Phab2 Proも間もなく発売なので、おそらく日本でこのモデルを取り扱うことはないでしょう。残念。

Lenovo K6

 2ヶ月近く前に発表があったものの、やっと中国やインド以外でも予約が始まったので取り上げます。
 まだグローバルサイトに上がってないのがよく分かりませんが、K6 NoteとK6 Powerについても書いておきましょうか。

寸法 141.9×70.3×8.2mm
重量 140g
OS Android 6.0
CPU Qualcomm Snapdragon 430 1.4GHz*4+1.2GHz*4?
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
MicroSD 256GBまで 
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 3000mAh

 スナドラ430の下のA53コアの周波数が分からなかったのでクエスチョンマークを付けました。430および435はローエンドでありながらオクタコアなので日常ユースで何の問題もないはずです。GPUもAdreno 505になっており、軽めのゲームならストレスなくプレイできると思います。

 しかしそれよりもこの端末の魅力的な部分は5インチでありながらフルHDディスプレイを採用した点。その他の仕様にも何の不満もないので、ここにグッと来たら買いというスタンスでいいでしょう。
 予約価格は195ドルとかなりリーズナブル。ちなみに、インドでの価格はさらに激安で、およそ12700円。国内格安スマホのローエンドたちが泣くレベルですね:-p

Lenovo K6 Note

寸法 不明
重量 不明
OS Android 6.0
CPU Qualcomm Snapdragon 430 1.5GHz*4+1.2GHz*4?
メモリ 3GB,4GB
ストレージ 16GB,32GB
MicroSD 256GBまで 
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1600万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 4000mAh

 スナドラ430は高いほうが1.5GHzと記述してあるサイトがあったので倣っています。
 まだアメリカなどでは予約が開始されていないので価格も不明ですが、中国では3GB/16GBモデルが18500円、4GB/32GBモデルが20200円となっています。安すぎ。

Lenovo K6 Power

寸法 不明
重量 不明
OS Android 6.0
CPU Qualcomm Snapdragon 430 1.5GHz*4+1.2GHz*4?
メモリ 2GB,3GB
ストレージ 16GB,32GB
MicroSD 256GBまで 
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1300万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 4000mAh

 無印K6との違いは、CPUのクロックと、3GB/32GBモデルがあること、そしてバッテリ容量ですね。
 前述のインドの価格では、2GB/16GBモデルが13500円と破格。LenovoはMotoシリーズでミドル~ハイレンジを、ZUKでハイエンドをという棲み分けがなされているので、この価格帯も当然と言えば当然なのですが、市場の混乱が容易に予想される日本では売ることができないのかもしれないです。

 いつも書いてますが、以前と比べると特にディスプレイの製造コストが下がっているため、現在のスマートフォンの売価はSoCによるところがかなり大きいのです。
 例えば日本の某端末のように、カメラに盛って付加価値に盛って、それでいてSoCがスナドラ410なのに、3万4000円もするものを「格安スマートフォンだ!」なんて堂々と売っている現状は、それこそ大笑いされておしまいですよ。つまりarrows M03の価値は海外では8000円程度ということです。あ、名前出しちゃいましたw。