頓挫したはずのProject Araが進行中だそうですよ。ぜひ世界規模で展開してほしいものですなぁ。

HTC Bolt

 昨日も取り上げたHTCのBoltがアメリカの公式ショッピングサイトに上がっていたので紹介します。なお、取り扱いはUSAキャリア・スプリントの専売となるようで、グローバルモデルのEvoはまだみたいです。

寸法 153.8×77.3×8.1mm
重量 174g
OS Android 7.0
CPU Qualcomm Snapdragon 810 2.0GHz*4+1.5GHz*4
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
MicroSD 2TBまで 
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 2560*1440
メインカメラ 1600万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリ 3200mAh

 価格は600ドル。HTC 10が値下げされてますので割高感は否めません。
 なお、スナドラ810の上のコアはA57です。日常ユースでA72との差を感じることはないかと思いますが、ベンチ等ではさすがに旧世代感が出てしまうでしょう。
 また、IP57規格にも対応してますので、「防塵」と「浸漬」をクリアしているのもウリの一つです。IP58じゃないのは残念ですが、わざわざ水中で使い続ける人もいないでしょうから問題ないですか(^-^;。

 さて、これがEvoとして日本に入ってくる可能性ですが、個人的には意外と高いのではないかと考えています。auで売られる可能性はもちろん、ミドルハイの普及を推し進めている現状にも合致しますし、SIMフリー版が登場したとしても驚きはないですね。

Xiaomi Mi 5c

 GearBest.comで予約が始まってますが、アメリカはもちろん、中国の公式にも製品ページがありません。不確定情報だということをご理解ください。

寸法 不明
重量 不明
OS Android 5.1?
CPU Qualcomm Snapdragon 818 2.0GHz*4+1.5GHz*2+1.2GHz*4?
メモリ 3GB
ストレージ 64GB
MicroSD 不明 
ディスプレイ 5インチ
解像度 1920*1080
メインカメラ 1200万画素
フロントカメラ 800万画素?
バッテリ 不明

 疑問符ばかりなのに取り上げた理由は一つ。スナドラ818が載っているからです。
 Qualcomm初のデカコアであり、MediaTekのものと違う点は高クロックのA72が4コアになっていることでしょう。ベンチ等も上がってないので分かりませんが、この点でHelioより優位に立つ可能性もありますね。
 まぁ、818はプロセスルールが20nmらしいので、過度な期待は禁物かもですけど…。

 また、なぜかOSもAndroid 5.1となっています。事前のリークでは「6.0」だの「7.0」だのと書かれていたので肩透かし感もすさまじいですが、現時点での価格は725ドルと初物感が漂ってますね。最終的にはそこまで高くはならないと思いますけど、人柱さんたちはそそられるんでしょうねぇ。

 もうちょっと日が経てば詳細も明らかになってくると思います。フライングで紹介してしまいました(^-^;。