マイナーなメーカーの新製品もよく書いてるんですけど、逆にそういう記事のほうが読まれてたりして、被らないことの大切さを思い知らされてます(^-^;。
 今日もそんな感じですね。と言うか、日本でこの機種を紹介しているサイトはまだありません。国内初ですw。

AGM X1

 リンク先は公式サイト英語版。とっても重いのでご注意ください。
 AGMは中国のメーカーです。正式名称は"Action Gains Memory"だそうです。
 国外向けの製品はほとんど無く、おかげで中国以外で話題になることも少ないようです。

寸法 163.5×79×11.8mm
重量 205g
OS Android 5.1
CPU Qualcomm Snapdragon 617 1.5GHz*4+1.2GHz*4?
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
MicroSD 128GBまで 
ディスプレイ 5.5インチAMOLED
解像度 1920*1080
メインカメラ 1300万画素+200万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリ 5400mAh

 カメラは「1300万画素デュアルレンズ」と書いてあるのですが、よくよく調べると200万画素のアシスタントカメラを含む…という感じの構成らしいです。
 CPUのクロックについても記載が無かったので、標準のものにしています。また、これは海外向けモデルのスペックであり、中国国内で販売されるものについてはメモリが4GB、ストレージが64GBと書かれていますね。他にカスタマイズモデルというのもあるみたいですが、中国語なので詳細はよく分かりませんけど…。

 それよりも、IP68に対応した完全防塵・防水というのがウリですよね。加えて5400mAhのバッテリと、アウトドア向けの製品であると言えるでしょう。この2つが関わってか、かなり大きめの筐体にヘビー級の本体重量となっています。ターゲット層が相当にはっきりした端末だと思いますよ。

 価格は360ドルと、けっこうします。魅力を感じる方にとっては安いのかもしれませんけど。
 GearBestでは12月7日以降の発送となっているようです。

 あくまで参考までに、イギリスのamazonでは上記の4GB/64GBモデルの予約ページがあります。
 中国での定価は2199人民元(約3万5000円強)なのですが、その予価は769.88ポンドとなってますね。日本円で約10万5千円!! 噂には聞いていましたが、イギリスにおける贅沢品の物価がヒドイというのは本当みたいです(^-^;。日本の売り方なんてまだ可愛いほうじゃないだろうかと思ってみたり…。

 ちなみに、LTEの帯域は、1,3,38,39,40,41となっているので注意が必要かも。ぜひご確認ください。


 中国のスマートフォンメーカーは、それこそ石を投げれば当たるくらいに多数存在しているのですけど、生き残りに必死になってこうした狭いニーズに応えようとするところもあるんですね。
 海外で販売するには多数の障壁があるとは思いますが、売ってみないと分からない部分も多く、まさに先見性が問われているのが現在の業界の姿だと思います。
 故に、我々コンシューマは、何が必要なのか声を大にして発信していく必要があるのではないでしょうか。