・HUAWEI Honor Magic 2
・Lenovo Z5 Pro

 まもなくiPad Pro 11が発売されます。個人的には型落ちを狙いたいところなんですけど、やはりA12は魅力なんです。


HUAWEI Honor Magic 2

製品ページ

 一言で表すなら、鬼、ですね(^-^;。
honormagic2
寸法 157.32×75.13×8.3mm
重量 206g
OS Android 9.0
CPU HiSilicon Kirin 980 2.6GHz*2+1.92GHz*2+1.8GHz*4
メモリ 6GB , 8GB
ストレージ 128GB , 256GB
MicroSD 256GBまで
ディスプレイ 6.39インチAMOLED
解像度 2340*1080
メインカメラ 1600万画素+2400万画素+1600万画素
フロントカメラ 1600万画素+200万画素+200万画素
バッテリ 3500mAh

 まずは価格から書いてみましょうか。
 6GB/128GBが3799元(約6万1700円)、8GB/128GBが4299元(約6万9800円)、8GB/256GBが4799元(約7万8000円)だそうです。

 スライド式でフルスクリーンを実現した、Mate 20シリーズとは別物のフラッグシップであることが分かります。それでいて半分ちょっとのお値段で買えてしまうわけですから、誰がどう考えてもこれは狙わざるを得ないでしょう。

 カメラの中身については各所で書かれているのでそちらをお読みくださいな(^-^;。

 もちろんBand 19もサポートしますし、早くHUAWEIジャパンでも取り扱ってほしいものです。年末商戦に間に合えば台風の目になるとさえ思いますよ。


Lenovo Z5 Pro

製品ページ

 あのスケッチはこれだったんですね…。
lenovoz5pro
寸法 155.12×73.04×9.3mm
重量 210g
OS Android 8.1
CPU Qualcomm Snapdragon 710 2.2GHz*2+1.7GHz*6
メモリ 6GB
ストレージ 64GB , 128GB
MicroSD 非対応
ディスプレイ 6.39インチAMOLED
解像度 2340*1080
メインカメラ 1600万画素+2400万画素
フロントカメラ 1600万画素+800万画素
バッテリ 3350mAh

 スライド式のギミックは初めてではないので新鮮さは薄いのですが、出てくる部分にヘアライン加工が施されているのはちょっと惹かれますね。
 ただ、ギミックのせいか、厚さと重量は全体的なサイズに似つかわしくないものになってしまっています。今後の技術の進歩に期待でしょうか。

 それでも、Samsung製のAMOLEDパネルにクアッドカメラで、欲しいものは入っている印象です。メインもf/1.8と十分ですし、あとは写りが良ければコスパは合格だと思います。

 64GBモデルが1998元(約3万2500円)、128GBが2298元(約3万7300円)ですから、中国でのLenovoの価格帯は忠実に守っている感じですね。日本のBandが含まれていないのだけは残念です。


 すみません、今日は2つでm(__)m
 余りあるほどに濃いと思うので許してください