかじめ書いておきますけど、私はiOS、Androidともに使っています。もっと言えば、Windowsのタブレットも数台所有してますから、シェア云々を語るのに贔屓目は無いつもりですので…。


Ulefone Armor 2

 2月から話題に上っていたのにその後音沙汰なし、6月にFB公式で予告があって、ようやく予約が開始されましたよ。
armor2
寸法 159×78.3×14.5mm
重量 270g
OS Android 7.0
CPU MediaTek Helio P25 2.6GHz*4+1.6GHz*4
メモリ 6GB
ストレージ 64GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1600万画素
フロントカメラ 1300万画素
バッテリ 4700mAh

 製品ページがまだオープンしていないので実際の仕様と異なる場合があります。ご了承ください。

 初代Armorはここまでゴツい筐体ではなく、むしろIP68対応の端末の中でもかなりおとなしめのデザインでした。
 2代目になって「タフネスモデルはこうあるべき」というものを体現しているかのように感じます。非常にロボロボっぽくて、男の子ならきっとみんな好きでしょう。

 当然スペックも相当高い部類になり、不満を感じそうな部分も見当たりません。明らかに日常の使用に耐えられないものを、タフネスモデルだからと言って5万円で売りつけるなんて暴挙に出たどこかの国のメーカーに教えてあげたいくらいです。

GearBest.com Ulefone Armor 2 (29965円)

 AliExpressでは269.99ドル(約2万9900円)→日本円表示30342円、TOMTOPでは259.99ドル(約2万8800円)→日本円表示28859円となっています。いずれも8月末から9月初旬の発送となるので、DHLではなくても良いなら似たような価格で買えるということですね。


DOOGEE BL7000

製品ページ

 最近のDOOGEEは予告に近い製品ページを仮オープンさせて話題作りをしているように見えます。これも"learn more"ボタンが機能しておらず、細部が隠されたままのアナウンスなわけです。

bl7000_01

寸法 155.2×75.85×10.3mm?
重量 210g?
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6750T 1.5GHz*4+1.0GHz*4?
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 128GB?
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1300万画素+1300万画素
フロントカメラ 1300万画素
バッテリ 7060mAh

 既にAliExpressでは予約が始まっています。早ければ8月28日からの発送と書かれており、価格は199.99ドル(約2万2200円)です。これぞDOOGEEの真骨頂でしょう。

 筐体はちょっと前のハイエンドモデルによく見られたメタル&レザー。当然合成皮革だとは思いますが、どう考えても2万円のスマートフォンには見えません。高級志向のなんちゃって富裕層向けでしょうかw。
 MT6750Tだから実現できた価格で、もしかすると細かいところにメイドインチャイナのクオリティを残している可能性もあるものの、これは興味が湧く製品と言えますよ。

 ほとんどのサイトが「7060mAhだってよ!」と書いてますが、それだけではなく、トータルのスペックが2万円とは思えない部分にもっと触れなくてはいけないと思います。
 比較対象に持って来いなのがEveryPhone HGですね。SoC、そしてメモリとストレージ容量は同じ。カメラで劣っているだけでなく、バッテリはBL7000の1/3以下なのに、税込み42984円ですって。税込み42984円ですって。大事なことなので二回言いました。


Gigaset GS170

製品ページ

 Gigasetの製品を紹介するのは昨年の10月以来です。製品ページもドイツ公式になります。
gs170_black_fr_front_back
寸法 144×72.3×9.5mm
重量 139g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737 1.3GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 2500mAh

 オーソドックスなローエンドですね。
 そうは言っても、メイドインジャーマニーで、さらにかつて一世を風靡したシーメンスのブランドを継承するメーカーですから、一部では注目度は高いのです。

 しかし残念ながら価格は149ユーロ(約1万9500円)と、ヨーロッパの水準に倣ってしまった感があるために、割高な点は否めません。
 Bandも、8は抜けていますが1と3にはしっかり対応しているだけに、1万2~3千円程度だったら面白い1台だと思ったんですけどねぇ。


 最新のデータによると、ドイツはヨーロッパ諸国の中でもイギリス、フランスに次いでappleのシェアが高い国となっていることが分かりました。
 それでもiOS端末の割合は30%しかなく、7割はAndroidなんです。出せばそれなりに売れるということが言えるでしょう。

 ご存知の通り、日本のiOSシェアは世界一でして、お膝元のアメリカを余裕で凌ぐ68.6%。Android端末の苦戦は言わずもがなで、ここがすなわち海外メーカーが参入に躊躇する理由となっているのは明白ですね。

 日本人の「付和雷同性」は、ある意味「信仰」という言葉に置き換えても通じてしまうのです。
ブログ内記事検索
ギャラリー
  • 【新製品】海外スマートフォン(2018.11.01)
  • 【新製品】海外スマートフォン(2018.11.01)
  • 【新製品】海外スマートフォン(2018.10.30)
  • 【新製品】海外スマートフォン(2018.10.30)
  • 【新製品】海外スマートフォン(2018.10.30)
  • 【新製品】海外スマートフォン(2018.10.28)
  • 【新製品】海外スマートフォン(2018.10.28)
  • 【新製品】海外スマートフォン(2018.10.28)
  • 【新製品】海外スマートフォン(2018.10.27)
当ブログについて
当ブログへのリンクはフリーですが、その旨コメントいただけると嬉しいです。 また、記事の全文および一部分の許可無き引用・転載はご遠慮ください。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
Gearbest 8% OFF for ALL cellphones with coupon: GBMBP promotion
Gearbest 8% OFF for ALL cellphones with coupon: GBMBP
















































































  • ライブドアブログ