超久しぶりに国内のニュースです。もちろん毎日のようにチェックはしているのですけど、「ふ~ん」というものしか無いためにスルーしてました…。

データ通信量余ったら値引き IIJ、格安スマホの新プラン

 該当プランの「IIJmioモバイルプラスサービス」のプレスリリースページはこちらです。
 データ専用SIMだと、3GB月額900円、7GB月額1700円のプランがこれにあたり、使わなかった通信料500MBにつき100円(最大400円ぶん)割り引かれるというサービスです。
 つまり、データSIMで3GBを契約し、月に0.9GBしか使わなければ実質500円(税抜き)になるということですね。こちらについてはあまりお得感がありませんが、7GBプランなら4.9GBまでは1200円で使えるので、選ぶなら断然こっちでしょう。
 このサービスは、au VoLTE対応のSIMで、しかも端末とセットで購入した場合のみ適用となります。分かっている人向けではないかと思いますねぇ。

スマホの所有率、若年層ほど高割合 私物スマホの業務利用は56.4%、LINEやメール活用

 思ったよりも低いです。私物を業務に使っている人の割合が80%くらいだと考えていたので。
 スマートフォンを支給する勤務先は14.7%だそうで、この数値はまぁ予想通り。残りの85.3%のうち、やむなく私物を使わざるを得ない割合が56.4%ということなんでしょう。28.9%はスマートフォンが業務に必要ない職種と言えますか。
 危機感というほどのものでもないんですけど、ここまでスマートフォンが普及してしまうと、「みんな持ってるなら支給しなくてもいいんじゃないか」とほとんどの企業は考えますよね。当然私も私物を仕事に使っているわけで、個人所有のスマートフォンなのに大量の仕事上のデータが入っています。これが死んだら壊滅的なダメージなので、転ばぬ先のバックアップと、セカンダリモバイルの所持を余儀なくされている部分が大きいです。
 よく、「スマホ2台持ちなんて浮気用でしょ?」とか突っ込まれるのですが、実際は7台持ちですからね(^-^;。

気をつけて…Google初の純正スマホ「Pixel」を転売するとアカウント停止措置も

 これは日本国内のニュースではないのですが、いずれ販売開始された際に転売厨への強烈な抑止力になることは間違いないと思い、取り上げてみました。
 まぁ所詮いたちごっこでしょうから、次はアカそのものの濫造が蔓延するんでしょうけど。ですから、アカウントの凍結なんて生ぬるいことをせずに、即法的措置ができるような体制にすべきなんじゃないですかねぇ…。
 「使いたいから買う」という層のために売っているんですよ。

スマホで掃除開始や終了を命じることができるロボット掃除機が日本上陸 マニュアル操作もできる

 「便利になったもんだ」と思うのが普通でしょうけど、率直な感想は「自分の手で掃除機かけろよ」といったあたりでしょうか。ひねくれ者ですみませんね…。
 専用機じゃなくて、すべての製品にスマホと連携できる機能を備わって(または後付けできるものを追加販売するとか)いればもっと楽でしょう。近い将来はそっち方面にシフトすると思いますし、さらにそれと脳波マウスが進化したヘッドセットがペアリングされて、寝たままで必要なことがすべてできてしまう世の中が訪れるはずです。堕落の始まりですねw。

ネット検閲の厳しい国トップ10 - 日本は何位?

 厳しい国のトップ3があまりにも予想通りで草でした(^-^;。日本は緩いほうから7番目だそうで、おかげでこんな個人的感想ダダ漏らしのブログも罷り通っているわけですから。
 もし中国でこんな好き勝手を語ろうとしたら即刻削除でしょうなぁ…。かと言って特に反省するわけでもないんですけどねw。


 IIJmioもいいですが、やっぱりUQも魅力的ですよね。んー、OCNあたりを解約してUQにしようかなぁ。中古でGalaxy S6 edgeとか買おうかしら。でも白ロムじゃないとVoLTEが使えないのかぁ…。悩みます。