スーパームーンが話題になっていましたね。皆さんはご覧になりましたか。
 スマホで撮影したという方も多いかと思いますが、夜の空を撮影するにはちょっとしたコツがあるんですよ。それは「デジタルズームをなるべく使わないこと」と「ISOを上げること」です。AFで撮ってもなかなかうまくいきませんので、ぜひお試しくださいな。

MEIZU M5 Noteのスペックが判明

 Geekbenchのリザルトからのリークです。
 CPUはHelio P10ですが、低クロックのコアが1.0GHzに落とされており、マルチスコアも平均的なものよりも500~600ほど低く出ていますね。もしかすると高クロックのA53も2.0GHzより低いのかもしれません。まぁHelio P10は28nm製品なのでクロックを落とす意味は理解できるのですけど。
 その他のスペックは、メモリ3GB、ストレージ32GB、ディスプレイサイズは不明ですが解像度はフルHD、メインカメラは1300万画素、OSはAndroid 6.0などとなっているようです。
 既に中国の3Cは通過しており、発表も近いものと思われます。
 M3 Noteがほぼ同じようなスペックで5.5インチ、180ドル程度だったことを考えると(現在は150ドル)、5.7インチ~6インチ程度ということもあり得ます。Helio P10も相まって200ドル以下なら面白そうですね。

vivo V5,V5 Plusはセルフィーに2000万画素カメラを搭載

 筐体画像を見る限りではそこまでのカメラのようにも感じないんですけど、4月に発表のあったV3とも物理ホームボタンの搭載など異なる点が多いですし、少しくらいは信じてもいいのかもしれません。するとこっちがメインカメラという扱いなんですかねぇ…。
 前モデルのV3には上位機種のV3 Maxがありましたが、V5は"Plus"になるとの見方が出ていますね。つまり、V3 MaxではフルHDのディスプレイが採用されていたのが、上位のPlusもフルHDにはならないだろうという話です。
 しかし、半年しか経っていないモデルであるので、スペックはおそらくだいたい踏襲。
 Snapdragon 652、4GBのメモリ、32GBのストレージ、5.5インチで1280*720の解像度を持つディスプレイ、3000mAhのバッテリなどと予想されています。画像にはV5とあるのですが、Plusのほうかもしれません。
 最初はインドから発売開始となる見込みで、32000円を下回るらしいです。欲を言えばフルHDでこの価格だったら良かったのですが、それでもスナドラ652でこの程度だったらお得感はありますね。

Gionee S9はセルフィーにもフラッシュを搭載

 同じくセルフィーの話題です。たしかにあったほうがいいんでしょうね。屋内での撮影だと、光源に向かえばカメラ本体の影が写り、光源に背中を向ければ暗くなりますので。赤目補正とかはデフォなんでしょうか。
 スペックはだいたい以前も書いた通りですが、「スナドラ625ではないか?」としていた部分は、どうやらHelio P10だった模様。上のコアのクロックに差が付けられており、S9は1.8GHz、S9Tは2.0GHzらしいです。失礼いたしました。

 最近、けっこう「カメラ関連に盛ったよ」という感じの新製品が目立つようになりました。スペックで差を付ければ価格に影響するので、なるべく万人に分かりやすい部分でのアピールを第一に持ってきているということかもしれません。各社とも苦労してるんですね…。