今年も残り1ヶ月半ですよ。やり残したことが山ほどあって、手を付けるのも億劫です…。

MEIZU Pro 7はKirin 960を採用か?

 今年の末に発表されるのではないかと見られているMEIZU Pro 7はSoCにKirin 960を採用するという話です。つい先日、Pro 6sでExynosがキャンセルされたばかりなのに、なかなかの冒険っぷりですね。
 ティップスの中に「A73+A53 Mari-G71」という文字があるだけでなく、堂々と「HiSilicon」とも書かれています。以前からKirinは他のメーカー製品にも供給すべきだと書いてきましたが、いよいよ実現しそうです。メモリも6GBだそうですよ。
 問題は、同SoCを搭載するMate 9より安くしていいのかという部分でしょう。いろんな意味で注目です。
 噂では、12月24日に発表があると言われているようです。

HUAWEI Mate 9 PORSCHE DESIGNを正式に発表

 先日はまだ公式サイトに上がっていませんでしたが、ようやくお披露目となりました。その製品ページはこちらです。
 いつも思うのですが、海外のメーカーの中でも特にHUAWEIは、高級に見せるような画像の使い方をしますよね。国内メーカーも見習ってほしいものです。
 スペックは先日の記事でまとめた通りです。変更点はありません。
 LTEの帯域も1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28/29とおよそすべて網羅。いつ日本に入ってきてもおかしくはないのですけど、相変わらず.jpサイトではPORSCHE DESIGNどころかMate 9の情報すら出てきませんね…。

ASUS CESでVRを発表、ZenFone 4も開発中

 実はここが今日最大のニュースと言ってもいいくらいです。
 まず1点目は、そのVRはTangoに乗ったものであること。Tangoと言えば、LenovoのPhab2 Proがハイスペックなこともあって話題になりましたが、その2台目の製品を目指すらしいのです。名称はZenFone VRとか。1月のCESで発表される予定で、誰もが気軽にVRを体験できる価格で販売まで漕ぎ着けるとCEOが名言していますね。
 2点目は、ZenFone 4が2017年Q2に発売されるだろうという話。
 日本ではつい先日発売になったばかりのZenFone 3ですけど、既にZenFone 4なんですね。
 一つの理由としては、3の出荷が追いつかずに大きな損失を出してしまったことから、製品群を充実させることが目的なんだとか。どんなスペックになるかまでは明かされていませんが、カメラ性能はかなり盛られるらしいです。
 あと2つ。HTC Viveに対抗するスタンドアロンVRヘッドセットを2017年Q3に投入予定。そして2016年12月にロボットの「Zenbo」を発表(アメリカのみ?)予定とのことです。
 どうしても「日本は?」と考えてしまいますが、特にゲーム関連では大きな市場になり得るジャパンをスルーということは無いはずですので、首を長くして待ちましょう。


 それはそうと、国内キャリアの実質0円販売が規制された煽りを受け、今年度上半期の出荷台数は過去最低となる見込みだそうです。とりわけソニーとシャープの落ち込み度が顕著で、日本で売るのはもう無理じゃないかという雰囲気すら漂ってますね。

 だいたい、そもそもの端末本体価格がおかしいんですよ。Le Max 2が2万円台前半で買えるのに、なぜ国内メーカーのそれより下のスペックの製品が10万円なんですか!!って話でしょ。
 値引き云々じゃなくて、そこを下げさせる行政指導をしなきゃいけないと思います。ホントに。