電脳あれこれ

日々進化する電脳世界。気付いた範囲内で不定期に考察していきたいと思います。

電脳世界の進化を見つめるブログへようこそ

2017年10月

【新製品】海外タブレット(2017.10.31)

・Prestigio GRACE 3201 4G
・ARCHOS 116 NEON
・ALLDOCUBE Power M3 4G
・VOYO i8Plus

 先日から繰り返し書いているように、タブの新製品ストックが溜まってきたので、ここらでまとめて吐き出しておこうかと思いました。スマートフォンは1日お休みです。


Prestigio GRACE 3201 4G

製品ページ

 グローバルではなく、ロシア公式にありました。
grace3201
寸法 242×171×9.9mm
重量 545g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT8735M 1.0GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 10.1インチ
解像度 1280*800
メインカメラ 200万画素
フロントカメラ 30万画素
バッテリ 6000mAh

 MT8735Mは2015年発表のSoCです。28nmのA53にMali T-720を組み合わせています。名前の通り、MT6735Mのタブレット専用モデルという位置付けですね。性能はもちろんMT6737をも下回りますので、LTE通信が可能だという部分以外でのメリットは少ないでしょう。

 それでも、10.1インチという大きさは武器になります。DPIは149と相当粗いものの、モビリティが上がっている点を評価しなくてはならないと思いますよ。

 グローバルサイトであればオフィシャルストアが付いているのですが、ロシア公式には無く、価格も不明です。過去のモデルから察するに、高くても149ユーロ(約1万9700円)あたりでしょうか。


ARCHOS 116 NEON

 各国の公式を探したのですが、製品ページはまだ上がってないですね。
archos-116-neon

寸法 不明
重量 不明
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT8163 1.3GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 16GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 11.6インチ
解像度 1366*768
メインカメラ 200万画素
フロントカメラ 30万画素
バッテリ 6000mAh

 スマートフォンのラインナップと同じように、数字はディスプレイサイズを表しています。11.6インチは最近のAndroidタブだとかなり大型の部類ですね。16:9は動画鑑賞に適していると思います。

 キーボードドックがあるらしいのですけど、同梱なのか別売りなのかまでは分かりませんでした。確かにノートPCとしても使えそうではありますけど、非力さは否めないので別売りと考えるのが自然でしょう。

 実はフランス公式のオフィシャルストアに上がっています。
 価格は149.99ユーロ(約1万9800円)でして、ディスプレイサイズを考えたら上々。どんなにロースペックでも「大きい」というだけで3万円以上の値札を付ける我が国とは違いますね。


ALLDOCUBE Power M3 4G

 発売は11月なのでまだ製品ページはありません。
cubepowerm3

寸法 ?×?×6.5mm
重量 不明
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6753 1.5GHz*4+1.3GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 10.1インチ
解像度 1920*1200
メインカメラ 不明
フロントカメラ 不明
バッテリ 8000mAh

 発表前に公式の製品ページらしきものがGearBest.comに上がるのはいつものことです。そしてあり得ないくらい安いです。

GearBest.com ALLDOCUBE Power M3 4G (18883円)

 さすがはCUBEですね。10.1インチ/4GB/64GBがこの値段で買えるなんて嘘みたいです。
 しかも製品名にもなっている通りの大容量バッテリですよ。MT6753のクロックアップぶんもこれで相殺ですし、LTE対応タブとしての魅力はたっぷりだと思います。


VOYO i8Plus

製品ページ

 VOYOの公式サイトって常に重いんですよねぇ…。
voyoi8plus
寸法 242×172×10mm
重量 580g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6753 1.5GHz*4+1.3GHz*4
メモリ 3GB
ストレージ 64GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 10.1インチ
解像度 1920*1200
メインカメラ 1200万画素
フロントカメラ 300万画素
バッテリ 5000mAh

 ちょっと古くなってしまいましたが、10月21日の発売だったかと。
 VOYOはWinタブ、というか、ウルトラブックとかノートPCというイメージが強いかもしれませんけど、このようにAndroidタブも作っています。ちなみに、画像にあるスタイラスペンとキーボードは別売りです。

 スペック的には上のPower M3と似ているのですが、バッテリが少なめ。ストレージに盛ってあることからも、メインの用途はノートPCを想定しているのかもしれないですね。それなら加熱の心配はあるものの、充電しながら使うというのもアリでしょうか。

 価格は、geekbuyingで単体が179.99ドル(約2万400円)、ペンとキーボードをセットにすると205.99ドル(約2万3400円)だそうです。
 ノートPCとしては非力ですけど、使っているスタイルを想像するとけっこうイケるかもしれません。


 明日はスマートフォンの新製品に戻る予定です。
 なお、夕方から夜にかけて用事があるため、更新時刻が多少遅れる可能性があります。ご了承くださいませ。

【新製品】国内タブレット(2017.10.31)

・サードウェーブ Diginnos Tablet DG-A97QT

 総務省の立ち上げた有識者会議で技適基準見直しの検討が取り沙汰されました。東京五輪に関わるサイバー攻撃への対応のためだそうです。

 あー、技適マークの有無によってサイバー攻撃への脆さが異なるなんて見当違いも甚だしいでしょ。そんなことよりも、待てど暮らせど最新OSのアップデートが配信されない過去の国内スマートフォンのほうが100倍セキュリティの穴がありますって。
 …まぁ、有識者なんて結局そんなもんなんですね。総務省はまた頓珍漢な方向へ舵を切るのでしょう。


サードウェーブ Diginnos Tablet DG-A97QT

製品ページ

 販売元はドスパラで、通販および店頭で購入できるそうです。ご存じの方も多いと思いますが、Diginnosは同社のBTOパソコンにも使われているシリーズ名ですね。
20171027123549_299_
寸法 239×169×8.6mm
重量 570g
OS Android 6.0
CPU Rockchip RK3288 1.8GHz*4?
メモリ 4GB
ストレージ 32GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 9.7インチ
解像度 2048*1536
メインカメラ 500万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリ 7200mAh

 RockchipのRK3288については今年1月のifive Mini 4Sの記事でも触れていますので併せてご覧いただければと思います。公式のプロダクトページはこちらになります。なお、製品ページにクロックの記載がありませんので仕様上の最高クロックを書いておきました。故に疑問符付きです。

 今となってはベンチでお目見えすることもほとんど無くなりましたが、出た2014年当時はintelのAtomより速かったことで注目を集めてたんですよね。Antutu 5で4万弱くらいだったような気がします。

 つまり、聞き慣れないチップメーカーだからと言って最初からスルーの姿勢は間違ってますよと言いたいのです。
 メモリも余裕がありますし、9.7インチの高精細ディスプレイはそれだけで買う価値があるってものですから。
 あくまで予想に過ぎませんが、バッテリ持ちもこれだけ積んでいればそこまで悪いということも無いと思います。一般的なタブと同等ではないでしょうか。

 価格は税込み29800円。十分にコスパは良いはずです。


 ドスパラのタブレットはWindowsがメインで、Androidは久しぶりですね。と言うか、記憶にある限りでは、だいたいRockchipだったような…。
 オリジナルブランドのタブレットは希少価値が高いので、ぜひとも開発を続けてほしいものです。

電脳ニュース海外版(2017.10.30)

・HUAWEI Honorブランドのベゼルレススマホを12月5日に発表
・Xiaomi 11月2日にインドで新機種を発表か
・Gionee F6LがTENAAを通過
・Elephone S9を年内にリリースか
・Qualcomm Snapdragon 845を12月に発表か

 毎週日曜夜にトピックスをまとめてますが、正直言って週の初め頃のリークは忘却の彼方だったりします…。本当は毎日の更新がベストなんですよねぇ。


HUAWEI Honorブランドのベゼルレススマホを12月5日に発表

 これが果たして何になるかという確定的な情報は無いのですけど、巷では「V10だろう」と盛り上がっています。場所はロンドンですね。

Honor_Save_the_Date-w782

 告知画像からも分かるように、極端にベゼル幅の狭いフルスクリーンスマートフォンが発表になるのは確実。
 つい先日リークされた、V10ではないかと言われるレンダー画像では、ホームボタンが無いことが確認されました。ただ、以前あったフロントパネルのリーク画像とは異なっており、真偽は不明です。
v10render
 SoCはもちろんKirin 970、4GB/6GBのメモリ、64GB/128GBのストレージ、カメラは両面デュアル構成で、5.7~6インチの18:9ディスプレイを搭載するそうです。

 肝心の価格ですが、Honorブランドなだけに、Mateシリーズのような高値にはならないだろうとの見方が強いですね。499ユーロ(約6万5800円)以内に収まれば御の字でしょう。


Xiaomi 11月2日にインドで新機種を発表か

 既存のものではないと言っているのが気になりますね。

xiaomiindianew

 ご存じの方も多いと思われますが、インド市場における急成長企業として有名なXiaomiですから、オリジナルの新機種が用意されていたとしても何の疑問も浮かびません。

 イラストと文字から分かるのは、「急速充電対応」「Mi Note 3ではない」「Mi NotebookやMi Padではない」「セルフィー特化である」という部分。
 わざわざ急速充電を前面に押し出すのであれば、Quick Charge 3以上をサポートするスナドラ搭載モデルであろうと推測できますね。Note 3は否定されており、さらにMi MIXはセルフィーが500万画素なので該当せず、ここ数ヶ月の間に発表されたモデルで当てはまる端末は見当たりません。

 ということでこれらを併せ見ると、本当にニューシリーズの可能性が高いと思われます。
 個人的な予想としては、大容量バッテリを積んだミドルレンジ以下の製品ではないかと。高性能とは一言も書いていないので、スナドラ450も有り得るかななんて考えています。
 母国の中国では450搭載端末は発表になっていないので、インドから始まるならばインパクトは絶大だと思いますよ。

 あと3日ですか。楽しみです。


Gionee F6LがTENAAを通過

 ソースはこちら。筐体画像が上がってないので探したところ、いかにもGioneeらしいデザインのものが見つかりました。本当っぽいです。

ginoeef6l-28-1509165900

 ディスプレイは18:9で5.7インチ、解像度は1440*720です。SoCはスナドラ435で、3GB/32GBと4GB/32GBがあるようです。メインカメラは1300万+200万画素、セルフィーは800万画素、バッテリは3600mAhとなっています。

 シリーズ名は分かっていませんが、M7の派生モデルと同時に発表されるだろうという噂がありますね。Sシリーズのようなハイスペックモデルではありませんから、"Steel 3"とかになるかもしれません。

 できれば1499元(約2万5600円)あたりが理想なんですけど、Gioneeなのでもう少し高いでしょうねぇ。


Elephone S9を年内にリリースか

 実はGearBest.comに連絡待ち商品として上がってしまっています。50727円とまだ高いですけどね。

Elephone-S9-Header

 S8が出た直後から噂にはありましたが、スペックはリークしたサイトによってバラバラでした。「Helio X30だ」「いや、スナドラ835だ」的な感じで。
 ここへきて「どうやらスナドラ660らしい」ということでまとまりつつあるようです。Elephoneでスナドラは珍しい、と言うか久しぶりではないでしょうか。

 ディスプレイは6インチ前後のAMOLEDでもちろん18:9。Galaxy S8のようなキツめの2.5D加工が特徴的です。
 メモリやストレージ、カメラ等については、依然としてはっきりとした情報が見つけられません。本当にスナドラになるのであればこれまでのシリーズ以上に盛ってくるのは間違いないでしょう。

 価格はElephoneらしいところを望みます。できれば4万円以下でお願いしたいところですね。


Qualcomm Snapdragon 845を12月に発表か

 ソースはWeiboです。12月4日~8日にマウイ島で開かれるイベントで発表するのではないかとのことです。
Snapdragon-845-leak
 既にGalaxy S9への搭載は公になっている通りで、この時期の発表に関しても特に疑問は浮かびません。

 ざっくり言えば835のマイナーチェンジモデルですけど、性能に関しては25%アップと言われており、特にAdreno 540から630への進化が取り沙汰されています。
 詳しいクロックは不明なものの、Qualcommがライバル視するのはやはりapple A11でしょうから、それを超えるためのあれやこれやが明かされるはずですよ。

 あくまで個人的な願望を言わせてもらえるのであれば、821が出た時に820搭載端末の大セールが行われたのを思い出しますので、835が半額とは言わずともビックリするくらい安くなってほしいかなぁ…と。


 GSMArenaさんで、"Counterclockwise: going from squarish screen to widescreen"という記事が上げられています。そうそう、一部グラフの数字が間違っていますよ。濃い目のピンクは"16:9"ではなくて"16:10"ですね。

 今でこそ主流は16:9ですが、昔は4:3や5:4が当たり前だったんですよね…。
 来年、18:9の比率がどこまで伸びるのか、楽しみだと思いませんか?


ブログランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いしますm(__)m

【新製品】海外スマートフォン(2017.10.29)

・vivo Xplay 7
・Philips Xenium X598
・Blackview P6000
・ZTE Prelude+

 今日も予想成分多めでお届けします。


vivo Xplay 7

 そろそろ噂にソースが伴ってきたのでまとめておこうかと思いました。YouTubeにもたくさんの動画があるので併せてご覧ください。
 早ければ11月初旬には公式発表があると言われています。

vivoxplay7

寸法 不明
重量 不明
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 835 2.35GHz*4+1.9GHz*4
メモリ 6GB
ストレージ 128GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 6.0インチAMOLED
解像度 2160*1080
メインカメラ 1200万画素+1200万画素
フロントカメラ 1600万画素
バッテリ 3800mAh

 スペックも探せば様々なものが転がっているのですけど、最新のものから拾ってみました。
 他のパターンとして、スナドラ845だったり、2880*1440だったり、セルフィーもデュアルだったりがありますけど、そんな細かいことよりも、何と言っても注目すべきがこの画面占有率にあるのは間違いないと思います。

 オフィシャルムービーでは「100%」と謳っています。つまり真の意味で完全なベゼルレスであると。
 この画像は中国で明かされた公式のものでして、画面内にセルフィーのレンズと、おそらく照度センサーが埋め込まれているのが分かりますね。また、動画ではアイコンが画面のギリギリ下まで来ているのが見えますので、100%もあながち嘘とは言い切れません。
 これは来年以降のトレンドになるのは確実ですし、個人的な予想では再来年の全てのスマートフォンが完全ベゼルレスで発売されると見てますので、その先駆けと位置付ける意味でも大きな一歩でしょう。

 ディスプレイ内蔵型の指紋センサーについては、数ヶ月前からQualcommと共同で開発していたのが記憶にあります。大方の予想はiPhoneより早く実用化されるというものでしたが、この時期になってしまったのも致し方無いというところかもしれませんね。

 価格について触れているところは多くないものの、インドでは安ければ31999ルピー(約5万5900円)としていました。Xplayは中国で発売されるシリーズですから、3299元(約5万6400円)あたりが妥当なラインですかね。それでも十分過ぎるほど安いと思います。


Philips Xenium X598

製品ページ

 先日のX596から間を置かずにX598の発表です。フィリップスも中国市場は外せないと考えているようです。
CTX598BK_93-RTP-global-001
寸法 154.8×76.4×9.4mm
重量 167.5g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6750 1.5GHz*4+1.0GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1300万画素+500万画素
フロントカメラ 1300万画素
バッテリ 4000mAh

 先日の記事で書いたX596がミドルローだとすると、これはミドルハイという格付けかもしれません。MediaTekなのに価格がまるで違いますので。…う~ん、メーカーのスタンスは果たしてそれで合ってるんですかねぇ?

 というわけで、JD.comの値札は2699元(約4万6100円)だそうです。かなり高いですわ。中国メーカーなら2万2千円以下で販売できるはずです。

 参考までに、JD.comは何でもあるのでAQUOS S2も購入可能なんですけど、2499元(約4万2700円)なんです。SHARP、なめられてますぜ。


Blackview P6000

 随分と前から公式のNew Productsページには登場していたので、存在は知っているという方も多いと思われます。11月初旬にS6 Proと同時ローンチではないでしょうか。
blackviewp6000
寸法 不明
重量 不明
OS Android 7.1
CPU MediaTek Helio P20 2.6GHz*4+1.6GHz*4
メモリ 6GB
ストレージ 64GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 2100万画素+2100万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 6180mAh

 公式に書かれているものを元にしただけですので、実際の発表時には変更になっている可能性があります。ご了承ください。特に、Helio P20で2.6GHzとこのカメラはオーバー気味ですから、P25の可能性が高いんじゃないかと思っております。

 Blackviewの製品は、事前にショップに並ぶものと、発表まで完全に秘匿されるものとにキッパリと分かれるんですね。これは後者でして、価格等に関する情報が一切出てきていません。ある程度適当な値付けをする怪しい通販サイトでも未登場ですよ。

 まぁスペックのみについて語りますと、やはりメインカメラとバッテリ容量は非常に目を引きます。そもそもHelio P20はMediaTekの仕様表だとデュアルカメラをサポートしないことになっています。P25でも1300万*2が限界なので、果たしてこれが本当なのかというのは気になりますよ。蓋を開けてみたらソフトウェア処理でした的な種明かしもあるんじゃないかと思っとります。
 いずれにしても、公式に上がるのを待ちたい一品ですねぇ。


ZTE Prelude+

製品ページ

 画像にもある通りCricketモデルとなります。バリバリのローエンドです。
zteprelude+
寸法 145.5×72.4×9.9mm
重量 158.5g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 210 1.1GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 8GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 854*480
メインカメラ 500万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリ 2115mAh

 「スマートフォンがあればそれで良い」という人向けですかね。今となっては何をするにも非力感が否めないでしょう。

 当のCricketでは見つけられませんでしたが、ebayに商品ページがありました。59.99ドル(約6800円→日本円表記6829円)だそうです。そんなものでしょう。

 …あれあれぇ? BLADE E02は2万円弱だったような気がするぞぉ?
 楽天モバイルでは3年契約で0円になるみたいですけど、他は各所で発売後1ヶ月なのに品切れですか。これは怪しいニオイがしますねぇ…。


 しかしまぁ、エントリーモデルからハイエンドまで、日本市場の価格はボッタクリだらけで辟易しますよ。
 理由の一つに、未だ閉ざされたマーケットであるというのが見え隠れしているんじゃないかと。
 国内企業を守るために様々な規制を作り、結果的に国民の懐が痛むことになってるなら、本末転倒も甚だしいと思いませんか?

【新製品】海外スマートフォン(2017.10.28)

・OPPO R11s
・OPPO F5 , F5 6GB
・SONY Xperia R1 , R1 Plus
・LEAGOO P1 Pro
・BLU GRAND M2 LTE

 ビッグタイトルを消化していかないと、マイナーなものがまたブックマークの中で色褪せてしまいますので…。


OPPO R11s

予告ページ
製品ページ

 11月2日発表は予定通りですね。中国メーカーはこのような事前告知をするところが多いです。製品ページを貼りました(11/3)。
1026201755504PM_635_oppo_r11s
寸法 155.1×75.5×7.1mm
重量 153g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 660 2.2GHz*4+1.84GHz*4
メモリ 4GB 
ストレージ 64GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 6.01インチAMOLED
解像度 2160*1080
メインカメラ 1600万画素+2000万画素
フロントカメラ 2000万画素
バッテリ 3200mAh 3205mAh

 公式発表の後で修正をかけておきます。→加筆修正済みです。

 6インチということですが、予告ページに上がっているCMを見た限りだと筐体はけっこう大きめに見えますねぇ。画像だとベゼルは狭く見えるので、実際はそれほどでもないのかもしれません。

 無印R11との違いはディスプレイとアスペクト比にこそあり、そのぶんだけバッテリも上乗せされていますが、基本的にはマイナーチェンジモデルと考えて良いでしょう。
 つまり価格も反映される気がします。R11は2799元(約4万8000円)ですが、6インチのR11 Plusは3699(約6万3500円)と跳ね上がっているので、それより安いところで3499元(約6万円)あたりではないかとするサイトがありました。妥当なところではないでしょうか。もちろんもっと安ければ嬉しいですけど。→ノーマル版が2999元(約5万1600円)、限定色の赤が3199元(約5万5100円)でした。安いと思います。


OPPO F5 , F5 6GB

製品ページ

 リンク先はフィリピン公式でして、購入ボタンでLAZADAの値札を見ることが可能になっています。
 と言うか、先日書いた記事が間違いだらけだったので書き直しておきます(__;。
oppof5
寸法 156.5×76×7.5mm
重量 152g
OS Android 7.1
CPU MediaTek Helio P23 2.3GHz*4+1.6GHz*4
メモリ 4GB , 6GB
ストレージ 32GB , 64GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 6.0インチ
解像度 2160*1080
メインカメラ 1600万画素
フロントカメラ 2000万画素
バッテリ 3200mAh

 スナドラではなかったです。合っていたのはメモリ、ストレージ、ディスプレイサイズ、解像度だけでしたね…。
 もしかするとR11sと共用の部分も多いかもしれません。
 それと、Youthはまだ明かされてないですね。
 
 しかし驚くのは「SoCとメインカメラが違っただけでR11sとこんなに値段が変わるんだ」という部分ですよ。
 尤も、R11sの価格が不明ですから推測の域を出ないのですけど、こちらは4GBモデルが15990ペソ(約3万5200円)と既に公になっており、その差は歴然と言って良いはず。

 3万円の差はやはり大きいです。このカメラだって十分ですし、メイン使いとしたってP23で困る場面はそう多くないと思うんですが、どうなんでしょう。


SONY Xperia R1 , R1 Plus

製品ページ(R1)
製品ページ(R1 Plus)

 インドでのローンチです。日本での販売は…無いでしょうね。

xperiar1plus

Xperia R1 (R1 Plus)
寸法 146×73.2×8.89mm
重量 154g
OS Android 7.0
CPU Qualcomm Snapdragon 430 1.4GHz*4+1.1GHz*4
メモリ 2GB (3GB)
ストレージ 16GB (32GB)
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 2620mAh

 最近のインドでは標準的なスペックになります。SoCがスナドラという部分だけが少々アドバンテージでしょうか。

 価格は、R1が13990ルピー(約2万4500円)、R1 Plusが15990ルピー(約2万8000円)だそうです。ははぁ、アドバンテージは"Xpreia"という名称にもあったんですね分かります。

 と言うかボッタクリでしょう、これ。別にSONYに対して恨みがあるわけじゃないですけど、コスパの悪さが取り沙汰されて販売不振に陥ってくれたら、少しくらいは日本国内での価格の再検討にも繋がるかもと思ってみたり…。


LEAGOO P1 Pro

製品ページ

 安くても手を抜いていないのが中国メーカーの最近の姿です。昔は本当に酷かったものでorz
leagoop1pro

寸法 142.4×73.2×9.5mm
重量 154g
OS Android 7.0
CPU MEdiaTek MT6737 1.3GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 800万画素+200万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリ 4000mAh

 スペックシートには"Mid-End"と書かれてますが、間違ってもミドルレンジには属さないでしょう。
 まぁ、メインカメラがデュアルという点とバッテリ容量を贔屓目に見たら、「ミドルエンドです」という文言に対して文句も言えないんですけどね。

 親モデルのP1は3Gスマートフォンで1GB/8GBというロースペックでしたから、確かにこのProは上位のものになりますよ。あとは価格次第でしょう。
 残念ながら大手の通販サイトにはまだ商品ページが無く、具体的なところは分かりません。ただ、LEAGOOがこれに1万5千円以上の値札を付けるとは考えにくいです。予想では109ドル(約1万2400円)か119ドル(約1万3500円)と見ます。99ドルだったら買いでしょうね。


BLU GRAND M2 LTE

製品ページ

 GRANDシリーズは日本の正規代理店でも取り扱われているだけに、これも期待して良いのでしょうか。
 もう一つ、これもローエンドのC5 LTEというのが発表になっています。ほぼ似たようなスペックなので割愛しますが。
blugrandm2lte
寸法 144.9×72.1×9.4mm
重量 162g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737 1.1GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 8GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 854*480
メインカメラ 500万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 2600mAh

 削りましたねぇ~。わざわざMT6737をクロックダウンしてバッテリ持ちを良くする苦肉の策かと。
 それに5.2インチFWVGAは粗過ぎだと思いますよ。DPIは188で、これは8インチ1280*800のタブレットとほぼ同等の数値になります。ドットが見えるくらいですよ、たぶん。

 惹かれるのはこのローズゴールドのカラバリくらいでして、そんな理由から取り上げてみたという感じです。

 まだamazon.comへのリンクが生きておらず価格は不明ですが、これよりずっと上のスペックであるGRAND X LTEが99.99ドルであることを考えると、下手したら3Gモデルと似たような70ドル台(約8000円~)になる可能性もあると思います。
 中身を知らない人に筐体だけ見せびらかすために買うのもアリかもしれませんw。


 タブレットの新製品も溜まってきました…。精選を余儀なくされるのは避けたいのですが…。

【新製品】海外スマートフォン(2017.10.27)

・HUAWEI Ascend XT2
・Micromax Canvas Infinity Pro
・Philips Xenium X596
・Walton Primo S6
・WEIMEI NEON 2

 中国の通販サイトでOnePlus 5Tの予約受け付けがスタートしています。価格は549ドル(約6万2400円)で、やはり6インチ18:9ディスプレイを搭載するとのことです。


HUAWEI Ascend XT2

 Ascend XTは2016年、AT&Tのプリペイドモデルとしての発売でした。スナドラ616、6インチファブですが、現在の価格は79ドル(約9000円)と激安。
 その後継となるXT2もやはりAT&Tでの取り扱いとなります。アメリカHUAWEI公式にはオンラインマニュアルが2週間以上前に上がりましたが、製品ページはありません。AT&Tも同様です。
ascnedxt2
寸法 153.4×76.2×8.4mm
重量 165g
OS Android 7.0
CPU Qualcomm Snapdragon 435 1.4GHz*4+1.1GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1200万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 4000mAh

 日本ではAscend Mate 7以降消え失せてしまった、というか、Mateシリーズに取って代わられたAscendですが、今も人知れず続いているのはMate 7ユーザーだった身として嬉しく思います。

 プリペイド向け端末とは言っても必要十分なスペックでして、日本でも普通に売れそうな気がします。docomoでプリペイドプランが始まったら取り扱ってほしいですね。

 やはりWalmartが最も安く、119ドル(約1万3500円)という破格値で販売されていますよ。スナドラ435でここまで安いと、他のメーカーは太刀打ちできないでしょう。


Micromax Canvas Infinity Pro

 公式発表は早くても11月下旬、遅ければ12月と言われてますので1ヶ月以上先ですが、分かっている範囲で書いておこうかと思います。
micromax-canvas-infinity-pro
寸法 不明
重量 不明
OS Android 8.0
CPU Qualcomm Snapdragon 430 1.4GHz*4+1.1GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.99インチ
解像度 2160*1080
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 1600万画素
バッテリ 3250~3500mAh

 画像はGSMArenaさんからお借りしました。スペックは色々なところのものを組み合わせています。
 SoCがSnapdragonなのは間違いないらしいのですが、その型番については書いているところが非常に少なかったです。

 先代Infinityとの違いは、Androidのバージョンと解像度、それにディスプレイサイズがほんの少しだけ大きくなった部分ですね。
 それ故に、価格も大きな変化は無いだろうと見るサイトが多く、期待も込めて9999ルピー(約1万7500円)としているようです。実現できれば中国メーカーとの真っ向勝負になるでしょう。


Philips Xenium X596

 オランダ公式にもロシア公式にも上がっておらず、中国のJD.comに商品ページがありました。製品ページの元が中国語で作られているようなので、まもなくお目見えではないでしょうか。
xeniumx596
寸法 156.4×77.4×8.35mm
重量 177.8g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 435 1.4GHz*4+1.1GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 32GB , 64GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1600万画素
フロントカメラ 1600万画素
バッテリ 4000mAh

 F値までは分かりませんがセルフィーは今流行りの盛り具合いでして、全体的な作りは一昔前っぽい雰囲気はあるものの、十分に魅力のある製品になっていると思います。

 実際、5.5インチフルHDでも、スナドラ435と4000mAhならばバッテリ持ちはかなり期待できるはずです。性能よりもそちらを重視したと捉えるべきではないかと。

 JD.comでは、32GBモデルが1299元(約2万2300円)、64GBモデルが1499元(約2万5700円)で予約を受け付けています。11月1日から発売になるらしいです。


Walton Primo S6

製品ページ

 コンセプトがはっきりしたスマートフォンですね。
primos6
寸法 150.4×73.5×8.8mm
重量 166g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737T 1.45GHz*4
メモリ 3GB
ストレージ 16GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 1600万画素
バッテリ 4000mAh

 メインカメラがf/2.2でセルフィーがf/2.0であることからもそれが分かります。バングラデシュでもSNS映えは重要なポイントなのでしょう。

 それ以外はローエンドですが、バッテリはやはりこれくらいがちょうどいいと思いますよ。MediaTekの28nmSoCで3000mAh以下にするのはコストカット以外の何物でもないという持論がありますので。

 価格は15590タカ(約2万1400円)と、少し割高かもしれません。セルフィーとバッテリ持ちを重視するならば高いということもないでしょうけど、あと3千円は安くなってもいいはずです。


WEIMEI NEON 2

製品ページ

 英語版のほうが読みやすい方が大半でしょうからそっちも貼っておきますね。
weimeineon2
寸法 145.6×71.3×9.8mm
重量 155g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737 1.3GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 3600mAh

 9月に紹介したFORCE 2とは対照的に、完全なエントリーモデルという位置付けだと思います。
 それでも、普通なら削ってしまいそうなバッテリ容量を、あえて押し上げてきたのは評価できますよ。先代無印NEONはこれよりもかなり下のスペックだったのが、今回は実用的な最低ラインを狙ってきた感がありますね。

 価格は妥当なところよりは少し高めの115ユーロ(約1万5400円)。これは公式ショップの値札ですから、一般的な通販サイトでもう少し値引きされると考えればコスパも悪くはないでしょう。

 蛇足ですけど、公式ショップに純正のスクリーンプロテクターガラスとケースが置いてあるのは嬉しいですね。マイナーメーカーだとこれを探すのに一苦労ですので…。


 WEIMEIの端末を見て思ったことが一つ。
 ホームボタンの横の「戻る」ボタンが、前回のFORCE 2は右に、今回のNEON 2は左に付いているんです。同じメーカーなのに変えている理由は何ですかね?
 ソフトウェア上で自由に配置を変更可能な仕様なら分かりますけど、もし統一の必要が無いと考えているならば、これはある程度のグローバル化を視野に入れているとも受け取れます。

 日本のAndroid端末はほとんどがホームボタンの左側です。
 中国は大方が右側、Samsunも伝統的に右側というのは有名だと思います。
 ちなみに、標準配置は左側らしいですよ。だからHUAWEIなんかは、中国メーカーでも珍しく左側配置のスタンスを貫いているんでしょう。

 これ、ずっと同じ端末を使い続けていて突然変わると非常に混乱するんですよね…。物理ボタンの類だと直しようが無いものが大半なので諦めるしかなかったり。
 どっちが使いやすいかではなく、統一してほしいなぁと思うのは私だけでしょうか。

【新製品】海外スマートフォン(2017.10.26)

・TECNO Phantom 8
・Xiaomi Mi Max 2 Black Edition
・UHANS MIX 2
・Ulefone MIX 2

 Moto Z 2018が中国でローンチされたので修正しておきました。全部の端末でこの作業ができればいいんですけど、時間的な都合でなかなか難しいです(__;。


TECNO Phantom 8

製品ページ

 TECNO Mobileはインドメーカーですが、アフリカ市場をターゲットにして大成功を収めたパターンの一例です。
tecno-phantom-8-official-picture
寸法 159.95×79.5×7.9mm
重量 不明
OS Android 7.0
CPU MediaTek Helio P25 2.6GHz*4+1.6GHz*4
メモリ 6GB
ストレージ 64GB
MicroSD 2TBまで
ディスプレイ 5.7インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1200万画素+1300万画素
フロントカメラ 2000万画素
バッテリ 3500mAh

 何と言ってもカメラが高性能。メインは光学2倍・デジタル10倍ズーム付きで、サブはテレフォトレンズだそうです。よくよく考えると、替えレンズにン十万出していた一眼の時代からは信じられない進化ですよね。
 ちなみに、TECNO初のデュアルレンズ搭載端末はPhantom 6でした。それは1300+500万画素だったので、これも大きくスペックアップした部分です。

 筐体サイズはさすがに巨大ではあるものの、全体的にはかなりのハイスペックであり、バッテリが少なめなことを除けば十分に購買意欲をそそります。

 価格をアフリカおよび中東で比較・羅列してみましょうか。

ケニア 39000ケニアシリング(約4万2900円)
ナイジェリア 135000ナイラ(約4万2600円)
ガーナ 1600セディ(約4万1400円)
タンザニア 800000タンザニアシリング(約4万600円)
UAE 1300ディルハム(約4万300円)

 十分にコスパは良いと思います。ちょくちょくスマホを買い換えるユーザーでもなければ、これで2年は不満も無く使えるのではないでしょうか。


Xiaomi Mi Max 2 Black Edition

製品ページ

 黒筐体が加わったので取り上げておきます。
mimax2be
寸法 173.1×88.3×7.9mm
重量 203g
OS Android 7.0
CPU Qualcomm Snapdragon 625 2.0GHz*8
メモリ 4GB
ストレージ 64GB , 128GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 6.44インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1200万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 5300mAh

 公式のものと寸法が若干違いますけど、いち早く予約を開始したGearBest.comの表記の通りにしてあります。また、商城だと黒はストレージ64GBのみに設定されていますが、グローバルバージョンは128GBもあるようです。

 4GB/64GB/黒の価格は1699元(約2万9200円)となってますけど、既にGearBest.comの値札はそれを下回っていますよ。

GearBest.com Xiaomi Mi Max 2 (27031円)

 初代発売後半年のセール価格よりも4千円くらい安いですね。6.44インチのスナドラ625がこの額で買えるなんて素晴らしいの一言です…。


UHANS MIX 2

 先週のアジアワールドエキスポでお披露目された5機種のうちの一つです。これが最も興味深いのに、扱いは軽いですねぇ。

1508747613_997748

寸法 不明
重量 不明
OS Android 7.0
CPU MediaTek Helio P20 2.3GHz*4+1.5GHz*4?
メモリ 6GB
ストレージ 128GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.99インチ
解像度 2160*1080
メインカメラ 1600万画素+500万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 4000mAh

 UHANSの公式ニュースルームから実機画像をお借りしました。
 9月時点ではHelio P30という話でしたが、MT6757とあるのでHelio P20で確定ですかね。下のコアのクロックしか書いてなかったので疑問符を付けておいたのですが、寸法も含めて公になり次第直せればいいなと考えていますのでご了承ください。

 画像で見る限り、上のベゼル幅はけっこう狭いですね。セルフィーのレンズは左下部に付いており、LEDフラッシュの存在も確認できません。また、物理ホームボタンがあることから、これは指紋センサーと兼用だと思われます。

 価格情報はまだ出ていませんが、Helio P20だとすれば割と期待できるのではないでしょうか。2万円台前半なら勝負になると思いますよ。


Ulefone MIX 2

 公式サイトではなく、AliExpressの公式ショップで確認されました。既に購入可能です。奇しくも上のとまったく同じ製品名ですね。…と言うか、中国メーカーのパクリスタイルはもはやお家芸と呼んでも良いレベルです。
ulefonemix2
寸法 152.5×71.6×8.9mm
重量 不明
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737H 1.3GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.7インチ
解像度 1440*720
メインカメラ 1300万画素+500万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 3300mAh

 つい先日MIXが発表になったばかりだと言うのに、混乱は無いのかと心配になります。
 ただ、これはSoC以外も諸々が落とされているので、廉価版扱いでしょう。カメラ部だけは共通と見て、記載の無いサブの画素数も流用しましたけど。

 先代と言うにはまだ新し過ぎるのですが、まぁ先代MIXとの違いと言えば、スペックはさておき筐体の作りだと思います。物理ホームボタンを置いて上のベゼルを極限まで削いだMIXと、Galaxy S8ライクなデザインにして物理ホームボタンを無くしたMIX 2という感じですか。

 しかし、価格はまだそこまで安くなってないですね。AliExpressでは日本円表記が13864円でして(ドル→円換算だと119.99ドル→1万3696円)、MIXのGearBest.comの価格である15768円と比較しても多少の割高感はあります。もう2千円下がったら狙い頃でしょうか。



 後日トピックスでまとめると思いますが、年末にリリースと言われているHonor V10も18:9のベゼルレスになるそうです。
 もちろんKirin 970搭載のハイエンドであり、噂では来年初頭という話だったのが、12月5日にロンドンで行われるイベントで発表される可能性が出てきました。
 過去の例から言っても日本で取り扱われる可能性は高いので、今からHonorの国内モデルを買う予定の方は少し待ったほうが吉とだけ言っておきましょうか。

【新製品】海外スマートフォン(2017.10.25)

・DOOGEE MIX Plus
・Allview P9 Energy S
・Karbonn Titanium Jumbo

 まだ静かですね。10月末ではなくて11月頭がピークだったかも。


DOOGEE MIX Plus

 存在自体は半年近く前からリークされていました。
 MIX、MIX Lite、MIX 2と来てPlusの登場となります。どうしてもこのシリーズを充実させたいみたいですね。
doogeemixplus
寸法 不明
重量 不明
OS Android 7.1
CPU MediaTek Helio P25 2.6GHz*4+1.6GHz*4
メモリ 4GB , 6GB
ストレージ 64GB , 128GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 6.2インチ
解像度 2880*1440?
メインカメラ 1300万画素+800万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 4060mAh

 スペックも噂にあるものをまとめただけですのでご了承ください。特に解像度については疑問が残ります。MIX 2が5.99インチで2160*1080ということを考慮すると、同じかそれ以上とするのが正解だと思います。ましてや6.2インチならこれくらいもアリだと思いますよ。それと、カメラもMIX 2寄りの高性能になるかもしれません。

 6月あたりにリークされていたスペックからは、ディスプレイ以外にも変わったところがあって、その最たる部分がバッテリ容量でしょう。3380mAhと言われていたのが一気に増えました。

 ちなみに、この画像はGearBest.comからお借りしたものです。まだ連絡待ち状態ですが、ページが上がったことで発売が近いと考えるのが自然でしょう。

GearBest.com DOOGEE Mix Plus (31545円)

 色はゴールドとブラックがあり、ラインナップに並んでいるのは6GB/64GBモデルで、つまりメモリとストレージのバリエーションは3種類以上あるわけですね。

 一部では11月8日以降のローンチと言われています。

 DOOGEEついでにもう一つ、間もなく発表と見られるBL12000の情報も具体的になってきました。確定次第記事にしようと考えています。


Allview P9 Energy S

製品ページ

 ややこしいのですが、メーカーの位置付けではPシリーズではなくてEnergyシリーズとなっています。バッテリ容量が特徴のスマートフォンですね。
mocha_gold___principala
寸法 153.7×75.35×8.9mm
重量 183g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6753 1.3GHz*8
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 1300万画素
バッテリ 5000mAh

 カメラは両面とも1300万画素ですから、バッテリだけではなくセルフィーも気合いが入っているという捉え方で良いと思います。

 ただ、正直なところ、MT6753でフルHDはカクつきますよ。ストレージの転送速度次第ですので、そこに期待するしか無いと思います。
 そして、5000mAhは多く見えますが、実質的な稼働時間は14nmSoCの3000mAh程度と同じではないかと推測します。
 この価格だったら最新のSoCを使ってほしかったのが残念なところですね。

 というわけで、1299レイ(約3万7800円)はコスパが悪いと言わざるを得ません。この半額程度が妥当なラインだと思いますよ。


Karbonn Titanium Jumbo

 Karbonnの新製品は他にもたくさんあるのですけど、解像度の低いものはスルーしてます。ご容赦ください。
titaniumjumbo
寸法 不明
重量 不明
OS Android 7.0
CPU 不明 1.3GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 4000mAh

 ローンチ済みではあるものの、まだ公式に製品ページが無いため詳細は分からないところが多いです。
 SoCがMediaTekであればその旨が書かれるはずなので、Spreadtrumとするのが無難かもしれません。

 ローエンドではあってもカメラとバッテリをガツンと盛っていますから、魅力的に映るユーザーも多いと思われます。
 価格は6490ルピー(約1万1400円)で、特に「スナドラじゃなきゃダメだ」とか「最低でもMediaTekがいい」とかいうこだわりが無ければコスパも良いと感じるでしょう。


 11月初旬と言えば、またしてもビッグネームの目白押しなのですけど、その一つであるOPPO R11sがAntutuに登場して記事になっていました。Antutuはベンチ結果を垂れ流しにしているだけでなく、製品リークもたまに出てくるのが嬉しいですね。
 バックドアでも内包しているんじゃないかというほどのパーミッションの数々は、もしかしたら公式によるベンチ実行を裏付けるために必要なことだったりして…。

【新製品】海外スマートフォン(2017.10.24)

・E&L S70
・myPhone HAMMER AXE PRO
・myPhone HAMMER Blade

 現在、中国メーカーは凪の状態です。火曜から月末までがピークになると思いますよ。


E&L S70

製品ページ

 予想通り間を置かずに上がりました。現時点でのE&Lの最上位モデルです。
els70
寸法 145.9×75.9×9.5mm
重量 175g
OS Android 7.0
CPU MediaTek Helio P25 2.5GHz*4+1.6GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1300万画素+500万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 2650mAh

 発売は11月からとなっています。

 まだ公式ショップにも登場していないために価格は分かりませんが、実はこの公式ショップの中にamazon.co.jpが入っているんですよ。中国メーカーの中には、少ないですけどこのようにいかにも「公式です」といった体で取り扱いを謳っているところがあります。もちろん技適は通っていませんので念のため。

 GearBest.comでのS60の価格は26862円となっているため、3万円超えは確実ではないでしょうか。コスパはそこまで悪くないものの、以下の点が気になります。

 それはバッテリ容量のアンバランスさ。MT6753のS60が3000mAhでHelio P25のS70が2650mAhは明らかに少ないと思います。それ以外は頑張った感じですから、せめて4000mAhあれば太鼓判を押す手前くらいまでは評価できたのに残念ですよ。


myPhone HAMMER AXE PRO

製品ページ

 以前も紹介したポーランドのメーカーです。このHAMMERシリーズはけっこうなラインナップが存在する主力製品の一つらしいです。
hammeraxepro
寸法 162×83×12.85mm
重量 268g
OS Android 6.0
CPU MediaTek Helio P10 2.0GHz*4+1.2GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 5000mAh

 なんだか全体的に画像がボケてますね…。まぁ、端末がしっかりしているのなら別にいいか(^-^;。

 ハンマーという製品名の通り、いかにも頑丈そうな印象のタフネスモデルです。ポーランドなので雪山なんかでも使えるというのを一つの売りにしているみたいですね。 

 ただ、Helio P10はどうなんでしょう。バッテリはこれくらいで良いとは思いますけど、特にメモリやストレージを活かすには幾分非力さが際立ってしまうかなと感じてしまいます。

 さらに1599ズウォティ(約5万500円)という価格も殿様商売っぽいですわ。「日本かよ」と突っ込んで差し上げましょう。


myPhone HAMMER Blade

製品ページ

 必殺技みたいな名前ですね。
hammerblade
寸法 150.8×76.2×11.1mm
重量 206g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6753 1.3GHz*8
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 4000mAh

 画像のサイズが違うとか斜めになってるとか、気にしちゃ負けなんでしょう…。
 公式サイトの作りってメーカーの印象を決める上で大事だと思うんですけどね。

 上のAXE PROよりは下位に位置しますが、こちらはAndroidのバージョンも新しいですし、画面の占有率も高くなっています。SoCが28nmという部分だけ我慢できるならば毛嫌いする理由は少ないと思いますね。

 しかし、いかにタフネスモデルという要素を付け加えたとしても、1199ズウォティ(約3万7900円)は高いですよ。スペックだけ見たら1万2千円が限度で、付加要素のIP68と耐衝撃性を入れたとしても2万円が相場ではないでしょうか。


 スマートフォンの場合は、製造をファブに委ねて自社生産はしていないところが大半です。中には企画・開発すら自社で行わないところもあり、ただサジェストをもらって買うだけのメーカーも存在するようです。
 メイドイン○○なんて、疑わしいことこの上ない世の中になってきたということですかね。

【新製品】海外タブレット(2017.10.24)

・Samsung Galaxy Tab Active 2
・ARCHOS CORE 70 3G

 すっかり冷めているタブレット熱のせいで「後回しにしようかな…」と思ったのですけど、溜めると後々苦しそうだったのでサラリと書いておきます。


Samsung Galaxy Tab Active 2

製品ページ

 リンク先はオランダ公式です。製品ページと呼べるほどのものではありませんが。
 タフネスタブレットで好評を得たモデルの後継ですね。
galaxytabactive2
寸法 214.7×12.76×9.9mm
重量 419g
OS Android 7.1
CPU Samsung Exynos 7 Octa 7880 1.6GHz*8
メモリ 3GB
ストレージ 16GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 8.0インチAMOLED
解像度 1280*800
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 4450mAh

 Exynos 7 Octa 7880は、エントリーモデルでありながら14nmのオクタコアで、仕様上の最高クロックは1.9GHz、サポート最大解像度は2560*1440、LPDDR4に対応するという優れものです。もちろんLTE通信も可能ですから、このタブレットにもLTEモデルとWi-Fiモデルがあります。

 というわけで、AMOLEDと1280*800という解像度も併せ見るなら、4450mAhでも少ないということは無いでしょう。むしろメインはタフネスタブレットにあって、そこが最大の売りですね。

 価格は500ユーロ(約6万6800円)と決して安くはありません。ニーズに合致した人が買い求める類の製品と言って良いのではないでしょうか。


ARCHOS CORE 70 3G

商品ページ

 公式ショップに登場しています。製品ページはちょっと見つけられませんでした。
archos-core-70-3g

寸法 187×109×9.9mm
重量 350g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT8321 1.3GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 8GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 6.95インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 200万画素
フロントカメラ 30万画素
バッテリ 2800mAh

 ほとんどの7インチタブは16:9なんですよね。8インチ以上になると16:10という製品が大半ですけど。

 これは必要最小限の仕様でして、とりあえずあって困ることは無い的なタブレットと言っていいかと。ハードに使うのには向いていませんが、台所でレシピを見たり、スマホで電話しながらブラウジングしたりといった用途ならこれでも十分だと思います。

 価格もそれを反映しており、公式では69.99ユーロ(約9300円)という買いやすいものになっています。
 MT8321は中身こそA7で古いですが、3Gに対応しているのが強みと言えばそうなるでしょう。
 

 この2つの、「5万円以上の差」というのを、消費者はどう受け止めるべきなんですかね。
 価格なんてメーカーの腹積もりでどうとでもなるのがある意味恐ろしいですよ。

【新製品】国内スマートフォン(2017.10.24)

・UQ FUJITSU arrows M04 PREMIUM

 あらかじめお断りしておきますが、この記事はSIMフリー端末の購買層に向けて警鐘を鳴らすために書いています。ご了承ください。


UQ FUJITSU arrows M04 PREMIUM

製品ページ

 富士通の製品ページはこちら
index_arrows_m04
寸法 144×71×8mm
重量 148g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 410 1.2GHz*4
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1310万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 2580mAh

 プレミアムという名称は、メモリとストレージが2GB/16GB→3GB/32GBに増量されている部分に由来するのでしょう。ちゃんちゃらおかしいですね。

 こうなりゃ何度でも書きますが、スナドラ410は4年前のSoCでして、現在の各種用途ではまったく実用的ではありません。本当に通話とSNSができれば良いという人向けになります。
 ブラウザゲーすらも厳しいのは身をもって体験済みですので。ストレージ速度に起因しないレスポンスの悪さは、非常にイライラするレベルでした。

 おサイフケータイだのハンドソープで洗えるだのは何もこの端末だけではありませんし、積極的に選ぶ価値は薄いと言えるでしょう。

 もちろんスマホデビュー端末として、しかも8千円くらいで買えるなら止めはしませんけど、税込み36396円は世界的に見ても恥ずかしい価格設定だと思います。それだけ払う対価は得られないと断言できますよ。


 蔓延る提灯記事(→Wiki)がダメなんでしょうね。ネットを鵜呑みにするのではなく、自分の判断基準はしっかり持っておきたいものです。

 個人運営のブログであるが故、営業妨害目的でもなく、私見を連ねているだけです。苦情等は一切受け付けませんのであしからず。

電脳ニュース海外版(2017.10.23)

・Xiaomi MEE7とMET7がTENAAを通過
・MEIZU X2の新たな画像がリーク
・OPPO R11sは11月初旬に発表か
・Smartisan OS105が3Cを通過

 ほとんどの方は複数のサイトから情報収集をされると思うのですよ。その一つになれたらいいなと考えています。このブログのそもそものスタート地点が、他所様のブログの有用性に触発されたことでしたから、輪が広がっていくのが理想です。
 というわけで、「このサイトも参考にしてるよ」といったものがあればどうぞコメントお願いしますm(__)m


Xiaomi MEE7とMET7がTENAAを通過

 ソースはこちらこちら。筐体色だけでなくてメモリとストレージの容量が違っています。
 20日ほど前にRedmi Note 5のレンダー画像と価格がリークされましたが、それとはあまりにも異なっているため、ネット上でも様々な憶測が飛び交っています。

redminote5tenaa

 毎度のことながら、TENAAでの黒筐体は端末の細部が非常に見づらいので、こうして金筐体があると助かります。メインカメラがシングルで1200万画素、そしてセルフィーがデュアルで片方が500万画素という仕様も知ることができました。

 さて、これはいったい何なのかという話なのですけど、「Redmi Note 5だ」という説と「Redmi Pro 2だ」という説、さらに「Mi 6cだ」なんてものまで出てきてまして、正直なところは言及を避けるべきかと。

 仮にRedmi Note 5だとするなら、これまでのシリーズとディスプレイサイズとアスペクト比がまったく違うわけで、この5.99インチ18:9の2160*1080が果たしてNote 5なのかには疑問が残ります。
 Redmi Pro 2は7月にキャンセルの話が出たため、ここで復活させる可能性は微妙です。
 Mi 6cはPineconeのS2を積むはずですし、何より以前リークされていた画像とはカメラ位置が別物ですのでこれも違うでしょう。

 ヒントとなりそうなのが2.0GHzのCPUですかね。スナドラ630でも2.2GHzがデフォなので、わざわざクロックダウンするとは考えにくいですし、625ではないかと思うのですけどどうでしょうか。
 そうであるなら廉価版のベゼルレスというあたりが濃厚でしょう。1万円台の6インチ2160*1080ならば旧型SoCでも魅力はありますからね。

 とまぁ、以上はほぼ私見ですので読み流してくださって構いません。

 えーと、一つ追加情報として、以前書いたRedmi Note 5の価格が少し変わりまして、3GB/16GBが999元(約1万7100円)、3GB/32GBが1299元(約2万2300円)、4GB/64GBが1699元(約2万9100円)になったそうです。もし4GB/64GBがスナドラ660でこれを実現したならとんでもないコスパですよ。絶対に手に入れたい1台にリストインしました。


MEIZU X2の新たな画像がリーク

 /LEAKSさんのツイートで明かされました。Twitterアカウントも併せてご覧ください。

unknown-meizu-1

 最初に気付くのが「以前リークされたものと背面円形ディスプレイの位置が違う」という部分でしょう。また、フロントデザインもベゼルレスではなく、オーソドックスな16:9になっていますね。

 メインカメラはデュアルであり、円をモチーフにした面白い配置になっているのも特徴です。

 そしてこれは書いておきたいのが、楕円に近いと言って良いまでの形状の両面2.5D加工ですよ。持ちやすそうな予感がします。
 ホームボタンは指紋センサーを兼ねるのでしょう。あと、イヤフォンジャックもありませんね。

 残念ながらスペックに関しては未だに出てきておらず、各種検査期間やベンチマークのリザルトにも登場していないところを見ると、発売まではもうちょっと時間がかかるということかもしれません。


OPPO R11sは11月初旬に発表か

 今までのサイクル通りならそろそろですね。R9とR9sも似たようなリリース間隔でした。

r11s

 この画像自体は1ヶ月ほど前にリークされていたもので、その当時から「R11の後継はフルスクリーンになる」と言われていました。

 同じ型番を有する以上、ディスプレイ以外の大きな変更は無いと見られています。
 SoCはスナドラ660で、4GB/64GB、カメラはおそらく共通ではないかとのことです。ただ、6インチ前後の18:9ディスプレイはもちろんAMOLEDでしょうし、解像度は2160*1080以上ということだってあるかもしれません。

 発表は11月2日との説が有力です。
 こうして実機画像のリークがあるところを見ると、それもあながち間違っていない気もしますね。


Smartisan OS105が3Cを通過

 日本や海外の大部分の国ではニュースとしても取り上げられないことが多いSmartisanですけど、中国国内のIT系サイトには割と頻繁に登場するんですね。とりわけ日本は参入中止があったせいで、名前すら聞かなくなってしまったのが残念です…。

smartisanos105

 3Cは具体的なスペックが上がらないので、噂されているものをまとめてみましょうか。

 ディスプレイは見て分かる通りのベゼルレス。5.7インチと言われていますが解像度は不明です。
 メモリは6GBでストレージは64GB、バッテリは3300mAh程度だそうです。
 SoCは、当初スナドラ821との話だったのが660で決まりになったらしいですね。

 OS105は開発コードであり、製品名は"Austra"。11月7日に公式発表をするとSmartisanの偉い人が語っていました。
 興味のある方は「锤子科技」で検索してみてください。


 他所様のブログと違うのは、「記事の大部分が独断と偏見によるものである」という点ですかね(^-^;。
 たぶん誇っていいことではないと思うんですけど、唯一無二が目指すところだったりもしますので…。


ブログランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いしますm(__)m

【新製品】海外スマートフォン(2017.10.22)

・HTC U11 Plus
・Motorola Moto Z 2018
・OPPO F5
・UHANS I8
・ZTE BLADE X

 今日はもうすぐローンチ予定のものを中心に書いてみたいと思います。半分トピックスみたいなものです。
 公式に上がり次第修正をかけますので。


HTC U11 Plus

製品ページ

 11月2日に発表と言われています。U11はauとSoftBankでも取り扱われていますので、気になっている方も多いのではないでしょうか。→11/2 加筆修正しました。

DMcSowhXcAIF_Ck

寸法 不明 153.9×75.9×7.9mm
重量 不明 169g
OS Android 8.0
CPU Qualcomm Snapdragon 835 2.45GHz*4+1.9GHz*4
メモリ 4GB , 6GB
ストレージ 64GB , 128GB
MicroSD 256GBまで 2TB
ディスプレイ 6.0インチ
解像度 2880*1440
メインカメラ 1200万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 3930mAh

 カメラが両面シングルなのは無印U11と同じです。メインはおそらく共用でf/1.7のレンズだと思います。DxOMarkで90点を出したあれですね。

 大きく異なっているのはディスプレイサイズとアスペクト比。6インチ18:9になるようですが、WQHD+と言うのでしょうか、これ。DPIを計算すると、無印U11が5.5インチ2560*1440の534なのに対し、U11 Plusは537と、ほぼ同等ですけど、やはり画面占有率が気になってしまいます。

 これらのスペックはTENAA通過時のものですから、信憑性はかなりのものでしょう。
 セルフィーで少しばかりコストカットを図っているとするなら、価格も似たような感じになるのではないでしょうか。→64GBが19900台湾ドル(約7万5200円)、128GBが21900台湾ドル(約8万2800円)でした。
 惜しむらくは既にキャリアの新製品が発表を終えていることで、日本での取り扱いは早くても来年1月になってしまうと思います。

 U11シリーズと言えば、Android OneとされるU11 Lifeの情報も徐々に出始めましたが、これは間違いなく日本には入ってこないと思います。


Motorola Moto Z 2018

製品ページ

 Weiboの公式アカウントで10月24日発表とあります。→製品ページを貼りました。
motoz2018

moto-z-2018

寸法 不明 155.8×76×6.1mm
重量 不明 143g
OS Android 7.0 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 835 2.35GHz*4+1.9GHz*4
メモリ 6GB
ストレージ 64GB , 128GB
MicroSD 256GBまで 2TB
ディスプレイ 5.5インチP-OLED
解像度 2560*1440
メインカメラ 1200万画素+1200万画素
フロントカメラ 不明 500万画素
バッテリ 2565mAh 2730mAh

 もしかしたら名称はMoto Z3になるのかもしれません。スペックも、所謂ソースの無いものであり、すべて噂の域を出ていないのです。→Moto Z2 Forceの中国版でした。
 ただ、見つけた画像がすごく琴線に触れたので取り上げてみましたw。

 何やらプレミアムモデルがあって、それがこの画像のものらしいです。価格はなんと9999元(約17万1400円)とか…。金メッキでしょうか。→諸々が付属したKingsman VIP Special Editionらしいです。なかなか興味深い物が付いているので公式をご覧ください。


OPPO F5

 全部で3種類あり、10月26日か11月2日、最も遅くて11月13日に発表となるらしいです。
 OPPO F5.COMというサイトがありまして、どうやらネパールの有志が運営しているっぽいですね。画像やスペックもそこからお借りしていますので念のため。

oppof5_

寸法 141.3×69.6×8.9mm
重量 156g
OS Android 7.0
CPU Qualcomm Snapdragon 660 2.2GHz*4+1.8GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 6.0インチ
解像度 2160*1080
メインカメラ 2000万画素
フロントカメラ 1200万画素+1200万画素?
バッテリ 4000mAh

 セルフィーだけはよく分かりませんでした。OPPO F5.COMでは2400万画素とありますが、主なリークサイトでは1200万画素のデュアルとしているところが多いようです。ただ、画像からはシングルにも見えますし、これはもうしばらく待たないとはっきりしないのではないでしょうか。

 特筆すべきは、スナドラ660で4000mAhというバッテリは相当な余裕があるという点。Xiaomi Redmi Note 4のスナドラ625と同程度のバッテリ持ちが期待できると思います。

 他のバリエーションはと言いますと、メモリが6GBになったバージョンと、カメラ部が少しずつ落とされているF5 Youthがあるという話です。これは単なる噂ではなく、予約ポスターに記されていることなので間違いない情報でしょう。

 価格は最安モデルが300ドル前後だそうで、事実ならば爆売れ間違い無しだと思いますよ。


UHANS I8

 GearBest.comのプリセールに上がったのが8月末でした。ようやくアジアワールドエキスポでお目見えです。
uhans-i8-3
寸法 不明
重量 不明
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6750T 1.5GHz*4+1.0GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 128GB
ディスプレイ 5.65インチ
解像度 1440*720
メインカメラ 1300万画素+200万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 3200mAh

 これも中国メーカーの数多が拵えたGalaxy S8ライクのスマートフォンですが、アジアワールドエキスポでの実機画像を見たところ、厚さはけっこうなものだと感じました。おそらく10mm近いのではないかと。それと、背面および側面はガラスコーティングっぽいですね。高級感はそれなりにあると思います。

 GeatBest.comでは商品ページはあるものの、ずっと品切れ状態です。つまり予約受け付けを中止したと考えるべきでしょう。参考までに、価格は20968円です。
 具体的な発売日等はまだ分かっていません。


ZTE BLADE X

製品ページ

 これはしっかりローンチされています。取り扱い先であるCricketの商品ページはこちらです。
ztebladex
寸法 155.96×77.47×8.89mm
重量 156.5g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 425 1.4GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 2TBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 3000mAh

 キャリアモデルとしては十分だと思います。日本でもエントリーモデルとしてよく見るスペックですね。
 日本の場合には元々の値段を高く設定して、割り引きで買わせようとする魂胆が見え隠れするのですけど、アメリカの場合は最初から安いですよ。
 119.99ドル(約1万3600円)ですから、入門機としても気兼ねなく手を出せる端末だと思います。

 よくよく考えると、キャリアの初期設定があり得ない価格のために、SIMフリー端末が煽りを受けている感はありますよね。だから、何をどう間違っても1万円以下の性能のものを堂々と3万円で売ってしまうスタイルが罷り通ってしまうのです。


 中国メーカーのvivoがマーケットを広げるとアナウンスがありました。
 新たに加わるのは、台湾、シンガポール、香港、ロシア、モロッコ、ケニアです。
 もちろん日本は含まれていませんけど、これらの地域で業績が上がれば、また次の候補に入るかもしれません。密かに応援していきましょう。

【新製品】海外スマートフォン(2017.10.21)

・Allview X4 Soul VISION
・E&L S50
・InnJoo Halo 4 mini LTE

 そう言えば国内スマートフォンとしてMoto G5Sを紹介しようかと思ったんですけど、スナドラ430で税込み31104円はやっぱり高いのでやめました。


Allview X4 Soul VISION

製品ページ

 プロジェクタ機能内蔵のスマートフォンになります。プロジェクタ部は720pで投影可能だそうです。
ro_x4_soul_vision_-_principala_1_2
寸法 153.06×75.64×10.28mm
重量 202.5g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6750T 1.5GHz*4+1.0GHz*4
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 4000mAh

 ここでも紹介したプロジェクタ内蔵型だとVOGA Vというのがありましたが、あれとほぼ一緒のスペックで、メモリとストレージが減らされているだけです。つまりOEM版かリブランドモデル、もしくはファウンダリからの供給と考えるのが自然でしょう。VOGA VもMT6750Tだと判明したわけです。

 価格は2299レイ(約6万6800円)とかなり高め。現在300レイのバウチャーが配布されていますが、それでやっと5万8000円になり、VOGA Vの標準価格と同じなんですね。
 どうしてもプロジェクタ内蔵モデルが欲しくて、VOGA Vが手に入れられない環境だったら止めはしませんよといったところでしょうか。


E&L S50

製品ページ

 公式に上がりましたのでまとめておきます。なお、まだ準備中のようですが、さらに上位のS70もあるようです。
els50
寸法 145.9×75.9×11.3mm
重量 165g
OS Android 6.0
CPU MediaTek MT6753 1.5GHz*8
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 2700mAh

 アナウンスが2016年2月になってるんですけど、これはたぶんコピペの直し忘れでしょう。存在が明かされたのは今年8月だったはずです。
 まぁ、Wシリーズも焼き直しっぽいですし、そんな理由でスルーしてます。

 MT6753は1.5GHzにクロックアップされてるんですね。ならば尚更2700mAhは足りないですよ。重量がタフネスモデルとしては異様なまでに軽いので、これを実現するために犠牲になったとすればちょっと残念に思います。
 なお、一部のスペックサイトでは1.5GHz*4+1.3GHz*4と書かれていました。どっちにしてもGeekbenchはMT6750よりも高そうですけど。

 価格は、AliExpressで21123円だそうです。せめて1万円台まで落ちなきゃコスパは合格と言えないのではないでしょうか。


InnJoo Halo 4 mini LTE

製品ページ

 "LTE"と付いているのは親モデルのHalo 4がSC7731Gだったから。"mini"はディスプレイサイズですね。
halo4minilte_9-4
寸法 145.75×73×9.7mm
重量 160g
OS Android 6.0
CPU Spreadtrum SC9832 1.3GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 16GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 854*480
メインカメラ 500万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリ 2000mAh

 絞りに絞ったローエンドですが、ストレージだけは妥協しなかったのが分かります。このカテゴリにベゼルレスを求めてはいけないのでしょう。それでも、デザインは割と小洒落た感じがします。言われなければ激安スマホだとは気付かないかもしれません。

 まだショップに登場していないので価格は不明。
 LTEモデルだと先代のHalo 3が参考になるかと思いますが、それよりもかなりスペックが落ちるので3割減で考えてみますか。サウジアラビアでは349ディルハム(約1万800円)で通販サイトに並んでいます。ということで、249ディルハム(約7700円)なんてあたりがいかにもありそうじゃないですか?


 TENAAを眺めていると、「これはいつ出てくるんだろう?」とか「また二番煎じですか…」とか一人でぶつくさ言ってしまいますね。
 もちろん、面白いのに出くわしたときには速攻ブックマークですよ。

【新製品】国内タブレット(2017.10.21)

・docomo FUJITSU arrows Tab F-02K
・docomo HUAWEI dtab d-01K

 今回はdtab Compactの後継はありませんでした。
 キャリアで8インチだの7インチだのといったタブレットは今後登場しないのかもしれませんねぇ。


docomo FUJITSU arrows Tab F-02K

製品ページ

 富士通の製品ページはこちらです。

img_gallery_04

寸法 256×173×6.9mm
重量 441g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 660 2.2GHz*4+1.8GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 32GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 10.1インチ
解像度 2560*1600
メインカメラ 810万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 6000mAh

 発売は1月以降。まだ価格は発表されていません。
 現在取り扱いのあるarrows TabはF-04Hでして、それと同程度の2万円だったら飛び跳ねるくらい嬉しいのですけど、スナドラ660でそれは考えにくいですかね。何と言っても、スナドラ808を搭載したF-04Hと比べちゃダメってものでしょう。

 実質的な支払額が4万円以下だったらコスパはそれなりという感じですかね。


docomo HUAWEI dtab d-01K

製品ページ

 dtabがHUAWEIの製造だというのは周知の事実だと思います。このd-01Kはまだ製品ページがありません。

img_gallery_04 (1)

寸法 248×173×7.8mm
重量 475g
OS Android 7.0
CPU HiSilicon Kirin 659 2.36GHz*4+1.7GHz*4
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 10.1インチ
解像度 1920*1200
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 4100mAh

 こちらはSoCにKirinを採用したタブレットです。dtabシリーズ初となる防水・防塵仕様となっています。
 まぁ、659なら動作がもたつくことも無いでしょう。

 発売はやはり1月以降で、価格はこれまた不明ですね。
 もし24ヶ月のトータルが2万円台まで下がるようなら買っても損はないと思いますよ。


 えーとですね、LTEタブをキャリアで買うんだったら、3万円以下でなければ手を出しちゃダメだと思うんです。
 高くても良いならiPadという選択肢があるわけですし、余程のappleアンチでもない限り、それはやはり外せないんじゃないですかねぇ…。

【新製品】海外スマートフォン(2017.10.20)

・NOKIA Nokia 7
・Xiaolajiao V11
・fly POWER PLUS FHD

 ふと思ったんですけど、このブログの「電脳」ってカテゴリ、完全に不要ですね(;´Д`)。時間があるときに大改変しますので…。


NOKIA Nokia 7

製品ページ

 中国でのローンチです。
 しかしなぜこうも"ZEISS"の文字に惹かれるんでしょうかね。今時の若者には伝わらないのかもです…。
Nokia_7-color_variant-Black
寸法 141.2×71.45×7.92mm
重量 不明
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 630 2.2GHz*4+1.8GHz*4
メモリ 4GB , 6GB
ストレージ 64GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1600万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 3000mAh

 ディスプレイはあえて16:9のままにしたのでしょうか。それでも一昔前の5インチ筐体サイズで5.2インチになっていることから、ある程度のベゼルの狭さは伺えます。

 筐体と言えば、ガラスコーティングが施されているそうです。分かりやすいように黒のカラバリ画像にしてみましたが、確かNOKIAでは初めてではないですかねぇ。

 それはともかく、メインカメラはf/1.8だそうです。綺麗さは折り紙付きでしょう。スナドラ630とこのレンズだけでも、価格分の価値はあると考えるべきではないかと。

 4GBモデルが2499元(約4万2400円)、6GBモデルが2699元(約4万5800円)となっています。
 正直、メモリが6GB要るかどうかは微妙なところなので、この差額は非常に悩ませてくれますね。


Xiaolajiao V11

製品ページ

 すっかり存在を忘れていました(^-^;。久しぶりに覗いたらけっこうなラインナップ数にビックリしましたよ。
 最新とは言ってもアナウンスは1ヶ月前でしたが紹介しておきます。
xiaolajiaov11
寸法 153.8×72.4×9mm
重量 不明
OS Android 6.0
CPU MediaTek MT6750 1.5GHz*4+1.0GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 32GB , 64GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 5.7インチ
解像度 1440*720
メインカメラ 1600万画素+?万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 4100mAh

 公式からはデュアル構成のサブ側の画素数が分かりません。お世話になっているスペックサイトにも書かれていませんでした。画像からもデュアルなことは間違いないですが、明かされていないところを鑑みると500万画素以上では無いような気がします。

 それと、18:9にしては上下のベゼルが些か太めに感じますね。おかげでかなり縦長の印象になってしまっていますよ。

 言うなれば、猫も杓子も躍起になって開発しているスマートフォンの代表格と言えるかもしれません。
 Xiaolajiaoの中では比較的高い価格設定でして、1799元(約3万500円)は少しコスパが悪いと思います。あとは本体の質感がどうかによるでしょうか。


fly POWER PLUS FHD

製品ページ

 古いついでに9月ローンチのをもう1個。
 ロシアのスマートフォンは情報が逐次入るわけではないので、CIRRUS 16KNOCKOUTも気付いたときには既に古くなっていて新鮮味を失っていたのです。ただ、これはぜひ書いておきたいと思ったので取り上げます。
flypowerplusfhd

寸法 154.5×76.2×9.3mm
重量 195g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737T 1.5GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 5000mAh

 ロシア語でカメラを"KAMEPA"と書くのはなんか楽しいですw。確か"R"が"P"に変わるんでしたっけ。

 さて、その名の通り、大容量バッテリを搭載したモデルになります。5.5インチフルHDならこれくらい無いと話にならないというのはさておき、その安さも相まって「欲しい」と思わせるに足る製品ではないかと感じました。

 発表から日が経っているのでしっかり価格も出ています。
 ロシアでの最安は8193ルーブル(約1万6000円)だそうです。よくよくスペックを眺めれば、即購入ボタンをポチってもおかしくないと思いますよ。


 結局多忙につき、下の2つはストックしてあったものを多少書き直して放出しています。
 フライデーナイトには忙しさの山を超えていると良いんですけど…。

【新製品】国内スマートフォン(2017.10.20)

・docomo LG V30+
・docomo FUJITSU arrows NX F-01K
・docomo MONO MO-01K

 スマートフォンだけとりあえず急ぎ足で…。後回しにすると「まぁ別にいっか」となるのが目に見えているので(__;。
 ということで、国内向けとして以前書いたものは今回スルーしますのでご了承ください。


docomo LG V30+

製品ページ

 単なる偏見だとは思いますけど、オリジナルアプリのアイコンやらしゃべってコンシェルのキャラやらを見ると、そこはかとない安っぽさを感じてしまうんですよ…。ちなみに私、だいたいは買ったその日に削除してます(^-^;。
lgv30+
寸法 152×75×7.4mm
重量 158g
OS Android 8.0
CPU Qualcomm Snapdragon 835 2.45GHz*4+1.9Hz*4
メモリ 4GB
ストレージ 128GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 6.0インチP-OLED
解像度 2880*1440
メインカメラ 1650万画素+1310万画素
フロントカメラ 510万画素
バッテリ 3060mAh

 本家LG版と違う点だけ書いておくと、Androidのバージョン、ストレージ容量に64GBモデルが存在しない、バッテリ容量が若干少ない等ですね。カメラの画素数については、縦と横をかけた数値を10万の位まで書いているのでこうなるだけです。

 まぁその他にも、日本のキャリア版ということでおサイフケータイだったりフルセグだったりに対応している部分も触れておくべきですかね。

 あと、これは流しているサイトが多いんですけど、P-OLEDは今後の技術的展開を大きく左右するものだと考えているので、ぜひ情報は仕入れていきたいと思います。

 1月からの発売ということで価格は不明ですけど、docomoのラインナップの中からこれを指名買いする人ってどんな層なんだろうとちょっとだけ気になってみたり(^-^;。私は安ければ欲しいですけどね。
 まだ価格のシミュレートができないのが残念です。


docomo FUJITSU arrows NX F-01K

製品ページ

 arrowsも過去の事例云々で注目度はすっかり下がってしまいましたが、これはスナドラ660なのでアリだと思いますよ。富士通の製品ページはこちらです。
arrowsnxf01k
寸法 149×72×8.1mm
重量 150g台
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 660 2.2GHz*4+1.8GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 32GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 2300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 2580mAh

 新機能と称しているエクスライダーとかいうのは某HTCのパクリじゃん…とは言わないでおきましょうか。

 arrowsは毎度docomoの激安担当ですから、スナドラ660でもそうならかなりお買い得になりそうな気がしますよ。
 現在は乗り換えで26568円となかなかいい感じ。元々の設定価格は「はぁっ!?(*`Д')」と思わず声が出てしまう88128円ですけどね。

 まぁちょっとだけ気になるのはバッテリ容量でしょうか。いくら660とは言え、これは少ないと思うんですよ。せめて3000mAhは欲しかったですねぇ。


docomo MONO MO-01K

製品ページ

 先代は648円という衝撃価格でしたが、今回のはさすがに違いました。
mono01k
寸法 142×69×8.9mm
重量 153g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 435 1.4GHz*4+1.1GHz*4
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1320万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 2800mAh

 製造はZTEでしたよね。デザインは先代からそれほど変わった印象は受けません。
 とあるサイトで「狭ベゼル」と書かれていたのですけど、そんなことはありません(^-^;。いたって普通、と言うか太いくらいですよ。

 スナドラ435で25272円だと、とりわけ安いわけでも高いわけでもありませんねぇ。ただ、docomo with対応機種ですから、なんやかんやで実質ゼロ円に近くなるんでしょう。
 所謂「抜け道」をあからさまにご提示くださったのですね分かります。消費者のためには指導が入らないほうが良いのですけど、いつまで続くかは不明ですよ。


 もう一つ、JOJO L-02Kというのがありますね。これは中身がV30のジョジョ記念モデルとなっています。ノベルティ物が好きな方はぜひどうぞ。
 あ、らくらくスマートフォンとディズニーモバイルはパスで(^-^;。


 こんなところですかね。あとは一度紹介したものですので割愛させていただきます。

 記事作成時間32分でした。頑張りましたので、間違い等がありましたらどうぞ優しく教えてくださいね(^-^;。

【新製品】海外スマートフォン(2017.10.19)

・ZTE AXON M
・MAZE COMET

 ちょっとばかり多忙でして、docomoの新製品については日を改めてまとめる予定です。


ZTE AXON M

製品ページ

 AT&Tでの取り扱いになります。AT&Tのプレスリリースはこちら
 なお、docomoでも"M Z-01K"として2018年1月以降の発売を予定しているそうです。
axonm
寸法 150.88×71.63×12.19mm
重量 229.63g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 821 2.15GHz*2+1.6GHz*2
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.2インチ*2
解像度 1920*1080
メインカメラ 2000万画素
フロントカメラ メインカメラと共用
バッテリ 3180mAh

 左右折りたたみ式のデュアルディスプレイを搭載したスマートフォンです。この画像でいくと右側のディスプレイ部が薄く、およそ4mm程度ではないかと思われます。強度はどうなんでしょうね。

 使い方の可能性はかなりあって、それぞれが独立して動くことが理由になっています。右側でブラウジングをしながら左でハンズフリートークをしたり、片方は動画を見て片方は文書を作成したりといったことができるようです。PCのマルチモニタと似たような感覚で使えると考えて差し支えないでしょう。
 もちろん広げた状態で大画面でゲームをしたりも可能だそうですよ。6.75インチとして使えるみたいです。ほぼタブレットですね。

 AT&Tでは24.17ドルの30回払いで計725.1ドル(約8万1800円)という高価な設定になっています。docomoも同じくらいだと仮定すると、24回払いなら月額の端末代金は3400円程度でしょうか。
 斬新なものへの対価としては安いと考えるユーザーも多いとは思いますけどね。


MAZE COMET

予告ページ

 間もなく発表される見込みですが、各通販サイトには上がってますのでそれを元にスペックをまとめることにします。
mazecomet
寸法 158.9×73.5×10.8mm
重量 235.8g
OS Android 7.0
CPU MEdiaTek MT6750T 1.5GHz*4+1.0GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.7インチ
解像度 1440*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 4000mAh

 以前から言われていたように、本革張りで高級志向筐体のスマートフォンですね。一切フェミニンな感じがしないところも好みだという方は多そうです。

 重量がかなりあるのは、革のせいか強度を高めた故かまでは分かりません。むしろこのテの端末の場合は、やけに軽いよりは余程良いと思いますよ。 

 革の色はブラックと濃いブルーがあります。ケースを着せるのがもったいない高級感ですね。手触りを楽しむための素材なので、裸のままで使うのが吉でしょう。

 日本語にも対応な上、Band 1,3,8もサポートとくれば狙ってみる価値はありそうですね。
 価格は以下のようになっています。

GearBest.com MAZE Comet (21399円)
TOMTOP MAZE COMET (18869円)

 GearBest.comは11月6日以降、TOMTOPは11月15日以降の発送となっています。なお、公式の製品ページになるであろうものがGearBest.comには上がっていますので併せてご覧くださいませ。


 じっくり調べている余裕もなくて、スマートフォンの新製品は2つだけでした。明日もこんな感じかもしれません…。 

【新製品】海外タブレット(2017.10.19)

・CUBE Free Young X7

 駆け足モードで失礼します(__;。


CUBE Free Young X7

 2ヶ月前の記事で紹介したX5の10.1インチ版です。X5はいきなり半額まで値下がりしましたね。
 ちなみに、中身がだいたい似ているALLDOCUBE T10の製品ページはこちらになります。正確にはT10 Plusですが。
freeyoungx7
寸法 240×167×8.3mm
重量 530g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT8783 1.5GHz*8
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 10.1インチ
解像度 1920*1200
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 6500mAh

 X5と主要スペックもだいたい一緒です。ただ、やはり10.1インチには心を動かされますね。SoCもLTE対応ですし、機動力と大画面を両立させたモデルと言って良いでしょう。

 いろいろと調べてみたのですが、価格は非常にピンキリでして、最も高いところは3万6000円、安いところはAliExpressで21507円でした。その他、日本円表記ができるところだと、Banggoodで24380円とかですかね。このくらいが平均だと思います。X5の発売当初よりも安いので、これは現時点なら「買い」ですよ。…2ヶ月後に半額になる可能性は低いはずです(^-^;。


 10.1インチタブって、モニタにもなるサイズなのに持ち運びが容易だという有益な点があります。
 例えば、「複数人で動画を鑑賞する」なんて用途にも打ってつけなんですよ。

【新製品】海外スマートフォン(2017.10.18)

・Motorola Moto Green Pomelo
・Samsung Galaxy J7 Core
・Mafe Shine M815

 QualcommがSnapdragon 636を発表しました。この記事の最後にまとめておきます。


Motorola Moto Green Pomelo

製品ページ

 ポメロはチャイニーズグレープフルーツのことで、和名はザボン、中国語では"柚"です。グリーンは"青"と表され、若者に擬えられることもあるみたいですよ。
motogreenpomelo
寸法 150×73.4×8.24mm
重量 157g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 430 1.4GHz*4+1.1GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 32GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1600万画素
フロントカメラ 1600万画素
バッテリ 3000mAh

 簡単に言ってしまうと中国版G5Sなのですが、グローバルモデルとは異なっている部分があります。それはメモリ容量とセルフィーの画素数ですね。
 メモリ4GBを積むG5Sはインド版で取り扱われています。ただ、それでもセルフィーはグローバルと同じ500万画素であり、中国版はかなり特殊であると言えますね。
 加えて、画像に挙げたカラバリのローズゴールドも中国オンリーとなっています。

 価格は1599元(約2万7100円)と、インド版の12999ルピー(約2万2400円)に比べると少しばかり割高になっているでしょうか。セルフィーのぶんと考えればそれほど高いわけではありませんけど。
 まぁ、これによって日本のG5S Plusの売価がスナドラ625というだけで4万円超えになっているのが明らかにおかしいと気付けるわけですよ。


Samsung Galaxy J7 Core

製品ページ

 アジアの一部の国でのローンチです。英語表記のフィリピン公式を貼っておきました。
galaxyj7core
寸法 152.4×78.6×7.6mm
重量 170g
OS Android 7.0
CPU Samsung Exynos 7 Octa 7870 1.6GHz*8
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.5インチAMOLED
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 3000mAh

 インドで7月末に発表されたJ7 Nxtと同じものですね。このブログでも記事にしていますので併せてご覧ください。
 ただ、例えばインドネシアではフィリピンに無いシルバーのカラバリがラインナップに加わっているなど、微妙に違いを持たせているようです。

 価格は9990ペソ(約2万1800円)でして、インドの11490ルピー(約1万9800円)とはけっこうな差がありますねぇ。名称を変えた理由がそんなところにもあったりして。
 それでも、14nmの7870の恩恵を受けるには安い額だと思いますよ。


Mafe Shine M815

 珍しくまだ公式には上がっていません。各通販サイトも音沙汰なしですね。
mafeshinem815
寸法 ?×?×8.1mm
重量 184g
OS Android 7.0
CPU Spreadtrum SC9832 1.3GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 16GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 854*480
メインカメラ 500万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリ 4000mAh

 たぶんSC9832で合っていると思います。さらに解像度を考えれば、4000mAhはかなり余裕の容量ではないでしょうか。

 さて、読者の皆様方はメモリとストレージばどちらに重きを置くべきだと思われますか?
 つまり、どちらか削らなければならないとしたら、この製品のように1GB/16GBが良いのか、それとも2GB/8GBが良いのかという話なんですけど、実際には後者は見たことが無いので、これはおそらくメーカーが承知の上で2GB/8GBを作っていないということだと思うんですよ。

 だって、実使用で困るのはメモリ不足よりもストレージの空き容量不足ですよね。メモリは揮発性を有してますから、解放してやれば空きを作ることは可能なわけです。それに対して、インストールの際に空き容量が足りませんなんて出た日にゃ、何かを泣く泣く消さなきゃならない葛藤が生じるじゃないですか。

 という感じで、1GB/16GBは案外使えるスペックではないかと最近思っているのですよ。
 メモリが2GBあっても使っていれば自然に空きがなくなってしまいますけど、こまめにツールなんかで解放してあげると使い切ることは稀ですし。

 えーと、価格は4999ルピー(約8600円)だそうです。SpreadtrumはSNS専用としていつかは欲しいと思っていたりします。


 ではスナドラ636の情報を。

 Qualcommはちょっと前に「SoCではなくてMobile Platformだ」と宣言していますが、単に呼び名の違いでして、統合されているものが大きく変わったわけではありませんので念のため。

 主な目玉としては、「Quick Charge 4への対応」「5G LTEのサポート」「FHD+(2160*1080)の正式対応」などが挙げられています。
 しかし何と言っても性能アップについて語らなくてはならないでしょう。

 コアは14nmのKryo 260で、最大1.8GHzのオクタ構成。ここが630から最も進化した部分であり、性能比で40%向上とのことです。同時に、GPUもAdreno 508から509へと変わっています。
 クロックでは630や626に劣っていても、ベンチスコアはミドルレンジとしたらとんでもないものになりそうですねぇ…。ちなみに、660はAntutuで軽く10万を超えますから、それに近いスコアだと予想しています。10万に近い9万台ですかね。デカコアのHelio X25を上回るのは確実かと。

 11月以降に搭載端末の噂が出てくるはずです。楽しみに待っていましょう。

【新製品】国内タブレット(2017.10.18)

・SoftBank HUAWEI MediaPad M3 Lite s

 AQUOS R compactのスペックがSoftBankにアップされていましたので、前回の記事を修正しておきました。


SoftBank HUAWEI MediaPad M3 Lite s

製品ページ

 海外では6月にリリースされていたモデルですが、少しずつスペックが異なっています。
mediapadm3lites
寸法 213.4×123.4×7.7mm
重量 325g
OS Android 7.0
CPU Qualcomm Snapdragon 435 1.4GHz*4+1.1GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 8.0インチ
解像度 1920*1200
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 4650mAh

 グローバルモデルのM3 Liteはこちら
 日本モデルは8月末にリリースされています。ファーウェイ・ジャパンの製品ページはこちらです。

 まず違うのがメモリとストレージの容量ですね。グローバル版だと3GB/16GB、3GB/32GB、4GB/64GBの3種類で、日本版は3GB/32GBのみ。この2GB/16GBはこれまでにないバリエーションになります。
 次にバッテリも少し減らされているのが分かります。4800mAhから150mAh減ったことで体感で差が生じるのかまでは不明ですが、LTEモデルなだけに些か残念です。それなのに重量は15g増となっているのが不思議。

 発売は2018年1月下旬とのことで、まだかなり先です。当然価格も明かされておらず、1月中旬にならないと分からない模様です。

 ちなみに、国内LTE版の現在の最安値は27741円。
 何度も書いている通り、HUAWEIは海外と国内でそれほど売価が変わらないため、一般的な通販サイトにおける3GB/32GBの価格は3万円前後というところが多く、日本はむしろ安い部類ですね。

 では最も下のグレードである3GB/16GB/Wi-Fiがいくらなのかと言うと、amazon.comで169ドル(約1万9000円)という値が付けられています。
 …まさかLTEになった途端に4万円とかはあり得ないと思うんですけど、キャリアならやりかねないですわ(;´Д`)。


 私は、基本的にiPad以外のタブはキャリアで購入すべきではないと考えていますよ。

【新製品】海外スマートフォン(2017.10.17)

・HUAWEI Mate 10 , Pro
・Xiaomi Redmi 5A
・M-HORSE Pure 1
・iNO Scout 3S
・Lephone W15

 この記事を書きながらMate 10の発表会"KEYNOTE LIVE"にしばらく見入ってしまいました。リスニングは苦手なので半分も理解できてないと思いますが、なかなか楽しかったです。こういうのを見せられると「すげぇ~。欲しい~」と思ってしまうという予期せぬ副産物がありますけどorz
 しかしまぁ、ライブで見られるなんて、ホントに良い時代になりましたよねぇ…。


HUAWEI Mate 10 , Pro

製品ページ(Mate 10)
製品ページ(Mate 10 Pro)

 日本時間の21時から行われたイベントで詳細が明かされました。同時にグローバルサイトにも上がっています。仕事が早くて助かりますよ。

mate10pro

Mate 10
寸法 150.5×77.8×8.2mm
重量 186g
OS Android 8.0
CPU HiSilicon Kirin 970 2.36GHz*4+1.8GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.9インチ
解像度 2560*1440
メインカメラ 2000万画素+1200万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 4000mAh

Mate 10 Pro
寸法 154.2×74.5×7.9mm
重量 178g
OS Android 8.0
CPU HiSilicon Kirin 970 2.36GHz*4+1.8GHz*4
メモリ 4GB , 6GB
ストレージ 64GB , 128GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 6.0インチAMOLED
解像度 2180*1080
メインカメラ 2000万画素+1200万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 4000mAh

 公式のスペックシートには、事前にリークされていたもの及び画像にあるようなカラバリの名前が書かれていません。明記されているのは、無印Mate 10がブラックとシャンパンゴールド、Proがチタニウムグレーだけです。KEYNOTE LIVEではブルーやらピンクやらも紹介されていたので、後に上がるんだと思います。

 カメラは当然ライカ監修で、いったいどんな写りなのだろうと期待が高まりますね。メインカメラはf/1.6というとんでもなく明るいレンズを採用しているため、夜間や暗所の撮影には強い味方になってくれるはずです。

 ディスプレイは無印とProでアスペクト比およびパネル方式が異なっています。ここはつまり自分好みで選べるということなんでしょう。
 気軽に買える金額ではありませんが、選択肢が提示されたのはある意味ユーザーサイドに立っていると言えるのではないでしょうか。

 さて、価格はやはりリークされていた通りで、Mate 10が699ユーロ(約9万2200円)だそうです。
 一方Proの6GB/128GBは799ユーロ(約10万5400円)と、そこまでの差でもありませんでした。コスパが悪いわけではなく、むしろこれくらいの違いなら積極的にProを選ぶ人も多そうです。
 そしてポルシェデザインは1395ユーロ(約18万4100円)となっています。発表時に会場がどよめいたのにはクスッと来てしまいました(^-^;。

 発売は11月からとなっていますが、ファーストローンチの国名にしっかり"Japan"の文字が連ねられているじゃないですか!!
 これは、いち早く買える国の中に含まれたと捉えていいんですよね? HUAWEIに惜しみない拍手を送ります。


Xiaomi Redmi 5A

製品ページ

 Note 5Aは8月末の発表だったので2ヶ月近く開きました。ただ、先代にNote 4Aというモデルは存在しなかったため、Note 5Aは実質的な新グレードだったのに対し、こちらはRedmi 4Aの後継というポジションになります。
redmi5a
寸法 140.4×70.1×8.35mm
重量 137g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 425 1.4GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 3000mAh

 主要なスペックはほぼ4Aと一緒です。このグレードは最廉価版を意味しており、言うなればXiaomiの掲げるエントリーモデルがこれなわけですね。所謂高配版の"Prime"というバリエーションもありません。

 しかし、最低限度のスペックとは言え、日本の某メーカーの「間違いないスマホ」とかいうのよりは八千倍くらいまともな仕上がりです。よほど特殊な用途を望まない限り、普段使いで困ることは無いと思いますよ。

 価格は599元(約1万200円)。おそらくスナドラ425搭載端末では世界最安クラスでしょう。
 ちなみに、ここ数年で最も元が安かった昨年8月のレートで計算すると9100円になります。ただただ驚きですわ。
 そう言えば以前Xiaomiの偉い人が、「端末の販売コストを下げても周辺アクセサリで利益を上げているから問題ない」と話していました。まさにこのRedmi 5Aは、そんな赤字覚悟の価格設定だと思います。


M-HORSE Pure 1

製品ページ

 オーバービューは無く、スペックシートが直接表示されます。M-HORSEの製品は初めて紹介するような気がしますけど、なんだか随分垢抜けた印象がありますねぇ。
m-horsepure1
寸法 159×74×8.5mm
重量 170g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737H 1.3GHz*4
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.7インチ
解像度 1440*720
メインカメラ 800万画素+200万画素
フロントカメラ 500万画素+200万画素
バッテリ 4000mAh

 Power 1と2も製品リストにありますので、興味を持たれた方はチェックしてみてください。
 このPure 1を取り上げた理由はもちろん18:9ディスプレイにあります。さらにカメラが両面デュアル構成というのもポイント高いですよ。何より、この青のカラバリが琴線に触れたのです。

 検索をかけてはみたのですが、購入できるサイトは見つけられませんでした。ロシアの4PDAでは100ドルプラスアルファとありました。すると1万2千円弱といったあたりになるでしょうか。
 もう少し時間が経ったら通販サイトを片っ端から探してみることにします。


iNO Scout 3S

製品ページ

 シンガポールのメーカーですね。6月の記事でベースモデルのScout 3を紹介していますが、今回はその上位版になります。

ino SCOUT 3S

寸法 145×75×22mm
重量 不明
OS Android 6.0
CPU MediaTek Helio P10 2.0GHz*4+1.1GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 非搭載
フロントカメラ 非搭載
バッテリ 5000mAh

 Scout 3がMT6737でしたから、Helio P10でもかなりのパフォーマンスアップなんでしょう。5000mAhは一見多いように感じるものの、激しく使うとあっと言う間に消耗する28nmなのはマイナス点ですが。

 さて、カメラを搭載しないことのメリットは何だろうと考えてみたのですが、一つには「カメラ持ち込み禁止の場所に携帯できる」という点があるかなと思い付きました。あと一つは「カメラなんて要らねえぜ!!」という硬派な人向けとかでしょうか(^-^;。

 価格は420シンガポールドル(約3万4700円)です。日本のBandも19以外はほぼサポートしていますし、意外とコスパは良いのかもしれません。


Lephone W15

 もちろん製品ページはまだありませんが、端末の存在自体は6月末のMWC上海で確認されていました。
lephonew15
寸法 不明
重量 不明
OS Android 6.0
CPU 不明 1.3GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 32GBまで?
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 2000mAh

 なんせ公式に明かされているのがこの程度なものですから、なかなか判断しづらいところはありますよ。
 それでも、MT6737ではないんだろうなという感じはしますし、Androidのバージョンが古いのもコストダウンのためと考えれば、かなりの安値で販売される予感はします。

 端末云々の話ではないのですが、Lephoneは日本では非常に馴染みの薄いメーカーだと思います。しかし、中国の調査機関である第一手机(n1mobile)によると、トップ20に顔を出すこともあるようなシェアと知名度を誇っていたりするのです。要するに、中国もローエンドへの関心とニーズが高いことを意味しているのでしょう。


 その第一手机をさっきいろいろと眺めていて気付いたのですけど、知らないメーカーがたくさん出てきてますね…。あとでリストアップしなきゃ。

電脳ニュース海外版(2017.10.16)

・RAZER RAZER Phoneの画像がリーク
・ASUS Z3 VENOMはSD845を搭載したゲーミングスマホになる?
・NOKIA Nokia 10はLumia 1020と同じカメラを搭載か
・Xiaomi Mi 6 PlusとMi 6cの画像がリーク
・MEIZU X2がGeekbenchに登場

 本当は1週間もトピックスを溜めてしまうと泣く泣くスルーしなければいけないものもあるんですよ…。
 うちのブログしか見ていないという方は稀でしょうから、どうぞ他も併せてご覧くださいませ。と言うか、ずっと前から継続して相互リンクを募集中です(^-^;。


RAZER RAZER Phoneの画像がリーク

 名称はまだ未定ですね。スロバキアのTECHBYTEというサイトによるリークです。

koncept-696x392

 デザインは確かにRAZERですが、これと別に出てきた実機の画像は、今年初めにRAZERによって買収されたNextbitのRobinに似ているような気がします。鋭角なスタイルや、カメラ位置と側面ボタンの形状がそっくりですよ。もしかすると企画のメインがNextbitなのかもしれません。

 先日も書いた通りゲーミングデバイスとしても有益なスマートフォンというのがコンセプトらしく、スナドラ835、8GBのメモリ、64GBのストレージ、5.7インチ2560*1440ディスプレイなどが分かっているところです。
 これらの情報はGFXBenchのリザルトから明らかになったものですが、それによるとカメラはメインが1200万画素、セルフィーが800万画素となっているのに、今回リークされた画像では背面がデュアル構成になっているんですね。

 あと2週間ですから、今後さらに細かいところまで出てくるはずです。ゲームプレイ動画なんかも見られたら面白いかもしれません。


ASUS Z3 VENOMはSD845を搭載したゲーミングスマホになる?

 今のところコンセプトモデルであり、販売に関する情報はありません。

asusz3venom

 これまでのASUSではあまり無い筐体デザインだなと感じたのも当たり前で、外部のデザイナーによるものだそうです。
 やはりコンセプトモデルであるが故、現実的でないと思う点が一つありまして、それは背面カメラ位置。この場所だと、右手で持った際に人差し指がレンズに被りますよね。だから大半のモデルは真ん中か左上に付いているんだと思ってました。

 それはさておき、もし発売まで漕ぎ着けられるのであれば、相当なハイスペックになるのは確実で、スナドラ845、2560*1440の6インチAMOLED、8GBメモリ、5000mAhのバッテリといった感じで噂されています。
 ちなみに、フロント下部に見える対の物はスピーカーっぽいですねぇ。ここにも何らかの特別な仕様が盛られる可能性もあると思います。

 何はともあれ、こうした噂は非常に楽しいので、新たな情報も探してみようかと考えています。


NOKIA Nokia 10はLumia 1020と同じレンズを搭載か

 ご存じ無い方も多いでしょうけど、Lumia 1020は2013年にリリースされたWindows Phoneでした。SoCはスナドラS4、4.5インチAMOLEDで、カメラ部はなんと4100万画素という時代の遺物です。

nokia-10

 黄色のカラバリがいかにもLumiaを踏襲した感じですね。カメラがすごいことになるというのは予てからの噂にもあった通りですが、まさか4年前のLumiaのレンズを流用するとは考えにくいので、そこはリファインしたものになるのではないでしょうか。

 端末名が示すようにフラッグシップであるため、スナドラ845か835、メモリ6GBか8GB、ストレージは128GBに256GBモデルも存在するそうです。
 ディスプレイは5.7インチのAMOLEDで2560*1440。一部ではNokia 10 Maxもラインナップに加わるとの見方もあって、それは6.3インチ3840*2160と言われています。DPIを計算すると699という人間の目には識別不可能なものなんですけどね。ブラウン管テレビの時代からは想像も付かなかった技術ですよ(^-^;。

 最も早ければ12月に発表される可能性があるらしいです。特にカメラ部に注目しておきたいと思います。

 そう言えば、NOKIAが日本に再参入したのがヘルスケア製品で、6月のことでしたか。これを機にスマートフォンも…なんて話もチラホラ聞きますけど、個人的には「無い」という結論ですんで。


Xiaomi Mi 6 PlusとMi 6cの画像がリーク

 Plusは既にGFXBenchにも登場しているので発売間近でしょう。
mi6plus
xiaomi-mi-6c-leak

 Mi 6 Plusは5.7インチフルHDで、その他のスペックはMi 6と共通。メモリは6GB、ストレージは256GBもあるようです。メインカメラは1200万画素2基ですね。

 Mi 6cはおそらくMi 5cと同じように、自社製PineconeのSoCのSurge S2を載せてくると見られています。2.3GHz*4@A73+1.8GHz*4@A53ですね。メインカメラはやはりデュアル構成で、1200万画素+500万画素というあたりが濃厚らしいですよ。

 バリエーションモデルとは言え、それぞれに特徴と訴求力のあるのがXiaomiのラインナップです。
 安ければ6cを試してみたいんですけど、5cが高かったので今回こそはと期待しているところです。噂では1499元(約2万5500円)ということで、そのくらいなら普通に買ってしまいそうですが…。


MEIZU X2はベゼルレスで確定か

 先週セカンダリディスプレイについて書いたMEIZU X2の続報です。

3f280001ea1cdc5e3379

 これがリークされた画像ですが、先週のものとエッジの形状が似通っており、信憑性は高い気がしますね。
 ただ、どうもディスプレイの輝度が嘘臭くて、モック品に見えてしまうのも事実。
 11月リリースだとすればそろそろ実機画像が出てきてもおかしくはないため、どちらと捉えるのが正解かはちょっと保留にしておきます。

 スペックに関しては具体的な話がほとんど上がってきていません。
 SoCもHelioなのか、またはスナドラ660なのかというあたりで煮詰まっているようですし、ディスプレイは18:9になるという話もあるのに対し、少なくともこの画像はオーソドックスな16:9に見えます。

 まぁ、中国大手メーカーの中でMEIZUはまだベゼルレススマートフォンを発表していませんから、これが最初になる可能性は十分あると考えます。
 インドのサイトにあるように19000ルピー(約3万2800円)に収まるのなら、魅力はかなり高い製品だと思いますよ。


 各社が二番煎じに走る中で、新たな道を模索するメーカーは少なからずあります。例えばYotaphoneなんかはその最たるものですよね。
 それも結局他のところに取り入れられてしまうわけでして、究極のかたちは「全部入り」なんだろうなぁと思うのです。


ブログランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いしますm(__)m

【新製品】海外スマートフォン(2017.10.15)

・vivo Y79
・Meitu M8s
・Ulefone T1 Premium Edition
・verykool ROCKET SL5565
・Samsung Galaxy J2 (2017)

 やはりMate 10にはポルシェデザインがあったようです。公式FBで予告されていますが、デザインの詳細はまだ分かりません。あと2日なんだから少しくらい出してもいいのにと思ってしまいます。


vivo Y79

 TENAAを通過したのがつい数日ほど前のことですから、発表はもう少し先になるでしょう。ただ、中身は以前も書いたV7+と同じということで、先走ってまとめておきます。
v7+
寸法 155.87×75.74×7.7mm
重量 160g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 450 1.8GHz*8
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.99インチ
解像度 1440*720
メインカメラ 1600万画素
フロントカメラ 2400万画素
バッテリ 3150mAh

 要するにV7+がインド版、このY79が中国版という扱いですね。
 唯一の違いはバッテリ容量でして、3225mAhから若干減っています。体感的な差は無いでしょう。

 中国vivoにおけるYシリーズは、大雑把に言えばミドルレンジ以下のカテゴリなのです。いくらvivoと言っても、5万円以上なんて値付けはしてこないと思いますねぇ。
 だいたいにしてV7+が3万7~8千円程度である以上、高くても2299元(約3万9100円)、安ければ1999元(約3万4000円)もあり得ると予想しています。FBでお馴染みのリーカーさんは300ドルと言ってますし、あながち間違っていないのではないでしょうか。


Meitu M8s

製品ページ

 コラボしてるのは全て日本のキャラじゃないですか。これでサンリオや藤子プロ、東映にいくらのリベートが発生するのか、とても気になりますw。
meitum8s
寸法 155.9×71×9.3mm
重量 168g
OS Android 7.1
CPU MediaTek Helio X27 2.5GHz*2+2.0GHz*4+1.6GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 64GB , 128GB
MicroSD 非対応
ディスプレイ 5.2インチAMOLED
解像度 1920*1080
メインカメラ 2100万画素
フロントカメラ 1200万画素+500万画素
バッテリ 3100mAh

 中身はT8sとほぼ一緒でしょう。ただ、バッテリが減らされているのは納得いきませんよ。Helio X27で3100mAhなんて絶対少ないです。下手したら1日毎に充電しなきゃいけないかも。

 それと、Meituの筐体はこのように六角形のものが多いのですけど、普通にサイズを取ってるだけだと思うんですよね(^-^;。オシャレに無頓着な人間からしたら、5.2インチで16cm近い筐体なんて邪魔なだけだと…。

 価格は例によって上乗せが半端ないです。
 標準モデルが2999元(約5万1000円)、コラボモデルが3999元(約6万8000円)だそうですよ。
 コラボモデルのほうは、ストレージが倍になるだけでなく背面プリントが施されてますから、プレミア感はありますけどね。ハローキティとセーラームーンに付属しているのはおそらく自撮り棒で、ボタンはワイヤレスシャッターですかね。知らんけど。

 あと、全然関係ないのですが、このピンクのカラバリは「芭比粉」と言うそうで、パッと見「パピコかな?」と思ってしまいましたw。「粉」はパウダーでピンクを、「芭比」はバービーを表すらしいです。


Ulefone T1 Premium Edition

製品ページ

 元モデルのT1は6月末の記事で紹介しています。仕様の修正の意味も込めて書いておきますかね。
t1-pe-1
寸法 155×76.9×8.45mm
重量 181g
OS Android 6.0
CPU MediaTek Helio P25 2.6GHz*4+1.6GHz*4
メモリ 6GB
ストレージ 128GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1600万画素+500万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 3680mAh

 無印から変更になっているのはストレージ容量とこのド派手なカラバリです。サッカーチームっぽいなと思ったのですが、特にコラボというわけでも無いようですね。
 公式によると、普通の色の端末よりも製造に3倍の時間がかかるそうで、さぞかし金額も盛られることだろうと思ったのですよ。しかしそこはUlefoneのことですから一般的な同スペックの端末よりも安いくらいで、AliExpressでは3万4千円から3万5千円となっています。

 とは言っても、こうなると「さすがに派手すぎる」と思われる方も多いでしょう。発売から日が経って無印はさらに安くなりましたし、狙ってみるのもいいかもしれませんね。
 先日も紹介したTOMTOPが他の通販サイトより3千円くらい安いです。

TOMTOP Ulefone T1 (25529円)

 1万円の差は大きいですね…。


verykool ROCKET SL5565

製品ページ

 verykoolの製品も随分久しぶりです。たぶんアナウンス自体は8月くらいだったかと。
rocketsl5565
寸法 156.4×79.2×8.8mm
重量 172g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737 1.3GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 2700mAh

 バッテリが少し足りないでしょうか。ましてや5.5インチであれば最低でも3500mAhは欲しいところです。
 それと、"マルチウインドウビュー"ってヌガー標準の機能ですよね(^-^;。

 まぁ、ローエンドによくある、カメラ部だけは頑張りました的な端末でしょう。
 ただ、Band 1と8はサポート外ですから、日本で使うには些か厳しいと言わざるを得ません。
 ついでに、アメリカの通販サイトにも商品が無く、価格情報もまったくヒットしないためにコスパについて語れないのも残念です。
 これまでのverykoolの平均価格を見ると100ドル前後だとは思うのですけどね。


Samsung Galaxy J2 (2017)

製品ページ

 インドでのローンチです。新興国以外では取り扱われないであろうローエンドですね。
galaxyj22017
寸法 136.5×69×8.4mm
重量 130g
OS Android ?.?
CPU Samsung Exynos 3 Quad 3475 1.3GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 8GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 4.7インチAMOLED
解像度 960*540
メインカメラ 500万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリ 2000mAh

 公式のスペックシートにはAndroidのバージョンとSoCの記載がありませんね。ただ、Exynos 3475であることは間違いないそうです。

 Exynos 3475の発表は2015年で、コアはA7、プロセスルールは28nmです。GPUがMali-T720ですから、各種ベンチマークのスコアはMT6737と似たような感じになると思います。Samsungのプロダクトページはこちら

 解像度は低いものの、実際に4.7インチのAMOLEDがどんなものなのかは非常に興味がありますよ。

 価格は公式ショップで7390ルピー(約1万2800円)と、少しばかりブランドの付加価値が上乗せされているでしょうか。まだamazon.inやFlipkartにも商品ページは無く、そこに登場したらもう少し下がるのかもしれません。

 ちなみに私、あまりにもインド製品を検索しすぎたせいか、リタゲにamazon.inが出まくってます(^-^;。現状日本からは購入できないのに、これはゆくゆく買えるようになるという予告でしょうか。


 ハッと気付くと10月も半分過ぎてしまいました。
 ですが、年末商戦に向けた新製品ラッシュはきっとまだまだこれからでしょう。
 …追い付けるかな(;´Д`)。

【新製品】海外スマートフォン(2017.10.14)

・ARCHOS Diamond Omega
・HUAWEI Honor 6C Pro

 昔、試しに一度だけ買ってみたRAZERのキーボードとマウスがあまりにも良かったので、11月1日発表のRAZER Phoneにもついつい期待してしまいます。筐体の材質がマウスと同じだったら買ってしまうかも…。


ARCHOS Diamond Omega

製品ページ(イタリア)
製品ページ(ドイツ)

 過去の例からも分かるように、Diamondシリーズはnubiaのリブランドモデルでして、これの中身も昨日の記事でも紹介したZ17Sですね。フランスでは11月下旬発売予定だそうです。
 なお、イタリアやドイツのARCHOSには既に同名の端末が存在しますので貼っておきました。なぜか解像度が1920*1080と記載されていますが、たぶんこれは誤りだと思いますよ。

ARCHOS-Diamond-Omega_1-640x446

寸法 147.46×72.68×8.5mm
重量 170g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 835 2.45GHz*4+1.9GHz*4
メモリ 8GB
ストレージ 128GB
MicroSD 200GBまで
ディスプレイ 5.73インチ
解像度 2040*1080
メインカメラ 1200万画素+2300万画素
フロントカメラ 500万画素+500万画素
バッテリ 3100mAh

 6GB/64GBモデルは存在せず、ウルトラハイエンドのみでの勝負ということなのでしょう。
 例え性能を持て余したとしても、iPhoneやGalaxyよりもずっと安いために損には感じないはず。ARCHOSの狙いはまさにそこにあるのではないかと思います。

 価格は中国国内予価よりも安い499.99ユーロ(約6万6200円)を予定しているそうです。
 あと1ヶ月半の間にnubiaオリジナルが値下がりすることを考慮に入れれば妥当なのかもしれませんけど、いったい何%がマージンとしてnubiaに入るのか些か気になってしまいます(^-^;。


HUAWEI Honor 6C Pro

製品ページ

 リンク先はロシアの公式ショップです。残念ながら購入ボタンが機能していないために価格は不明です。
honor6cpro
寸法 147.9×73.2×7.65mm
重量 145g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6750 1.5GHz*4+1.0GHz*4
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 3000mAh

 言わば「可もなく不可もなく」というやつではないでしょうか。

 HUAWEIが、と言うかHonorがそれなりの価格を付けてくるのは、Kirinの上のほうを持ってきたときとスナドラのときですから、Proという冠でも無印6Cより安くなる可能性は十分有り得ると思います。
 また、Honorのベースモデルは中国HUAWEIではEnjoyシリーズであることから、他国での展開も容易に想像できますね。

 ちなみに、Enjoy 6sは1299元(約2万2100円)なので、あくまで個人的にですけど1万8千円前後ではないかと予想しています。


 冒頭からの続きです。

 RAZER Phoneはかなりのハイスペックになるらしく、とりわけゲーミング用途に特化したコンセプトだそうですよ。
 詳細が分かり次第まとめますけど、GFXBenchのリザルトからは「カメラ部を抑えてメモリとディスプレイに盛った」というのが見て取れました。

 続報が楽しみですね。

【新製品】海外タブレット(2017.10.14)

・Teclast T8
・ZTE ZPad 8

 なぜでしょう。タブレットの新製品を見つけるとほっこりします。


Teclast T8

製品ページ

 8月末の記事でもまとめたT10の8インチ版ですね。
teclastt8
寸法 219.5×127.9×7.8mm
重量 346g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT8176 2.1GHz*2+1.7GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 8.4インチ
解像度 2560*1600
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 1300万画素
バッテリ 5400mAh

 まず8.4インチでWQXGAというのを最近あまり見なくなりましたので、その点はポイント高いです。DPIは359になります。
 そしてタブレットにしては珍しいセルフィー特化ですね。フロントカメラのレンズはf/2.0だそうです。

 バッテリ容量はどうなんでしょうね。少ないということは無いとは思いますが、8.4インチでA72コアを含むSoCで…と考えるとそこまで誉められたものでもないような気がします。まぁ、そもそも以前は中華パッドにバッテリ持ちを期待するのがお門違いでしたから、何かしらの努力はしてくれていると信じたいものです。

 まだ発売前ですが予価はこんな感じ。

GearBest.com Teclast T8 (30546円)

 相変わらず非常に安いですわぁ。日本のメーカーだったら9万円ですね分かります。


ZTE ZPad 8

製品ページ

 ZTEのタブってあまりご存じ無い方も多そうなので取り上げておきます。
zpad8
寸法 214.88×124.97×9.4mm
重量 330g
OS Android 7.0
CPU Qualcomm Snapdragon 210 1.3GHz*4
メモリ 1GB
ストレージ 8GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 8.0インチ
解像度 1280*800
メインカメラ 500万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリ 4620mAh

 初代ZPadは10.1インチのWUXGAで、バッテリも9070mAhというけっこうなハイスペックタブでした。
 今回のは打って変わってローエンドですね。これはあくまでメインのスマートフォンありきのコンセプトなのだと思います。

 対応キャリアはU.S.Cellularでして、価格は2年間で99.99ドル(約1万1200円)。サブとして使うにはなかなか良い選択肢かもしれません。

 ただ、残念ながらせっかくのスナドラ210も、Band 1,3,8はまったく掠ってもおらず、日本ではWi-Fiオンリーで使うしか無さそうです…。


 あれですかね、レッドリストの動植物を愛でたいみたいな話なんでしょうか(^-^;。消え行く可能性を孕んでいる儚さに心打たれるのかもしれません。
 VHSとBetaのときも似たような思いを抱きましたけど、結局今では両方過去の遺物ですもんね…。

 10年後には「DVD? なにそれ」とか言われてそうですorz

【新製品】国内スマートフォン(2017.10.14)

・SHARP AQUOS R compact

 docomoの発表とともに詳細が出て来るはずです。分かり次第加筆修正することにしますね。(先にSofaBankでした。10/17修正済)


SHARP AQUOS R compact

製品ページ
ニュースリリース

 スペックに関するものはほぼ明かされていませんが、先月下旬にある程度の仕様がリークされていたので、それを元にまとめておきます。
171013-b
寸法 132mm×66mm×9.6mm
重量 140g
OS Android 8.0
CPU Qualcomm Snapdragon 835 2.4GHz*4+1.9GHz*4 660 2.2GHz*4+1.9GHz*4
メモリ 4GB 3GB
ストレージ 64GB 32GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 4.9インチ
解像度 2032*1080
メインカメラ 2260万画素 1640万画素
フロントカメラ 1630万画素 800万画素
バッテリ 2500mAh

 分かっているのはこれくらいですね。 間違いだらけでしたorz

 解像度に関してはリーク元によって非常にマチマチだったのですが、公式に上がったところによると2032*1080というものになるらしいです。
 アスペクト比としては16.93:9でして、これはおそらく2040*1080の17:9が正しいんでしょう。画像から判断する限りでは、ディスプレイ上にPH-1のようなカメラ部の配置があるためで、ここを入れるか入れないかで変わってくるのではないかと考えています。

 "compact"という名称はもちろんXperiaをライバル視しているんですよね。中でも、SoCが被るXZ1 Compactと競り合いたい思惑があるのではないでしょうか。DPIで比較するなら、XZ1 Compactは319、AQUOS R compactは470という驚くべき差が存在するため、解像度での差別化を図っていると考えて差し支えないですね。

 すると当然価格にもそれは顕れてくるでしょう。キャリアで10万超えは間違いないところだと思います。→さすがにそれは無いと思いたいです…
 「コンパクトにも高性能を」というスタート地点は歓迎すべきものですが、海外であればせいぜい600ドル(SD660なら300ドルです)が限度ですし、月々の支払いは割り引き込みで3000円以下にしてもらいたいですねぇ。


 小型化のメリットもニーズも、少なからずあるはずです。
 あと3万円安いスナドラ660モデルが加わったら(→まさに660モデルでした。価格は期待するだけ無駄でしょうけど…)、冬モデルの台風の目になったかもしれないと残念に思うのです。鴻海に一枚噛んでもらえば、ノウハウを活かしていくらでも作れたような気がしますよ。

【新製品】海外スマートフォン(2017.10.13)

・ZTE nubia Z17S , Z17miniS
・UHANS K01
・INTEX Aqua Lions X1 , X1+
・Micromax Spark 4G Prime

 docomoの発表会は18日でした。そう言えば水曜日ですもんね。


ZTE nubia Z17S , Z17miniS

製品ページ(Z17S)
製品ページ(Z17miniS)

 nubiaジャパンが現在閲覧不可能になってますよ(T_T)。このまま閉鎖なんですかねぇ…。
nubiaz17s
nubia Z17S
寸法 147.46×72.68×8.5mm
重量 170g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 835 2.45GHz*4+1.9GHz*4
メモリ 6GB , 8GB
ストレージ 64GB , 128GB
MicroSD 200GBまで
ディスプレイ 5.73インチ
解像度 2040*1080
メインカメラ 1200万画素+2300万画素
フロントカメラ 500万画素+500万画素
バッテリ 3100mAh

z17minis

nubia Z17miniS
寸法 147.5×71.2×7.6mm
重量 155g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 653 1.96GHz*4+1.4GHz*4
メモリ 6GB
ストレージ 64GB
MicroSD 200GBまで
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1300万画素+1300万画素
フロントカメラ 1600万画素+500万画素
バッテリ 3200mAh

 なんと、どちらもBand 1,3,8,19,41をサポートします。無印がBand 20で欧州向けだったのが、19に変わったことで日本市場を視野に入れたと考えるのが自然ではないでしょうか。NFCにも対応してますし。
 なぜnubiaジャパンがBad Gatewayになっているのかは分かりませんが、これこそ日本で発売するための端末でしょうに…。

 中身自体は先に発売されたZ17およびZ17 miniと大差なく、筐体の作り直しといった感が強いのですけど、その筐体が実にnubiaらしい魅力で溢れているではありませんか。普通に欲しいですよ。

 Z17Sの価格は、6GB/64GBが2999元(約5万1100円)、8GB/128GBが3999元(約6万8200円)と、現在の最安に近いものになっているのも好感が持てます。
 一方Z17miniSは1999元(約3万4100円)でして、AliExpressの最安よりは少し高めですね。

 しかしこれくらいの価格ならば十分勝負になります。少なくともキャリアの端末なんて軽くなぎ倒せますよ。
 .jpサイトは一時閉鎖であって、リニューアルオープンのための準備期間と捉えてもいいですよね…。


UHANS K01

 公式サイトでは、I8、K01、MIX2の3つがニューモデルとして準備されていると書かれていますが、まだリンクは貼られていません。10月18日からのアジアワールドエキスポで発表になるものと思われます。
 まずは仕様の噂が出ているK01からお届けします。
uhansk01
寸法 不明
重量 不明
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6753 1.3GHz*8
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 5000mAh

 UHANSでは初となるタフネススマートフォンです。形状からも分かる通りIP68に対応しています。UHANSも本格的にこの分野に参戦するのだという姿勢を表しているわけですね。

 性能的には一昔前でも、5000mAhのバッテリは分かっているなぁという印象ですよ。これが3000mAh程度なら見向きもされないところだったでしょうから。

 価格に関する情報は出てきていません。アジアワールドエキスポは香港で18日から21日まで行われます。その中で明かされると思います。


INTEX Aqua Lions X1 , X1+ 

製品ページ(X1)
製品ページ(X1+)

 一番上に出てくるのがガラス面の堅牢さっぽいですね。スペックシートには「シャッタープルーフガラス」の文字がありますが、これは2枚のガラスの間にプラスチック等のプレートを挟み込んで割れ耐性を高めたものだそうです。
1011201750714PM_635_intex_aqua_lions_x1
Aqua Lions X1 (X1+)
寸法 150×74.4×9mm
重量 170g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737 1.3GHz*4
メモリ 2GB (3GB)
ストレージ 16GB (32GB)
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 2800mAh

 メモリとストレージの違いだけですね。筐体も同一のようです。どちらを選ぶかと問われればやはりX1+のほうになるでしょうか。
 レンズも、メインf/2.0、セルフィーf/2.2とまぁまぁですし、買って損の無い仕上がりになっていると思います。

 メーカー希望小売価格は、X1が7499ルピー(約1万2900円)、X1+が8499ルピー(約1万4700円)です。
 コスパ的にはX1のほうに分があるようにも感じますが、逆に1800円でメモリ1.5倍、ストレージが2倍になるのであればお買い得感は違ってきますよね。


Micromax Spark 4G Prime

 公式より先にamazon.inに上がりました。
spark4gprime
寸法 150×70×10mm
重量 150g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737M 1.1GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 854*480
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 2500mAh

 ごく普通のローエンドですが、MT6737Mを採用した点とカメラがまぁまぁな点から、そこまで落ちる印象はありません。
 なんと言っても、現在のセール価格が4999ルピー(約8600円)となっていることで、速攻でポチる人も多いと思われます。

 なお、寸法はamazonに書いてあったものをそのまま並べましたが、適当すぎるでしょこれ(^-^;。


 オランダの通販サイトで早くもMate 10 Liteの販売がスタートしていますが、中身は言われていた通りにMaimang 6でした。価格は349ユーロ(約4万6500円)と初物設定臭がします。「待ち」でしょうね。

【新製品】海外タブレット(2017.10.13)

・HUAWEI Honor WaterPlay

 Honorブランドのタブレットって中国でしか売ってないようです。価格も安いですし、他の国でも売ればいいのにと思うんですよ。なんかもったいないですねぇ。


HUAWEI Honor WaterPlay

商品ページ(VMALL)

 その名の通り、耐水性を兼ね備えたタブレットになります。11日からプリセールが行われているようです。
waterplay
寸法 248×173×7.8mm
重量 465g
OS Android 7.0
CPU HiSilicon Kirin 659 2.36GHz*4+1.7GHz*4
メモリ 3GB , 4GB
ストレージ 32GB , 64GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 10.1インチ
解像度 1920*1200
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 6660mAh

 Kirin 659を搭載しているので性能的に文句を付けるところはありません。

 もちろんLTE対応バージョンも存在しますが、所謂HUAWEIのタブレットですから、グレードによってカラバリに差を付けるというやり方を踏襲していますね。
 簡単にまとめると以下の3モデルがあります。

シルバー 3GB/32GB Wi-Fiモデルのみ
ゴールド 4GB/64GB Wi-FiモデルとLTEモデル

 価格は順に、1999元(約3万4000円)、2399元(約4万900円)、2699元(約4万6000円)だそうです。
 よくよく考えると、Wi-Fi限定とは言え、10.1インチのKirin 659タブが3万4千円で買えるなんてお買い得にも程があるでしょう。ひたすら中国市場が羨ましいですわ…。

 う~ん、GearBest.comやAliExpressでもHonorタブは売ってないんですよ。何かの制約でもあるんでしょうか。


 それはともかく、最近は中国系の通販サイトでも日本語対応・日本発送可というところが増えてきました。市場の一つとして認知されたのは嬉しい限りです。
 安さで言うならTOMTOPなんてたまにとんでもないのがありますから、ぜひチェックしてみてください。

【新製品】海外スマートフォン(2017.10.12)

・HUAWEI Honor 7X
・ZTE BLADE FORCE
・DOOPRO P5 Pro
・XOLO Era 3X

 Samsungが発表した新型のイメージセンサーは何やら凄そう。詳しくはこちらをご覧ください。
 早くサンプル写真が見たいものです。


HUAWEI Honor 7X

製品ページ

 いつも通り、中国での発表から各国のリネームモデル頻発へと展開しそうです。
honor7x
寸法 156.5×75.3×7.6mm
重量 165g
OS Android 7.0
CPU HiSilicon Kirin 659 2.36GHz*4+1.7GHz*4
メモリ 4GB
ストレージ 32GB , 64GB , 128GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 5.93インチ
解像度 2160*1080
メインカメラ 1600万画素+200万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 3340mAh

 中身自体はMaimang 6と共用でしょうね。ただ、セルフィーがデュアルでないぶん、こちらのほうがグレードは下として位置付けられるかと思います。

 それでもやはり5.93インチの18:9ディスプレイは魅力的ですよ。不足の無いスペックでもありますし、こういうモデルこそいち早く日本に導入すべきだと思うんですけどねぇ。競争力はダントツなはずですし。

 各通販サイトには既に価格も上がっていまして、ストレージが32GBが1299元(約2万2100円)、64GBが1699元(約2万8900円)、128GBが1999元(約3万4000円)だそうです。
 ところで、TaobaoがJPY表記を出してるんですけど、これって日本から購入可能ということなんですかね?


ZTE BLADE FORCE

商品ページ(Boost Mobile)

 ZTE USAには上がってませんが、取扱い先であるBoost Mobileにはしっかりと載っていました。たぶんSprintでも使えると思います。
ZTE-Blade-Force-Render-Header_0
寸法 156×78×9.1mm
重量 170.1g
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 427 1.4GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 128GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 3000mAh

 強いて言えばスナドラ427が目を引くくらいで、あとは手頃なローエンドといった感じですね。
 ちなみに、SprintおよびBoost Mobile向けとして2013年にFORCE(N9100)というモデルがリリースされています。今回のはその後継という位置付けでも良いかもしれません。4年半越しの2代目ですか。
 さらについでに、ZTEではBLADEシリーズのロゴおよび製品名は大文字という表記のきまりがあるようですので、それに倣っています。

 価格は129.99ドル(約1万4600円)。スナドラ427搭載端末ならごく普通のところではないかと。
 じゃあどうして日本のZTEはローエンドに2万円の値を付けるのか、未だに理解不能ですわ。


DOOPRO P5 Pro

製品ページ(P5)

 筐体が同一の2モデルで発表されました。無印P5は3G、P5 ProはLTE対応バージョンです。
dooprop5pro
寸法 151×70.8×9.4mm
重量 150g
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737 1.3GHz*4
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 64GBまで
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1280*640
メインカメラ 500万画素+500万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリ 3500mAh

 ディスプレイは18:9でも横を縮めたHDで、DPIは260になります。そこまで粗いということもないでしょうけど、高精細ではないですね。
 その他の仕様を見ても今やバリバリのローエンドですが、カメラとバッテリだけはとりあえず枠に収まってないので、安さだけではないことが分かります。

 AliExpressでは79.99ドル(約9000円)だそうです。日本円表記でも9127円ですね。
 1万円を切る端末としては、至極今流行りの要素を詰め込んだお買い得製品と言えるのではないでしょうか。


XOLO Era 3X

 2Xのときは先にSnapdealに上がったのですが、今回はまだどの通販サイトにも登場していません。もちろん公式にも。
xolo_era_3x_screen_1507712232076
寸法 144.5×72.2×9.7mm
重量 不明
OS Android 7.0
CPU MediaTek MT6737 1.25GHz*4
メモリ 3GB
ストレージ 16GB
MicroSD 32GBまで
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1280*720
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 1300万画素
バッテリ 3000mAh

 同時にEra 3とEra 2Vも発表になっていますが、その中で最も高スペックの3Xを取り上げました。
 Era 3は1GB/8GB/500万/800万/2500mAh、Era 2Vは2GB/16GB/800万/1300万/3000mAhとなっています。

 両面1300万画素のカメラは、とりわけインド市場だと大きなアピールポイントになるでしょう。F値まではちょっと分かりませんが、LEDフラッシュも搭載されているようですし、f/2.2程度ならば十分SNS映えのする写真が撮れるはずです。

 価格は、3Xが7499ルピー(約1万2900円)、3が6499ルピー(約1万1200円)、2Vが4999ルピー(約8600円)らしいです。やはり3Xのコスパが光りますね。


 各メーカーのイベントスケジュールなんかも一応チェックはしているのですが、なかなかライブストリーミングでは見られないので事後の情報を確認するだけになってしまってます。
 本当は会場の反応なんかも確かめられれば、いったい何が売りなのかが一目瞭然なんですけどね…。
ブログ内記事検索
ギャラリー
  • 【新製品】海外スマートフォン(2018.11.01)
  • 【新製品】海外スマートフォン(2018.11.01)
  • 【新製品】海外スマートフォン(2018.10.30)
  • 【新製品】海外スマートフォン(2018.10.30)
  • 【新製品】海外スマートフォン(2018.10.30)
  • 【新製品】海外スマートフォン(2018.10.28)
  • 【新製品】海外スマートフォン(2018.10.28)
  • 【新製品】海外スマートフォン(2018.10.28)
  • 【新製品】海外スマートフォン(2018.10.27)
当ブログについて
当ブログへのリンクはフリーですが、その旨コメントいただけると嬉しいです。 また、記事の全文および一部分の許可無き引用・転載はご遠慮ください。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
Gearbest 8% OFF for ALL cellphones with coupon: GBMBP promotion
Gearbest 8% OFF for ALL cellphones with coupon: GBMBP
















































































  • ライブドアブログ