明日と1週間後の12月6日に公式発表が数多く予定されています。MEIZUとXiaomiは故意にカチ合わせたのかもしれませんね。コンシューマの心を掴むのはどちらでしょうか。

Lenovo ZUK edgeは来週発表予定

 以前も書いた通り、LenovoのハイエンドブランドZUKの新製品が来週に公式発表を控えています。CEOの言葉ですので確実に。
 フレームレスに近いディスプレイを採用するらしく、湾曲デザインは採用されないのではないかとの見方が強いですね。事前にリークされた画像ではかなりフラットなエッジであり、まさにその名称の通りと言えそうです。
 昨日のOnePlus 3Tに対抗するスペックとなっていて、スナドラ821、メモリ6GB、ストレージ64GB/128GB、5.5インチの振るHDディスプレイというハイエンド仕様。
 価格面がどうなるかによって売れ行きに直結すると思いますよ。

Samsung Galaxy C7 ProがAntutuとGeekbenchのリザルトに登場

 まだ公式アナウンスも無いのですが、かねてから噂のあったC7 ProがGeekbench 4のリザルトデータべースに現れました。
 SoCはMSM8953と表示されていますが、クロックが2.0GHzから2.2GHzに引き上げられていることから、10月に発表されたばかりのスナドラ626であることが分かります。スコアは、シングルが1000、マルチが5679となっており、A53でも2.2GHzの実力はたしかなものであると言えるでしょう。
 ディスプレイは5.7インチAMOLEDでフルHD、メモリは4GBでストレージは64GB(6GB/128GBモデルも存在?)、カメラは両方とも1600万画素とのことです。公式発表が待たれるところです。

Motorola Moto Mがインド上陸間近

 実は、インドでの価格がその後の各国の指標となることが多い関係から取り上げてみました。
 中国では2000元(約32600円)だったので、同程度の20000ルピー(約32800円)ではないかと予想されていますが、まだ真相は明かされていません。
 スペックは、Helio P15、5.5インチAMOLEDフルHD、メモリ4GB、ストレージ32GB、1600万画素のカメラ、3050mAhのバッテリなどとなっています。
 これで3万円強なのであればコスパは高いですね。Motoシリーズでは日本でもヒットしましたし、このMも販売される可能性は大いに期待できると思われます。上位のPlusもあるらしく、揃い次第国内導入の準備がなされるのではないでしょうか。

新型iPad 10.9インチモデルにはホームボタンが存在しない?

 現状12.9インチと9.7インチのサイズがあるiPad Proですが、新型はこれに10.9インチが加わるということでまとまりつつあるようです。
 さらに、ある情報筋によると、「新型iPadはapple初のホームボタンを持たない端末になる」と言うのです。噂の域を出ないのですが、もちろん物理ボタンではなくなるという意味でしょう。
 例によって3月に発表があるはずですけど、これらの噂は非常に流動的で、毎度のことながらappleに手玉に取られている感じですね。まだ4ヶ月近くもありますし、こうした予想を楽しむのも一つの電脳道ですよ。


 さすがに年末で忙しくなってきました。可能な限り毎日更新を心がけていきますが、突然途絶えてしまうこともあるかもしれません。お許し下さい…。